もしモンゴルが漢字文化圏だったら

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索
  1. モンゴル帝国は存在しなかったかもしれません。
    • 中国が大帝国を築くかもしれない。
    • 逆に言えばモンゴルが中国を支配していないと受容していない。
    • モンゴル帝国が拡大したのと中華文明圏の影響の有無は関係なさそうなのでそこは史実と変わらない気がする。
  2. モンゴル人力士の四股名が変わるかもしれない。
  3. 漢字はモンゴル発祥という説が出る。
    • 史実での漢字日本発祥説や韓国発祥説がトンデモ扱いされているため結局その程度の扱いで終わる。
  4. それでも朝鮮同様漢字廃止論は出てくる。
    • 社会主義時代はソ連との関係でキリル文字が奨励された。
    • 識字率が低ければベトナムのように漢字廃止が現実になっていたかもしれない。
  5. 冷戦末期まで蒙古国と呼ばれる。
    • 冷戦終結後、「蒙古」では縁起が悪いので別表記の漢字にすべきだという大規模な運動が起きていた。
    • 「孟古」か?
  6. モンゴル文字は送り仮名ポジションに収まる。
    • モンゴル文字の原型はウイグル文字なのでそもそも導入されなかった可能性もある。
      • 漢字を元にした史実と全く異なる文字が「モンゴル文字」と呼ばれていた。
  7. ちなみに漢字が使用されていた時代があるらしい。
  8. 中国とモンゴルが合体して、一つの国に、なっていたかもしれない。
    • 20世紀のモンゴル独立にはロシアというもう一つの大きな要素も絡んでいるためどう転んだかはよく分からない。
  9. 現モンゴル国のモンゴル人の名前にも苗字が存在する。
  10. 中華人民共和国でもウランバートルは「庫倫」と表記されている。
  11. 歴代のモンゴル帝国皇帝はもっぱら漢字名で認識されている。
    • 例:チンギス・ハン→太祖、クビライ→世祖
  12. 社会主義時代には北朝鮮のように中国とソ連の間でうまくバランスをとっていた。
    • 民主化後もそれなりに親中派がいる。
  13. モンゴル国の共通語は現実に内モンゴルで使われているモンゴル語チャハル方言に近いものになっていた。
  14. 日本の県に相当する地方行政区画のアイマクは漢字圏では「省」と訳されるのが一般的。



関連記事