もし律令国の分け方が○○だったら

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索

分国されていたら[編集]

陸奥国→○○[編集]

陸奥・陸中・陸前・岩代・磐城
  1. 岩代を除く4国は東海道に含まれていた。
  2. おそらく出羽国とセットで行われる。
  3. 「みちのく」のイメージは青森県に限定される。
  4. むしろ陸奥が陸後を名乗っていた。
陸奥・陸中・陸前・岩代・磐城+津軽
  1. 青森県は二つに分かれていた。
    • 西が弘前県(県庁・弘前市)、東が盛岡等と併せて南部県(県庁・八戸市)かな。
    • もしくは両県が合体して史実通り青森県(県庁・青森市)になった。
  2. 特急「むつ」(秋田〜青森)の愛称が違っていた。
    • おそらく「かもしか」を称し、飯田線の急行は「天竜」を名乗り続ける。
陸奥・陸中・陸前・岩代・磐城+会津
  1. 会津若松はもっと栄えている。
  2. 日光から米沢に抜ける街道が早期に整備されていた。
  3. 会津を冠する駅名が現実以上に多かった。

出羽国→羽前・羽後[編集]

  1. 鶴岡と酒田が少し疎遠になったかも。
  2. ネットスラングとしての「出羽守」は存在しない。

武蔵国→武蔵・○○[編集]

江戸
  1. 東京都と神奈川県の一部が江戸国に含まれていた。
  2. 東京スカイツリーは634mでは無かった可能性が高い。(武蔵に由来するため)
  3. 後は都道府県とかは史実通りか。
春狩
  • 武蔵国の現在の東京都と神奈川県の一部に置かれたとする説があるのだが、詳細は不明。
  1. 武蔵小杉駅は春狩小杉駅になっていた。
  2. 目黒が史実以上に発展していた可能性もあり得る。

越後国→越後・○○[編集]

  1. 下越地方は出羽国に含まれていた。
    • 後に分割されて羽前国になる。史実の羽前国は羽中国。
  2. 柏崎県と新潟県の合併はなかった。

信濃国→信濃・筑摩[編集]

  1. 長野vs松本は同一地方での対立、ということになっていた。
  2. 筑摩国は松本県(県庁・松本)になっていた。
  3. 筑摩国じゃなくて、諏訪国の復活または存続(&範囲拡大)かもよ。
    • 関東甲信越ではなく甲筑信越地方と呼ばれていたかも。

併合されていたら[編集]

飛騨国→○○[編集]

越中国
  1. 岐阜県は美濃国のみのまま。
    • 岐阜県は東海地方なのか違うのか、という論争は岐阜県(美濃)は東海地方、飛騨(越中側)は北陸地方という見解が支持される。
  2. つながりから考えてこれが無難。
    • 水系的にはだいたい太平洋側・日本海側ですっきりするけどな。
  3. 吉城郡と大野郡は越中国に、益田郡は美濃国に編入という形でもいいと思う。
美濃国
  1. 岐阜県と同じようになっていた。
信濃国
  1. 野麦峠ルートが本道になっていた。
    • そうか?美濃の国府の位置がかわらん限り東山道→中山道は木曽路ルートメインで動かんとおもうぞ。(昔は伊那路を経ていたようだが)

安房国→上総国[編集]

  1. 上総→下総が三浦経由であることが分かりやすくなる。
  2. 里見氏の台頭は遅れていたかも。
  3. 安房鴨川駅は上総鴨川駅になっていた。
  4. 「房総」という単語は存在しなかった。
    • 房総半島は「安房半島」になっていた。
      • 安房→上総だから「安房半島」にはならないのでは?

志摩国→伊勢国[編集]

  1. 「伊勢国志摩郡」となっていた。
    • というより、伊勢国答志郡・英虞郡かな。
  2. 観光地としての「伊勢志摩」という単語は「伊勢(市or神宮と)志摩」ではなく「伊勢(国の)志摩」という意味合いで用いられる。

加賀国→○○[編集]

越前国の一部
  1. 越前・越中・越後の区分が分かりやすかった。
  2. 一向一揆はいかに?
    • 「越前半国一揆」になった。
  3. 能登も越前だった?
    • っていうか元々 加賀と能登は越前から分国したものなんです。
  4. よって「もし加賀が越前から独立していなければ」かも。
能登国の一部
  1. 一向一揆は能登も巻き込んでいた。
    • 国の境界線どうこうだけでは巻き込んでいたかどうかは言えないけれど。むしろ加賀国が能登なら能登守護畠山氏の力が(加賀国守護の富樫氏よりも)強力で一揆自体がおこらんかもよ。
  2. 急行「能登」は文字通り能登国を通っていた。

関連項目[編集]




関連記事