もし日本で○○が合法化されたら/教育制度

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索

もし日本で○○が合法化されたら > 教育制度

もし日本の教育制度が○○だったら > 合法化されたら

投稿規制
現在このページ(もしくは節・カテゴリ)は他者に不快感を与えたりサイト趣旨から逸脱するなどの問題が考えられるため、下記の投稿を規制しています。
この規制に反する投稿は削除や注意または投稿ブロックの対象となりますのでご注意下さい。本件に関するご意見などはトークページへお願いします。
規制する投稿:過度な児童ポルノ・猥褻・グロデスク系ネタ

幼稚園・保育園で○○が合法化されたら[編集]

幼稚園・保育園での深夜アニメ等のビデオ提供[編集]

幼稚園・保育園では子供向け番組のビデオ(主にアンパンマンなど)を基本的に見るが、もし深夜アニメなどのビデオを園児に見せることが合法化されたら?なお、深夜アニメだけではなくOVAも含む。

  • 日本にはテレビ番組に対するレイティングシステムが存在しないため、事実上どの番組も誰もが自由に視聴することができますが、タブー視される風潮があるため取り上げます。
  1. 幼いうちからアニオタになる男児が増えてきそう。
  2. 東方やラブライブなどのコスプレそのものも幼女が着る機会が多くなっていた。
    • あるいは発表会にも採用される。
    • 調べたところ東方Projectが深夜アニメ化された話など出てこなかったが…。
    • けいおんやまどマギも。
  3. プリキュアオタクが女児に深夜アニメを提供させる。
  4. 女児向けアニメの大半が男児にも人気になる。
  5. 子供向けのグッズにも深夜アニメやOVAなどの商品が適用される。
  6. どちらにしろ子供にはあまりに難解や過激な作品が多いので、子供のトラウマを量産するだけになりそうな気もする。
    • 最悪の場合「誰もが見る可能性があるから」としてどの媒体・時間帯の作品にも表現規制が行われることになりかねない。
    • というか深夜アニメが全日帯アニメもしくはそれ以上に規制される。
      • 流血・喫煙・入浴シーンは大幅にカットされる。
      • 冒頭に「よいこのみんなはビデオでみようね」といった注意テロップが入る作品も多い。
  7. さすがに「けものフレンズ」などの健全なアニメを幼稚園で園児に見せる事になる。
  8. 「パパのいうことを聞きなさい!」が実写ドラマ化する。
  9. そのうち深夜特撮なんかも解禁されそう。

男児の長髪・女装登園[編集]

  1. 男児は女児のふりをしながら幼稚園・保育園に行くようになる。
    • 女装するには長髪にしないといけなくなる。
  2. こうなれば園児はみんな女の子になる。
    • 長髪で女装をしていない男児は「美少女戦士セーラームーン」の発表とかでタキシード仮面のコスプレをすることもありそう。
  3. ふたなりの子がより多くなっていた。
    • と言うよりはオカマの子どもが多くなるって言った方が正しいのでは。
  4. 女児向けアニメやおもちゃを好きになる男児が増えていた。
  5. 幼稚園・保育園卒園後は普通の男児に戻らないといけなくなる。
    • おそらく小学生以上は禁止されるだろう。
  6. 古い時代から合法化されたら佐藤勝利の幼少期はどうなるんだろう。
  7. 「女児だと思って誘拐したら男児だった」という笑えないが笑える事件が発生する。
  8. これを明文で禁止する法律や条例は聞いたことがない。

学校で○○が合法化されたら[編集]

カンニング[編集]

  1. テスト中に怒られる児童・生徒は少なくなる。
  2. 「0点を取らないように100点を目指そう!」と言い出す人が出る。
  3. 合法化された理由は難関校に生徒を取り組む為。
    • 本当に生徒のことを考えるなら実力がないのに難関校にねじ込ませ当人が苦しむような状況を作り出すことなどできないはず。
  4. 「テストは記憶力ではなく思考力を問うものだ」という考えになったとも考えられる。その場合は何を参考に見ても構わない。
    • ただし、この場合は何かの丸写しは0点。
    • 採点担当者の負担がかなり大きくなりそう。
  5. そもそもカンニングがどう「法律違反」なのか自体が難しい問題だが、仮に法で認めても学校・試験主催者の規則で禁止されたら何の意味もないような。
    • 学校のテストはともかく、流石に各種試験では禁止されそう。
  6. 日本人の学力低下に拍車がかかってしまう。

小学校中学年以上・中学生・高校生の男女混合での着替え[編集]

もし学校でも一定の年齢を超えても男女混合で着替えることが合法化されたら

  1. 男子・女子でクラスごとで着替えるようになる。
  2. 男子生徒大喜び。
  3. それでも男子と着替えをすることが恥ずかしい女子は更衣室へ着替えに行く。
    • そのような女子のために女子専用更衣室が作られる。
  4. 2006年の「身体検査や体育の授業時の着替え、修学旅行の部屋などは男女同室にしないように」という文科省通達が撤回されたことを意味する。
    • 撤回理由がリベラル的なものであっても、男性の右翼はあまり抗議しないだろう。
  5. 通達撤回を受けて、小学校から、身体検査や着替えや修学旅行の部屋などを男女同室にする学校が出てくる。
    • とはいえ、身体検査はTシャツか体操着着用、着替えは服の中で、プールならタオルの中で行われ、修学旅行の部屋も集団で男女混合であっても何も起こらず、そこまで男子が喜ぶような内容にはならない。
    • むしろ、話を聞いた人の妄想が膨れ上がり、この話に関連する男が喜ぶようなフィクションがたくさん作られる。
  6. ごく少数「お互いの裸を変に思わないように」という指導を試みる小学校が現れても教育委員会は止めることができない。
    • もしそこが小中高まである私立校だったら、高3まで裸を何とも思わない生徒になるのか試みられることになり、部外者の妄想はますます膨らむ。

小学生の自転車通学[編集]

  1. おそらく小学校から遠い地域に住む子供に対象される。
    • 閉校になった小学校から来た子供でさえもバスや電車を使わずに自転車通学が一般化される。
      • 北海道などでは気候を考慮するとさすがに無理では。
  2. 集団登校が減少する。
  3. 小学校の近辺で交通事故が多発するようになる。
    • 自転車クラブを持つ小学校と警察が連携して、登下校時の自転車通学ルール指導が強化されて、減少する可能性もあるかもしれない。

関連項目[編集]




関連記事