もし切支丹が弾圧されなかったら

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索
  1. うまくいけば英国よりも先に市民革命が起こる。
  2. バテレンの勢力が伸張して長崎天草が植民地化され、東ティモールのような運命をたどる
  3. キリスト教系の新興宗教も多く登場する。
    • 「極東教会」とか「扶桑教会」とか「大和教会」とか。
  4. 場合によってはこうなる
  5. 日本でのカトリック信者がもっと多くなる。
  6. 日本での長崎の地位が非常に重要になる。
  7. 何だかんだで懐の広い日本人は八百万の神の1つとして飲み込んでしまう。
    • 日本風建築の屋根に十字架が乗っている建物が増える。
    • 八百万の神々はみんな「天使」「聖人」「妖精」「悪魔」等に分類されてしまうので、逆にキリスト教世界がえらいカオスなことになる。
    • カトリックとのプロテスタントの争いを知ってから、日本は両者を和解させようと苦心する。
  8. 取り調べで「踏み絵」をさせた事がもっと大問題になる。
  9. 当然鎖国もなし。
  10. 西洋文化が普及していた。
    • 例えば食文化ならばパンが民衆の間で作られ、ひょっとしたら肉食も大っぴらになっていた。
  11. この妄想世界においては島原の乱後、幕府がキリシタン根絶を断念していた。そして信者全員が天領化された天草あたりに集められて、この地域限定で仏教の諸宗と同様に宗門を立てることを認められる形で信仰が維持されるようになる。この場合該当信者は認定地域から外に出ることを原則として禁じられている。
    • とは言っても鎖国政策下における時間の経過に伴う変容、変質は避けられず、実際には”隠れキリシタンの公認化”のような雰囲気になっていると思われる。
      • 江戸時代を通じてキリスト教に由来する文化が維持された結果、現在では観光資源として活用されている。
  12. クロ宗/クロ教(鹿児島県の一部で信奉されていると言われているキリスト教ベースの土着宗教)は誕生しなかった。
    • 元々隠れキリシタンから始まった宗教という説があるので。
  13. スペインポルトガルに倣って世界中の植民地支配に乗り出す。
    • いや、逆。当時はキリスト教を広めてから乗っ取るのが一般的だったから日本も植民地化されてた。

関連項目[編集]




関連記事