Chakuwiki:投稿ブロックの方針が方針文書として制定されました。

もし幕末にあの港が条約港にならなかったら

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索

横浜港[編集]

  1. いまだに横浜村、もしくは町、
    • こっちと混同する人多い。
      • 純・東京のベットタウン化。
    • 東京のベッドタウンとして発展はするが、規模的にはさいたま市・千葉市と同程度。
  2. あるいは神奈川市
  3. 神奈川県ではなく、小田原県になる。
    • 県庁所在地は小田原市
    • テレビ小田原が昭和44年に開局する。
    • 二宮町は昭和合併時に消滅。
    • あるいは現実の川崎・横浜(戸塚・瀬谷・泉・栄のぞく)・三多摩で神奈川県。神奈川市はその県庁所在地。
      • そして多摩地区とまとめて東京府に編入。今は「東京都神奈川市」。
      • 形がいびつなため「武南県」として独立。埼玉県の武南高校や武南市構想は存在しないか、武央か武北になっていた。
        • 稲田堤は稲城市の一部だった。
    • 旧武蔵国のエリアは東京都になっていた可能性がある。
      • 川崎+南部除く横浜+町田市(堺除く)で神奈川県。
    • あるいは多摩川以南の武蔵+三浦で鎌倉県、相模川以西+伊豆で小田原県。
  4. でも、旧東海道周辺はそこそこに発展。
  5. 神奈川市、保土ヶ谷市、菊名市などは東京のベッドタウンになる。
    • 菊名市は新幹線の駅も作られる。
      • でも、ラーメン博物館と日産スタジアムは存在しない。
    • 都筑市、田奈市が東急の開発で戦後急成長。
    • 21世紀になって神奈川・保土ヶ谷・菊名・鶴見・武蔵金沢の5市合併で政令指定都市「神奈川市」が誕生。
      • 横浜は60年代の合併で、川崎も90年代には政令市移行。
  6. 外国人居留地が存在せず、山手は手付かずの自然が残る。
    • 中華街も存在しない。山下町は今も海になっている。
      • この場合中華街は東京の品川辺りにある
    • 元町家具も発展しない。というか元町商店街自体がないかも。
      • 当然ハマトラファッションも誕生しない。
      • 名ブランド「元町ユニオン」も。
  7. ランドマークタワーやベイブリッジは存在しない。
    • 飽和状態の東京港を支えるために、昭和中期までに神奈川港は誕生した。
      • 工業地帯が今でも残る川崎近辺に大規模な港が作られていたかもしれない。
    • 現みなとみらいエリアは殺風景な工業地帯のまま。
      • 首都圏第三空港の案に「神奈川国際空港」を作る案が出るも、羽田と離陸ルートが被りかねないので頓挫する。
  8. 石川町の女子高生天国はない。
    • 寿町の×××地獄もない。
  9. 青江三奈が伊勢崎町ブルースを歌うことはない。
    • 五木ひろしの「よこはま たそがれ」、ダウンタウン・ブギウギ・バンドの「港のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカ」などもない。
    • 神奈川市などを歌った歌はポップス・演歌問わず多数誕生するかもしれない。
  10. 東急は鎌倉に線を引いていた。
    • 京浜急行は横須賀リゾート急行だった。
      • 根岸線がないので根岸と磯子を経由。東急は上大岡経由で鎌倉へ。
  11. 日本最初の鉄道は新橋-小田原間に開通した。
    • いきなり小田原が無理なら、53次の戸塚まで。
    • 国鉄神奈川駅は廃止されなかった。
      • 代わりに横浜駅が存在せず、史実の大湊線陸奥横浜駅が「横浜駅」を名乗っていた。
    • 場合によっては、日本鉄道の方が先に開通していたかもしれない。
  12. 戸畑鋳物が日産のルーツということで、日産の本社は北九州に置かれている。
    • 従って横浜に本社を置くこともなく、東京に本社を移転することもなかった。
    • 又、追浜工場もなく、プリンス自工と合併することもなかった。
      • 中村俊輔はサッカー選手になっていなかったかもしれない。
    • マリノスも北九州を本拠地にしていた。
  13. 史実の横浜線は「神奈川鉄道」として開業し、南武線と同時期に国有化。現在は「JR神奈川線」
    • もしくは相鉄と合併していた。
  14. 当然、横浜に「おしゃれな港町」というイメージは皆無。
    • 都民からは、「チバラギ」、「ださいたま」と一緒に「田舎奈川(いなかながわ)」と呼ばれていた。

下田が条約港のままだったら[編集]

  1. 人口50万の、静岡・浜松に次ぐ大都市になっていた。
    • むしろ静岡県が東西に分裂し、富士川より東が「伊豆県」となっていた。
      • この場合、伊豆県は中部地方ではなく関東地方に含まれていた。
        • むしろ相模県に編入され韮山県(若しくは足柄県)になっていた。
  2. 海は埋め立てだらけ、山は削られ、伊豆半島の環境破壊は深刻に。
  3. もちろん熱海~下田間の鉄道は国鉄が建設。
    • 当初現・御殿場線が東海道本線だったことを考えると、国府津~下田と考えるべきか。
    • 東北本線の下田駅は、「陸奥下田」駅に改称されている。
    • 和歌山線の下田駅も「大和下田」駅に改称後、史実通り「香芝」駅に再改称される。
    • 下田~松崎(~沼津?)に東急の息のかかった路線が、三島~修善寺~天城越えして下田に西武の息のかかった路線ができていた。
      • むしろ東急が三浦半島を積極的に開発していた可能性も。
    • もしかしたら高速鉄道路線の建設も有り得た?新幹線は微妙だが。
  4. さまざまな西洋文化流入の地も下田。
    • 和洋渾然一体、しかも上手く調和してる街になる。
  5. 沼津-熱海以南が合併して、下田市を継続するか伊豆市が誕生する。
  6. 伊豆東岸の温泉地は政府要人の別荘だらけになっていた。
    • 大日本帝国憲法の草案も三浦じゃなく伊豆で作られていたり。
    • 西伊豆方面も開発されていた。
  7. 下田街道や国道135号など下田へ至る主要道路は物流を支えるためどんどん高規格になる。
    • 伊豆縦貫道はちゃんとした高速道路としてもっと早く建設されてた。

神戸港[編集]

  1. 神戸は、大阪府兵庫市の一地名で終わる。
    • 兵庫市は大阪の只のベッドタウンになっている。現実の東灘区・灘区は「灘市」となっている。
      • 北区は「北六甲市」となっている。
    • 西区は明石市に編入。
    • 兵庫県もなく、明石市以西の山陽側地域は「姫路県」となっている。また但馬は鳥取県に、淡路島は徳島県に編入されている。
      • 但馬に関しては豊岡県の可能性もある。
        • 摂津西部は大阪府になっていた。
    • 阪神・淡路大震災が別の名称だったかも。
      • 経済損失は史実ほどひどくなかった。人的被害は逆にひどかった可能性がある。
        • 人口減少に歯止めがかからず、かなりの面積が防災公園になっていた
  2. 東海道本線と山陽本線の境界は当然大阪。
    • 現実の阪神電鉄は「阪灘電鉄」として開業後、昭和初期の姫路延長を機に「山陽電鉄」に改称。
    • 現実の阪急神戸線は西宮北口からは直進せず宝塚に向かっている。
    • 神戸電鉄は影も形もなかった。その代わり阪急宝塚線が宝塚から三木・小野方面に延伸されていた。
      • 北神急行は想像すらされずに終わっている。
    • 山陽本線の網干以東が方向別複々線になる。
  3. 明治以降は大阪が関西を代表する貿易港になる。
    • 或いは堺か?
    • キングジョーは大阪港に出現。
      • 加えて、舞鶴と和歌山も拠点港になっている。
        • 和歌山市が四国への玄関口として現実より発展していた。本四架橋も神戸~鳴門ルートではなく和歌山~鳴門ルート(紀淡海峡経由)となっていた。
  4. 兵庫の主要港湾は姫路港になる。
    • 姫路市が「平成の大合併」で政令指定都市に移行していた。
  5. 意外と、関西空港が神戸沖だった可能性がある。
    • 今のポートアイランドにそのまま建設された。
  6. 新神戸駅は存在しない。
    • 山陽新幹線は、名古屋が起点で、京都・園部・篠山経由で姫路に向かう。
    • 東海道新幹線は亀山・奈良経由で建設された。
      • 大阪側のターミナルは天王寺になり、同駅が新大阪駅を名乗っていた。
        • 新大阪駅からは四国新幹線が和歌山・徳島・高松・松山経由で熊本・長崎・佐世保へと延びていた。
    • 流石に山陽新幹線が大阪を無視するとは考えにくいが、新大阪~宝塚~三木~姫路と、六甲山の北側を通り抜けた可能性がある(その方が距離が短くて済む)。
    • 2003年以降、姫路駅に山陽新幹線の全営業列車が停車するようになる。
  7. 南京町の中華街や北野町山本通の異人館もない。
  8. サンテレビはなかった。
    • 兵庫県域局は姫路市に本局を置いていた。
  9. 海軍操練所は別の場所に置かれていた。
  10. 地域力向上の為に「株式会社神戸市」と呼ばれた時代に史実以上の乱開発をしていた可能性がある。その結果財政赤字が凄い事に…。
  11. 阪神と言う広域地名は誕生さえしなかった。
    • 阪神タイガースと言う名前も登場しなかった。

新潟港[編集]

  1. 新潟市章に錨のマークや「五」の字が入ることは無かった。
  2. 新潟市が県庁所在地になることは無かったかもしれない。
    • もしかしたら佐渡を除いた全域が柏崎県や長岡県などになっていたかもしれない。
      • 県庁所在地も現在の中越地方だっただろう。
  3. 日本で一番歴史のある銀行(第四銀行)が新潟市にあるなんてことは無かった。
  4. 酒田港の重要度がさらに増していた。
  5. 新潟空港はなかった。
    • 上越新幹線も建設されなかった。
      • 県庁所在地が長岡だった場合、北陸新幹線が長岡経由だったかも。
    • 新潟市の経済力が史実より落ちるため、新潟市にあるスポーツチーム(アルビレックス新潟等)の大半は存在しない
      • アルビレックス新潟のJリーグ参入が遅れていた
      • 新潟市がワールドカップの開催地になる事は無かった



関連記事