もし日本で○○が合法化されたら/反社会的行為

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索

もし日本で○○が合法化されたら > 反社会的行為

投稿規制
現在このページ(もしくは節・カテゴリ)は他者に不快感を与えたりサイト趣旨から逸脱するなどの問題が考えられるため、下記の投稿を規制しています。
この規制に反する投稿は削除や注意または投稿ブロックの対象となりますのでご注意下さい。本件に関するご意見などはトークページへお願いします。
規制する投稿:過度な児童ポルノ・猥褻・グロデスク系ネタ

暴力関連[編集]

あらゆる暴力行為[編集]

  1. 日本の治安は悪化する。
    • というより秩序そのものが完全に崩壊する。
      • ほぼ『北斗の拳』の世界のようになってしまう。
  2. 第二のソマリアと呼ばれるようになる。
  3. 暴力行為に対する制裁は当人が所属する共同体によって成されるようになる。中世や古代の無主地における慣習が復活する。
  4. 体罰やパワハラ行為に対しても未だに寛容なままかもしれない。
    • 今から合法化されると言う前提だからそれを言うなら体罰やパワハラも許されるって言うべきなのでは?
  5. グロい作品に関しても寛容になる。
    • 「ハッピーツリーフレンズ」が地上波でも放送される様になる。

決闘・果たし合い・タイマン[編集]

  1. 恐らく政府公認の決闘立会人資格のようなものができて。決闘の遂行にはこの資格を有する者の立会いが義務付けられるようになっているだろう。
  2. さまざまな決闘をTVスタジオで行い、それを実況中継する『今週の決闘(仮題)』なるTV番組が放映されるようになる。
    • 放送するのはフジテレビのような気がする。
    • K-1などの格闘技の人気が一気に下火になる。スリルと迫力で正真正銘の殺し合いにかなうはずがないから。
    • 決闘はテレビで放送できないかもしれないけど、そこは考えない。
      • まぁ当事者が死ぬような決闘は放送できんだろうね。
  3. 民事裁判がいくらか減る。時間のかかる裁判の代わりに決闘でスピーディーに決着をつけようという人が必ず出てくるだろうから。
  4. ”決闘といっても血なまぐさい暴力沙汰は嫌だ”ってなわけで、ガマン大会、早食い大会のような非暴力的手段、あるいはスポーツやゲームで決着をつけようというケースも多く発生するものと思われる。
    • スポーツの場合はボクシング、レスリング、剣道、柔道などの格闘技が多くなる気がする。
    • 公平を期すため当事者の片方だけが有利になるものは避けられる。
  5. 勝負は勿論鉄パイプや拳ではなくピストル
    • 日本伝統のやり方にこだわるなら刀での斬り合いになる。
  6. 海外でも同じような制度を導入しようとする国が出てくる。
    • 特に近代以前に決闘の伝統があったところ。
  7. 有名人が当事者となる場合は観覧希望者が続出する。
    • 公式の立会人以外の同席についても何らかの規制がかかるはず。

仇討ち[編集]

  1. 当然、仇討ちされた相手がさらに仇討ちをすることは認められない。
  2. 吉良町涙目。
    • いっそのこと赤穂浪士に仇討ちするとか。
  3. 返り討ちは認められるが、遺体は遺族に丁重に送り返さないと死体遺棄罪がつく。
    • 返り討たれた者の仇討ちは認められない。
    • 仇討対象が天涯孤独の場合は自治体が遺体を引き取る。
  4. 誤って別人を殺してしまった場合、仇と共に別人を巻き込んで殺してしまった場合は、殺人罪がつくとともに、仇討ち対象になる。
  5. 仇が複数人いても指定した1人しか討つことができない。
  6. 情状酌量として勘案されるだけで、殺人罪なら実刑は免れない。
  7. 仇討ちなのか、単なる殺人なのかを区別するために、役所に行って「仇討ち申請」を行う必要がある。
    • 申請書には仇討ちの目的を記して、審査が通ったら仇討ち可となる。
      • 誤って別人を殺したりしないよう、仇討ちを行う対象と仇討ちに参加する人数および仇討ち実施期間を明確にする必要がある。
    • 仇討ち対象にも対象になった旨が伝えられ、その期間中は海外逃亡ができないようになる。
      • それでも大使館や領事館に駆け込む事例は出てくる。
  8. 外国人が絡む事例が発生し当該国と日本の関係が極度に悪化する。
  9. 一部の国々でもこの様な法律を導入しようとする。
  10. 漫画「フリージア」は実際よりもよく売れて国民的漫画となる。
    • むちうちに
  11. 仇討ちになった人は自業自得と言う扱いになる。
  12. 復讐物のやたらと多い刑事ドラマはかなり影響を受けそう。

暴力団およびその関係者に対する犯罪行為全て[編集]

”これぐらいやらなければ暴力団追放など不可能だ”という意見が出て、それが社会に受け入れられたら・・・・・

  1. 犯罪実行者は犯行終了後、その成否にかかわらず警察に即時出頭することが定められる。
    • さらに暴力団およびその関係者以外に人的、物的被害が出てしまった場合は、その分だけ補償や賠償を行うことが義務付けられる。
      • 当然、それに伴って過失傷害、器物損壊等の罪が発生した場合は、それに服し、処罰されることになる。
  2. 海外(特にアメリカ)向けに”ヤクザ狩りツアー”なんてのを企画する旅行会社が出てくるかもしれない。
  3. それでも暴力団を根絶することはたぶん不可能。
    • いつもやられているのがアマチュアにもやられるだけだものな。プロ同士の犯罪の応酬にはかなわない。
      • チンピラ一人をボコボコにしたところで、後々メンツをつぶされた組によって組織的に報復されるので、結果、割りに合わない。
    • 根絶できたとしても今度は海外のマフィアなどに侵略される率が高くなるだろう。
      • やがてはマフィアも「外資系暴力団」と規定され、「マフィア狩り」が出てくる。
  4. 暴力団が関与していることがバレた店は根こそぎ略奪にあう。
    • ライバル店舗、もしくは企業をつぶす為に暴力団関与をでっち上げる店舗、企業が出てくる(当然これは違法)。
  5. 重機を保有している土建屋もしくは銃砲火薬店が副業として”ヤクザ狩り”を行うようになる。
    • 【ヤクザ狩り】が推奨されて、各自治体が報奨金を払い出す。
      • 入れ墨をしている田舎の漁師や、指を欠損してしまった工場の人などをヤクザに仕立て上げて報奨金をかすめ取る悪党が登場する。
      • 現代の魔女狩りと揶揄される。
  6. 作業中の事故で小指を失った人(もちろん暴力団に関わった経験なし)がヤクザと間違われて虐殺される悲劇がたまに起きる。
    • もちろん違法であり、やった人は殺人罪に問われる。
  7. S田S助が命を狙われてもおかしくない。
  8. これで銃の所持も合法化されたら凄まじいことに…
  9. 組織犯罪に苦しむ国で真似をするところが出てくる。
    • メキシココロンビアあたりがやりそう。
    • 民主主義が不十分な国に導入されてしまうと、「反体制派に対する犯罪行為全てが合法化」などとなりかねない。
  10. ゲームや映画の題材として重宝される。
  11. ネット上で無実の個人や企業を暴力団とこじつけ別の人に襲撃させようとする輩が発生する。

私的制裁・リンチ[編集]

  1. 事件・事故などの加害者家族は、どこに逃げてもリンチに逢うため、一家心中しなければならなくなるだろう。
    • 海外への亡命という手も考えられる。
    • 外国の領事館や大使館への駆け込みも見られる。
  2. 法制度のかなりの部分が機能しなくなってしまう。
    • 諸外国にリンチの模様や法の荒廃が知れ渡り日本にとってこれ以上ないイメージダウンになってしまう。
  3. 対象になるのはいわゆる『上級国民』と見なされた者、凶悪事件の犯人やその家族が中心だと思う。
    • 不祥事を起こした政治家や芸能人などは、せいぜいネット上で非難されるぐらい。

金銭による囚人殺害[編集]

被害者側が金を積めば刑務所で服役中の囚人を殺害できるようになったら?なお死刑判決を受けている人は除く。

  1. 権力者側が都合の悪い人間を抹殺するときに使うかも。
  2. 金出せば早く死ねるからという理由で死刑回避が多くなる。
  3. 払う金も数万円程度になるだろう。
    • さすがにそれは人命を奪う代価としては安すぎるのでは。
    • 平均的な日本人が生涯に稼ぐ金額は億単位に達するためそれくらいは必要になるはず。
  4. 囚人が殺されたことにより真相が闇に消える事件が大きく増える。
  5. 事件の被害者や遺族が「犯人抹殺のため募金をお願いします」などと呼びかけるようになる。
  6. そのうち犯人が消された後に実は冤罪だったことが判明する事例が発生しこの制度への批判が強まる。

過剰防衛[編集]

何もかも認めると「ちょっと小突かれただけでその相手を殺害する」ようなことまで無罪になってしまうので、程度問題で「現行法よりもずっと許容されるようになったら」とします。程度については皆様でご議論ください。

  1. 「運転中に暴走族に絡まれた際、車をぶつけて死傷させる」「絡んできたチンピラが車にしがみついてきたので、車を走らせ振り落として死傷させる」ような行為は完全に無罪とされる。民事でも賠償請求対象にならない。
    • 子どもに邪魔された時に子どもに対して体罰をやるのも認められる。
      • よほど悪質ないたずらでもない限り、怪我までさせたようであれば有罪になるだろう。
  2. 当の者にも非があると認められる状況では完全には免責されない。
    • 「挑発して先に手を出させて返り討ちにする」行為は免責されない。でないとこれを利用して無罪になろうとする行為が多発してしまう。

銃の所持[編集]

  1. 一家に一丁、銃があるのは当たり前になる。
    • 携帯電話のように一人に一丁、むしろメールアドレスのように一人あたり複数持ってるのが普通になる。
      • 結果、日本はアメリカやイラクなど問題にならないくらいの銃社会になる。
      • 開拓時代のアメリカのようになってるかも。
      • 西部警察のようになってるかも。
        • その結果警察官の気も荒くなっているかも。
    • 日本の戦国時代のような銃大国になる。
  2. 銃を使った犯罪はもちろん急増。
    • 日本特有の状況として”いじめられっ子が自分をいじめた相手に報復発砲”というケースが銃犯罪のかなりの割合を占めるものと思われる。
      • 成人以上でないと銃所持出来ないと法律が出来るがモンスターペアレントがいじめた相手や教師に報復発砲する事件が多発する。
      • コロンバイン高校やバージニア工科大学で起きたような大惨事が日本でも発生する。
      • あるいは「いじめが過激化して(本来未成年者の所持が禁じられている)銃犯罪に走る」事例も多発しそう。
    • 警察は「銃撃犯は即射殺」が前提となる。
  3. アメリカ、ロシア、中国などから銃がどんどん輸入される。
    • んでもって、国産を広めようと目論む企業も現れる。
      • 使い捨ての銃が開発される。
  4. たむらけんじが獅子舞ではなく銃を持ってテレビ出演。
    • にしおかすみこが鞭ではなく銃を持ってテレビ出演。
  5. TVで銃関連のCMががんがん流れている。
    • 具体的には銃器メーカー、銃砲店、射撃場など。
  6. 防弾チョッキががんがん売れまくる。
  7. オリンピックでの射撃競技の成績が向上する。
  8. 教育現場でも銃が使用される。
  9. 特定アジアの三ヶ国も日本に対して、慎重に発言するようになる。
    • 国家の外交姿勢に銃規制が影響してくるなどという話は聞いたことがないが…。
      • 日本人がもっと短気になって「攻めちまえ」みたいな意見が出やすくなるかも。
  10. 特に刑事ドラマの質が変わる。
    • 他のドラマでも配偶者の不倫相手に銃を突きつけるなどするシーンが普通に出てくる。
  11. 自殺がますます増加する。
    • 自殺者のほとんどが自らの手による銃殺になる。
  12. 自民党の支持団体に「全日本銃器愛好者協会」などという団体が名を連ねている。
    • この団体の圧力により銃規制がなかなか進まない。
  13. 日本の総理大臣の何人かは在任中に銃で暗殺されているかもしれない。
    • 浅沼稲次郎や石井紘基の暗殺は、刺殺ではなく銃殺となっている。
    • 昨今の情勢だと、○○代連続総理大臣銃殺になりかねない。
  14. モノづくり日本の技術が遺憾なく銃にも反映される。
    • 金属磨き職人によって、鏡のように磨かれた銃身。
    • グリップは金沢の漆職人による漆塗り。更に金箔が散りばめられている。
    • グリップに掌紋検知装置がついていて、持ち主以外は発砲できない。
    • 人間に当たると皮膚に重大な損傷を与えて戦闘能力を完全に奪えるが、命には別状ない特殊弾丸の開発。
    • 照準器には液晶画面が設置される。
      • 堺市の財政がよくなるかも。
  15. なぜかサバゲーを題材としたアニメが幹並み大ヒットするようになる。
  16. あげくの果てに銃火器や弾薬の製造も解禁される。
  17. そのうち国内での需要が満たされ銃器の輸出も始まる。
    • 世界の紛争地などで日本製の銃が多くの人々を殺傷する時代が来る。
    • イスラム過激派などが日本で銃を調達しようとした事例も明るみに出る。
  18. 現在の社会情勢を踏まえると在日コリアンやLGBTなどのマイノリティを標的にした銃撃事件も多発する。
    • 規模次第では「ヘイトテロ」と呼ばれる。
    • リベラル寄りのジャーナリストも次々襲われる。
    • 逆に、マイノリティやリベラル派の中から過激化した者が現れ、保守派を標的とした銃撃事件が起こる可能性もある。
      • それ以前の時代に新左翼が似たような事件を起こしている気がする。
  19. 農村部での害獣による被害は減るが生態系もかなり壊れる。
  20. 不祥事を起こした企業の関係者が銃撃される事件が相次ぐようになる。
  21. ジョンレノンのように銃で暗殺される有名人も少なくなくなる。
  22. いずれにせよ、最初からではないにしても、史実のカナダのように免許制になるのは不可避かと。

未成年者の飲酒・喫煙[編集]

  1. 肺がん、肝臓病の発生率が激増する。
    • 社会保障費や平均寿命に相当響いてくる。
    • 成人でも煙草離れが進む潮流が今のままである限り肺がん等については現実とほとんど変わるまい。
  2. 国内外のタバコメーカーはティーンエイジャーにターゲットを絞った製品を出してくる。
    • 例:女子高生向けのフルーツ・フレーバー入りのタバコなど。
    • 子供向けのポケモンパッケージのタバコなんてのも出るでしょうね。
    • 成人の喫煙人口がどんどん減っている現状では、法が認めても親が認めないことが多いだろうから、大して流行らない可能性の方が高い。
  3. 飲酒に関しては現状とあまり変わらない気もする。特に田舎。
  4. 案外、未成年者の飲酒・喫煙率は下がるかもしれない
    • 所詮はカッコつけてるだけだろうし
    • ただし、未成年者のドラッグ中毒が蔓延するかもしれない
  5. taspoはもちろん廃止。
  6. ノンアルコール飲料は史実通りにソフトドリンクに準じた扱いを受ける。
    • レジで「年齢確認が必要です」が流れなくなる。
  7. 少年法が廃止される。‎
  8. 「18歳以上」であれば現実とほとんど変わらないだろう。
  9. むしろ喫煙こそ、禁煙の世論がますます優勢になり、喫煙が許されている成人でも喫煙人口が減少の一途、学校でも禁煙教育が普及している現状のもとでは解禁したところでほとんど事態は変わらない可能性が高い。
  10. 子ども向けの酒が発売される。
    • 子どもでも飲みやすいようにフルーツ味にしてる日本酒やビールなど。
      • 「こどもののみもの」というのがありますが。
        • 未成年者の飲酒が合法化された事によって「こどもののみもの」は何故か名前を「げこののみもの」に改名する。
  11. 小学生の誕生会でも一気飲みが原因の死亡事故が起きるようになる恐れも。
  12. 著名人が写真を撮られて「未成年を飲酒させたのでは」と叩かれることがなくなる。
  13. 未成年の息子や娘、甥や姪と晩酌をする事ができるので酒豪が大喜び!
    • 晩酌は家族でする物と言う認識になる。
  14. アルコール中毒の患者がロシア並みに多くなる。
  15. 間違いなくここに載っている芸能人はここに載っているみたいになっていた

ドラッグの製造、売買、所持、使用[編集]

  1. どうしてもドラッグを断ち切れない外国人が続々と日本に移住してくる。
  2. サラリーマンが酒派とドラッグ派にわかれ「居酒屋」の他に「居ドラッグ屋」ができるようになる
    • 「下戸」のドラッグ版にあたる「ドラッグ下戸」の肩身が狭くなる。
      • 会社で。「キミ、次の接待は酒席でなくマリファナ席でね。お得意さんが酒派じゃなくてマリファナ派なんだ」
        • 「あの、ボク、酒ならいくらでも大丈夫なんですけどマリファナは体質的にあわないんです」
          • 「そんなことで営業がつとまるか!営業たるもの、酒とゴルフとマリファナは必須だぞ」
            • 「わかりました。今からいっぱい吸って鍛えておきます(体に悪いしおいしくないどころか気持ち悪くなるだけだし、不条理だよなあ…)」
    • 煙草の様な扱いになる可能性もあるのでそんな事は無い。
  3. 製品にドラッグを混入するメーカーや、客を強制的に常連にさせるためにドラッグを混入した料理を出す飲食店が現れて問題になる。
    • キャバクラで出される飲食物のほとんどがドラッグ入りになってそう・・・・・・
      • 風俗店は昏睡強盗の温床となる。
  4. 中南米で活動している麻薬組織が続々と日本に活動拠点を移す。
    • アンダーグラウンドの世界だから高値で売買できるのであって、あるのが当たり前の状態になったら値崩れして儲けにならず、日本に来るだけ大損になる。
      • 開発・製造は日本で行いドラッグが違法の世界各地に密輸して売るというスタイルが採用されるのでは。
      • 大手製薬会社が品質を競い合う。
  5. 習慣性、依存性の無いドラッグなんてのが開発されているかもしれない。
    • 大麻がそうであると言われているが。
      • マジレスすると、マリファナも全く依存性が無い訳ではないが常用するとあまり良くない。
  6. オランダみたくなっているだろう。
  7. それでも使う人はごくわずか。
  8. ブラック企業でサービス残業ならぬドラッグ残業が増加する。
  9. 南米料理店(特にペルーやボリビアの料理を出す店)でコカ茶が普通に出される。
    • コカ・〇ーラも文字通り、コカイン入りとなる。
      • かつてのコカイン入りのコカコーラが復活する。
    • コカの葉から作った酒はすでに日本で販売されている。
      • 麻薬成分は醸造過程で取り除かれるからOKなんだそうだ。
  10. 各地の農村で大麻が栽培されるようになる。
  11. ほとんどの国で日本から到着する航空機や船舶の荷物検査が非常に厳重になる。
  12. 大麻は体に対する害が相対的に低いので可能性はゼロではない。
  13. 少なからぬ外国人観光客がドラッグ体験目的で来日してくる。
  14. 戦前のように芸能界がまた薬まみれになる。
  15. ハウステンボスには本場オランダばりの「コーヒーショップ」ができる。
  16. 日本の外交官が絡んだ薬物密輸事件が世界各地で発生する。
  17. 緩和ケアでのモルヒネなどの使用頻度が増えかねない。

詐欺行為[編集]

”詐欺にだまされるほうが悪い”という考え方が社会の主流になったらこうなることも・・・・・

  1. "もしも"も何も、今の日本がまさにそれ。
  2. ”一億総詐欺師社会”の到来・・・・・・
  3. 通信販売、ネットバンキングなどの類が事実上壊滅する。
    • ドメインが「.jp」のショッピングサイトは利用してはいけないというのが世界の常識に。
  4. 訪日外国人観光客が激減する。
    • 悪徳ガイドや悪徳土産物店が至る所に現れるが日本政府は何も対策をとらない。
    • 日本のイメージそのものも一気に悪化する。
    • 詐欺をする為に日本に来る訪日外国人も現れそうだ。
  5. 「騙されたら騙し返せ」という考え方が広まり、正に「狐と狸の騙し合い」社会となる。
  6. 漫画「クロサギ」が国民的作品となる。
  7. 人間不信の人が増える。

子供の誘拐[編集]

  1. 誘拐が認められても殺害や放棄は絶対に禁止。
  2. 知らない人と仲良く遊ぶ子供が出てくるかも。
    • 小学生が「知らない人にはついていかない」と教師から言われることもなくなる。
  3. レオンチャンネルなどの玩具関連のユーチューバーなどは子どもを家に連れておもちゃで遊ばせる動画をアップする。
  4. 子育てに疲れ果てた親が見ず知らずの人に「この子を連れて行ってください」と求める事例も出てくる。
    • 日本でもアメリカ並みに養子を迎えることが多くなる。
    • そして社会現象となり「子育てに責任を持て」「責任を持てないなら最初から子どもを作るな」というブーイングの声も起こる。
      • 「子どもの生命が奪われるよりはまだましだ」との声も上がり大論争になる。
  5. 親権を持つ人と実際にその子を育てる人が異なって厄介なことになるケースが激増。
    • 親が我が子の身柄を戻すよう訴える裁判も珍しくなくなる。
    • 誘拐した子どもは養子として扱われると思われるからそれはない。
      • 元の親権者(何の落ち度もない)の了解なく親権が連れ去った人間に移動するというのは近代法の世界では確実に問題視されるはず。
  6. 自分の子を連れ去られるリスクがあるため家族での訪日は推奨されなくなる。
  7. 当然の事ながら誘拐した子どもを養子にする人が増える
  8. 誰でも養子縁組が出来る様になる。
  9. 子宝に恵まれない夫婦が子どもを誘拐する例が出る。
  10. 宗教団体や政治団体が幼児を大量に誘拐し洗脳教育を行う事例が続出。
    • オウム真理教がテロを起こしてた頃から合法の場合オウム真理教が真っ先にその様な事をしてた。
  11. 北朝鮮に拉致された日本人はおそらく取り戻せなくなる。
    • 北は「法律で誘拐を規制しない国のくせに何を言っているのか」などと日本の要求に耳を一切傾けない。
  12. 昔よく脅しに使われていた「曲馬団に売り飛ばすよ」という文句が冗談で済まなくなる。

万引き[編集]

万引きそのものが許されていたら

  1. 万引き用の商品が製造される。
    • そこは不良品が用いられるのでは。
    • 要するに無料の商品が増えるのだ。
  2. おそらく無料の商品まで出る可能性も。
    • 企業としては何の旨味もないためその可能性はほぼ皆無。
  3. 金を払わずに商品の箱や袋を開けても問題視されない。
    • そのままで食べられる食品だった場合金を払わないで開ける事は一種の試食と見なされる。
    • グリコ・森永事件のようにそこに毒物を入れる人間が確実に出てくる。
  4. 理由は貧乏人を自由にする為。
    • そのうち品物を製造する企業が潰れて有名無実化してしまう気がする。
      • さすがに普通の人はお金を払うのでそれはなさそうだが。
        • 無料で品物を入手するのが合法化されたら金を払って品物を買うのは見栄を張るときくらいになる気がする。
  5. 製造業が完全に機能しなくなる。
    • 流通なども崩壊し一気に貧困者があふれてしまう。
    • 実店舗(特に書店やスーパーマーケット)は日本から姿を消す。
      • 特に無人販売所は真っ先に消える。
    • 自動販売機やオンラインショップなどの物理的に万引きが出来ない様な手を使えば良いのでそれはない。
      • 個人商店の類がほぼ壊滅すると思われるので相当なダメージになる気がする。
  6. 食い逃げも合法化される。
    • 無銭飲食する貧困層が増える事になる。
    • 遠からぬうちに外食産業も崩壊する。
      • 食券などで対応すれば食い逃げされずに済むのでそれない。
  7. 海外から大規模な「窃盗ツアー」の客が押し寄せる。
  8. 日本の刑法史上初めて「万引き」が明確に定義される。
    • 「商業施設またはそれに類する施設において商品を無代価で持ち去る行為」といったところか。
  9. 法案成立前には経済界の有力者が血相を変えて止めようとする。
    • それ以前に誰がこんな無茶苦茶な法律の成立を支持したのだろう?
  10. 商業施設側が入場料を徴収する。
  11. 映画「万引き家族」は普通のファミリードラマ扱い。
  12. 海外で国内と同じ感覚で窃盗を行い逮捕される日本人が続出。
  13. 「日本人はついに経済学のABCすら分からなくなったようだ」と全世界から馬鹿にされる。
    • 代価なしで財を手に入れることが当たり前の社会にもはや需要と供給などあったものではない。
    • 法改正時の首相や経済関連の閣僚にイグノーベル経済学賞が授与される。
  14. 日本国民の道徳荒廃も懸念される。

不法侵入[編集]

不法侵入をする事が許されたら

  1. 会社や工場に無断で入る人が現れる。
  2. 立ち入り禁止にする意味が無くなる。
    • 関係者以外でも事務所に入れるのでこうなる。
  3. こっそり工場に潜入して調査をして企業秘密を暴露する人まで現れる。
    • グローバル企業の研究拠点は日本から姿を消す。
    • 大規模な個人情報漏洩も日常茶飯事に。
  4. 工場見学がしやすくなるのかも。
  5. 下手したら国家機密を暴露する人まで現れる。
    • 日本の防衛機密がことごとく北朝鮮や中国に漏れる。
      • アメリカの機密が漏れる危険が高すぎるため日米同盟は即刻解消。
    • 日本はスパイ天国と化す。
      • よって世界中のスパイが日本にやって来る事になる。
  6. 原子炉の中で実況を行うYoutuberが登場する。
  7. 企業活動への妨害が相次ぎ経済に相当な悪影響が及ぶ。
    • 工場設備を使った自殺すら発生する。
  8. 外出先で用を足したくなった際に見知らぬ人の家のお手洗いを使っても何のお咎めもない。
    • 私有地を使った近道も認められる。
  9. 家主が留守の間に家に侵入し待ち伏せする押し売りが現れる。
  10. マスコミの取材手法も大きく変わる。
    • 取材対象の企業や機関に侵入し資料を撮影するのも当たり前。
    • 不祥事や事件の当事者の家に侵入し自室まで追い回す事例も相次ぐ。
  11. 一部の有名人の家が観光名所になる。
    • やって来た観光客に「おもてなし」をしないと困るのでおもてなしが苦手な人はおもてなしの練習をする様になる。
      • 昼も夜もひっきりなしに侵入者が現れる状況ならまず平穏な生活などできたものではない。
        • 結果として富裕層や有名人の多くが国外に逃げ出す。
  12. 撮り鉄の鉄道ファンは線路に入っての写真を撮る様になる。
    • 航空ファンにも似たようなことを行う人が続出し安全な運航が脅かされる。

信号無視[編集]

  1. 信号が赤になっていても車が動いていない場合は注意すれば安全確認して動ける。
  2. だが車が動いているときは注意が必要。
  3. そもそも信号を設置する意味がなくなる。
    • 国や多くの地方公共団体の財政が厳しいご時世に「守りたい方だけどうぞ」というレベルの代物を大量に置く余裕はないはず。
  4. 特に子どもや高齢者が被害者となる交通事故は大きく増える。
    • 「第2次交通戦争」と揶揄される。
    • 交通事故を恐れて訪日を敬遠する外国人も増える。

痴漢[編集]

痴漢が合法だったらどうなるのでしょうか?

  1. 老若問わず触れ放題、女が助けを求めても駅員は「ハイハイ」の一言ですませる
    • いや、合法だったとしても勇気が無くて出来ないんですが。
      • たとえ合法でも女性からの視線が今後痛くなることは避けられない・・・。
        • 視線には視線で己の迫力で対抗する。というか女性という表記はやめなされ。
          • マスコミや行政機関も普通に使用している表記にケチをつける意図が理解できない。
    • 磯野フネが逆世界において痴漢が最高!と発言。
  2. 痴漢専用車両ができる
  3. 全国の女性団体が一斉に猛抗議
    • しかし、軍部がおとなしくさせたので一件落着。
      • 軍部って何だよwwww
        • 軍部って政府直属の軍事組織の事じゃない?
      • 教育機関が痴漢学を導入する
    • それでも国際機関などからの抗議はどうしようもない。
  4. 代わりに痴漢の被害者が加害者に暴力等で反撃することが許されるようになる。
  5. 触られることが女性のたしなみ、みたいな風潮になるかもしれない。
    • 女性誌に「ソノ気にさせる触られ方」「触らせ上手になる」みたいな特集が組まれる。
  6. 都心部では深刻な求人難、郊外では求職難、地方では朝夕の渋滞が激化するだろう。
    • 都市部では痴漢を避けるため、混んでいる電車に乗らないと通えない都心部は女性に敬遠され、自宅の近くで働きたがる女性が激増する。
    • 地方では交通機関の利用は女性に嫌われ、女性は車で通勤、家族の送迎で通学することが一般的になる。
    • これがテレワーク普及のきっかけになる可能性も小さくない。
  7. 無論痴女も合法になる。
    • ハニートラップが現実以上に増える。
  8. 痴漢され慣れて感覚が麻痺すれば、そのうち問題は沈静化したりして。
    • 痴漢する方もそのうち飽きて、こちらも沈静化。
  9. どこまで合法化されるかで影響が変わってくる。
    • 露出行為まで認められたら日本の交通機関に対するイメージは底なしに悪化する。
  10. 単に触るふりをしてスリを行う輩も出る。
  11. 日本の「男女不平等国家」という悪評はさらに確固たるものに。

あおり運転[編集]

  • ただし運転手への暴力行為は禁止とします。
  1. 自動車専門誌にあおり運転の方法が掲載される。
  2. 交通事故の件数が増える。

関連項目[編集]




関連記事