もし在日外国人に参政権を認めたら

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索
経過観察
このページは、テーマがサイト趣旨に沿っていないか、もしくは荒らされやすいと考えられるため経過観察中です。
今後の経過によっては保護が検討されたり、削除検討の対象になることもあります。
ただしテーマについての設立趣旨や投稿者間の管理方法のあり方によっては観察対象外とします。
本件に関するご意見などはトークページへお願いします。
  1. 実の所、投票率が少し上がるだけ。 
    • 常識的に考えて、参政権の獲得に永住権の保持は必須でしょうし。
    • 右翼の言うような危機は起こりやしないし、左翼の言うような素晴らしい社会にもならない。
  2. まあ、行政に何人か外国人が入ってもなんも影響もないでしょう。
    • 在日アメリカ人の行動によりますます自民党有利に。
  3. 大泉町でブラジル人町議が誕生する。
  4. 在日韓国人、朝鮮人、中国人などの地方議員はあちこちで誕生。
    • でもほとんどが自民党、民主党、公明党に入り、社民党や共産党はほとんどいない。
  5. ウイッキーさんやサンコンさんあたりが国会議員になっていた。
    • ダニエル・カールが山形県知事になっていた。
    • ゾマホンも国会議員になっていただろう。
    • デーブさんは埼玉県議か?
  6. 「外人党」が結成された。
    • ツルネン・マルティ氏が代表。帰化しないまま議員として活躍していた。
  7. 投票用紙などは日本語の分からない人のためにローマ字や英語などでも併記。
    • 電子投票制度が実施されていた可能性もある。
  8. 日本の公用語に英語、中国語、そして韓国語が追加される。
    • ブラジル人に配慮して、ポルトガル語も追加される。
    • そして、韓国語だけになってしまう。
      • もしそんなことがあったら、そうなる頃には多分朝鮮半島は日本共々中国に食われている。
  9. 日本相撲協会の理事選挙でも大関以上の外国人力士が投票できるようになる。



関連記事

スポンサーリンク