新型コロナウイルス関連の投稿は当分の間厳禁といたします。詳しくはこちらをご覧ください。

もし坂道シリーズのメンバーが○○だったら

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索

もし坂道シリーズが○○だったら > メンバー

乃木坂46[編集]

あのメンバーが○○だったら[編集]

秋元真夏[編集]

1期生オーディションには合格しましたが、通っていた学校の校則で芸能活動を禁止されていた上に、両親から芸能活動可の高校への転校も反対されていたことから、高校在学中は活動出来ず、4thシングルからの活動となりました。

両親から芸能活動可の高校への転校を許可されていたら
  1. 1stシングルから福神入りしていた。
  2. 西野七瀬との確執はなかった。
    • 「おかえり、真夏」という名セリフもなかった。
そのまま活動辞退していたら
  1. 4thシングルで中田花奈が選抜落ちすることはなかった。
    • 西野七瀬も七福神のままだった。
  2. 福神体制は今でも「七福神」のままだった。
  3. 「乃木坂ってどこ?」→「乃木坂工事中」での白石麻衣の「黒石さん」化はなかった。
  4. 彼女の持ちネタ「ずっきゅん」は誕生しなかった。
  5. 1期生で結成当初なので知る人ぞ知る幻のメンバー扱いになっていたかも。
    • 史実の吉本彩華のような存在になっていたかも。
      • 2期生で研究生から昇格せず卒業した西川七海、矢田里沙子、米徳京花と同様ファンから早々と忘れ去られていた。
  6. 桜井玲香卒業後の新キャプテンは2期生以降の世代から選ばれていた。
  7. 当然ながら「真夏さんリスペクト軍団」も存在しない。

伊藤かりん[編集]

1期生として加入していたら

伊藤かりんは乃木坂46の1期生オーディションを受験しましたが落選し、2期生としてリベンジして加入しましたが、もし1期生として加入していたら?

  1. お披露目会や握手会に参戦したというエピソードが吹き飛ぶので「乃木坂1の乃木坂オタク」というキャッチフレーズがつくこともなかった。
  2. 高山一実が推しメンだとしても「憧れの先輩」としての意味合いはもちろんなく純粋に友達として仲間としてのいちファンだった。
  3. 2期生のまとめ役は新内眞衣が務めていた。
  4. さゆりんご軍団の一員になっていたか怪しい。
  5. 堀未央奈などの他メンバー次第では2期生が現実以上に不遇世代扱いされていた。

衛藤美彩[編集]

乃木坂46に加入していなかったら

衛藤美彩は乃木坂46加入前はグラビアアイドルとして活動していましたが、その後乃木坂46に加入し、現在に至っています。もし、加入していなかったら?

  1. 少なくともグラビアアイドルとして活動し続けていた。
  2. 生駒里奈が十福神入りしていた。

あのメンバーがもっと長く在籍していたら[編集]

  • 新規追加は卒業・辞退順でお願いします。
  • 卒業後3か月は追記禁止。
  • 安易すぎる内容の投稿は禁止です。また、以下のみに関する投稿は当然のことですので原則禁止とします。
    • 「選抜常連になっていた」
    • 「あの事件/アクシデントさえなければ卒業することはなかった」
    • 「○○に転向することはなかった」

吉本彩華[編集]

  1. 5thシングルまではセンター固定、その後も選抜入りしていた。
    • 史実の生駒里奈のようなポジションにいた。逆に生駒は人気が史実と同じだったら選抜とアンダーを行ったり来たりするボーダーラインに位置していた。
    • 6thシングル以降は白石麻衣や西野七瀬といった他のメンバーも人気が出るためセンターでなくなることも多くなる。
  2. 生田絵梨花・斎藤ちはる・中元日芽香によるユニット「中三組」は存在せず、代わりに生田・ちはる・中元・吉本によるユニット「中三カルテット」が存在した。
    • 吉本は生田・ちはる・中元と同学年のため。
  3. よほど人気がない場合を除いてソロ写真集を出していただろう。
    • 但し肌の露出度はどの程度になるかは不明(生駒のようにスクール水着止まり・生田や齋藤飛鳥のようにビキニになる・白石や若月佑美のようにランジェリーになる、以上3つの可能性が考えられるため)。
  4. 吉本繋がりで吉本坂46とのコラボも見られた。

山本穂乃果[編集]

  1. 選抜とアンダーを行ったり来たりしていた。
    • 最も初期のうちに人気が出たら選抜固定や福神入りの可能性もあった。
  2. オフィスニグンニイバやレプロアスターに移籍して芸能活動することもなかった。
    • 当然「山本穂乃香」という芸名を名乗ることもなかった(乃木坂46は原則本名で芸能活動するため)。

岩瀬佑美子[編集]

  1. 選抜とアンダーを行ったり来たりしていた。
    • 深川麻衣や橋本奈々未ほどの人気はなかったため。
  2. 乃木坂46の最年長・最長老として2期生や3期生からも慕われていた。
  3. ギターが弾けるので、乃木團にギタリストとして参加していた。
  4. 下の名前が似ているので若月佑美と現実以上に混同されていた。
  5. ソロ活動は音楽関連がメインでモデル・グラビア・バラエティ・女優関連には進出していなかったかも。

深川麻衣[編集]

  1. 「逃げ水」MVの役名は「伊丹フカ」か
    • 白石麻衣が「伊丹マイ」、新内真衣が「伊丹シンウチ」なので
  2. 聖母のキャラクターで三期生にも慕われていた。

橋本奈々未[編集]

  1. 逆に家族を東京に呼んで一緒に暮らし始めたかも。
  2. 「逃げ水」MVの役名は「伊丹ナナミ」か
    • 西野七瀬が「伊丹ナナセ」だから
  3. 本田翼、佐藤栞里、篠田麻里子、波瑠の仕事を奪っていた。
  4. 現実以上に橋本マナミと混同されていた。
    • 下の名前だけだと西野七瀬とも混同されていた。
  5. 橋本と白石麻衣、松村沙友理、通称「乃木坂御三家」で独立して曲を出していた。
    • 発想としてはAKB48グループの 「ノースリーブス」 あるいは 「Not yet」 などに近い。
    • 史実でもこの3人で「急斜面」という曲をアルバムで出している。

中元日芽香[編集]

  1. 体調不良を心配されることもなかった。
  2. 妹SU-METALと悪い意味で比較されることもなかった。
  3. 史実で同時期に卒業発表していた、伊藤万理華の卒業も遅れていたら、温泉トリオも健在だった。

生駒里奈[編集]

  1. これからも乃木坂を引っ張る存在となっていた。
  2. メンバーの知名度が低くなることもなかったか?

西野七瀬[編集]

  1. 7th year birthday liveが京セラドーム大阪で開催されなかった可能性あり。
  2. 「電影少女」のヒロインは山下美月ではなく引き続き彼女だったかも。

欅坂46[編集]

あのメンバーが○○だったら[編集]

鈴木泉帆[編集]

加入していたら

1期生メンバーの募集で受かっていたが欅坂46に入らなかった

  1. 欅坂46最年少として話題になっていた。
  2. それでも早期に離脱していたかもしれない。
  3. 意外とロリータ受けして、案外長続きしていたかも。
    • HKT48で言うところの「なこみくコンビ」のポジションについていたかも?
      • 組む相手は原田葵か上村莉菜か。
  4. 長濱ねるは加入していなかった可能性がある。

長濱ねる[編集]

1期生オーディションの最終審査の時に、芸能活動を反対する両親により一時期、実家に連れ戻されますが、欅坂46運営が両親を説得したことにより特例加入ということになりました。

両親に連れ戻されず最終審査で合格していたら
  1. 「サイレントマジョリティー」の選抜メンバー(全員だが)になっていた。
  2. 「けやき坂46(ひらがなけやき)」は結成されず、欅坂46の2期生、3期生という扱いになっていた。
    • 選抜落ちするメンバーも出ていた。
    • 「W-KEYAKIZAKAの詩」という曲もなかった。
  3. 加入当初の米谷奈々未との確執はなかった。
このまま活動辞退していたら
  1. 上記と同様に「けやき坂46(ひらがなけやき)」は結成されなかった。
  2. インターネット上で一時長濱家の方針が批判されていた。
  3. 「グータンヌーボ2」のレギュラーにもならなかった。
  4. 「帰り道は遠回りしたくなる」の歌詞の内容が異なっていた。

あのメンバーがもっと長く在籍していたら[編集]

  • 新規追加は卒業・辞退順でお願いします。
  • 卒業後3か月は追記禁止。
  • 安易すぎる内容の投稿は禁止です。また、以下のみに関する投稿は当然のことですので原則禁止とします。
    • 「選抜常連になっていた」
    • 「あの事件/アクシデントさえなければ卒業することはなかった」
    • 「○○に転向することはなかった」

原田まゆ[編集]

欅坂46デビュー直前に教師とのプリクラが流出し、活動辞退しましたが、もし、残留していたら?

  1. 1列目メンバーにはなっていたかも。
  2. 「ゆいちゃんず」のように原田葵と「原田姉妹」というユニットを結成していたかもしれない。
    • 五人囃子に入っていた可能性もある。
  3. 同じく長濱ねるは加入していなかった可能性がある。

志田愛佳[編集]

コンサート欠席中に地元新潟でのお泊まりデートを週刊文春デジタルに暴露され、体調不良の悪化を表向きの理由として活動休止発表半年後にグループを卒業しましたが、もし、残留していたら?

  1. 平手友梨奈からセンターを奪っていたかも。
  2. 高身長を生かして雑誌モデルに選ばれていたかも。
  3. ソロ写真集は出てたかも

米谷奈々未[編集]

大学の理系学部に進学し、学業の専念のため、グループを卒業しましたが、もし、残留していたら?

  1. けやかけにおいて欅坂2期生の関西系メンバーとの絡みが増えていた。
    • そもそも、関西出身の2期生を5人(井上梨名、武元唯衣、田村保乃、藤吉夏鈴、山崎天)も加入させることもなかったかも知れない。
  2. 才女アイドルとしてクイズ番組の出演が増えていた。
    • 忠実のねる卒業後ミラクル9でレギュラー出演していたかも
  3. 「ななちゃんず(織田奈那、長沢菜々香、米谷奈々未)」のカップリング曲が収録されていたかも。

平手友梨奈[編集]

2019年中に発売予定だった9thシングルをめぐるトラブルが週刊文春デジタルによって暴露され、翌年1月に突然の脱退を発表しました。もし残留していたら?

  1. 9thシングルが予定通り発売されていた。
  2. ソロ写真集を出していたかも。

関連項目[編集]

もしWiki/アイドル
女性アイドル ブレイクしていなかったら
ブレイクしていたら:女性アイドルグループ(あ~さ行/た~わ行
AKB48 ブレイクしていなかったら/ジャンル/結成時期/制度/活動拠点/卒業後の進路/
メンバー :移籍/もっと長く在籍していたら/こんな人がいたら
イベント :選抜総選挙 (開催年別)
ユニット :渡り廊下走り隊7
姉妹ユニット :SDN48/あの地域に結成されたら (関東/西日本)
事件 :2013年以前/2014年以降
坂道シリーズ あの地域に結成されたら/結成/メンバー
モーニング娘。 メンバー入りしていたら/解散していたら/もっと長く在籍していたら



関連記事