もしアメリカ軍が沖縄では無く台湾に侵攻していたら

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索

実はアメリカの日本本土決戦の下準備として沖縄侵攻に以外にも台湾も選択肢にあって最終的に沖縄に決まったそうです。
仮にアメリカ軍が沖縄では無く台湾に侵攻していたらどうなっていたでしょうか

台湾戦線編[編集]

  1. 台湾総督府は戦時と共に台中に疎開
  2. 実史の沖縄戦以上に壮絶な戦いとなる。
  3. 下手すると台湾戦線は沖縄以上に泥沼化、被害の責任をとってマッカーサーは解任されてしまったかも
  4. 台中が陥落しても日本軍は山岳部に立て籠もって抵抗を続ける。
    • 山岳部のゲリラ戦に業を煮やしたアメリカが枯葉剤や原爆が台湾で使用された!?
    • 台湾の地形を考えると終戦時まで日本軍はゲリラ戦を続けたかも・・・
    • 下手したら餓死よりも高山病のほうが恐れられるほどだった可能性も。
  5. 台湾北部の大部分を制圧した時点で日本本土への侵攻を計画

その他[編集]

  1. 日本は本土決戦の時間稼ぎとして兵器を量産するも満州・朝鮮・千島・樺太に侵攻したソ連によって貴重な兵力を消費してしまう。
  2. 台中が陥落して暫らくたった時点でポツダムが発表されて日本は終戦へ・・・
  3. 台湾は反米になり、国連常任理事国にはなれなかった。
    • そもそも今の台湾は中華民国政府なので一応常任理事国にはなれたと思います。
    • 反米化した挙句台湾も完全に中華人民共和国の一部となっていた可能性がある。
      • 流石に占領した領地を東側にやるわけにはいかないのであくまで独立させて「台湾共和国」に。そして国共内戦では中華民国は海南島あたりに逃げることに。
        • 多分90年代あたりまでアメリカ領だったと思われる。
  4. 沖縄は日本領に留まるので基地が無いので騒音に悩まされる事はない
    • 本土並みにちょっとだけ米軍基地があるであろう。また、戦後に沖縄が米国に占領されることはなかったかもしれない。
    • その分本土にも米軍基地が増えていた可能性もある。現実には米軍基地が1つもない近畿地方にも基地があったかもしれない。
    • 地理的条件から沖縄に基地を置かないわけにはいかないが、多くは自衛隊と米軍の共用になっていた。
    • 沖縄文化は史実ほどアメリカの影響を受けることはなかった。
      • フィンガー5は芸能界に入っていなかったかもしれない。
    • つまりこれの大半が実現しているわけですね。
  5. 戦後も台湾で元日本兵たちが大量に発見される



関連記事