Chakuwiki:投稿ブロックの方針が方針文書として制定されました。

もしアメリカ大統領選挙でこんな有り得ない事態がおきたら

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索

アメリカ大統領選挙で、制度、規定上は発生し得るが、実際にはまず発生しないであろう事態がおきたら?

立候補者が…[編集]

誰も立候補せず
  1. 世界に与える衝撃は計り知れない。
  2. どっかの反米国のトップがこれ幸いと自分が大統領になろうとする。
    • カルト宗教の教祖なども同じようなことを考える。
  3. おそらくこの場合アメリカは世界の超大国の地位から陥落している。
  4. 副大統領を自動的に昇格させることが検討される。
    • そして、結局その副大統領と2.との選挙が成立する。
  5. 世界中で大規模な経済危機が起きたらこうなるのかも。
一人のみ
  1. 無投票当選にはならない。信任投票という形で投票自体は行われる。(規定上そうなっているかもしれないが)
  2. 二大政党で候補者を擁立できなかった方の関係者は「我が党はいったいどうなっているんだ・・・」などと落胆する。
    • アメリカ政界再編のきっかけになるかもしれない。
  3. 万一唯一の候補者が二大政党以外の場合はさらに衝撃が大きくなる。
民主、共和両党が同じ候補を支持
  • 二大政党である民主党、共和党両党が同じ候補を擁立したら?
  1. 史上初の無投票当選、とはならないだろう。たいてい別の候補が”勝敗度外視、投票の機会を確保することで政治の健全性を維持する”という名目で出馬している。
  2. 侵略宇宙人の襲来のような国家どころか人類の存亡に関わる事態が背景にありそう。
    • 人類同士の争いだった第2次大戦中でも大統領選挙は行われている(1944年)。
    • 第2次大戦よりも危険な全米を巻き込む状況だったら選挙どころじゃない。
  3. 当該の候補者がどちらの政党に所属しているかが気になる。
  4. 副大統領は候補が所属していない方の政党から出す。
多数出現
  • 中南米の国でよく見られるように正式立候補者が十数人もいたら?
  1. それでも勝つのは二大政党のどちらか、ということになるだろう。
  2. 「全ての州で立候補した候補者が多数」だったらそれなりに乱戦が予想される。
    • 多くの州では一定数以上の署名がないと二大政党以外の候補者は出られないため。
  3. 場合によっては下記の「民主、共和党以外の候補が当選」が実現する可能性も高まる。
    • その場合更に話題になる。
  4. 二大政党の予備選で敗北した候補が無所属で出馬してくる可能性も皆無ではない。

民主、共和党以外の候補が当選[編集]

  • 二大政党である民主党、共和党以外の候補が当選してしまったら?
    • ちなみに、現在の二大政党制が確立されてからは一度もありません。
  1. アメリカ合衆国議会は大混乱に陥る。
  2. 可能性があるとすれば、政党不信につけ込んだ大物タレントが誰の推薦も受けずに立候補するといったところか。
    • 4大スポーツのどれかの元スーパースターもありうる。
    • 最も可能性が高いのはこの人だろうか?
  3. このページに書いてあることが一部現実になる。
  4. 民主党、共和党の党勢が衰退する。
    • 後世になって世界史の教科書に載るレベルの政界再編が起きるのは必至。

二大政党の候補者が…[編集]

親戚同士
  1. 遠い親戚の場合はあまり話題にならない。
    • 下手をすると選挙期間中は誰も気づかないこともありうる。
    • それこそ「彼の従兄弟の妻の再従兄弟の妻の従姉妹の夫が…」なんて場合は「で?」と言われるだろう。
  2. 兄弟姉妹による対決となった場合は間違いなく後世に映画の題材にされる。
    • ハリウッドなどで映画になる。
    • アメリカ版鳩山兄弟と呼ばれる。
  3. 苗字が同じ場合は両候補ともファーストネームを前面に押し出す。
  4. 夫婦の場合は「ビルとヒラリーをも超えた仲の悪さ」とあちこちでネタにされる。
  5. 一卵性双生児だった場合は支持者やスタッフすら大混乱。
    • 相手のネガティブキャンペーンに写真を使おうとしたら自分たちの候補だったという事態も起こりうる。
  6. 親子だった場合どうなるんだろう。
同姓同名
  1. 普通に考えれば「ジム・ブラウン」のような英語の教科書に出てきそうなよくある名前での重複。
  2. 予備選段階から何らかの対策が検討されている。
  3. 両候補とも政党名やニックネームを全面で出して運動することを余儀なくされる。

投票率が…[編集]

(ほぼ)100%
  1. 大接戦だった場合、集計に手間取って2000年の大統領選挙の時のような混乱が起きるかもしれない。
(ほぼ)0%
  1. アメリカ国内より海外、特に議会制民主主義をとっている国に大きな衝撃を与えるかもしれない。
  2. 投票日に9・11クラスの大事件が全米各地で発生したら本当にこうなりかねない。

候補者が死去[編集]

予備選終了後
  • 実は、予備選については法的に明記されていない
  1. 副大統領候補を繰り上げるか、改めて予備選を行うかで大論争になる。
    • 副大統領候補繰り上げの場合は、新たな副大統領候補をどうするか、さらに議論が沸騰する。
  2. 本選に入った後だったら、さらに大混乱。
    • 対立候補は相手候補の代わりを認めず、無投票当選あるいは一人だけの信任投票にしろ、と主張する。
  3. 死因が病気の場合は「なんでこんな奴を我が党の候補者に推したのか」と候補の関係者が非難される。
  4. 仮に暗殺とかだったら真っ先に対立候補の関係者が疑われることになる。
  5. 死去した候補者は1968年の予備選中に暗殺されたロバート・ケネディと対比されることもある。
本選終了直後
  • 正式に次期大統領として承認後なら副大統領が持ち上がるが、まだ候補なので法的には規定なし
  1. 対立党は敗戦候補の繰り上げ当選を、一方は副大統領候補の持ち上がりを、それぞれ主張して大混乱。
  2. 改めて候補を出して選挙戦をやり直せ、という意見も出てくる。
  3. 正副大統領不在として、優先順位3位の下院議長を推す声も出てくる。
  4. この時の対応がその後同様の事態が発生した時のルール策定の参考とされる。

特定の候補が全州で選挙人を獲得[編集]

  1. 史上まれにみる圧勝劇として話題になる。
  2. 接戦になった州でこんなの不正だという声が出てくる。
  3. それでも現行の制度では全選挙人を独占できるとは限らない。
    • メイン州とネブラスカ州は勝者が総取りする方式を採用していないため。
  4. 主張の中身がトランプ並みの候補だった場合は全世界が「アメリカは破滅を選んだ」などと評する。

選挙人全員が勝利候補に投票を拒否[編集]

  1. おそらく候補者が大統領になったら危険なのに有権者の投票で集めてしまったということが考えられる。
  2. 州によっては罰則規定がある所もあるが上記の候補だったら同情の声が聞こえる。

過去の大統領と同姓同名の人物が当選[編集]

  • ミドルネームまで一致と仮定してください。(ファーストネームとファミリーネームが同じ実例:2代と6代のジョン・アダムス、41代と43代のジョージ・ブッシュ。ちなみに2例とも親子です。)
  1. その人物の名前が「ジョージ・ワシントン」や「エイブラハム・リンカーン」なら予備選開始前から既にプレッシャーは相当なものになる。
    • そしてその人が大統領になって「これは人民による人民の為の決断だ」と言う発言をしたらこれまた凄い事に。
    • かなりの業績を残しても「名前倒れ」と叩かれてしまいそう。
  2. かつての同姓同名の人物と所属政党が異なる場合は混乱必至。
    • 例:民主党の「ロナルド・レーガン」、共和党の「ビル・クリントン」
  3. こうなって一番困りそうなのはアメリカ史の研究者か。

全ての州で上位2名の得票数が全く同じ[編集]

  1. 00年大統領選挙で開票が遅れに遅れたフロリダで検討されたように州議会が選挙人を決めることになる。
  2. 「何らかの不正か不手際でもあったのか」と世界中から疑われる。
  3. 史上最高の激戦と称されるのは言うまでもない。
  4. 当選した人物の政権運営はかなり大変になると思われる。
    • 求心力があまり強くならない気がする。
もしこんな有り得ない展開・記録があったら
スポーツ 高校野球 (試合展開 | 出場校 | 優勝校 | 不祥事) | 大相撲
試合展開 (サッカー | サッカーW杯) | 個人記録 | 契約更改・年俸査定
シーズン展開 (プロ野球 | Jリーグ) | 箱根駅伝 | プロ野球ドラフト会議
テレビ番組 NHK | 日本テレビ系 | テレビ朝日系 | TBS系 | フジテレビ系
アニメ | 視聴率調査
政治 日本の国政選挙 | 米大統領選挙
その他 交通機関 | 人気投票 | 日本の気象 | アニメ記録 | ゲーム記録



関連記事