もし出版業界であの事件がなかったら

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索
  • 問題発生から最低3カ月間は投稿禁止とします。
  • 新規追加は年代順で。

チャタレー事件(1957年)[編集]

参考:wikipedia:ja:チャタレー事件

  1. わいせつと表現の自由の関係が史実より問題視されなかった。
    • だが、他の作品が問題視されるきっかけを作っていたかも。
  2. 伊藤整が『裁判』を書くこともなかった。
  3. 後年のイギリスでの訴訟問題が注目されていた。

嶋中事件(1961年)[編集]

  1. 思想の科学は休刊まで中央公論社から出ていた。
    • 1962年1月号も予定通り発売されていた。
  2. 皇室・天皇を批判したり揶揄することが言論界で自粛されることはなかった。
    • それでも保守派などから批判されていた。
  3. 中央公論の論調は右傾化しなかった。
    • それでも読売新聞傘下以降は現実通り。
  4. 風流夢譚が封印作品になることはなかった。

太陽風交点事件(1981年)[編集]

  1. 早川書房が事実上SF界から追放されることはなかった。
    • もしかしたら第2回~第9回の日本SF大賞で早川書房版元の作品が受賞していたかもしれない。
  2. 『S-Fマガジン』では小松左京死去時に追悼特集が行われた。
    • この事件で早川書房との関係が悪化したため。
  3. SF第三世代の台頭が遅れたかも。

小学館問題(2008年)[編集]

  1. 雷句誠は小学館を離れることはなかった。
    • 新作は講談社ではなく小学館で掲載された。
  2. 週刊少年サンデーが部数激減することはなかった。
    • ネットではこの問題で購読をやめたという人も多いと聞くので。
  3. ひかわ版カービィの連載終了は小学館のパワハラが原因という噂が広まる事も無かった。
    • ひかわ博一がゲッサンで直接噂を否定する事も無かった。

ハイスコアガール著作権侵害事件(2014年)[編集]

  1. 無事にアニメ化されていた。
  2. LOV IIIからKOFのBGMが削除される事はなかった。
  3. 押切蓮介が精神的に追い詰められる事もなかった。
  4. 同時期にコーエーテクモゲームスを訴訟したカプコンに対する批判が更に加熱していた。
  5. SNKプレイモアが中国メーカーに買収される事も無かったかも知れない。

境界のないセカイ打ち切り問題(2015年)[編集]

  1. 月刊少年エースに移籍する事は無かった。
    • 予定通り単行本も発売されていた。
  2. 講談社が批判される事も無かった。
  3. レインボー・アクションがコメントを出す事も無かった。
    • 「女性なら男性と恋するのが普通でしょう?」という表現が問題にならなかった。



憧れの東京!仕事と住居を同時提供TokyoDive[PR]

関連記事