新型コロナウイルス関連の投稿は当分の間厳禁といたします。詳しくはこちらをご覧ください。

もしコンピューターがチェスのチャンピオンに認定されたら

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索

コンピューターはチャンピオンに勝つぐらい強く、実質的なチェスチャンピオンです。もしコンピューターが公式にチェスチャンピオンになったら。(参考

  1. コンピューターがまた進歩した。
  2. 将棋界にも大きな影響が・・・
    • 日本将棋連盟がコンピューター将棋を規制することを決定。
      • 目的は当然将棋のタイトル(名人や竜王)までコンピューターに奪われない為。
    • 現実にはそこまでの差になるまでは時間がかかる(wikipedia:ja:コンピュータ将棋)。
      • ちなみに現実の日本将棋連盟は、連盟の許可を得ずに棋士とコンピューターが公の場で対戦する事を認めていない。
      • 「電王戦」ではかなり分が悪くなっている。
        • 森下卓が提案した「COMとの対戦では持ち時間が切れたら人間は継ぎ盤ありで一手10分」ルールが導入されるかもしれない。
  3. チェスチャンピオンはディープ・フリッツになる。
    • それをチェス以外もこなせるようロボット開発が開始される。
      • そのままだと将棋名人と中国象棋のチャンピョンにぼこぼこにされるからw
  4. 囲碁界にも大きな影響が・・・
    • 任天堂が囲碁ソフト発売し、囲碁界に衝撃を与える。
    • ただ将棋と違いチャンピオンになるには膨大な時間がかかる。
  5. コンピューターが強くなってトップクラスの人間が勝てなくなると、もう嫌になって辞める人が続出するのでは。
    • そうなるとチェス人口が激減する。
  6. 将棋のように持ち駒が使えるチェスであるバグハウスやクレージーハウスが普及する。
    • 取った駒が2度と使えない本来のチェスは衰退し「チェス」といえばバグハウスかクレージーハウスを指す単語と化する。



関連記事