もしダイアナ元皇太子妃が事故死していなかったら

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索
  1. その後もボランティア活動を積極的にこなすも、引き続きパパラッチに狙われ続ける。
    • 日本で「パパラッチ」という言葉は定着していなかった。
  2. ゆくゆくはアルファイド氏と再婚していたかもしれない。
    • と言うよりもダイアナはアルファイド氏の子を妊娠したから暗殺されたって説もあるんだよね。
      • 実際は妊娠していなかったらしい。
    • アルファイド氏の伯父さんは悪名高い武器商人カショギであり、熱心に取り組んでいた対人地雷廃止運動との矛盾を突っ込まれて、その意味で大スキャンダルになったと思う。
  3. エルトン・ジョンは「Candle In The Wind 1997」を歌っていない。シングルは当初の予定通り「Something About the Way You Look Tonight」の単独名義で発売されることになる。
  4. 他国メディアからの英国王室へのバッシングは現在も続いており、最悪の場合、ウィリアム、ヘンリー兄弟も王室を捨て、母であるダイアナのもとへ去っていたかも。
    • チャールズ皇太子とカミラ夫人は史実より早い時期に再婚したが、世界各国からの扱いは冷たかった。
    • 息子ウィリアム王子とキャサリン妃の結婚式に招待され、二人を祝福していたかも。
  5. お騒がせ女であることが明らかになり英国民の人気も低下する。
  6. 2012年のオリンピックはロンドンじゃなかったかもしれない。



関連記事