新型コロナウイルス関連の投稿は当分の間厳禁といたします。詳しくはこちらをご覧ください。

もしこんなカプコンのVSシリーズが出るとしたら

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索
保護解除
このページは、「度重なる荒らし」のため保護されていましたが、現在は解除されています。詳しい経緯はトークページをご覧下さい。
経過次第では再び保護される事もございますので、趣旨に合った投稿をお願い致します。

カプコンは「VS.シリーズ」としてマーヴル、SNK、ナムコ、タツノコプロとのコラボゲーを発売しています。もし「次はこの会社とコラボしたらこんなゲームが出る」なことを書いてみてください。

  • ジャンル別五十音順。

ゲームメーカー[編集]

アトラス[編集]

  1. 全ステージが歌詞付きBGMとなる。
    • ボスキャラ戦を除く。
  2. アトラス側の参戦作品は、豪血寺一族、ライドウ、ペルソナ等。
    • 豪血寺一族からは、クララ、サハド、礼児、才蔵、九戸兄弟、光、凛、匠が参戦。
    • GROOVE ON FIGHTからは、ラリー、ポプラ、ソーリス、レミ、ブリストルが参戦。
    • ペルソナからは、鳴上悠、陽介、千枝、雪子、完二、クマ、直斗、美鶴、明彦、アイギス、ラビリス、エリザベス、イザナミが参戦。
      • 結城理、ゆかり、順平も参戦。シャドウバージョンも登場。
  3. カプコン側からは、ヴァンパイア勢がこれ迄のVSシリーズに比べ、数多く参戦。また、DMC、鬼武者勢も多数。後は、サイバーボッツ、ロックマンエグゼから数名が参戦。
    • ストリートファイターからは、リュウ、ケン、春麗、さくら、ダン、ガイル、ガイ、いぶき、ジュリ、ベガ、豪鬼が参戦。
    • ヴァンパイアからは、モリガン、デミトリ、レイレイ、フェリシア、バレッタが参戦。
    • ゼロ(ロックマンX)、フランク・ウェスト、ダンテ、バツ、灰燼の蒼鬼、ビューティフル ジョー、想鐘サキが参戦。
  4. 敗けたチームは顔に落書きがされる。
    • ただし、ブリストル以外クマと豪血寺キャラのみ。
      • デッドライジングのフランク・ウェストも。
      • ストリートファイターのダンとヴァンパイアのバレッタも。
      • 陽介と順平も。

KONAMI[編集]

  1. コナミ側からはスネーク、ゴエモン、シモン、ジャンゴ、パワプロ君、ルキア、詩織等が参戦。

スクウェア・エニックス[編集]

  1. スクエニ側からはドラゴンクエスト、ファイナルファンタジー、半熟英雄、サガシリーズ、スターオーシャン等から数名が参戦。
    • ガンガン系は軒並み不参戦。参戦するにしてもDLCとして登場する程度。
    • ドラゴンクエストからはりゅうおう、ムーンブルクの王女、アリーナ、クリフト、トルネコ、ビアンカ、フローラ、テリー、ハッサン、ククール、ゼシカ、アンルシア、ネルゲル、シルビア、マルティナ、カミュが参戦。
      • 勇者をどのタイトルに準じて出すかでもめる。
    • ファイナルファンタジーからはゴルベーザ、ギルガメッシュ、ケフカ、クラウド、ティファ、ユフィ、セフィロス、スコール、ジタン、ティーダ、ユウナ、バルフレア、ライトニング、ノクティスが参戦。
  2. ラスボスはゴッドセフィロス(カプエスでいう、ゴッドルガールのようななポジション)。

セガ[編集]

  1. セガ側からはバーチャファイター、ゲッテンカ、タントアール、龍が如く、サクラ大戦、ラストブロンクス~東京番外地~等から数名が参戦。
    • ゲッテンカからは番長コンドウ、越後龍ケンシンが参戦。
    • 番長コンドウ、越後龍ケンシンはMAX3のハイパー技でレジェンド化。

タカラトミー[編集]

  1. タカラトミー側の参戦作品は、ミクロマン、トランスフォーマー、ベイブレード、ゾイド、闘神伝、リカちゃん、クールガール、鉄道むすめ、プリティー・リズム、こえだちゃん、ビーストサーガ、超特急ヒカリアン、ぴゅう太。
    • トランスフォーマーからはコンボイが参戦。
      • 因みにコンボイは唯一のデカキャラ粋。勿論、タッグ不可能で、ボス戦前に必ず戦闘する事となる。
    • ベイブレードからはメタベイより鋼銀河、爆ベイより金李が参戦。
    • 闘神伝からはエイジ、ゾイドからはバン、クールガールからはアスカが参戦。
    • 鉄道むすめからは白河ひばり、プリティー・リズムからは天宮りずむ、春音あいらが参戦。
    • 超特急ヒカリアンからはヒカリアンのぞみ、ブラックエクスプレスが参戦。
  2. カプコン側の参戦作品は、ストリートファイター、ヴァンパイア、ストライダー飛竜、新・鬼武者、ロックマンエグゼ、ウォーザード、ガンスパイク、ジャスティス学園、エクストルーパーズ、デッドライジング、モンハン。
    • ストリートファイターからはリュウ、春麗、アレックスが参戦。
    • ヴァンパイアからはモリガン、ガロンが参戦。
    • 後は、ストライダー飛竜、ロックマンエグゼ、タオ、灰燼の蒼鬼、シバ・シンタロウ(厳密に言えばルースターズからの参戦ともいえる)、島津英雄、ブレン、フランク・ウェストが参戦。
  3. ラスボスはクシャルダオラ。
    • 錆状態→脱皮して本気の二連戦。
      • 勿論、プレイヤーは使用不可。

データイースト[編集]

  1. デコ側からは溝口、亮子、サムチャイ、史進、サントス、チェルノブ、カルノフ等が参戦。
    • サントスの技ではカマクラくんとローズサブも登場

任天堂[編集]

  1. システムはスマブラXベースだがカプコンの格闘ゲームみたいなヒット数が表示される。
    • タイトルは「大乱闘スマッシュブラザーズ NINTENDO VS CAPCOM」になる。
  2. 「最後の切り札」は「スーパーコンボ」に改称される。
  3. カプコン側からはリュウ、春麗、ザンギエフ、デミトリ、ロックマン、ダンテ、ストライダー飛竜が参戦。
    • デミトリのミッドナイトブリスでドンキーやピカチュウが萌え擬人化。
  4. 任天堂側からはマリオ、ドンキーコング、クッパ、ピカチュウ、サムス、ファルコン、リンクが参戦。
  5. 一定条件でマスターハンド(もしくはゲームオリジナルのラスボス)を倒せば豪鬼との対戦になる。
  6. アーケードで出せばゲーセン復活の切り札になりそうな気がする。

ブシロード[編集]

  1. ブシロードからの参戦作品は、ヴァンガード、フューチャーカードバディファイト、禁断召喚サモンマスター、探偵オペラミルキィホームズ、ラクエンロジック、熱風海陸ブシロード、ファイヤーレオン。
    • ヴァンガードからは先導アイチ、バディファイトからは未門牙王、龍炎寺タスク、ミルキィホームズからは小林オペラ、シャーロック・シェリンフォード、エラリー姫百合、アンリエット・ミステール、ラクエンロジックからは剣美親、揺音玉姫、サモンマスターからはリーネ、サクヤ、熱風海陸ブシロードからはマオウ、スオウ、サンダ、ファイヤーレオンからは剛藤タケルが参戦。
      • シャーロック・シェリンフォードの必殺技では、他のミルキィホームズメンバーも登場。
  2. カプコンからの参戦作品は、ストリートファイター、ガイアマスター、ジャスティス学園、ウォーザード、鬼武者、本家ロックマン、ヴァンパイア、キャプテンコマンドー、サイバーボッツ、デッドライジング。
    • ストリートファイターからはリュウ、春麗、アレックス、豪鬼、ガイアマスターからはシンバッド、ジャスティス学園からはバツ、あきら、ウォーザードからはタオ、鬼武者からは灰儘の蒼鬼、本家ロックマンからはロックマン、ロールちゃん、ブルース、ヴァンパイアからはモリガン、アナカリス、バレッタ、ジェダ、キャプテンコマンドーからはキャプテン、シュトゥルムjr.、サイバーボッツからはジン・サオトメ、デッドライジングからはフランク・ウェストが参戦。。

アニメスタジオ[編集]

蛙男商会[編集]

  1. 蛙男商会側からは秘密結社鷹の爪、土管くん、コフィーちゃん、菅井くんと家族石から数名が参戦。
    • 総統とベガのそっくりさん対決が見物。

京都アニメーション[編集]

  1. 京アニ側からはフルメタルパニック、AIR、Kanon、涼宮ハルヒの憂鬱、らき☆すた、CLANNAD、けいおん!、日常、氷菓、中二病でも恋がしたい、境界の彼方等から数名が参戦。

サンライズ[編集]

  1. サンライズ側からはガンダム、シティーハンター、勇者シリーズ、スクライド、ケロロ軍曹、舞-HiME、銀魂、アクセル・ワールド等から数名が参戦。
  2. 最大の問題はロボットキャラをどうするべきか・・・。
    • A:今川作品だけ参戦。

シャフト[編集]

  1. ラスボスステージはなぜかイヌカレー空間。
  2. シャフト側からはゆの、糸色望、風浦可符香、祇堂鞠也、阿良々木暦、戦場ヶ原ひたぎ、リク、嵐山歩鳥、鹿目まどか、丹羽真が参戦。
  3. CAPCOM側からはSF、ヴァンパイア、ストライダー飛竜、キャプテンコマンドー、スターグラディエイター、バイオハザードから数名が参戦。

ハンナ・バーベラ[編集]

  1. ハンナ・バーベラ作品からは、トムとジェリー、チキチキマシン猛レース、早撃ちマック、原始家族フリントストーン、宇宙家族ジェットソン、科学少年JQ、電子鳥人Uバード、スペースゴースト、怪力アント、大魔王シャザーン、珍犬ハックル、ワニのワーリー、マジックおばさん、怪獣王ターガン、タコのロクちゃん、じゃじゃ熊一家、ゴリラのゴンちゃん等から数名が参戦。
    • マックの必殺技ではルイが登場。
    • チキチキマシンからはブラック魔王&ケンケン、新兵、ミルクちゃん、ヨタロー、タメゴローとドンキチ、キザトトくん、モンスター&ドラチビが参戦。
  2. CAPCOM側からはストファイ、ヴァンパイア、ストライダー飛竜、キャプテンコマンドー、スターグラディエイター、ガンスパイク、ロックマン、ガイアマスター、虹色町の奇跡、デッドライジング、ウォーザード、新・鬼武者、バットルサーキット、ジャスティス学園等から数名が参戦。
    • ストファイからはリュウ、ケン、春麗、アドン、ユン、ヤン、アレックス、ガイ、さくら、ダン、ナッシュ、豪鬼が参戦。
    • ヴァンパイアからはモリガン、アナカリス、ガロン、フェリシア、バレッタ、ドノヴァンが参戦。
    • ストライダー飛竜、ロックマン、ロールちゃん、ハヤト、キャプテンコマンドー、シバ・シンタロウ、シンバッド、ティアラ、サキ、ムクロ、タオ、ブレイド、灰燼の蒼鬼、ゼロ、フランク・ウェスト、サイバーブルー、バツが参戦。

ぴえろ[編集]

  1. ぴえろ側からbleach、NARUTO、べるぜバブ、忍者戦士飛影、おそ松くん、天才バカボン、幽遊白書、烈火の炎、忍空、GTO、とってもラッキーマン!、西遊記あたりも参戦。

漫画関連[編集]

コロコロコミック[編集]

  1. コロコロ側からは、コロッケ、リゾット、じ~さん、鬼塚勇気、猿飛童児、電人ファウスト、巴男吾(中学生ver)、二階堂姉妹、大空、赤亀歩、宮本不滅、隠し粋で烈男と怪盗ジョーカーが参戦。藤子不二雄系は色々とアレなので除外。
    • 更にゴクオーくんや早乙女紅も参戦。
  2. カプコン側からは、リュウ、春麗、アレックス、カイリ、モリガン、ガロン、ストライダー飛竜、ロックマンエグゼ、ジン・サオトメ、ソンソン(孫の方)、鑑恭介、シンバッド、隠し粋で雑賀孫市(鬼武者の方)、タオ、神人豪鬼が参戦。
  3. CPU対戦時、神人豪鬼は条件を満たすと乱入して来るキャラとして登場。
  4. ボス戦は、サイファーに登場したガイマ王とのバトル。

週刊少年サンデー[編集]

  1. 既にCAPCOMのドル箱であるモンハンとサンデーの看板であるコナンがコラボしてるし、不可能ではないか。
  2. サンデー側からはコナン、ヤイバ、犬夜叉、烈火、植木、ガッシュ&清磨、潮&とら、美神令子、明石薫、ケンイチ、ハヤテ、ジャバウォック、アリババあたりが参戦。
    • 怪盗キッドは隠しキャラ。

週刊少年ジャンプ[編集]

  1. カプコンキャラよりジャンプキャラ同士のタッグや対戦が盛り上がってしまう。
    • 悟空&キン肉マン、星矢&ケンシロウ、剣心&桃太郎などなど。
    • ラオウ&塾長は熱望
    • さらに古い作品の場合、戸川万吉&高嶺竜児、宇野球一&加納錠冶、コブラ&マジンガーZ等も。
      • 45歳以上の人ぐらいしか使わなさそう。
  2. ジョジョキャラはすでにつくられている格闘ゲームからベタ移植だろうか。
    • 女性キャラとして徐倫も加えていただきたいところだ。

週刊少年チャンピオン[編集]

  1. チャンピオン側からは浦安鉄筋家族、バキ、無敵看板娘、ハンザスカイ、イカ娘、柔道放物線等の作品のキャラが参戦。
    • 春巻先生とダンは必ず参戦。
    • バキ親子のタッグを使うゲーマー続出。
  2. チャンピオンREDからは鉄のラインバレル、聖痕のクェイサーの作品のキャラが参戦(ただし、隠しキャラまたはDLCとして)。
    • 女性相手には特殊セリフで挑発しまくるサーシャくん。

週刊少年マガジン[編集]

  1. マガジン側からは金田一少年、旋風伝説彦座、GTO、へなちょこ大作戦Z、鉄拳チンミ、修羅の門等。
    • へなちょこ大作戦Zからはまゆなし刑事、フェロもん、ハブ、こうちゃんが参戦。
    • 金田一の裏キャラとしてジッチャンが使用できる裏技があるが、コマンド入力に失敗すると茶色い孫に決定してしまう。
    • 全体的にチョイスが古いわwwwネギまとかRAVE(フェアリーテイルでもいいけど)とかKYOとかはどーしたw

ダイナミックプロ[編集]

  1. 永井豪キャラが数多く参戦。アラーくん、キューティーハニー、高倉英主、マジンガーZ、凄ノ王、バイオレンスジャック等。因みに英主は一部必殺技でロボチョイAを召喚。
    • カプコン側からは、リュウ、春麗、アレックス、モリガン、ガロン、灰燼の蒼鬼、ジン・サオトメ、ソンソン、ロックマンエグゼ、ストライダー飛竜が参戦。
    • ジンと英主の生身パイロット対決が見物。

藤子不二雄ランド[編集]

  1. A先生の作品からは、喪黒さん、魔太郎、ハットリくん、怪物くん、プロゴルファー猿が参戦。
  2. F先生の作品からは、ドラえもん(勿論、のぶ代さんボイス)、エスパー魔美、21エモン、チンプイ、Q太郎、ヨドバ氏、モジャ公が参戦。

山川純一[編集]

  1. とりあえず登場キャラ全員男ね。
  2. 掛け合いの台詞でリュウとかがめっちゃ恐怖する。
  3. 阿部高和との対戦の場合は高確率でくそみそな決着になる。

その他[編集]

東映[編集]

  1. 東映の実写作品が多数登場。
  2. 東映側の登場作品は仮面ライダー、キカイダ―、スーパー戦隊、メタルヒーロー、水戸黄門、暴れん坊将軍など。
  3. ラスボスは新規書き下ろし。
  4. 一応、アニメ作品からはSF西遊記スタージンガー、プリキュア等が参戦。

ニコニコ動画[編集]

  1. この手のゲームでは珍しくカプコン側のキャラとしてバイオハザードシリーズのキャラが参戦。
  2. ニコ動側の参戦キャラを巡り紛糾しそう。
    • 最終的に人数がすごいことになる。
    • 予想:ドナルド、ムスカ大佐、初音ミク、涼宮ハルヒ、泉こなた、阿部高和、松岡修造、ビリー・ヘリントン、キーボードクラッシャー、霧雨魔理沙、武藤遊戯
      • イカ娘やイーノックやニャル子も入れてあげて。
  3. ロックマンやベガ(cv:若本規夫)の立場が気になる。
  4. ほとんど某格闘ゲームと大差ない雰囲気になりそう。

ビックリマン[編集]

  1. ビックリマンシリーズからの参戦作品は、初代~スーパーまでが基準。
    • 2000は反後博士が関わっていない、漢熟覇王は日本一ソフトウェアが関係していて権利が複雑な為。
    • 初代からはヘッドロココ、ワンダーマリア、ヤマト王子、助勉、十字架天使、騎神アリババ、一本釣帝、魯神フッド、助格さん、カリスマデビルが参戦。
      • 更に救審判、ゴッドマングース、ドラキュロス、水かける蔵王、ヘラクスライストも参戦。
    • 新からはピアマルコ、ヤマトウォーリアーが参戦。
    • スーパーからは聖フェニックス、アムル、スサノオロ士、魔皇サラジンが参戦。
  2. カプコン側の参戦作品は、ストリートファイター、ヴァンパイア、サイバーボッツ、ロックマンエグゼ、ウォーザード、鬼武者。
    • ストリートファイターからはリュウ、ケン、春麗、アドン、サンダー・ホーク、ガイ、さくら、ドクトリンダーク、ベガが参戦。
    • ヴァンパイアからはモリガン、ガロン、アナカリス、フェリシア、バレッタ、ジェダが参戦。
    • サイバーボッツからはジン、デビロット、ロックマンエグゼからはエグゼ、ロールが参戦。
    • ウォーザードからはレオ、ムクロ、タオ、タバサ、ブレイドが参戦。
    • 鬼武者からは灰燼の蒼鬼、ガルガントが参戦。
    • モンハン・・・BASARA・・・。
    • 更に初代ビックリマンのキャラ達と似た様な雰囲気を持つ「ガイアマスター」からジガー、シンバッド、ティアラも参戦。
  3. 内裏ネイロス、ハムラビ・シーゲル、ストライダー飛竜が隠しキャラ、或いはDLCキャラとして登場。

電撃文庫[編集]

  1. 参戦作品はとある魔術の禁書目録、灼眼のシャナ、デュラララ!!、ストライク・ザ・ブラッド、アクセルワールド、ソードアート・オンライン、爆れつハンター、撲殺天使ドクロちゃん他が参戦。
    • ノベライズ組は軒並み不参戦。まあ、当たり前か。
  2. キノは「学園キノ」で参戦させるかどうかでモメる。
  3. まさかホントに電撃が格闘ゲーム出すだなんて…。

TYPE-MOON[編集]

  1. 絶対無理だろうがやってみたら相当カオスになるだろう。
  2. 型月サイドからは士郎、セイバー、ギルガメッシュ、バゼット、イリヤ(プリズマ☆イリヤ)、志貴、アルク、シエル、青子先生、式、カナンあたりが参戦。
  3. 戦国BASARAが参戦すればサーヴァントと勘違いされることは必至。

ディズニー[編集]

  1. マーベルの親会社だからあってもおかしくない。また、『シュガー・ラッシュ』シリーズに『ストリートファイター』シリーズの登場人物も出ているから。
  2. ディズニーサイドで中心となるのは『シュガー・ラッシュ』のラルフ。
  3. スティッチには日本版シリーズでのヒロイン、ユウナのサポートが付く。
  4. ロックマンは『大乱闘スマッシュブラザーズ』シリーズでのロックマン。超必殺技は同シリーズの最後の切り札のロックマンスペシャルで、『SP』でブルースとフォルテが加わっている方。
  5. ロールは『タツノコVSカプコン』でのロールだが、ロックマンの最後の切り札を意識して、超必殺技は『ロックマンX』のエイリア、『ロックマンDASH』のロール・キャスケット、『ロックマンエグゼ』のロールEXE、『流星のロックマン』のハープノートが支援する。
  6. ストーリーモードはタッグを組んだ『シュガー・ラッシュ』のターボとDr.ワイリーを中心とした悪役軍団の世界征服の野望にラルフ、リュウ、ミッキーマウス、ロックマンを中心としたヒーロー達が立ち向かうストーリー。
  7. ディズニーチャンネル出身のキャラでキム・ポッシブル、フィニアス(サポート役でファーブが登場)、エージェントP(サポート役で元宿敵のドゥーフェンシュマーツがエージェントのヤマネコのハインツとして登場)が登場する。

東宝[編集]

  1. 参戦作品はレインボーマン、流星人間ゾーン、メガロマン、牛若小太郎、クレクレタコラ、バンキッド、ダイヤモンド・アイ、サイバーコップ、ガイファード、ゴッドマン、グリーンマン、ヤマトタケル、ゴジラ。
    • 勿論、ゴジラはデカキャラ枠。
    • デストロイアがラスボスとして登場する。



関連記事