もしマクロスシリーズとあの作品が同一世界の話だったら

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索
投稿規制
現在このページ(もしくは節・カテゴリ)は他者に不快感を与えたりサイト趣旨から逸脱するなどの問題が考えられるため、下記の投稿を規制しています。
この規制に反する投稿は削除や注意または投稿ブロックの対象となりますのでご注意下さい。本件に関するご意見などはトークページへお願いします。
規制する投稿:一発ネタ、及びスタブ未満の節の追加。まずは企画制作室のご利用をお願いします。
もしあの作品とあの作品がコラボレーションしたら/は~わ行 > マクロスシリーズ
  • SF+歌が基本になるということで、やっぱり「歌」または「アイドル」が重要な意味を持つ作品が多くなるのでしょうか(ドラえもんはともかくとして…)。
    • 物語の根幹であるプロトカルチャーの解釈次第でどんな作品とも辻褄を合わせられそうな感じはしますが、それはさておき。
  • 記事を見やすくするため、新たに追加される場合は50音順(シリーズ物については時系列順)でお願いします。
  • 尚、スーパーロボット大戦シリーズについては実現済みの対象外とします。

実現済み[編集]

  • 超時空要塞マクロス+超時空騎団サザンクロス+機甲創世記モスピーダ=『ロボテック』(但しアメリカ限定)
    • ロボテックは人物から世界観まであれやこれやと改変を加えまくっているのでマクロスとは似て非なる存在である。

あ行[編集]

THE IDOLM@STER[編集]

  1. バルキリーが痛戦闘機に。
  2. アイドルの誰かが「リン・ミンメイに憧れてアイドルを目指している」という設定に変更。
    • リン・ミンメイもランカも765プロ所属に。
      • その代わり、シェリルは961プロに所属。
  3. 個人的に涼ちんの扱いが気になるんだが・・・
    • 熱気バサラのような歌手になる夢があると思う。
  4. とか言ってたら本当にコラボしやがった。
    • あれはコラボじゃなく「タイアップ」だろ。
  5. AKB0048の企画は生まれなかったに違いない。

宇宙英雄ペリー・ローダン[編集]

  1. 第一次人類ことレムール人がプロトカルチャーから派生した種族となり、アルコン人、アコン人、スプリンガー等銀河系のヒューマノイド種族はその末裔という設定になる。
  2. 太陽系帝国の戦艦は球型では無い。
  3. 超弩級戦闘母艦「マルコ・ポーロ」をはじめとして旗艦クラスの大型艦にはトランスフォーメーション機能が付いており強攻型への変形を経て主砲が発射可能となる。

宇宙海賊キャプテンハーロック[編集]

  1. 海賊ということで、やはり統合軍とは一線を画した存在になっている。
    • しかしハーロックたちは様々な場面で協力してくれる。
  2. 髑髏マークが共通なため、スカル大隊との共同戦線が多くなる。
  3. 下とは異なり、さすがにアルカディア号がSDF-1に装着されることはないだろう。

宇宙戦艦ヤマト[編集]

  1. イスカンダルガミラス両星の住人はプロトカルチャーの末裔という設定になっている。
  2. ヤマトの艦載機がことごとくVF-1に。
    • 松本零士氏がロボット嫌いということもあり、変形機能は全て省略されるかも。
  3. 最終的にヤマトはダイダロス(映画ではアームド1)の代わりにSDF-1マクロスの右腕に装着される。
    • 敵艦にヤマトをぶち込んで波動砲を発射する「ヤマトアタック」が行われる。

か行[編集]

ガンダムシリーズ[編集]

機動戦士ガンダム[編集]

  1. 柿崎VSシャア、夢の対決。
  2. ジオン軍の中にゼントラーディとの混血者が多くなっている。
    • カムジン一家もジオンに合流。
  3. 熱気バサラがアムロ・レイをアムロックとして覚醒させる。
  4. ブライトとカイフンが意気投合し、アムロを苛めまくる
    • むしろ、職業軍人とプロ市民という立場でブライトとカイフンは反発し合うと思われる。
  5. Zガンダムはガンダム+バルキリーというコンセプトで開発された。
    • ロイ・フォッカー専用ZガンダムがMVSZで発表される。

きらりん☆レボリューション[編集]

  1. リン・ミンメイはかつてオフィス東山に所属していた伝説のアイドルという設定に変更される。
  2. SHIPS(宙人・星司)用のVF-19改ファイヤーバルキリー2機が新造されている。
    • 塗り分けはバサラ用とは全く異なる。
  3. VF-11改(ミレーヌ仕様)も複座式で1機追加。月島きらり専用機に。
    • 本人は後部座席でパフォーマンスに専念するため、操縦は全てなーさんが担当。
  4. 劇中の挿入歌がハロプロ系一色になる。
    • マクロスFじゃないのに「キラッ☆」
  5. FIRE BOMBERの活躍する場面が減ってしまう。
  6. 特別出演:いさじ氏

クラッシャージョウ[編集]

  1. クラッシャーチームはミネルヴァ内に民生用バルキリーを所有。
    • 戦闘機は全て3段階変形可能。
    • 水中潜航用のVA-3も重要な機材。
  2. ジョウ率いるクラッシャーは軍の裏方仕事を一手に引き受ける存在に。
  3. 佐々木るん・小原乃梨子両女史の負担が大変なことに。
  4. 冷凍睡眠状態で×××な姿を晒すのはマチュアではなくリn・・・うわなにをするやめrくぁwせdrftgyふじこlp;@:「」
  5. 後にダーティーペアもゲスト出演。

けいおん![編集]

  1. どちらとも音楽を主題にしてるので結構混ぜやすい。
    • しかもJNN系列だし。
    • 「7」ベースのほうがやり易いが、やはり時代背景は「F」だろうか。
  2. 少女達の演奏よ、銀河に響け
  3. 使用機材はFIRE BOMBERに倣って3機体制。
    • 後に1機追加、またはファイヤーバルキリーに該当する機種が複座化される。
    • ミレーヌバルキリーに該当する機種については操縦桿が左右逆になっているのが特徴。

この世の果てで恋を唄う少女YU-NO[編集]

  • よく分からない人はここまたはここをご覧ください。
  1. 18禁とまではいかなくても、作品のR指定は避けられなくなる。
  2. 有馬たくやをはじめとする主要人物は高校生から士官学校の生徒に変更。
    • 美月さんと絵里子先生はその士官学校の教官。
      • 絵里子先生のヘビースモーカーぶりは相変わらず。
      • そして美月さんは残念ながら物語途中で殉職…。
    • たくやもサンダーボルト程度は操縦可能。
      • 宝玉を全て集めた後、異世界には乗っていた可変戦闘機ごと飛ばされてしまう。
    • 父の有馬広大は宇宙創世を研究する天文学者になっている。
  3. 舞台はマクロス7とは別の移民船団。島津澪の父がそこの市長に。
    • もちろん「曲者だー、出会え出会えーっ!」も健在。
  4. 「剣ノ岬」の地下遺跡は、開拓のため訪れた惑星上に存在。
    • ジオ・テクニクス社は統合軍の下請けで、超念石で構成されたその惑星を採掘している。
  5. 異世界「デラ・グラント」は、例によってプロトカルチャーの遺跡という設定に。
    • 住んでいる人々も、全てプロトカルチャーによって生み出された末裔。

さ行[編集]

涼宮ハルヒの憂鬱[編集]

  1. 時代背景は恐らく「F」の世界。
  2. キョンはランカのファンになっていた。
    • 後にキョンはレオンと親類関係にある事が明かされる。
  3. 長門の登場・活躍の回数が更に増える。
  4. クランと同じ隊にいる誰かさんの扱いが気になる。中の人的な意味で

SLAM DUNK[編集]

  1. 三井「安西先生・・・・・バルキリーに乗りたいです・・・・・」
  2. ガルドが陵南の監督に。
    • ガルド亡き後はギリアムが就任。
  3. FIRE BOMBERをカバーするのはビーイング系アーティスト。
  4. ゴリ「歌を制する物は、マクロスを制す。」

戦闘妖精雪風[編集]

  • よく分からない人はこちらも参照。
  1. 異星体ジャムはプロトカルチャーを滅ぼした機械生命体という設定に。
    • プロトデビルンの一派という可能性も。
    • バジュラの一派って方法もある。
  2. 登場する戦闘機は全て3段階変形する設定に。
    • 河森・宮武両氏だけでは間に合わないので、山下いくと、きお誠二などもガウォーク・バトロイドのデザインに参加。
  3. スピンオフ作品のメイヴちゃんにVF-11 MAXL改の擬人化キャラとしてミレーヌ・ジーナスが参加。
    • いっその事メイヴちゃん本人を「歌姫」として覚醒させてしまう。理由については…お察しください。
  4. 雪風(AI)が「歌」を理解したりしなかったりで大騒ぎに。

た行[編集]

太陽の牙ダグラム[編集]

  1. コンバットアーマーはデストロイドの一種ということに。
    • ひょっとしたらスパルタンは開発されていない。
    • 統合軍には「ソルティック」が標準配備。
  2. X-ネブラでレーダーが阻害されるため、VFシリーズは活躍できない。
    • やっぱり活躍するとすればVA-3か。
    • またはV-22オスプレイをモチーフに新たにデザインが興されるかも。
  3. 原作に準拠し、デロイア星に配備されている統合軍側が敵方として描かれる。
    • ゲリラ側のチコかナナシあたりがゼントラーディの血を受け継いでいるという設定になる。

ドラえもん[編集]

  1. ひみつ道具が存在するので、統合軍(スパロボではSDF)が活躍するまでもなく5人で最終決戦を終わらせてしまう。
    • スモールライト、ビッグライトがマイクローン装置の代わりになる。
  2. ジャイアンの活躍については以下参照。
    • ついでに言えば、しずかちゃんのバイオリンも同等の破壊力を発揮しそうな気がする。

ジャイアン大活躍編[編集]

  1. マクロス世界の最終決戦の作戦名は「ジャイアン作戦」になる
    • ジャイアンの歌を聴いてゼントランの気力は一気に-150に
    • その代わり地球人類も気力-150に・・・
  2. プロトデビルンはジャイアンの歌を聴いて絶滅
  3. 地球人側は全員ヘッドフォンをかけて各自のお気に入りのBGMを聞きながら戦闘することになる。
  4. ハネケンさんによる「おれはジャイアンさまだ!」が聴けた。
  5. マクロス7ではジャイアンが「俺の歌を聴けー!」と叫びながら攻撃してくる。
    • そしてバサラ、ミレーヌあえなく離脱。
    • しかも、レールガンの代わりに巨大スピーカーを背負ったケーニッヒモンスター(『マクロス7』未登場)をハンドマイク1本で操縦している。
  6. ただの音波兵器に成り下がっているので防音を施したゼントラーディ軍によって人類滅亡。
  7. マクロスΔではハインツの風の歌でヴァール化した人たちを失神させて、「男版ワルキューレ」と呼ばれるように。

トランスフォーマー[編集]

  1. スタースクリームらが自分と同じように戦闘機から変形するバルキリーのシステムなどを批判する。
  2. コンボイの「私にいい考えがある」の言葉を信じて作戦が失敗してしまう。
  3. バルキリーなんだかスカイファイアーなんだか区別が付かなく…。
  4. 攻撃時にビーストウォーズの皆様がアドリブで大合唱。
    • 同様に攻撃時にマイスター・ブロードキャスト・サウンドウェーブが大活躍。
  5. リン・カイフンがデストロンの№2になる。
  6. ホイルジャックorチャーがマクロスシティの町会長になる。
  7. キャンサーがマクロスシティの中華料理屋でバイトをする。
  8. アイアンハイドorウルトラマグナスがマックスの愛車になる
  9. スパイクとミリアがケコーンして、怒り狂ったカーリーがマイクローン装置でメルトランディ化する。

な・は・ま行[編集]

VOCALOID[編集]

  1. みっくみっくにされる敵軍。
    • 本来の主役はPCでデータを作ってるだが、画面上には絶対に登場しない。
      • いや待て、初回と最終回なら可能性はあるぞ?

名探偵コナン[編集]

  1. 熱気バサラが歌のコーチとして、音痴な江戸川コナンを指導する。
    • TWO-MIXが本人役でファイヤーバルキリーに搭乗。
  2. 麻酔で眠らされるのはロイ・フォッカー。
    • もはや眠らされることはなくなりましたな。

メガゾーン23[編集]

  1. 世界背景は「プラス」あたりか?
    • シャロン・アップルと時祭イブの共演が実現。
  2. オーガス同様、何の違和感もなく話に溶け込む。
    • ガーランドはデストロイドの一機種扱い。
  3. 絶対にR指定は避けられない。
  4. というか既に競演している
    • スパロボ系は対象外でしょ…。

や・ら・わ行[編集]

らき☆すた[編集]

  1. 当然、時代背景は「F」の世界。
  2. メイン4人のうち、かがみ以外のキャラクターの登場回数が減る。
    • 特にみゆきさんの「空気化」がひどくなる。
      • それはいいとして、遠藤綾は一体どちらを演じるのだろうか・・・
  3. 「らっきー☆ちゃんねる」の企画で、白石みのるが無理矢理軍に入隊させられる。
    • きっかけはもちろん小神あきらのわがままから。

関連項目[編集]




関連記事