もしキング牧師が暗殺されていなかったら

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索
  1. ベトナム戦争終結後は核軍縮を目指す運動に力を入れていた。
    • 現在まで健在だった場合、イラク戦争に反対していた。
  2. "I have a dream"に匹敵する演説を行っていたかもしれない。
  3. 2008年の大統領選でオバマの応援に駆けつけていた。
    • あるいは、自らが大統領になろうとした。
      • 2004年以前に黒人大統領が誕生していた。
      • ネルソン・マンデラ氏の前に南アフリカの大統領に就任か?
    • 2016年に発足したトランプ政権での『トランプ大統領』の「暴言(イスラム教の入国禁止)」をどう思ったか?
      • 「汚い国」発言についても。
  4. アメリカ大陸で黒人の独立国家を興す。
    • 第二次南北戦争を回避するため南北会議によって南部に人口約2千万人の国として独立。
    • キング牧師の考えは人種間の融和を第一にしたものなのでそれはない。
      • 参考:「いつの日か、ジョージア州の赤い丘の上でかつての奴隷の子孫とかつての主人の子孫が兄弟愛というテーブルに同席できることを願っている」(1963年にキング牧師が行った演説の一部)
  5. 1970年代前半ころのJNNニュースコープのオープニングで、別の人物が登場していた。
  6. マルコムXの影が薄くなっていた。
  7. 現役の上院議員である
  8. さすがに21世紀頃には天寿を全うしていたであろう。この場合、上記3は実現しない。



関連記事