もしハッピーマンデー制度が実施されていなかったら

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索
  1. 祝祭日が以前と変わらない日時のため、覚えやすくなっていた。
  2. 岸和田だんじり祭りの開催日程が変更されることはなかった。
    • 現在も9月15日開催。
  3. 成人式も毎年1月15日開催。
    • サッカー高校選手権決勝は15日では遅すぎるので1月第2土曜日に。
    • ここの成人式が荒れるのは相変わらずだ。
    • 新成人の対象者は現在でも、成人の日が20歳の誕生日となる者と同じ学年の者(4月2日~4月1日生まれ)ではなく、単純に1月15日時点で20歳の者とされていた。
    • 地方における夏の成人式は今でもかなり残っていた。
  4. 体育の日は現在でも本来の意味を持っていた。
    • なお10/10が晴れの特異日、というのには疑問符を付ける説もあるようだが。
  5. 9月の大型連休(シルバーウィーク)はなかった。
  6. 逆に土日と祝祭日をつなげる「ハッピーウィーク(仮称)」が実施された可能性も。
    • 名前は全部「国民の休日」。
    • ハッピーウィークで2日分平日が休日に回されるので、学校の週5日制は木曜日~土曜日が祝日の場合を除き廃止。
    • ゴールデンウィークの交通機関の混雑は緩和。
      • 映画業界が元気になった?
    • 景気が幾分上向き、二酸化炭素排出量がやや増加していた可能性が・・・・・・
  7. 私立の中学・高校にも学校週5日制が浸透していた。公立小中学校の夏休み短縮の動きもなかった。
  8. 大学など高等教育機関で祝日も授業という事態は発生しなかった。
  9. コンピュータ業界の人が少し楽になっていた。
    • プログラムの「祝日に実行」というような条件が日付固定で済むため。
  10. 飛石連休が多いので、休日と休日の間は有給をとる人が多かった。
  11. 「ハッピーマンデー」とは「たまたま月曜日が祝日になること」を指していた。
    • というよりそういう言葉が誕生しなかった。
  12. 海の日という祝日の存在があまり意識されないという事態にはならなかったはず…。
  13. 1月5日を仕事始めとする一般企業が現実以上に多かった(官公庁・金融機関・証券関係・サービス業などは除く)。
    • それ、ハッピーマンデーと全く関係なくない?
  14. どんと祭(1月14日)が地味な祭になることはなかったはず。
    • 旧成人の日(1月15日)の前日がどんと祭だから。
  15. 学校の授業が月曜ばかり休みになって困ることは少なかった。



関連記事