もしスーパー戦隊シリーズが○○だったら

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索

独立項目[編集]

シリーズ全般[編集]

存在しなかったら

当時仮面ライダーシリーズ(旧)を放送していたNETテレビ(現:テレビ朝日)でしたが、1975年4月のネットチェンジにより放送枠が空いてしまう事態になってしまいました。
そこでNETテレビは代わりに『秘密戦隊ゴレンジャー』を制作、子供達の間で大人気となり、現在でもシリーズは続いております。
ではネットチェンジがなかったなどの理由でスーパー戦隊シリーズが存在しなかったらどうなっていたのか?

  1. 当然「愛國戰隊大日本」や「非公認戦隊アキバレンジャー」をはじめとした戦隊シリーズのセルフパロディ作品は存在しなかった。
    • ゴレンジャイも無かった。
    • バトルフィーバーJやデンジマンは東映版スパイダーマンのようにマーベル作品の日本向けアレンジ作品として制作されていた。
  2. 特撮といえば今でもウルトラマンシリーズか仮面ライダーシリーズの二択。
  3. メタルヒーローは現在まで続いていた
    • ウルトラマンもテレビシリーズとして断続的に続いていた…かどうかはわからないが、平成シリーズは今でもテレビで続いているはず。
      • 円谷プロが史実より速く経営危機に陥っていたかもしれない。 
  4. 戦隊が特撮の代表とされているような現在では複数人による戦いが一般的に見られている、ということは
    • 戦隊がなければ、今でも特撮の王道は一人での戦いだろう。
もっと早くから始まっていたら
  1. 仮面ライダーシリーズは無かったか。
    • あるいは仮面ライダーが戦隊化。
    • 原作がどちらも石ノ森氏だからどちらもやっているとは思うが、史実とは異なり戦隊:毎日放送、ライダー:日テレかフジになっていた可能性が高い。
      • 史実のジャッカー→バトルフィーバーのように休止期間があったとすれば、『忍者キャプター』をスーパー戦隊シリーズの一つに組み込んで東京12チャンネルに移っていたかもしれない。
  2. 白黒テレビの視聴世帯が多かったため色をどうやって表現するかが問題になっていた。
    • そのためデザインがかなり奇抜になっていた。
『忍者キャプター』がシリーズに含まれていたら
  • 八手三郎原作・色付きスーツの集団ヒーローと言った共通要素のある作品ですが、スーパー戦隊には含まれていません。
  1. ゴレンジャー、ジャッカーがシリーズに含まれていない頃は初代スーパー戦隊になっていた。
    • 統合後は放送順から2代目スーパー戦隊になるが、ゴーカイジャーの作中などでは「ゴレンジャーと同時期に戦っていたスーパー戦隊」として扱われていた。
  2. 歴代で唯一東京12チャンネルで放映された戦隊になるので、「戦隊ロボやバトルフィーバーの源流となったスパイダーマンもシリーズに加えるべきだ」と言う無茶な意見が出てきていた。
  3. アキバレンジャーで替え歌の題材にされることはおそらく無かった。
  4. 基本メンバーが6人以上の戦隊がこれ以降キュウレンジャー以前のどこかで登場していたかもしれない。
  5. ウルトラマンのようにスーパー戦隊シリーズが再びテレビ東京に放送が移るという事が検討されたかもしれない。
放送時間が30分のままだったら
  • ダイナマン9話以降、放送時間が25分に短縮され、メガレンジャー9話で放送時間が30分に戻りました。もし30分番組のままだったら?
  1. 史実では本編未使用に終わったダイナマン~カーレンジャーの技・装備およびメカの機能は一通り使用されていた。
    • ターボレンジャー~ダイレンジャー間の戦隊も一通り変身バンクやアイキャッチが用意されていた。
    • フラッシュマンのレー・ネフェル、ジェットマンのラディゲ、ダイレンジャーのシャダムたち三幹部は史実よりもそれぞれネフェルーラ凶暴態(最期の戦いである50話では確実に)・ラディガン・各戦闘状態(それぞれ特にシャダムは嘉挧との決闘を行った48話&最終回・ガラは最期の戦いがあった49話・ザイドスは巨大戦を行った40話&48話にて変身)への変身描写が増えていた。
      • ダイレンジャーにて先述の展開となった場合、史実の嘉挧との決闘時にシャダムが装着した鎧のデザインはカクレンジャーにてヌラリヒョンの胴体デザインに回されていた。
  2. 史実では説明不足だった描写がある程度解消されていた。
    • オーレンジャー34話では、先走ってバッカスフンドと対決する裕司の口から後述の15話でのバラリベンジャーに関する言及がなされていた。
      • キングレンジャーが史実のオーブルー以外のオーレンジャー初期メンバーの役割を果たす形でオーブルー&ミキオを襲うバーロ兵たちを撃破していた。
    • ライブマン最終回では、ボルト壊滅後にエピローグにてライブマン&科学アカデミア関係者たちのその後が描かれていた。
  3. 史実においてカットされたシーン(特にファイブマン~カーレンジャーでの巨大戦)はほとんどが放送されていた。
    • ダイレンジャーは1話にて紐男爵撃破まで描かれ、2話にてガマグチ法師を、3・4話で鍵道化師をそれぞれ等身大戦→巨大戦の流れで撃破。
    • ファイブマンにてゴルリンが銀河闘士の巨大化に失敗する描写が挟まれる回は14話(コウモルギンの回)ではなく12話(アースカノン初登場回)だった。
      • 結局ゴルリン11号は史実通り13話でトドルギンを巨大化させており、ゴルリン12号はコウモルギンの巨大化に成功していた。
    • オーレンジャー15話のクライマックスは「オーブルーとジャイアントローラーに搭乗したオーレッドの連携攻撃でバラリベンジャーのコントロール装置を破壊して正気に戻すも、アチャ&コチャが送り込んだバラクティカ艦隊の攻撃からオーレンジャーを庇ってバラリベンジャーが大破。オーブルーがバラクティカ艦隊に怒りをぶつける形で他メンバー共々オーレンジャーロボに搭乗し、主にグラビトンヘッド時の攻撃で壊滅させる」という流れだっただろう。
    • 史実では途中でオミットされたファイブマンの5くん人形の皆さん&ガロアどん登場シーンおよびカクレンジャーの講釈師登場シーンは最終回まで確保されていた。
      • カクレンジャー6話では史実にてカットされた花のくノ一組初登場シーンが放送されており、7話以降は各地の妖怪たちに指令を下すポジションとなって暗躍していた。
      • ファイブマン最終回ではゾーンが壊滅し、応援する相手がいなくなったガロアどんを5くんたちが仲間に迎える。
  4. 史実では本編未使用だったダイナマン~メガレンジャー間の挿入歌も一通り使われていたかも。

1980年代[編集]

  • 便宜上ゴレンジャー・ジャッカーも含みます。

バトルフィーバーJ[編集]

現在も初代スーパー戦隊の扱いとなっていたら
  1. 伝正夫(バトルジャパン)役の谷岡弘規が初代レッドとして有名になっていた。
    • レジェンド大戦でも、バトルジャパンが隊長として仕切る。
      • 現在でも所在不明にならず、俳優活動を積極的に続けている。
        • オーレンジャーの参謀長役にも抜擢されていた。
  2. ガオレンジャー、ボウケンジャー、ゴーカイジャーの放送時期がずれていた。
    • あるいはアバレンジャー、ゴーオンジャー、キョウリュウジャーが記念作品となっていた。
      • その場合、キョウリュウジャーの劇中に歴代戦隊のレジェンド獣電池が存在し、メンバーそれぞれ過去の歴代戦士(バトルフィーバー~ゴーバスターズ)にキョウリュウチェンジ出来る。
        • その場合、キョウリュウチェンジのシーンは忠実よりも簡単なものになっていた。毎回サンバのリズムで変身してたらシャクなくなる。
      • その為、第1話で一番最初にキョウリュウチェンジするレジェンド戦隊はバトルフィーバーであり。
      • メンバー全員が一斉に同じ歴代戦隊にチェンジする際は、キング=赤,ノッさん=青,イアン=黄or黒,アミィ=桃or白,ソウジ=緑or黄,うっちー=追加戦士 となる。
        • もしかしたら、ソウジor弥生がイエローになっていたかもしれない。
      • なので、ゴーカイジャーは従来の戦隊同様独立した世界観となっており、レンジャーキーも人数分しか存在しない。
  3. 『スーパーヒーロー大戦GP 仮面ライダー3号』の内容が変わっていたかもしれない。
    • この項目の通りになるとゴレンジャーとジャッカーも仮面ライダー3号のように「歴史に埋もれた戦隊ヒーロー」になる訳だし。
  4. ゴレンジャーがシリーズ外になるため、戦隊で食いしん坊は黄色=カレーではなく、青=アンパンのイメージが強くなる。
    • 戦隊ものでカレー好きと言えばバルパンサーが有名になる。
初期設定が採用されていたら
  • 初期案ではキャプテン・アメリカの日本ローカライズや、彼をリーダーとした集団ヒーローものが考えられていたようです。
  1. レオパルドンの件があるので、バトルフィーバーロボは史実通り登場していた可能性大。
  2. スパイダーマンと違ってデザインには日本の事情に合わせたアレンジが加えられていた。
    • 少なくとも星条旗をモチーフとした部分は日の丸などに置き換えられていた。
  3. スパイダーマン同様、カルト的な人気を持つ作品になっていたことも否めない。

電子戦隊デンジマン[編集]

初期設定が採用されていたら
  1. タイトルは「電子マン トリッガー」になっていた。
  2. 次の番組も「○○戦隊」がつかないタイトルになった場合、「スーパー戦隊シリーズ」という名称が誕生しなかった可能性がある。

太陽戦隊サンバルカン[編集]

女性戦士が登場していたら
  • ヒロインがいないと女児にクレームがありました。もし本当に女性戦士がいたら
  1. ハブモチーフの黒の男性戦士「バルスネーク」とモンシロチョウモチーフの白の女性戦士「バルバタフライ」が登場。
    • 少なくとも追加戦士扱いとされる。
      • 史実のライブマンのように途中から登場していた。
    • 後者は当時予定されていた通り美佐が変身していた可能性がある。

大戦隊ゴーグルファイブ[編集]

ゴーグルピンク/桃園ミキ役が当初の予定通り早坂あきよだったら
  1. 特撮ヒロインブームの到来が遅れていた可能性は高い。他の作品の配役が史実通りだとしたら『宇宙刑事シャイダー』のアニーあたりがはじまりになっていたかもしれない。
スーツカラーに紫が採用されていたら
  • 新たなスーツの色の候補として黒と紫が検討されましたが、色々な事情から結果的に黒が採用されました。
  1. その後もバイオレットが何度か初期戦士の色に登場していた。
    • 少なくともダイナブラックは忍者の末裔であるという設定上、スーツの色を紫にしても違和感がない気がする。
      • こちらがブラックになっていた場合は、戦隊ファンにおける春田純一の扱いは単に「二年連続でスーパー戦隊の戦士を演じた役者」となっていた。
  2. バトルケニアは黒の戦士登場までは完全に緑の戦士扱いだった。
  3. 子供が言いやすいように、バイオレットではなくパープルとして登場していた。
  4. 少なくとも役名が「黒田」と言う苗字にはならなかった。
  5. ゲキバイオレットはアバレブラックと同じような扱いになっていた。
  6. 「黒は敵側のイメージが強い」として、現在まで黒の戦士は実現していないかも。実現していても初期メンバーにはいない。

科学戦隊ダイナマン[編集]

初期設定が採用されていたら
  1. タイトルが「野球戦隊ダイナマン」になっていた。
    • キュウレンジャーより34年早く初期メンバーが9人の戦隊が実現していた。
    • そうはならなくとも当初の予定通り、タイトルは「野球戦隊Ⅴリーガー」のなっていた。
  2. その後もスポーツモチーフの戦隊が増えていた。
    • ガオレンジャーは動物とサッカーをモチーフにしていた。
      • ガオブラックはガオライノス、ガオマジロに選ばれた戦士になっていた。
      • ガオキングのデザインはストライカーそのものになっていた。
    • ライブマンは動物とボクシング、ターボレンジャーは自動車とラグビー、オーレンジャーは古代文明とアメフト、ハリケンジャーは忍者と野球、マジレンジャーは魔法とサッカーがそれぞれのモチーフだった。

超電子バイオマン[編集]

小泉ミカが登場しなかったら
  1. 矢吹ジュンは第1話から最終回までイエローフォーに変身していた。
    • 郷史朗の先祖は武者修行中の侍、高杉真吾の先祖は猟師、南原竜太の先祖は農民、矢吹ジュンの先祖はくノ一、桂木ひかるの先祖は公家のお姫様だった。
    • バイオキラーガンは存在しない。
    • 第1話では、矢吹ジュンがバイオロボと初めて出会うシーンがある。
    • 『オールスター番組対抗ボウリング大会』では、『超電子バイオマン』チームと『宇宙刑事シャイダー』チームが出場していた。
      • ちなみに『超電子バイオマン』チームは郷史朗役の阪本良介、高杉真吾役の太田直人、南原竜太役の大須賀昭人、矢吹ジュン役の田中澄子、桂木ひかる役の牧野美千子の5名だった。
初期設定が採用されていたら
  • 初期設定ではイエロー以外の4人はバイオ粒子を浴びて現代にやって来たおとぎ話の登場人物(桃太郎、金太郎、一寸法師、かぐや姫)になる予定でした。
  1. 皮肉にもイエローが唯一の現代人だった事から、交代劇に関してはそれほど問題なく行われていた。
  2. タイムレンジャーの特別編やゴーカイジャーでこの設定に関して何かしらの言及があった。
    • 『スーパーヒーロー大戦』でもモモタロスがレッドワン(桃太郎がモチーフになるはずだった)に対して何か言っていたかもしれない。

電撃戦隊チェンジマン[編集]

イエローの戦士がいたら
  1. モチーフとなった伝説獣のイメージ的にグリフォンがイエロー、ペガサスがホワイト、マーメイドがブルーになっていた?
    • この場合、チェンジマーメイドは初の女性ブルー、チェンジペガサスは初の初期メンバー男性ホワイトになっていた。
  2. 「今度の戦隊はメンバーを色で分けるのをやめたのかな?」と勘違いする視聴者が続出することはなかった。

超新星フラッシュマン[編集]

反フラッシュ現象の設定がなかったら
  1. 少なくとも、終盤の展開があそこまで悲壮感あふれるものにはならなかっただろう。
  2. それでも、肉親関連のエピソードがメンバー全員分描かれたかどうかは微妙なところか。
劇場版2作目が最終回後の後日談だったら
  1. 反フラッシュ現象の克服及びイエロー以外のメンバーの肉親捜しのエピソードが描かれる。

光戦隊マスクマン[編集]

X1マスクが40話以降も登場していたら
  • X1マスクはシリーズ初の6人目の戦士であり、第39話の1話限りしか登場しませんでした。
  1. 正式な追加戦士となっていた。
  2. X1マスクの専用武器もマシンも第40話から登場していた。
  3. ターボレンジャー、ファイブマン、ジェットマンにも確実に6人目の戦士が登場する。
    • ジェットマンにグリーンイーグルが登場していたのだろうか?
      • ファイブマンは戦隊名を考えると、追加戦士ではなく、ニンジャマンやシグナルマン系統の番外戦士になるかもしれない。

超獣戦隊ライブマン[編集]

最後までメンバーが3人だったら
  • 当初はブラックバイソンとグリーンサイの2人が登場する予定はありませんでした。
  1. おそらく2号ロボは史実通り登場するが、史実のライブボクサーのデザインのままだったかは微妙。
    • 「1号ロボと2号ロボの合体」と言うコンセプト案自体はライブロボの発売前から出ていたらしいので、デザインを除いて案外史実通りだった可能性もなくはない。
  2. 後の戦隊でも3人戦隊をもう少し柔軟に登場させることができていた。
    • それでも追加戦士の概念が定着した後は3人→5~6人のメンバーに増員されることが基本となる。
    • ハリケンジャーやアバレンジャーはもう少し3人戦隊である設定を活かせていたかもしれない。
最初からメンバーが5人だったら
  • 上とは逆にブラックバイソンとグリーンサイが最初からメンバー入りしていたら?
  1. 鉄也も卓二も科学アカデミア出身になっていたか、ボルトの幹部でメンバーと面識がないアシュラとの因縁が設定されていた。
    • 卓二は鉄也の兄の名前だから、正しくは純一。
  2. 二人のメカも純粋な動物型になっていた可能性大。
    • ライブロボも最初から5体合体になっていたとすれば、マシンバッファローの収納容積がより大きくなっている。
  3. トリプルバズーカにバイソンロッドとサイカッターを合体させる事が可能になっていた。
  4. ゴーオンジャーも最初からメンバーが5人だった。
ブルードルフィンが別の色だったら
  • 本作のブルードルフィンが初の女性ブルーとして採用されましたが、仮にもし別の色になっていたら?
  1. めぐみが変身するのはピンクドルフィンかホワイトドルフィンになっていた。
    • その代わり、イエローライオンの丈はブルーライオンに変身していた。
      • 史実通りブラックバイソンとグリーンサイが登場していた場合、史実より25年早くキョウリュウジャーのカラーの組み合わせが採用されていた。
  2. 3人戦隊=赤青黄の法則を史実より早く崩していた。
  3. ジェットマンの凱はブルーコンドル、アコはグリーンスワローに変身していた。
    • ハリケンジャーでも鷹介と吼太はそのままだが、七海はハリケンピンクに変身し、初の初期メンバーにブルー不在の戦隊になっていた。
      • カブトライジャーは黒、クワガライジャーは青の戦士として扱われていた。
      • マジレンジャーでは翼がマジブルー、薪人がマジイエロー、麗がマジグリーンに変身していた。
  4. ジュウオウジャーのジュウオウシャークは男性戦士に変更されており、女性戦士はジュウオウタイガーのみの紅一点戦隊になっていた。

高速戦隊ターボレンジャー[編集]

流れ暴魔が○○だったら
登場しなかったら
  1. レーダ、ジンバ、ジャーミンが中盤で退場することはなかった。
  2. 暴魔百族が「歴代スーパー戦隊でも一、二を争う弱小敵組織」とか言われることはなかったかもしれない。
終盤で死ぬ展開になっていたら
  1. ヤミマル(流星光)はどんな最期を迎えたにせよ、前作のドクターケンプ(月形剣史)やドクターアシュラ(毒島嵐)と比較されていた。
  2. キリカ(月影小夜子)は翌々年のマリア(藍リエ)と共に悲劇のヒロインとして並び称されていた。
  3. 本作自体も史実ほど「明るい作風の戦隊」というイメージはつかなかったかもしれない。
  4. ゲキレンジャーの理央とメレは(本作との差別化を図るために)最後まで生き残る展開になっていた可能性が高い。

1990年代[編集]

地球戦隊ファイブマン[編集]

没タイトルが採用されていたら
ブラザーマン
  1. ブラザー工業がスポンサーについていた。
    • 光製作所の学習机「ヒカリサンデスク」のCM(星川学役の藤敏也が出演)のように、ミシンのCMに星川数美役の宮田かずこが出演していたかも。
ベクトルマン
  1. 韓国の特撮ヒーロー『地球勇士ベクターマン』はおそらく違う名前になっていた。
全50話以上だったら
  • ファイブマンは全48話でしたが仮に50話以上あったらと想定
  1. 90年代前半の戦隊は打ち切りを意識することはなかった。
  2. 戦隊初(時系列的にはダイレンジャー、単発エピソードとしてはカクレンジャー)となるクリスマス回が組まれていた。
  3. テラノTVギンは年明けの登場だった。

鳥人戦隊ジェットマン[編集]

ブルースワローが「シアンスワロー」になっていたら
  • 史実ではブルースワローのカラーリングは後のキョウリュウシアンに通じる水色基調でしたが、ブルー系の名称になっています。
  1. 通常のブルーが存在しない戦隊になる。
  2. おそらく「シアン」は女性戦士に採用されることが多い。
    • ニンジャシアン、ハリケンシアン、マジシアンとなる。
      • 少なくともニンジャシアンとキョウリュウシアンは男性。
  3. 女性ブルーはライブマンに登場したブルードルフィンが唯一だった。
  4. 二人目のシアンが登場するまではバトルコサックみたいな感じでブルー扱い。
基地ロボが登場していたら
  • 史実でも基地ロボを登場させる予定がありましたが、前作「ファイブマン」のマックスマグマの玩具売上が悪かったこともあり叶いませんでした。もし実現していたら?
  1. スカイキャンプが変形していた。
  2. 名称は「ジェットアトラス」・「ジェットユミル」・「ジェットカイザー」のどれかだっただろう。
  3. 40話で伏線が張られた後、41話で初登場。初陣戦で隕石ベムを撃破していた。
  4. ベロニカ編や最終決戦でもベロニカおよびラゲム相手に奮闘していた。
    • 少なくともベロニカ戦ではフィニッシュを飾れただろう。
  5. もちろん商品化されていた。
    • ただし、前年のマックスマグマのことを考えると金額が恐ろしいことになると思われる。

恐竜戦隊ジュウレンジャー[編集]

初期案がそのままだったら
  1. 史実以上に大ヒットしていた。
  2. 守護獣の設定に大きく影響が出ていた。
  3. ドラゴンレンジャー(緑)はマンモスレンジャーになっていた。
    • ドラゴンシーザーはマンモスシーザーになっていた。
  4. アバレンジャー以降の恐竜戦隊の設定と内容に大きく影響が出ていた。
メンバーが本当に10人だったら
  • 名称から10人戦隊と誤解されることを防ぐために「ジュウレンジャー」の下に「獣連者」と漢字を入れています。もし本当にメンバーが10人だったら
  1. その後もメンバー最多の戦隊が増えていた。
    • キョウリュウジャーではイエローも登場しており、バイオレット、シアン、グレーが初期メンバーになっていた。
    • トッキュウジャーはキュウレンジャーみたいに9人戦隊になっていたかも。
      • そのためトッキュウ3号は男性戦士になり、ミオは白の戦士のトッキュウ8号に変身する。
    • ジュウオウジャーではジュウオウザワールドは登場せず、ブラックの戦士としてジュウオウライノスが登場し、ジュウオウウルフとジュウオウクロコダイルが追加戦士として登場。
      • そうなれば大和はジュウオウホエールに変身し、バドがジュウオウイーグルに変身する。
        • ジュウオウゴリラは茶色の戦士になっていたかもしれない。
    • ゴセイジャーやニンニンジャーは7人戦隊になっていたかもしれない。
  2. ドラゴンレンジャーも最初からメンバーの一人であり、ドラゴンアーマーを付けることはなかった。
    • 初期メンバー5人+追加1人に加え、白,金,銀,紫の戦士が登場していた。

五星戦隊ダイレンジャー[編集]

もし『超世紀全戦隊』のシリーズ名義が定着していたら
  • 本作は当初、BFJから起算してスーパー戦隊シリーズの15作目として制作されましたが、放送中に石ノ森戦隊の2作品を組み込んで『超世紀全戦隊』シリーズとして定義されるようになりました。しかし、この名義は講談社や徳間書店などの一部の出版社の間でしか定着せず、短命に終わっています。
  1. 戦隊シリーズの総称をスーパー戦隊と呼ぶか、超世紀(全)戦隊と呼ぶかで議論が起こっていたかもしれない。
  2. オーレンジャーは史実同様に『超世紀(全)戦隊シリーズ20周年記念作』という触れ込みで制作されていた。
  3. それでも史実で石ノ森戦隊2作が明確にスーパー戦隊のカウントに組み込まれた2000年代あたりからは、史実同様、スーパー戦隊で統一されているかもしれない。
    • 場合によっては「超世紀」部分に「スーパー」のルビを振って『超世紀戦隊(スーパーせんたい)』と読ませていた可能性もある。
    • そもそも21世紀を迎えた時点で超世紀の呼称は取りやめているはず。
      • もしくは「超世紀戦隊」と「新世紀戦隊」でシリーズが明確に分けられていた。
        • 昭和ウルトラと平成ウルトラ、昭和ライダーと平成ライダーのような扱いになっていた。
  4. 超世紀戦隊ヒーローゲッター(仮)の節が大幅に変わっていた。
  5. ニンニンジャーはスーパー戦隊40周年を祝うと同時に、新世紀戦隊15作目を記念した作品になっていた。
大神龍が○○だったら
登場しなかったら
  1. 当然、終盤の展開は全く違うものになっていた。
    • よって、ゴーマとの一時停戦もなく、道士・嘉挧が死ぬこともなかった。
当初の予定通り、完全に味方の戦力として登場していたら
  1. 天宝来々の玉を7つ集めると願いをかなえてくれるという設定になっていたりして。
最終的に倒される展開になっていたら
  • パワーレンジャーシリーズでは『ワイルドフォース』で再登場して倒されるという展開になっていました。
  1. 劇中での圧倒的な強さから考えてもおそらくラスボスになっていただろう。
  2. 最終的にダイレンジャーとゴーマが和解する展開になっていたかもしれない。
  3. 今後、日本でも「シリーズ○○周年記念映画」などに再登場すれば倒される可能性があるかもしれない。

忍者戦隊カクレンジャー[編集]

ニンジャマンに人間体があったら
  • ニンジャマンは番外戦士であり、人間体は持っていません。
  1. 矢尾一樹が顔出ししていたか体格が大きな男性が変身していた。
  2. サムライマンは登場しないかもしれない。
  3. そもそもシグナルマンやゴセイナイトも人間体を持つのだろうか。

超力戦隊オーレンジャー[編集]

一年間シリアス展開を貫いていたら
  • 本編を見てみると路線変更に苦心した跡が多々見られますが…。
  1. 何の伏線も無しに新武器や新ロボが出てくる事はおそらく無かった。
  2. コメディ展開は史実よりもかなり削られていた。
    • 「ゲーム感覚で地球侵略を楽しむマシン獣」というコンセプトはあったらしいので、流石に何回かはギャグ回が挟まれていたはず。
      • 何だかんだでボンバー・ザ・グレートは史実通り登場していたと思う。
  3. 超力基地壊滅の早期化や、3クール目でUAOH全滅→終盤を孤立無援で乗り切るなどの展開も十分有り得た。
  4. 視聴率とおもちゃの売り上げが史実以上に乖離してしまう事になっていた。
    • この反動でカーレンジャーが作られるのもおそらく史実通り。
  5. キングレンジャーの設定が変わっていたかもしれない。
皇妃ヒステリアが人間だったら
  1. 確実に機械人間としての皇帝バッカスフンドの妻になっていた。
    • 必ず皇妃マルチーワも機械人間として登場していた。
  2. バラケリスは登場しなかった可能性が高い。
  3. 天祭揚子が演じたか松島みのりが顔出しになっていた可能性はある。
オーブロッカーが1号ロボだったら
  • オーブロッカーは1号にする予定でしたが諸事情で1号ロボではなくなってしまいました。
  1. オーレンジャーロボ、レッドパンチャー、キングピラミッダーのデザインと名前、技に大きく影響が出ていた。
  2. 史実以上に玩具の売り上げが好調だったかも。

激走戦隊カーレンジャー[編集]

バリンガーZが登場していたら
  • 終盤にボーゾックの敵メカとして「バリンガーZ」なる巨大ロボが登場する予定でしたが、東映上層部から怒られてノリシロン-最終(ファイナル)に差し替えられたという逸話があります。
  1. ただでさえギャグ戦隊としての印象が強いカーレンなので、こいつが出てくれば尚更ネタになっていたに違いない。
    • ガイナモを演じたのがボス役の大竹宏なので、「ボスがマジンガーに乗っている戦隊がある」とまで書き立てられていた。
    • 上層部から怒られない程度にデザインや名前を変えるという事はあったかもしれないが、それでも「良く見たらマジンガーに見える」程度で済んでいた。
  2. エグゾスが倒される=『宇宙ランド』も廃刊になるだろうから、VSシリーズでグレートバリンガーを出す事は出来なかったと思う。
    • VSオーレンジャーのノリシロン増刊に関しても多分影響はない。
スーパー戦隊20作目の記念作品として制作されたら
  1. スーパー戦隊ネットは1996年頃に設立していた。
  2. Vシネマの「激走戦隊カーレンジャーVSオーレンジャー」は制作されない代わりに「激走戦隊カーレンジャーVSスーパー戦隊」が制作されていた。
    • そのためレッドファルコンとビッグワンはこの作品でゲスト出演していた。
      • 他のゲストにキリンレンジャー、マンモスレンジャー、ブルースワローが出演している可能性が。
    • アカレッドは「百獣戦隊ガオレンジャーVSスーパー戦隊」にてもっと早く登場していたかも。

電磁戦隊メガレンジャー[編集]

ロボの没設定がそのまま使われていたら
  • 2体のロボと母艦はこちらに登場する予定でしたが、スタッフが揉めてしまい、その結果ギンガマンの銅星獣として使われました。
  1. 名前はメガファイター、エクスプローラーメガ、デジステーションになっていた。
  2. 操縦は機械だった。
  3. メガレンジャーに登場するロボはこれらをいれて7体になっていた。
  4. 話の展開に大きく影響が出ていた。
  5. その代わり、銅星獣は動物らしいデザインになっていた。
ウイングメガボイジャーはメガウインガーの本体ごとの合体だったら
  1. メガウインガーは史実とは全く違うデザインになっていた。
  2. スーパーギャラクシーメガと共闘していた。
    • 43話では合体技でネジレンジャーを倒していた。
  3. メガボイジャーのコクピットにシルバーの操縦席が入っていた。
メガテクターが本編にも登場していたら
  1. 登場は33話か38話以降。
  2. レインボーインパルスのみならず、セイバーインパルスなどの個人技も使用されていた。
メガボイジャーが1号ロボだったら
  1. ギャラクシーメガ、デルタメガ、メガウインガーは史実とは全く違うデザインになっていた。
    • ウイングメガボイジャーはメガウインガーの本体ごとの合体だった。
    • デルタメガはなかったかもしれない。
      • 代わりに史実では次作「ギンガマン」の鋼星獣に流用された複数のビークルから合体するロボット&要塞から変形するロボットの没案が採用されていた。
      • そのため鋼星獣は純粋な動物型になっていた。

星獣戦隊ギンガマン[編集]

巨大ロボが最後まで登場しなかったら
  • 高寺Pは当初「巨大ロボを一切出さずに星獣のみで巨大戦を行う」と言う構想を考えていたそうです。
  1. 戦隊ロボによる売り上げが丸ごとなくなるに等しいので、商業面ではかなりの大失敗に終わっていた。
    • ブルタウラスはともかく、テコ入れで鋼星獣は無理やりでも機械の姿で出さざるを得なかったかもしれない。
    • 高寺Pのこだわりが原因とみなされれば、クウガや響鬼などの後の作品にもかなり影響が出てきそう。
  2. 一方で巨大戦の戦闘パターンはかなりバリエーションのあるものになっていたかもしれない。
    • 回によっては全星獣を出さずに単独で決着をつける…と言った展開もあっただろう。
タイトルが「星獣戦隊ガオレンジャー」になっていたら
  • タイトルの最有力候補として「ガオレンジャー」があったのだが、当時放映されていた『勇者王ガオガイガー』との混同を避けるためギンガマンに変更された。
  1. 最後の「○○マン」がジェットマンになる為、「ジェットマン→ジュウレンジャーで名前と展開のマンネリ化を打破した」などと言われるようになっていた。
  2. ギンガマンも比較的漢字で書く必殺技が多かったので、ガオの部分は史実のガオレンジャー同様漢字表記が出来るようになっていた。
    • 一方で基本メンバーの星獣の名前は「ガオレオン」以外全員史実と異なるものになっていた。
      • 名前の由来がよく分からないギンガベリック以外は「ガオファルコン」「ガオゴリラ」「ガオキャット」と、語呂合わせの部分をそのまま動物名にしていたかもしれない。
  3. 百獣戦隊ガオレンジャーは「百獣戦隊アニレンジャー」というタイトルになっていたかもしれない。

救急戦隊ゴーゴーファイブ[編集]

6人目の戦士が登場していたら
  • 劇中ではライナーボーイが「6番目の戦士」として扱われていたり、Vシネでは番外戦士のジークジェンヌが登場しましたが、従来の追加戦士自体は最後まで登場しませんでした。
    • 一方で海外版である『パワーレンジャー・ライトスピードレスキュー」には、オリジナルの追加戦士であるタイタニウムレンジャーが登場しています。
  1. ライナーボーイがAI搭載機になっていなかった。
    • Vモードブレスも追加戦士の変身アイテムになっていたかもしれない。
    • ビクトリーマーズが史実通り5機合体だった場合は、追加戦士が操縦するライナーボーイとの共闘が描かれていたかもしれない。
  2. 巽兄弟に実は隠し子がいた!なんて展開にするのも良くないので、変身するとすれば乾総監の息子が新たに設定されたうえで着装していたと思う。
    • あくまでもゴーゴーファイブは巽兄弟の5人に限定するとすれば、追加戦士の名乗りは戦隊名を言った後になっていただろう。
女性戦士が2人だったら
  1. 京子がゴーイエローに、ダイモンがゴーグリーンに変身する。
    • ショウと京子のポジションが逆転。京子が巽家の長女で第三子となり、ショウはその先輩に当たる。
    • なので当然、京子が巽キョウコ、ショウが速瀬̪鍾という名前表記になる。
    • イエロー専用の99マシンがイエローホバー、グリーン専用の99マシンがグリーンアーマーになる。
      • エヴァンゲリオンのアスカでお馴染みの宮村優子が戦隊ヒロインを演じたという事で有名になり、歴史に残る。



関連記事