新型コロナウイルス関連の投稿は当分の間厳禁といたします。詳しくはこちらをご覧ください。

もし坂道シリーズのユニットの結成が○○だったら

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索

もし坂道シリーズが○○だったら > 結成

乃木坂46[編集]

結成されなかったら[編集]

  1. AKB48のファッションモデル活動は史実以上のものになっていた。
    • ファッションモデルの仕事も乃木坂に奪われることなく、ファッションモデルのメンバーも現実より増えていた。
      • しかし、今までのファッションモデルからは疎まれていただろう。
      • SKE、NMB、HKTからもファッションモデルのメンバーが登場していた。
      • 乃木坂46メンバーがファッションモデルとして台頭することがなかったので今までのモデルも仕事を奪われることなく、グラビアに流れることもなかった。
        • 泉里香、馬場ふみか、久松郁実などがモグラ女子として名を馳せることもなかった。
  2. 史実における乃木坂46のメンバーはAKB48のメンバーになっていたかファッションモデルとして活動していた。
    • 生駒里奈は12期あたりでAKB48に加入していた。
    • 白石麻衣は最初からファッションモデルとして活動していた。
      • あるいは当初の志望通り保育士になっていた。
    • 衛藤美彩はHKT48に加入し、現実における指原莉乃のポジションについていた。
      • この為、指原莉乃はHKT48に移籍することはなかった。
      • あるいはグラビアアイドルとして活動していた。
    • 松村沙友理や西野七瀬はNMB48に加入していた。
      • 後に西野七瀬の従妹がNMB48に入った際には現実以上に話題となっていた。
      • 松村沙友理の出身校が大阪にある野球の強豪校なので、阪神タイガースとのコラボ企画の際にはその出身校を話題にされていた。
      • あるいはそれぞれ当初の志望通り看護師になっていた。
    • 永島聖羅はSKE48に加入していた。
    • 新内眞衣はアイドルにならず、OLに専念していた。
      • 「乃木坂46新内眞衣のオールナイトニッポン0」のように、アナウンサー以外の放送局社員が冠番組を持つこともなかった。
    • 橋本奈々未は美術大学を卒業し、美術教師になっていた。
      • 橋本マナミと混同されることもなかった。
      • むしろ弟の学費稼ぎの為にAKB48あたりに加入していた可能性もある。
    • 星野みなみは14期でAKB48に加入し、てんとうむChu!のメンバーになっていた。
    • 堀未央奈はAKB48の15期生、またはSKE48の6期生になっていた。
    • 深川麻衣は女優、またはファッションモデルとして活動していた。
  3. 「さばドル」では渡辺麻友が乃木坂46に移籍する設定はなかったため、大きく変わっていた。
  4. 乃木坂46と人気を二分することなく、現在でもAKBの独走が続いていた。
    • チーム8は史実以上に人気があり、総選挙ではランクインするメンバーもいた。
  5. =もしAKB48がデフスターレコーズ時代にブレイクしていたらである。
    • AKB48がキングレコードに移籍してブレイクした当てつけとして結成されたとみなされることはなかった。
  6. 乃木坂46が結成されなかった分、SDN48に力を入れていた。
    • メンバー全員卒業することもなかっただろう。
  7. NHK Eテレで、日曜日午前に放送される「将棋フォーカス」を伊藤かりんが担当する事も無かった。
    • または、実史通り担当するが、別のユニット・グループメンバーとして出演か、ピン扱いで出演。
    • 向井葉月がかりんの後釜として出演することもなかった。
  8. 秋元真夏や高山一実はタレントとしてソロで活動していた。
    • 秋元のデビューも遅くなっていた (史実通り)。
  9. 北川悠里もAKB48に入っていた。(史実でもAKB48グループドラフト会議の候補生だった。)

あの時代に結成されていたら[編集]

1980年代後半[編集]

  1. おニャン子クラブのライバルとして結成されていた。
  2. 正統派路線で売り出していた。
    • 正統派路線で売り出すことが出来なかったおニャン子クラブへのあてつけとみなされていた。
    • 乃木坂46の存在が大きいため、女子高生のカリスマになっており、清楚なものとみなされていた。
      • 逆にギャル系は蔓延せず、安室奈美恵や浜崎あゆみは女子高生のカリスマになれなかった。
        • スーパーモンキーズは史実通りに安室奈美恵とMAXに分裂するが、いずれもブレイクせず、安室奈美恵は史実より早く引退、MAXも解散に追い込まれていた。
        • 茶髪・細眉・ミニスカートは普及しなかった。
        • 制服が現代的なものになっても文化は昭和の女子高生そのものだった。
  3. おニャン子クラブの仕事をいくつも奪っており、おニャン子クラブは史実通りに解散していた。
    • おニャン子クラブに取って代わる存在になっていたのでアイドル氷河期は起きなかった。
      • その分、モーニング娘。は足元に及ばなかったかも。
  4. 乙女塾の存在が薄れていた。
    • 史実におけるモデルコースのメンバーは乃木坂46に加入していた。
    • 東京パフォーマンスドールも。
    • 桜っ子クラブさくら組も。
  5. 90年代以降も続いていた場合は藤原紀香、平子理沙、松嶋菜々子、篠原涼子、観月ありさなどがメンバー入りしていた。

2000年代[編集]

  1. ギャル系中心の時代だったので存在が浮いていた。
    • ギャル系へのアンチテーゼとして結成されていた。
  2. 2003年にはCCCDになるので人気は伸び悩んでいた。
  3. 史実でファッションモデルを務めた伊東美咲、蛯原友里、香里奈、山田優などがメンバー入りしていた。
    • 久住小春もモーニング娘ではなく乃木坂46にメンバー入りしていた。
      • あの発言も当然なかった。
        • あるいはあの発言は乃木坂46に向けてのものだった。
      • 卒業後にアナウンサーを務めた紺野あさ美もモーニング娘ではなく乃木坂46にメンバー入りしていた。
        • 後輩である市來玲奈や斎藤ちはるにとっての良い見本になっていた。
  4. 美少女クラブ31の存在が薄れていた。

AKB48と結成時期が逆だったら[編集]

もし、乃木坂46が2005年、AKB48が2011年結成だったら?

  1. 篠田麻里子や小嶋陽菜は乃木坂のメンバーになっていた。
    • もちろんファッションモデル活動も両立。
    • 『上からマリコ』は乃木坂46名義の曲になっていた。
    • モデル志望のメンバーは乃木坂46に加入していた。
      • 史実でティーン誌モデル出身である本田翼・川口春奈・能年玲奈・広瀬アリス・広瀬すず・西内まりやなどが乃木坂に加入していた。
        • 『GTO』(2012年版)にはここに書かれている乃木坂メンバーの何名かが女子高生役になっていた。
        • 『あまちゃん』にもここに書かれている乃木坂メンバーの何名か出演しており、史実と違う内容になっていた。
        • 佐藤栞里・中条あやみも。
        • 佐々木希・桐谷美玲・泉里香もメンバー入りしていた。
        • 能年玲奈は独立騒動を起こすことなく、「のん」への改名もなかった。
        • 西内まりやも事務所社長と揉めることもなかった。
        • 「なつぞら」のヒロインは広瀬すずでなかったかも。
      • 光宗薫もAKBではなく乃木坂に加入していた。
        • 現在でも乃木坂のメンバーとして活動し、橋本奈々未に間違えられていた。
    • 柏幸奈は当初から乃木坂46に加入していた。
      • 史実と逆に柏木由紀が柏幸奈と間違えられていた。
    • 西川七海は最初から乃木坂46に加入し、途中で解雇されることなくずっとメンバーとして活動していた。
      • 西野七瀬と現実以上に混同されていた。
    • 以上を踏まえると史実におけるAKB10期生以前のメンバーの何名かは乃木坂のメンバーになっていた。
    • 篠田麻里子や小嶋陽菜の存在が大きいため、白石麻衣や橋本奈々未の存在が薄れていた。
  2. 大島優子や前田敦子は乃木坂やAKBに加入せず女優になっていた。
    • 内田眞由美も乃木坂やAKBに加入せず、実家の焼肉屋の後継ぎをしていた。
    • キンタロー。が世に出る事もなかった。
      • その代わり、乃木坂46のメンバーのものまねをするタレントが登場していた。
      • ざわちんも同様。
    • 指原莉乃はハロプロに加入していた。山田菜々もハロプロ関西に残留していた。
    • 中西里菜は最初からAV女優として活動していた。
    • 板野友美はギャル系雑誌のモデルになっていた。
      • ギャル系雑誌休刊後は歌手に転向していた。
    • 金澤有希は最初からエイベックスのアイドルグループのメンバーとして活動していた。
    • 市川美織は別のジュニアアイドルグループのメンバーになっていた。
      • 「フレッシュレモンになりたいの~」というキャッチフレーズも生まれなかった。
      • ユーチューバーにもなっていなかった。
    • 大堀恵は教師になっていた。
    • 野呂佳代はバラエティタレントとして活動していた。
  3. 渡辺麻友が乃木坂46のメンバーになっていた場合、『さばドル』ではAKB48に移籍する設定となっていた。
    • 渡辺麻友はむしろ声優か漫画家になっていただろう。
  4. AKB48の人気は史実ほど得るには至らなかった。
    • 史実のように総選挙や握手会があれば別だが。
  5. SKE・NMB・HKTといった姉妹ユニットの結成が遅れていたorなかった。
    • 松井玲奈は乃木坂46のメンバーとなっていた。
      • 松井珠理奈も。モデルとして活動していた場合、ラブベリー休刊後は別のティーン誌に移籍していた。
      • あるいは鉄道アイドルとして活動していた。
    • SDN48は結成されなかった。
    • 宮脇咲良と兒玉遥は福岡のローカルアイドルグループのメンバーになっていた。
    • 山本彩は別のガールズバンドのメンバーになっていた。
  6. AKBは震災復興アイドルとして結成されたと見なされていた。
    • AKB48は『風が吹いている』でデビューしていた。
    • 当初は社会派路線として売り出すが、結局は現実同様、万人向け路線に転向する。
      • 社会派路線であれば制服向上委員会の二番煎じにすぎなかった。
    • 岩田華怜がここにおけるAKB1期生となっており、被災者アイドルとして現実以上に注目されていた。
  7. AKB48の平均年齢は史実より若めで現実のHKT48並みの平均年齢になっており、小中学生のメンバーも多くなっていた。
    • その分、乃木坂46の平均年齢は現実よりインフレ化していた。
      • 今頃はアラサーのメンバーを多く抱えるようになり、世代交代に悩ませていた。
    • よって、AKB48には昭和生まれのメンバーはいなかった。
  8. 『私立バカレア高校』はAKB48ではなく乃木坂46のメンバーが出演していた。
    • ただし制服は乃木坂のスタンスに倣い、清楚でスカートの丈が長いものになっていた。
  9. 女子のファッション文化は乃木坂が参考となっていた。
    • 女子高生の文化もギャル系の退潮は史実以上であり、ルーズソックスはもとより、ミニスカート離れも起きていた。
      • 膝下スカートやジャンパースカート、セーラー服の復権が起きていた。
        • 昭和の女子高生かよ!
      • ミニスカート離れに対抗するべく、ミニスカートを売りにするスマイレージの活動が活発的になっていた。
      • ミニスカートの下穿きとしてペチパンツが流行することもなかった。
      • 女子高生の文化は清楚な風潮が強まっていた。
        • そんな清楚な文化に対抗する為、AKB48はギャル系路線に走っていた。
          • メンバーの何名かはギャル系雑誌のモデルを務めていた。
          • そうなるとE-girlsあたりとの差別化が難しそう。
    • 女子小学生の入学式・卒業式のフォーマルウェアも乃木坂ぽくなっており、ワンピースやジャンパースカートが未だに主流となっていた。
      • なんちゃて制服? 何それおいしいの?
      • 現在でも清楚なものでものすごい色使いになることはなかった。
      • 公立校でも清楚な制服を導入する学校が増えていた。
        • スカートが赤のチェック柄になることも考えられなかった。
        • ブレザーがベージュ色になることも考えられなかった。
        • 関西の盛夏服に関してはほぼ現実と変わらず。
    • 女子にとっては乃木坂はファッション面において憧れの存在になっていた。
  10. 今までのグラビアアイドルがAKBに仕事を奪われることはなかった。
    • その分、今までのファッションモデルは乃木坂に奪われていた。
      • 結局はAKBからもモデルに進出するメンバーが現れるので今までのファッションモデルからはアイドルグループそのものが疎まれる存在になっていた。
    • イエローキャブが破綻することもなかった。
      • イエローキャブはグラビア路線への復権を目指していた。
    • 正統派を標榜する乃木坂に対抗する形でグラビアアイドルグループの結成が乱立する。
    • 新川優愛はファッションモデルに転向することなく、グラビアアイドルとして活動し続けていた。
      • ただ本人はモデルを志向していたのでここに書かれている乃木坂に加入していたかも。よって、史実の衛藤美彩のような存在になっていた。
  11. ミリオンセラー空白の期間がもう少し長く続いていた。
    • 同日発売の他アーティストがAKBのせいで売り上げに大打撃を被ることもなかった。
    • モーニング娘。のシングル売り上げが再び10万枚を超えるのも史実より早かった。
  12. 大人AKBはなかった。
    • 塚本まり子は今も主婦のまま。
  13. 『桜の花びらたち』は乃木坂46のデビュー曲になっていた。
    • その後の桜関係の歌も乃木坂46が歌っていた。
    • 史実で2011年以前にAKB48が歌った曲のいくつかは乃木坂46が歌っていた。
    • 『チューしようぜ』は乃木坂アイドリング!!!名義でリリースされていた。
      • そもそもそんなコラボはなかっただろう。
  14. そもそも数字が「46」ではなかった。
    • それどころか数字も入らない。「乃木坂女学院」とかになっていたと思う。
  15. 『マジすか学園』は2015年頃に第1シリーズがスタートし、最初から日本テレビで放送していた。
    • 但し主演は史実とは違い、宮脇咲良ではなかった。
  16. AKB48は当初からキングレコードに所属していた。
  17. アキバ系アイドルは現実より活発ではなかった。
    • その代わり、乃木坂系アイドルというジャンルが生まれ、二番煎じとするアイドルも生まれていた。
    • 2ちゃんねるでは乃木坂46板ではなくお嬢様アイドル板になっていた。
      • 地下アイドル板はAKB48板になっていた。
  18. 乃木坂は今頃、AKBに喰われていた。
    • 幾つかを仕事をAKBに奪われていた。
    • AKBの大ブレイクで売り上げに大打撃を被っていた。
      • 総選挙や握手会がなければ別だが。
    • AKB48は史実ほどブレイクしなかった可能性も。
    • 以上を踏まえるとももクロ、でんぱ組などをはじめとする他のアイドルグループの人気は史実以上だったかも。
  19. 関西に系列グループができるとしたら所在地は大阪ではなく神戸になっていた。
    • 名古屋にできるとしたら地名は「白壁」あたりになる。金城学院からのクレームが心配だな。
  20. AKB48はメンバーの世話を各事務所に丸投げすることはなかった。
    • 乃木坂同様、レーベルからの支援を受けていた。
  21. 史実より売れなかったかもしれない。
    • しかし、コンスタントに売り上げを伸ばしていただろう。
    • ブレイクしたとはいえ、ハロプロの足下に及ばない状況が続いていた。
    • ここに書かれていることとほぼ同じことになりそう。
    • ソニーから売れずに契約解除されて他レーベルに移籍したかもしれない。
  22. AKB48はメンバー個人よりグループの知名度が高いグループだった。

欅坂46[編集]

結成されなかったら[編集]

  1. 結成1年目で紅白出場したグループは現れなかった。
    • その分、2016年の紅白歌合戦はNMB48かSKE48のいずれかが出場していた。
  2. 乃木坂46の3期生のお披露目は史実より早かった。
  3. 史実のメンバーはAKBグループか乃木坂のいずれかに加入していた。
    • 史実でモデルを務めている渡辺梨加と渡邉理佐は乃木坂46に加入していた。
    • 平手友梨奈はSKE48に加入し、松井玲奈か宮澤佐江のポジションについていた。
    • 小池美波はNMB48に加入し、渡辺美優紀のポジションについていた。
    • 長濱ねるはHKT48に加入していた。
    • 志田愛佳はNGT48に加入し、長身メンバーとして注目されていた。
    • ここに書かれている欅坂メンバーがAKB48に加入したお陰で世代交代が順調に進み、主要メンバーの平均年齢がインフレ化することはなかった。
      • AKB48本体メンバーは1990年代後半以降生まれのメンバーが影が薄い想いをさせられることはなかった。
  4. AKB48結成10周年の扱いは史実以上に盛大なものだった。
    • そもそも、欅坂46デビューの影に隠れることはなかった。
      • 秋元康は欅坂46を必要以上に推すことはなかった。
  5. NGT48の人気は史実以上だった。
    • というか、他のAKB姉妹ユニットの売り上げに大打撃を被ることはなかった。
  6. ひらがなけやきも当然結成されなかった。
    • 影山優佳はAKBドラフト生であったが、どこからも指名されなかったため、芸能活動をしていなかった。
    • 加藤史帆は秋元真夏を慕って乃木坂に加入し、「真夏さんリスペクト軍団」の一員となっていた。
    • 佐々木美玲は今も「choco☆milQ」で活動していた。
    • 東村芽衣、小坂菜緒、松田好花はNMB48で活動していた。

○○と結成時期が逆だったら[編集]

乃木坂46[編集]

もし欅坂46が2011年、乃木坂46が2015年結成だったら

  1. 史実の乃木坂46メンバーは欅坂46に加入するメンバー、AKB48グループに加入するメンバー、当初からファッションモデルを務める人に分かれていた。
    • 生駒里奈は欅坂46のメンバーになっていた。
    • 松村沙友理や白石麻衣は乃木坂に加入せず当初からファッションモデルとして活動していた。
  2. 渡邉理佐や渡辺梨加は乃木坂46に加入していた。
  3. 史実における乃木坂46の研究生はけやき坂46として活動していた。
  4. AKB48はカッコイイ系楽曲を歌うことはなく、欅坂46が歌っていた。
    • 少なくとも「僕たちは戦わない」などの曲は欅坂46が歌っていた。
    • AKB48との棲み分けも明確にすることができていた。

AKB48[編集]

もし欅坂46が2005年、AKB48が2015年結成だったら?

  1. 乃木坂46の結成はほぼ現実通り。
    • 乃木坂46は欅坂46の妹分という扱いだった。
  2. AKB48は結成されても史実より影が薄かった。
    • せいぜい史実のデフスターレコーズ時代程度の人気で終わっていた。
    • 坂道シリーズの存在が目立ちすぎたとみなされていた。
    • ラストアイドルの存在の意義もなくなっており、AKB48はラストアイドルのポジションについていた。
      • 池松愛理はRev.from DVL解散後にAKB48へメンバー入りしていた。
  3. 史実のおけるAKB48の何名かは欅坂46に加入していた。
    • 宮澤佐江は史実における平手友梨奈のポジションについていた。
      • むしろ前田敦子が平手友梨奈のポジションじゃない?
    • 小嶋陽菜は史実における渡辺梨加のポジションについていた。
    • 篠田麻里子は史実における渡邉理佐のポジションについていた。
    • 指原莉乃はハロプロに加入していた。
  4. 平均年齢は史実より高めだった。
    • 逆にAKB48は史実のHKT48並の平均年齢だった。
  5. 史実でAKB48が歌った「制服が邪魔をする」「軽蔑していた愛情」などの社会派ソングは欅坂46が歌っていた。
    • 「風が吹いている」も歌っていただろうから「風に吹かれても」は別のタイトルになっていた。
  6. 同種の路線で売り出している制服向上委員会といい勝負になっていた。
  7. AKB48は史実よりも水着に消極的だった。
    • 解禁年齢も18歳以上だった。
    • その分、ファッションモデルに力を入れることができていたかもしれない。
  8. 1トップ体制の女性アイドルグループは人気が出ないというジンクス通りに案外受けなかったかもしれない。

関連項目[編集]

もしWiki/アイドル
女性アイドル ブレイクしていなかったら
ブレイクしていたら:女性アイドルグループ(あ~さ行/た~わ行
AKB48 ブレイクしていなかったら/ジャンル/結成時期/制度/活動拠点/卒業後の進路//所属レーベル
メンバー :移籍/もっと長く在籍していたら/こんな人がいたら
イベント :選抜総選挙 (開催年別)
ユニット :渡り廊下走り隊7
姉妹ユニット :SDN48/あの地域に結成されたら (関東/西日本)
事件 :2013年以前/2014年以降
坂道シリーズ あの地域に結成されたら/結成/メンバー
モーニング娘。 メンバー入りしていたら/解散していたら/もっと長く在籍していたら



関連記事