もし学校で教師による体罰が日本軍並みに容認されたら

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索
経過観察
このページは、テーマがサイト趣旨に沿っていないか、もしくは荒らされやすいと考えられるため経過観察中です。
今後の経過によっては保護が検討されたり、削除検討の対象になることもあります。
ただしテーマについての設立趣旨や投稿者間の管理方法のあり方によっては観察対象外とします。
本件に関するご意見などはトークページへお願いします。

現在、教育現場における体罰はタブーを通り越して、その否定思想が半ばイデオロギー化している感もありますが、もしこれが旧日本陸海軍並みに容認されたら日本の教育現場はどうなる?

(当然ながら、生徒が死亡したり、正常な学校生活を送れないほど負傷したり、重い障害が残るような体罰は厳禁)

  1. 日常的な暴力行為に、精神的にもたなくなる教師が続出する。
    • その代わりに「教師になれば暴力が合法的に認められる」と錯覚しているサディストが教員を目指すようになる。
  2. 体罰で生徒を死なせるのはNG、とされてはいたでしょうが、実際には旧軍同様、体罰で生徒が死亡し、それが闇に葬り去られるケースが多く発生する。
    • 旧海軍では「海軍精神注入棒」で臀部を殴っていた、とされているが、実際には頭を殴ることの方が多かったのでは?
      • というわけで、「海軍精神注入棒」で撲殺される生徒が続出。
        • どうかなぁ?「体罰で生徒を死なせるのはNG」とされているからには、生徒を死亡させた教師の方もノーペナルティとは考えられないから・・・・・・
    • 「体罰マニュアル」なるものが作成される。
      • 拳は禁止、平手で5発以内に留めること。
      • 道具を用いる場合は木刀など硬質の物や傷が残るような物は使用してはならない。
      • 正座は板の上なら30分以内に留める。
    • 「出血させたら(たとえ鼻血でも)減俸10%3ヶ月」などと罰則も厳しく決められる。
    • (実態はともかく、建前上は)「体罰を認める」イコール「教師の生徒に対する無制限の暴力行為の容認もしくは推奨」ではないので、教師としての職務内における体罰が許される場面とそうでない場面のケーススタディが綿密に定められている。
    • 体罰が原因で児童・生徒が死亡した場合の容疑はおそらく業務上過失致死。
  3. 「連帯責任」と称して保護者への体罰も容認されるようになる。
  4. 「指導責任」と称して担任教師が校長、教頭や学年主任に体罰を受けるケースも。
    • 市町村の教育長の主な職務は校長への体罰というのが実態、なんてケースが出てきて問題となる。(本来の職務を遂行する暇がない)
  5. 女子学生に対する校内での教師による「修正」あるいは「矯正」と称したレイプ行為が続出。
    • 男子学生に対する教師(主に女性教師)によるレイプ行為も当然発生していたはず。
  6. 茨城の某高校のハンドボール部は休部。
  7. 実際には旧日本軍以上にエスカレートしていると思われる。
    • そして「ワシも軍隊でなにかというと上官や古兵に殴られたもんだが、お前ほどひどくはなかったぞ」と軍隊経験のある祖父に同情される場合も出てくるでしょうね。
  8. 国連人権委員会で槍玉に挙げられる。
    • "yakuza"や"karoshi"のように"taibatsu"も国際的に広く知られた言葉になってしまう。
  9. 日教組の活動目的はこういう教育体制の打破となっていたはずであり、もう少し市井の支持を集める存在になっていた。
    • むしろ、日教組は自分の思想に洗脳されない児童・生徒を喜んで虐待しまくると思う。
    • そもそも体罰が容認されるとしたらそれ以前に日教組が衰退し右翼系の教職員組織が教職員団体の本流になってからだろう。
  10. 外国からの留学生は対応できるのだろうか?
    • 帰国時には相当な反日感情を抱くようになる留学生が続出。
  11. 教員養成課程でも「生徒に不要なダメージを残さない、プラスの方向に導く効果的な体罰」が教えられるようになる。
    • 大学あたりで体罰の研究をしたりする人が今以上に出てくる。
  12. 特に体育の時間の体罰が激化する。それで体育が嫌いな科目トップに君臨する。
  13. 「女王の教室」が国民的人気番組になる。
    • 内容は史実とは真逆になりそうな気がする。
  14. いじめは激減する。
    • その代わりに教師への復讐と称した傷害事件が間違いなく増える。
    • 「お礼参り」の殺害事件も増える。
  15. 「モンスターペアレント」は存在しない。
    • むしろ余計ひどくなりそうな気がする・・・。
    • それ以前に親も普通に体罰を行うようになるのでは。
  16. 日本は国連に入れてもらえなくなる(ユニセフに袋叩きにされる)
    • あの北朝鮮でさえ国連から追放されるような事態にはなっていないのでそれはなさそう。
  17. 戸塚ヨットスクールが史実以上に支持される。
  18. 生徒に対する”斬り捨て御免”の特権が公的に認められる。ただし史実と同様に厳格に運用され、実際に認められるケースは10年に一件あるかないか。(ある意味でクビをかけたギャンブルのようなもの)
  19. 海外の修学旅行先で体罰を行っていた日本の教員が現地の警察に逮捕されるケースも出てくる。
  20. ヨーロッパなどの極右の間で日本がさらに理想の国家として崇拝されるようになる。
  21. 学校以外の社会の様々な場所でもまた体罰がまかり通るようになる。
    • 特にスポーツ界は確実。
  22. 下手をするとPTSDが国民病になっている。



関連記事