Chakuwiki:投稿ブロックの方針が方針文書として制定されました。

もしスペインの無敵艦隊がイギリスを征服していたら

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索
  • 1588年、スペイン無敵艦隊がイングランド(イギリス)に侵攻したが、数も装備も劣るイギリスの海軍に大敗し、スペインがヨーロッパにおける覇権が揺らぐきっかけとなった。
  • ではもし、無敵艦隊がイギリス海軍を破って、そのままイギリスを征服していたら?

日の沈まぬ帝国スペイン編[編集]

  1. エリザベス女王はスコットランドに逃げ込むが、かつて母親を処刑されたスコットランド王ジェームズ6世に捕らえられ、スペインの手で刑場の露と消える。
  2. スペインは同じカトリックの国には手を出さないため、アイルランドは生き残り今とは違った発展の仕方をしている。
  3. 大西洋における制海権を確固たるものにしたスペインは、そのままオランダを追い詰め、再び植民地にする。
  4. イギリスでは宗教裁判が荒れ狂い、カトリックの影響を受けた芸術や文化が発展する反面産業が停滞し産業革命は起きずしまい。
    • シェークスピアはハプスブルク家ヨイショの作品ばかり書く羽目になる。
  5. オランダ人が日本にやってこなくなったので、ヨーロッパで唯一日本との貿易関係を持つようになる。(ポルトガルはスペインに併合されていたので、ここでは含まない)
  6. イギリス人は今でもスペイン語が母国語。
    • 英語にあたる言語は英語ではなくてスコットランド語といわれるようになる。
  7. ベッカムは最初からレアル・マドリーに所属している。
    • イギリスが実際の歴史よりも没落しているので、イギリス発祥のサッカーという近代スポーツが発展することもない。したがって、ベッカム選手の活躍もなければ、レアル・マドリードもない。
  8. 第二次世界大戦ではスペイン=イギリスは中立を決め込むためナチスは全力でソ連を潰しにかかることができる。
  9. スペインは史実でイギリスが支配した北アメリカやオーストラリアやニュージーランドも植民地にしていた。
  10. 結果、スペイン語が世界共通語になっていた。

さまよえるオランダの逆襲編[編集]

  1. 海からもスペインに包囲され、ますます追い詰められたオランダは、スペイン打倒のためならありとあらゆる国との同盟を働きかける。
  2. この結果、三十年戦争は宗教ではなくてヨーロッパの覇権をめぐる争いという性格が最初から浮き出たものとなり、開始時期も早まったと思う。
  3. いっぽう、スペインの圧制に苦しむイギリス人が戦争中に一斉蜂起し、ポルトガルと一緒に独立する。
  4. しかし新生イギリスのボスとなった、クロムウェルの独裁にうんざりしたイギリス人はクロムウェルの死後、スコットランドの国王チャールズ2世を自国の国王に迎え入れる。つまり結局歴史は変わらなかった
    • 国教は恐らくカトリックのままだったろうから、影響はそん位かねえ?



関連記事