もし少子化や地方の過疎化がなかったら

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索
  1. 日本は現実より遙かに活力に溢れていた。
  2. 東京一極集中が緩和されていた。
    • 関西経済の地盤沈下もなかった。
  3. 北海道や北部九州がハブ的な地域として台頭している。
    • 次いで関西。
      • 関西の次は名古屋。
        • 或いは北陸・四国・淡路・三遠南信。
        • 金沢市高松市が政令指定都市となっていた。
        • 淡路や四国が発展することから本四架橋の神戸~鳴門ルートは鉄道併設となっていた。
        • 名古屋に次ぐのはむしろ仙台。その他の東北にも50万クラスの都市が次々にできていて、東北も自立した地域になっていた。
          • 広島じゃない?
    • 平成の大合併で消滅した市町村も少ない。
      • ここに書いてある市町村の一部は合併しなかった。
  4. まず外国に舐められない国になっている。
    • トヨタ=日本か、ホンダ=日本のような国になっている。
    • 国際社会における日本の発言力も上がっている。
  5. 首都は大宰府か、北海道の何処か。(北海道については恐らく千歳・札幌以北)
  6. 地方にも鉄道網が整備されていた。
    • 勝手に鉄道建設のうちの少しの路線は実際に開業していた。
    • 国鉄の建設予定線は全て開業していた。
    • それでも国鉄がここまで大赤字になることがなかった。
    • 勝手に新駅設置のうちの少しの駅は実際に開業していた。
  7. 公共交通機関はより充実する。
    • したがってバスや鉄道、航空路の本数も相当なものに。
    • 廃止されるとしたら炭鉱の廃坑程度。
    • それかダムの建設によって集落の移転によるもの。
  8. インターネットや高速道路の普及が丁度いい時期に起きればあった。
  9. 学校や保育施設の閉校、閉園が全くない。
    • レジャー施設の閉園も全くない。
    • 男子校、女子校の男女共学化も史実ほど進まなかった。よって、「私立バカレア高校」や「ごめんね青春」は制作されたか怪しくなる。
  10. 年少人口が25%、老年人口が10%になっているだろう。
  11. ティーン誌の衰退もなかった。
    • それだけでなく、漫画雑誌や学年誌の衰退もなかった。
  12. ベテラン芸能人が仕事の幅を広げることもなかった。
    • 現在でもベテランから若手への世代交代が順調に進んでおり、芸能人の平均年齢がインフレ化することもなかった。
    • CMでは出演者が若手からベテランに取って代わることは現在でも珍しい風潮となっていた。ましてやベテラン芸能人がアイドルの仕事を奪う存在にはなっていなかった。
    • 安易な歌手デビューやバラエティ進出もなかった。
  13. 遠距離輸送主体のダイヤが続いていた
  14. 日本の人口が2015年の時点で1億7000万~1億8000万人となり、逆に人口過密が問題になっていた。



関連記事