もしペナントレースの開催方式が○○だったら

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索

シーズン試合数が○○になったら[編集]

12チームホーム&アウェー一回づつ[編集]

  • サッカーと同じくらい。(1チーム2回づつ。)
  1. 年俸は大幅に下がる。
  2. 試合が減った分、参加するチームも増えるかも。
    • J1やJ2も生まれる。

100試合[編集]

  1. 5月初旬開幕、9月初旬閉幕。
  2. 選手1人当たりの年俸も大幅に下がる。
  3. 試合数が少ないので、シーズン後の社会人野球日本選手権にも参加するようになる。

162試合[編集]

  • メジャーリーグと同じ試合数です
試合数だけ変更の場合
  1. 3月末開幕、10月末閉幕
  2. 2リーグ・12球団のままだとどっちみち対戦カードに余りが出てしまうのが問題になる
メジャーリーグと(ほぼ)同じスケジュールの場合
  1. 3リーグになる
  2. 日本シリーズはジャパンシリーズに改名する。
    • ジャパンシリーズは各リーグ1位とワイルドカード1球団の4球団でトーナメント方式にて行う
  3. こちらの場合は対戦カード余りの心配はない。

250試合[編集]

  1. 3月初旬開幕、11月初めに閉幕する。
    • 移動日も大幅に減り、ダブルヘッダー乱発。
    • クライマックスシリーズは11月中旬、日本シリーズは11月下旬から12月上旬の開催。
      • ファイターズが日本シリーズに進出したら、冬の暴風雪などによる、観客の移動の安全を考慮して、ドーム開催なのに、中止となる試合が出たか?
    • もしかしたら、クライマックスシリーズ自体、開催できなかったかも。
  2. 投手の頭数が足りなくなる。
    • 従って本来二軍の選手も多く登板する。
    • 敗戦処理には野手が投げる。
  3. 必然的に、打者の記録が驚異的になる。
    • おかわり中村はシーズン150ホーマーくらい打つ。
      • ・・・とまではいかないが、55ホーマー以上打つ選手は出てくる。
  4. 独走レースの場合、消化試合60くらいになる。
  5. 選手生命がより短命になる人が続出か?

2シーズン制が○○だったら[編集]

史実では、1973年ー1982年にパ・リーグで行われていました。

  • 1リーグ時代にもありましたが(1937年と1938年)。
    • ちなみにこのときはそれぞれのシーズンが独立したシーズンだった。

現在も行われていたら[編集]

  1. クライマックスはセ・リーグのみで行われていた。
    • パでの総合優勝決定戦もクライマックスシリーズに含められていたと思うが。
  2. ひょっとしたら、セ・リーグも2シーズン制にしていたかも。
  3. セ・リーグも含め、リーグ優勝チーム(日本シリーズ出場チーム)が現実と異なったシーズンが何度かあるかも。

セ・リーグでも行われていたら[編集]

  1. パ・リーグ同様、前期優勝チームと後期優勝チームによるプレーオフが行われていた。
    • もちろん、前期・後期ともに同じチームだった年は行われない。
      • 独走態勢による盛り下がりを避けるために、史実のCS導入時にワイルドカード(前後期2位で勝率が上のチーム)が導入される。
    • むしろそれぞれの前期・後期優勝をぶつけ合うトーナメント形式の日本シリーズになっていた気がする。
      • つまり、これが現在の「クライマックスシリーズ」に当たる。
  2. 阪神の優勝回数が増えていたかも。
  3. 78年前期、79年前期、82年前期、88年前期は巨人が制したかも。ひょっとすると84年後期も?
    • 84年の前期は中日が首位で折り返したから、その場合はプレーオフでどちらが勝とうが史実の広島のリーグ優勝・日本一は無い。
  4. 1996年は前期は広島、後期は巨人の優勝。プレーオフは巨人が制したとしても、史実の「メークドラマ」ほどインパクトは無い。
  5. 2008年は当然前期は阪神、後期は巨人の優勝。プレーオフは巨人が制していた可能性が高いが、史実のように「Vやねん」がネタになることは無い。
    • 前期優勝もできないかも(Vやねんのせいで)。
  6. 2015年のプレーオフを横浜DeNAが制した場合後期最下位ながら日本シリーズ進出と言う事態が発生する事となる。

シーズン数が2シーズン以上だったら[編集]

3シーズン制[編集]

  1. 事実上、現在のセ・パ交流戦に当たる部分が2シーズン目になる。
    • 間違いなくクライマックスシリーズの扱いをどうするかで問題が出てくる。
    • 無論試合数も現在よりもう少し増える。
      • 144÷3で初期の36試合制が維持されていたかもしれない。
  2. 交流戦のコンセプトがリーグ対抗戦になる事は無かった。
  3. 現状の勢いを考えると、日本一に挑戦する際にセの球団が圧倒的に不利になる。
    • 逆にソフトバンクはもっと容易に日本一になれていた。
    • 平等性を期すために「セ・パで最も勝率の高い球団1つずつ」になったとしても、2010年や2015年のようにパが圧勝してしまうと…?

6シーズン制[編集]

  1. 4割打者が乱発し、価値もたいしてなくなる。
    • 打率等の個人成績は年間トータルの合算値が記録対象となる。
  2. 一年のうちに何球団も渡り歩く選手が出る。
  3. 解雇された選手の再挑戦の番組が一年中流れる。
  4. 大相撲同様のシステムに移行しているかも。

順位が確定した時点で打ち切りになったら[編集]

  1. 必然的に消化試合はゼロになる。
    • と言っても減る試合は数試合程度に収まると思われる。
  2. クライマックスシリーズが廃止になった場合はリーグ優勝決定の時点で打ち切りへの変更も考えられそう。
    • 現状だと3位確定の時点で打ち切りになる。
      • BクラスのチームはCS出場の可能性が消滅した時点で打ち切りになる可能性大。
  3. 払い戻しの猥雑化を避けるために、シーズン終盤のチケット販売は当日のみになる。
    • 当日販売のみとなるタイミングは、首位チームのマジックナンバーが一ケタになった時点というのがベターか?



関連記事