もし中国が民主化したら

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索
保護解除
このページは、「度重なる荒らし」のため保護されていましたが、現在は解除されています。詳しい経緯はトークページをご覧下さい。
経過次第では再び保護される事もございますので、趣旨に合った投稿をお願い致します。
投稿規制
現在このページ(もしくは節・カテゴリ)は他者に不快感を与えたりサイト趣旨から逸脱するなどの問題が考えられるため、下記の投稿を規制しています。
この規制に反する投稿は削除や注意または投稿ブロックの対象となりますのでご注意下さい。本件に関するご意見などはトークページへお願いします。
規制する投稿:政治的主張色の強すぎる投稿

全般[編集]

  1. 国名は「中華民国」に戻る。
    • 「五星紅旗」は廃止され、国旗も台湾と同じになる。
    • 国歌も「三民主義」に戻る。
    • 民主主義の連邦国家となる。
      • 「中華共和国連邦」
    • モンゴル承認問題やロシアなど周辺国との複数の領土問題がまたくすぶり始める。
    • 08憲章で使われている「中華連邦共和国」の可能性もある。
  2. 天安門の毛沢東の肖像画とスローガンが撤去される。
    • 中国各地の毛沢東像も撤去される。
      • 撤去された像の一部は海外の博物館や金持ちに売られる。
  3. チベット・ウイグルの独立運動が起こる。
    • 独立運動が起こるまでもなく表向き”独立を認める”という形で実際には切り捨てられる。
    • しかし民主化されても北アイルランドみたいに独立できないかも。特にウイグル自治区は北アイルランドのようになりそう。
    • 内モンゴルも独立運動が起こり、モンゴルとの併合を目指す動きもあったりしてモメる。
  4. 独裁政権国は涙目。
    • 特に北朝鮮はよりどころを無くし泣いているだろう。
  5. 中国共産党賞賛禁止する法律ができる。
    • もちろん毛沢東賞賛もタブー
    • 毛沢東は抗日戦争の勝利に貢献した英雄として、現実のスターリンほどの扱いを受け、民主化後数十年して再評価されるが、チベット人やウイグル人からの評価はかなり悪く、それらの人々からはユダヤ人に対するヒトラーのような扱いを受ける。
  6. 信教の自由も緩和される。
    • 仏教信者が爆発的に増える。
    • チベットではチベット仏教が中国侵略以前の水準まで復興する。
    • 法輪功も解禁される。
    • 一神教にすがる人が増え、イスラム勢力が拡大する。
      • 過激派が流入する恐れ大。
    • キリスト教の地下教会もようやく日の当たる存在に。
  7. 著作権が尊重される。
    • パクリは著作権侵害として禁止される。
  8. 民主化しても尖閣諸島問題による日本との対立は続いている。
  9. 中国共産党のいままでの悪行がことごとくあらわになる。
  10. 現体制は独裁と言うより政治家なしで官僚が運営しているようなもの。なので政治vs官僚組織の対立が起こる。
  11. どのような体制であっても孫文が精神的なよりどころとされる。
  12. 首都を北京にするか中国国民党が大陸を統治していた時代に首都だった南京にするかで揉める。
  13. 天安門事件で命を落としたり国外追放されたりした人物が英雄視されるようになる。
    • 事件以降も終生にわたり民主化を訴え続けた劉暁波も一躍国民的英雄に。
      • 紙幣の肖像に採用されるかもしれない。
    • 民主化後の憲法は「08憲章」の精神を受け継いだものであることを前文で明らかにしている。
  14. 日本のマスコミでは朝日新聞が特に大喜びする。
    • 社説などで「世界平和への重要な一歩」「中国国民の勝利」と全力で祝賀しそう。
  15. 地域や政党によって親日と反日が二分化すると思う。北京や南京は反日で、満州だった辺りは親日かもしれない。

スムーズに民主主義体制に移行出来たら[編集]

  1. 台湾と合併する。
    • でなきゃ、台湾が「台湾共和国」と名乗る。
    • 「中華連邦共和国」ならww
  2. 親日になる。
    • 今民主化して反日教育にどっぷり浸かった世代が政権握ったらさらに反日化する。
      • 何だかんだで日本無しでは生活に支障をきたすような状態になっているので結局今とあまり変わらないような気がする。
  3. 独裁政権国は涙目。
    • 特に北朝鮮はよりどころを無くし泣いているだろう。
      • そして北朝鮮も連鎖崩壊する。
  4. 連邦制になり、各省ごとに法律が違う。
  5. 民間放送が多く開局する。
    • 地方のメイン放送局・新聞社も民営化。
    • ただし中国中央テレビは国営のまま。
    • 最近実際に民営化されつつある。
  6. インターネットの規制が緩和される。
    • なので現実以上にネット人口が増えるかも。
      • FacebookやTwitterが本格的に進出を果たす。
      • その一方で百度や微博が衰退していく。
  7. プロスポーツチームが爆発的に増える。
    • 特に野球は可能性あり。
      • 野球がサッカーと人気を二分にするだろう。
  8. 「中華共和国」となり、大統領制に移行。
    • 意外と議院内閣制に落ち着きそうな気がする。大統領を置くならかなり分権の進んだ連邦国家か。
  9. 中国共産党は規模を縮小し名前を変えながらも何とか生き残る。

移行時に何らかの混乱が発生したら[編集]

  1. 国営企業が閉鎖され、失業者が急速に増える。
    • むしろ民営化という名の私有化が始まり、民主中国と大いにモメる。
      • 抜け目ない奴らがインフラかっさらったロシアのようにはならないだろう。何せ人口が桁違いだしみんな抜け目ない。
  2. とりあえず台湾と香港はいったんは完全独立するはず。
    • 大陸の大混乱により「少なくとも今はこいつらとは一緒になりたくない」という意見が大多数に。
  3. 犯罪・ホームレスが急速に増える。
    • しかし数年で収束。
  4. 天安門事件も正当化される。
  5. 民主化されても各省は所得に差があり、簡単に移動はできない。そうしないと流出が激しい。
    • たとえば四川人は15年近く仕事で上海市にいないと上海市戸籍が取れない。
    • 元々大量の人間が広い地域を移動していたのが中国大陸。元に戻るだけ。
    • 各省の独立性を高めれば格差を利用して発展できるはず。
  6. 下手すりゃGDPは今のロシア並みにガタ落ち。
    • 変動相場制に移行して人民元暴騰。
  7. 下手すりゃ現実の体制以上に汚職が増えるかも。
  8. 年寄りは共産党崩壊により涙目。
  9. 共産党崩壊直後の時期は中国発の国際線が偽装パスポートを持った旧共産党幹部で連日満席となる。
  10. 特に混乱を極める時期には世界各国が中国からの自国民引き上げに追われる。
    • 特に中国から遠い国の場合は大変。
  11. いわゆる「爆買い」の観光客が激減し日本の景気にも悪影響が出る。
  12. 中国が援助できなくなった隙を突いて米露などがアフリカやラテンアメリカに影響力を伸ばそうとする。



関連記事