もしインターネットが○○だったら

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索

独立済み[編集]

種類別[編集]

黎明期から使い放題プランがあったら[編集]

インターネットは当初は従属制で、使った分だけ請求されていました。ブロードバンドでは完全定額制が実現しましたが、もしインターネット黎明期から十分な技術・サーバー処理能力・回線容量を備えていて、常時接続がインターネット誕生と同時に実現していたら?

  1. それでも最初はアナログモデム並みの速度になり、メガビットの速度になるのは史実と同じぐらいになる。
  2. Windows95以後のPCにはLAN端子が標準搭載になっていた。
    • アナログモデムでは「低速ながらも使い放題」は難しかったと思われるため。
  3. ダイヤルアップ接続はなかったか、あっても史実より早く廃れていた。
    • キャプテンシステムは1998年あたりで全サービス終了。
    • Lモードも定額制度になっていた。
  4. 各社とも、1999年あたりから3Gケータイへの移行を早めようと躍起になっていた。
    • 3Gへの移行が早い分、4Gサービスへの移行もかなり早い時期に行われる。
  5. 謎のヒーロー「テレホマン」は活躍せずそのまま忘れ去られていた。
  6. モバイルブロードバンドサービスが現実よりも早い時期から登場する。

Winnyの作者が逮捕されていなかったら[編集]

  1. キンタマウィルスが登場したときに、Winnyはすぐ対策を取ってバージョンアップする。
    • その後、ウィルスもWinnyもどんどんアップデートされて、いたちごっこが続く。
  2. 情報漏れ対策として、警察や政府もWinnyのバージョンアップを嫌々推奨する。
    • 現実のように削除されたかも?つまりバージョンアップorアンインストール推奨
  3. 作者の正体はばれてないので、未だに47氏と呼ばれている。
    • 調子乗ってシェアウェア版を出したため結局本名もろバレ
      • しかし2ちゃんねるでは未だに47氏。一般社会では本名で呼ばれる。
      • 作者の人が死んだ時に、ニュースになることはなかっただろうな。
    • 作者が『Winnyの技術』を執筆した際に、著者名として初めて本名を公開していたかも。
  4. Winnyは現実以上に普及していた。
    • 逆にYouTubeやニコニコ動画はあまり普及していなかったかもしれない…
    • 過去に放送されたテレビドラマをここで見ることになる。
      • レンタルビデオ業界が苦しくなる。
  5. J●SRACによる弾圧が厳しくなる。
    • J●SRACからWinnyによる情報流出事件が発生して、笑いものになる。
  6. 著作権に関する認識が現実よりも厳しくなっていた。
    • テレビ放送などにはネットにアップできないようにコピーガードが施される。
      • それでもコピーガードを突破してネットに動画がアップされ、結局いたちごっこに。
  7. 「日本がIT技術者に冷たい」と言われることはなかったかもしれない。

日本で禁止されたら[編集]

動画の削除[編集]

  • ブラウザー上の動画サイトの動画削除を禁止とします。
  1. 大多数の動画サイトで動画が大規模に投稿されることは確実。
    • 何をしても自分の動画を消せないということで逆にアップを躊躇する人もかなりいそう。
  2. 削除されないことをいいことに、無修正のポルノやグロ動画をアップロードする悪質な輩が大量発生する。
    • アニメや映画の海賊版も。
      • 封切当日に隠し撮りされた新作映画が動画サイトに上げられるということも普通に起きる。
        • そのため映画館では荷物検査が行われるようになる。というか映画館で撮影は禁止されている。
      • テレビ番組や映画が無許可で動画がサイトに上げられるため日々著作権を所有してる個人や企業団体が悩まされる事態が日々続く。
        • その様な状況が永遠に続くと著作権の権利者が著作権侵害に悩まされる事態が日常茶飯事になる。
        • 映像制作や配信がビジネスとして成り立たなくなる危険が高い。
    • 自殺や違法行為のレクチャー動画、各種犯罪行為の動画も普通に上がってしまう。
      • 他人の個人情報をさらす動画も名誉棄損もヘイトスピーチも特定秘密のリークも一切消せなくなる。
        • 人権侵害の様な内容が含まれる動画が削除出来なくなる。
      • リベンジポルノで上げられた動画も消せなくなるので、被害者はいつまで経っても辱めを受けることになる。
    • いわゆるエルサゲートもアップロードされる。
    • 結果として不適切な動画を閲覧不能状態にする措置までは認められるようになる。
    • 特にD社のお膝元のアメリカあたりが血相を変えて日本政府を非難してくる。
      • 著作権にうるさい日本企業も非難するだろう。
  3. ゴミ動画が整理できなくなって、容量がパンクするサーバーが続出。
    • ゴミ動画を大量にアップするというウイルスを作って、サーバーをダウンさせるクラッシャーが登場する。
  4. 日本にサーバーがある動画サイトはどこもソドムとゴモラとヨハネスブルグを足して2で割ったような無法地帯と化す。
    • 健全な運営のためあえてサーバーや会社の登記地を海外に移すサイトも出る。
  5. 世界各国から日本のサイトに各種のヤバそうな動画が大集結する。
    • タックスヘイブンならぬ「ムービーヘイブン」と揶揄される。
    • テロ組織の宣伝や麻薬組織による裏切り者の粛清映像も平然と上げられてしまう。
    • 多くの国で日本の動画サイトの閲覧が禁止される。
      • その為海外に来た日本人は悲しむ。
  6. 自分の動画の広告収入で生活している人で動画内容が極端に過激になる人が続出。
    • 例:自分の子どもに児童ポルノまがいの行為をさせる。
    • 下手をするとスナッフフィルムのごとく動画のために人命が奪われる事態さえ起きかねない。
  7. 日本の法律のため本社がカリフォルニア州にあるYoutubeには何の影響もない。
  8. ほかの人が削除できる場合、動画を上げた人には削除できないので、消したい場合は特定の人に言わなければいけない。

サイトの閉鎖[編集]

ブラウザー上のサイトを閉鎖することが禁止されたら? ページの編集や修正はOKとします。

  1. 多くのサイトが大規模に作られることが確実になる。
  2. もしかしたら閉鎖されたサイトも復活する可能性も。
  3. ブログの閉鎖がしたくても出来なくなる。
  4. インターネットの黎明期(1995年頃)から禁止されていた場合、1995年くらい以降に終了となったほぼ全ての番組とも公式サイトが現在も閉鎖されずに残っていた。
    • 倒産したり解散した企業のサイトも。
    • 編集されずに残っていたがのちに番組の復活に伴い久しぶりに編集され修正される。
    • 平成の大合併で消滅した市町村や閉校した学校のホームページはキャッシュで残るようになる。
    • 2ch閉鎖騒動もないため、ニコニコ動画は史実ほど繁盛しなかったかもしれない。
    • ところで、インターネットアーカイブ([1])はどうなるの?
      • 本部は米国カリフォルニア州のため日本の法律には縛られないのでは。
  5. 編集はOKなので、白紙化されるサイトが増える。
  6. サイトの閉鎖が出来なくなることで、18禁サイトや偽サイトが大量に作られてしまう。
    • 海賊版漫画サイトの問題もさらに深刻化。
  7. ダークウェブの各種サイトがサーバーを日本に移す。
    • 数年以内に「.jp」は危険なサイトの代名詞になる。
    • ウィキリークスも確実にやってくる。
  8. ウェブ上の情報を確実に保存するため何らかの公的機関が誕生する。
    • 官僚の天下りや機材導入などに絡んだ訳の分からない利権の発生源になってしまう。
  9. レンタルサーバーを運営する会社がサービスを終了する際には必ず別の会社か公的機関に譲渡する羽目に。

匿名でのインターネット使用[編集]

  1. 誰が何を発言したのかわかるので荒らしが激減する。
  2. 日本から言論の自由がなくなる。
    • ネット誕生以前のような状況に戻るのでは。
    • 1970年代の状況を見る限り主張する人は主張し続けるはず。
  3. 野党勢力は壊滅に追い込まれる。
  4. 海外在住の外国人による日本サイトの匿名利用や日本人による外国サイトの匿名利用を防ぐため日本限定の情報システムが導入される。
    • 日本でWWW(ワールドワイドウェブ)の利用が禁止される。

インターネット使用全般[編集]

  1. OTAKU大激怒。
    • 国会議事堂の前で猛烈なデモが···
    • それどころか財界もまず黙っていない。
  2. 社会は1980年代に逆戻り。
    • 日本だけ世界の技術革新から取り残されることになってしまう。
  3. テレビ番組の黄金期復活。
    • アニメもゴールデンタイムでの放送が多くなる。
    • その代わりネット関連のサービスに投じた金がまるまる負債となって返ってくる。
  4. 海外に亡命するOTAKUも現れる。
    • というより多くの若者が海外に逃げる気がする。
  5. 観光客としても留学生としても労働者としても外国人は基本的に訪日しなくなる。
  6. 端的に言うと日本という国家そのものの死刑執行の命令書にサインをすることに等しい。
    • 経済は終戦直後すら超える大混乱に陥る。
      • IT産業がほとんど消し飛ぶためおびただしい数の失業者が発生。
      • 既存企業も抜本的な業務の見直しや縮小を強いられるケースが相次ぐ。
    • IoTやフィンテック、AIといった成長産業に手を出せなくなるため今後の経済成長はほぼ望めない。
    • 21世紀の社会でネットが一切使えない国にもはや国際競争力など望むべくもない。
      • 国際政治の世界でも日本は無視されるようになる。
  7. というか、ここに書かれていることのいくつかは現実のものになってそう。

日本国内からの海外SNSの使用[編集]

海外SNSは個人情報が抜き取られるなどの理由で禁止されたら

  1. 国内発祥のSNSしかつかえなくなる。
  2. 下手したらWikipediaも使えなくなる。
  3. 日本が情報統制国家になるのは言うまでもない。
    • 残ったSNSも政府の介入に屈することになる。
    • youtuberやインスタグラマーが海外に亡命する。
  4. 海外サイトも見れなくなる。
  5. VPNも禁止される。

日本で合法化されたら[編集]

なりすまし・多重アカウントの作成[編集]

  1. 紛らわしいアカウントが多くなっていた。
    • 他の人になりすます人が増えるのでこうなる。
  2. 自分の分身として多重アカウントを作っても問題視されなくなる。
    • 自分のふりをして他人に暴言を吐く人も多くなる。
  3. 有名人になりすます人も現れる。
    • 悪質な偽者のせいで人生を壊される人も相次ぐ。
      • 自殺に追い込まれる事例すら多発。
  4. 多重アカウントは「youtube」で言うサブチャンネルの様な扱いに。
  5. 大手企業や公的機関を名乗る怪しげなアカウントが氾濫しSNSの信頼性は地に落ちる。
    • デマやフェイクニュースの拡散に歯止めが利かなくなる。
    • 最終的にSNS自体が日本人に見捨てられる。
  6. 外国の国家元首や国際的スターの偽アカウントが日本人により作られたら国際問題になりかねない。



関連記事