Chakuwiki:投稿ブロックの方針が方針文書として制定されました。

もし全国の炭鉱や鉱山を存続させていたら

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索

為替レートや採掘条件、人件費コスト等により圧倒的に低価格である輸入炭との競争には太刀打ちできずに全国の炭鉱及び鉱山は閉山に追い込まれましたが、もし国の政策が存続に決まっていたら

日本全体[編集]

  1. そこまで原発一辺倒にはならない。
    • 石炭を使った火力発電所も存続している。
      • 史実でも第1次石油危機の後に燃料を石炭に変えた火力発電所は結構ある。
  2. 毎日のように公害と事故が発生していた。
    • むしろ公害対策と事故予防を徹底して行い、世界で最も安全で環境に良い炭鉱になっていたかもしれない。
  3. 筑豊電鉄は完成し、福岡~北九州間を結ぶ大動脈になる。
    • 筑豊自動車道も開通していた。九州道の八幡ICから分岐し、直方・飯塚を通って太宰府ICで再び九州道に合流する路線として開通していた。
  4. 北海道や筑豊の路線はほとんど存続。
    • 運炭列車は日本全国走っていた。
      • 「うんたん」といえば彼女のことではなく、誰もが「運炭」を思い浮かべる。
    • 史実では廃止された筑豊の多くの路線は一度も赤字にならなかった。運炭輸送に加えてJR化後は北九州・福岡両都市圏の近郊路線として旅客輸送の充実にも力が入れられ発展していた。
    • 現実で東武や美祢線の石灰石輸送列車が姿を消したようにトラックやベルトコンベアに取って代わられているのでは。
      • 1990年代まで持ちこたえていたら少なくとも勝田線・宮田線・油須原線(もちろん営業していた)くらいは残せたのではないのか。室木線とか香月線はギリギリ難しいか。
    • それでも北海道は過疎化の影響で多くが廃止されていた。ただ地盤沈下が進むのはもうちょっと遅かったか。
  5. 日本鉱業が共同石油と合併することもなかった(JOMOは未だに共同石油のまま)。
    • 共同石油は三菱石油と合併して「共石三菱」となり、後に日本石油と合併して「新日本石油」になる。
  6. それでも「3K職場」であることには変わりないので、鉱山労働者の不足が問題化していた。
    • よって外国人労働者の受け入れか機械化による無人化が積極的に行われる。
      • 21世紀に入ると中国の企業に買収される鉱山も出てくる。
      • 外国人研修生をこき使うケースも多い。
    • ニートは「炭鉱へ行け」と言われる。
      • ネットの掲示板等で尤もらしく能書きを垂れるニート(らしき者)に対しても「炭鉱へ行け」と書かれるようになる。
        • 「炭鉱へ行け」を表すネットスラングができている。
          • 「三池(炭鉱)へ行け」略して「三池」とか?
          • 「夕張で頑張れ」→「夕張れ」(ゆうばれ)なんてのも。
    • 鉱山近くに刑務所を建設し囚人を働かせるという案さえ真剣に検討されかねない。
  7. 「三大都市圏」とは東京・大阪・名古屋圏ではなく東京・大阪・福岡圏となっていた。
    • 山陽新幹線は1970年の時点で博多まで開業していた。
      • 又は札幌・東京・福岡圏に大阪・北陸を加えた「五大地域圏」になっていた。
        • 何故炭鉱の無い北陸?
        • むしろ名古屋が残り、大阪が消えてたと思う。
        • 当然「三大都市圏」は東京、名古屋、福岡でこれに札幌、仙台が入り「五大都市圏」になったと思う。
      • この場合、表日本・裏日本という表現はなかった。
        • 「裏日本」という表現の初出は19世紀末らしい。
        • 本来裏日本という表現に侮蔑的な意味はなかったそうだが…それでも本州日本海側は史実よりも苦戦してたかもね。
      • 九州新幹線博多~鹿児島中央(西鹿児島)間も国鉄時代に開業していた。
    • 戦後復興期には東京・大阪・名古屋が三大都市とみなされていたので案外現実と変わらなかったかもしれない。
      • それは怪しい。
  8. 炭鉱を持った企業のうち今でも殆どが東証一部に上場している。
  9. 日本の産業構造が未だ重厚長大型だったかもしれない。
    • IT産業などの発展に悪影響が及び世界経済に占める地位がさらに低下していた恐れがある。
  10. 石炭から石油を抽出する石炭液化技術(CTL)が実用化されている。
    • よって何割かは自国で賄えるので、海外からの輸入に頼ることもない。
  11. 今でも様々な実業団スポーツで炭鉱会社のチームや選手が活躍。
    • 羽幌炭鉱のチームが一番強かったかも。
  12. Jリーグにも、炭鉱のチームを前身とするクラブがある。
    • 札幌、福岡は炭鉱のチームを基にプロ化。
      • 北海道には2チームできている。J2下位~JFLを含めれば4チームくらいあったかも。
      • 北九州も、炭鉱チームを元にして史実より早くプロ化。
    • いわきや筑豊にもクラブができている。
      • 筑豊のサポーター、恐そうだな…。
        • レッズサポも、筑豊戦だけは多少大人しくなったかもしれない。
    • 炭鉱チームを前身とするクラブは「日本のシャルケ」「日本のサンテティエンヌ」などと呼ばれる。
    • ミスをした選手は、サポーターに「明日から炭鉱へ行け!」と野次られる。
      • 引退後の選手が炭鉱で働くことが本当にあったかもしれない。
  13. 秋田大学には今でも鉱山学部(現実では工学資源学部に改組)があり、地方国立大では有数の難易度の高い学部として知られている。
  14. 大事故を起こしてしまった会社はネットで叩かれていた。
  15. TVQ、TVhは史実より早く開局。TVhは開局当時から道東にも中継局を開設。
    • HTBやuhb、FBSも史実より多少早く開局していたかも。
  16. 現在、最も人口の少ない市は室戸市
  17. 国際競争力を高めるため鉱業会社の再編が進み「三井住友金属鉱山」や「三菱同和マテリアル」といった会社が誕生していた。
  18. 採掘の無人化が進む一方で環境方面に必要な人員が増えてきた。
    • 採算が取れるところでは大規模な開発が行われるが、採算が取れないようなところは(特に1990年代以降)廃止もやむを得なかったのではないかな。
  19. 一時期の串木野鉱山のように観光開発などの副業に活路を見出す鉱山が多くなっている。
    • 神岡で現実に計画されている地底データセンターもすでに誕生している。
    • 使用済みの坑道を映画などのロケ場所として有料で提供するケースもかなりある。
  20. 「資源・エネルギーの安全保障」「技術の継承」といった名目のもとに多額の補助金が投入されていた。
    • 海外から輸入された鉱物にも高額の関税がかけられていた。
    • ウルグアイ・ラウンドやTPPの交渉で日本のそうした閉鎖的な態度が問題視されていた。
  21. 女性の進出も進んできたはず。
    • 最近では「鉱山女子」として注目される機会も増えてきた。
  22. 水俣条約批准により水銀鉱山閉鎖に関する問題が浮上していた。

北海道[編集]

釧路市[編集]

  1. 今だ人口20万を維持。
    • 特例市になっていたかもしれない。

歌志内市[編集]

  1. 日本で一番人口が少ない市という不名誉な称号をもらうことはなかった。

夕張市[編集]

  1. 少なくとも赤字債権団体に転落はしなかった。
  2. 夕張メロンは当然無い。
  3. みのもんたや羽柴秀吉などの有名人には見向きもされなかった。
    • 事故等がない限り報道番組で取り上げられることはないだろうが、演歌歌手やお笑い芸人などの営業は盛んに行われている。
    • 炭鉱絡みの利権をめぐる政争が激しくなった場合は、羽柴秀吉などの選挙の常連が市長選に立候補。
  4. アッテムトと無理矢理結び付けられる事も無かった。
  5. シューパロダムの計画に影響を与えていた。
  6. もしかしたら今でも5万人は維持できてきたかも。
    • 5万人維持どころか人口が増加し続けて、平成の大合併で周辺の市町村を合併して人口20万、道内第5の都市になっていたかもしれない。
  7. 石勝線夕張支線は廃止されない。

羽幌町[編集]

  1. 晴れて市制施行して「羽幌市」になれていた。
  2. 羽幌線と深名線は廃止にならず名羽線も全線開業した

砂川市[編集]

  1. 平成の大合併で旧奈江村域の5市町+滝川市と合併し、奈江市になっていた。
    • 岩見沢市が石狩支庁に変更され、奈江に支庁所在地が移動していた。

紋別市[編集]

  1. 鴻之舞鉱山ではもう少し採掘が続けられていた。

東北[編集]

松尾村[編集]

  1. 「雲上の楽園」ゆえに、「天空の城ラピュタ」のヒット後は「ラピュタ」と呼ばれるが、住民からは「あんな廃墟と一緒にするな!」と怒られる。
  2. 西根町との合併は、断固として拒否を貫いている。
  3. 松尾鉱業鉄道は今も存続。古い車両の保存にも力を入れていて全国から鉄道マニアが訪れる。

いわき市[編集]

  1. 常磐ハワイアンセンターは建設されなかった。
  2. そもそもいわき市が誕生しなかった
    • 産炭地の常磐市と積出港の磐城市の合併はあっただろうが、平市よりの内郷市や好間村にも坑道や社宅、鉱夫向けの病院などがあったのでどのような枠組みになっていたかは謎。
  3. 福島県浜通りへの原発建設はなかった。
  4. 平~岩沼間の常磐線はとっくに複線電化されていた。
    • 柿岡の地磁気観測所も移転され、平まで直流列車が走れるようになっていた。

九州[編集]

田川市[編集]

  1. 福岡県立大学は建設されない。
    • ほかの自治体にできる。

直方市[編集]

  1. 山陽新幹線に新直方駅が設置されていた。
  2. 筑豊本線経由の寝台特急「あかつき」がJR化後も残っていた。
    • 佐世保発着廃止まで残っていた。

山田市[編集]

  1. 合併して嘉麻市にはならない。
  2. 市内から鉄道が消えることはなかった。
    • それどころか山田線を九州の路線と勘違いする人が増加する。

宮田町[編集]

  1. 単独で市制施行している。若宮町と合併する事があっても「宮田市」のまま。
  2. 宮田線と室木線がつながっており、今でも残っている。
  3. トヨタ自動車の工場はできなかった。

糟屋郡[編集]

  1. 福岡都市圏の拡大もあって史実よりも人口が多いが、次々と市制していったか、福岡市に編入されていたかもしれない。
    • 郡域の人口は一時的に30万人くらいになっていたかもしれない。
  2. 少なくとも勝田線は廃止されていない。
    • 電化・複線化・博多直通ももちろんされていた。
    • 吉塚駅で篠栗線と線路を併用することもなかった。
    • 篠栗線・香椎線も早い段階で電化され、九州屈指の優良路線になっていた。
  3. それでも宮地岳線末端はJRと並走することもあって厳しいか?

大牟田市[編集]

  1. ネイブルランドは建設されない。
  2. 今でも全国最大の炭鉱都市として発展している。
  3. 福岡市、北九州市に次ぐ福岡県内第3の都市となっていた。
    • 隣の熊本県荒尾市と越境合併し政令指定都市になっていたかも。
      • 熊本県が猛反対しそうだからそれは無理かも。
    • 現在みやま市となっている3町のうち、少なくとも高田町とは合併していた。
  4. 西鉄天神大牟田線は西鉄福岡(天神)~大牟田間の全線が複線となっていた。

高島町[編集]

  1. 今でも独立した自治体で頑張っている。
  2. 軍艦島に人が住んでいるために廃墟ブームは起こらなかった。
    • といっても、建物の老朽化や住居環境の劣悪化から、住んでいる人は単身赴任の鉱山関係者だけになったと思う。
    • 寧ろ、島内の老朽化したアパートは建て替えられ、風呂トイレも完備した、一般のアパートと遜色ない近代的な設備になっていたと思われる。
    • すべてのアパートが高層化して、して、その分1世帯当たりの面積が増えていた。
    • 3号棟はマンションに建て替えられていた。
    • むしろ自給型完全環境都市の先行事例として1つの巨大建造物が建造され、「軍艦」のイメージから程遠い形になっていた可能性が。
    • 場合によってはガルパンの学園艦のモデルになっていたかもしれない。
  3. ファミレスとコンビニが出店していたかもしれない。
  4. 65号棟にエレベーターが設置されていた。
  5. 上層階は鉱山幹部、タワーマンションのさきがけ『ハイランド・ヒルズ』



関連記事