もし日本で○○が禁止されたら

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索
投稿規制
現在このページ(もしくは節・カテゴリ)は他者に不快感を与えたりサイト趣旨から逸脱するなどの問題が考えられるため、下記の投稿を規制しています。
この規制に反する投稿は削除や注意または投稿ブロックの対象となりますのでご注意下さい。本件に関するご意見などはトークページへお願いします。
規制する投稿:過度な児童ポルノ・猥褻系ネタ
  • できれば「なぜ規制されるのか」という理由を併記してください。

独立ページ[編集]

生物関連[編集]

生物の殺生[編集]

  1. 漁船は飼育用の魚を捕まえに行く。決して食用にはできない。
    • 魚料理はこの世から消える。
      • それを言うなら日本から消えるじゃないの?
      • そこらじゅうに水族館ができるかも。
    • 捕獲時に傷つき死亡する危険があるため捕獲自体禁止されるのでは。
  2. 動物も食用ではなく飼育用として捕獲。
    • 肉料理はこの世から消える
      • それを言うなら日本から消えるじゃないの?
      • 動物園がそこらじゅうにできる。
  3. 畑では農薬散布が禁じられる。
    • よって作物は害虫による被害を受け、育たなくなる。
      • 「生物」には広義で植物も含むので、作物も食べられなくなってしまう。こうなると食料品業界は完全に崩壊してしまう。人間の主食はプロテインとなる。
        • 乳製品は?
          • 乳製品に関しては大丈夫。
    • 果実しか食えなくなる。
      • 果物が嫌いな人は亡命する。
  4. 殺虫剤は当然発売中止。ただ、防虫剤は発売可。
    • 家に蚤やダニが発生しても退治できないので、家中が害虫でわんさかかも。
  5. シロアリが発生しても退治できずにそこらじゅうの木を食い荒らされるため、家は崩壊する。
    • その家屋を解体するとシロアリを殺生するため、解体せず、自然に崩壊するのを待つ。
  6. こうなってしまうと人間は生きていけないだろう。
    • 例外として自然死した個体なら食べても良しということになる。
      • 結果、今度は伝染病が蔓延する危険が増える。
  7. ジャイナ教徒のような格好をしなければならなくなる。
    • 羊の毛刈りはどうなんだろうか。
      • あれは殺しませんよ。毛を刈るだけ。
  8. 生物ってことは細菌も殺したらあかんの?
  9. もちろんペットの殺処分も禁止される。
  10. 他の動物を使った駆除は意外と認められるかもしれない。
    • ただし名目上はその動物が勝手にとった行動で人間は関与していないことにされる。
  11. 外国産の肉や魚などなら食べられるかもしれない。
    • 外国産なので日本の法律が適用されないので。
      • その結果中国産食品がより増える。
    • その結果食肉加工会社は海外に工場を作るようになる。
  12. 全ての動物・植物を殺生できなくなる限り日本でこうなってしまう

ペットの殺処分[編集]

現在「動物の愛護及び管理に関する法律(動物愛護法)」「狂犬病予防法」によって、身寄りのない犬や猫の殺処分が行われていますが(ただし件数は年々減少)、仮にすべて禁止されたら?

  1. 保護は行われるため、徳川綱吉の時代のような犬屋敷が建設されるも、鳴き声で騒音問題に発展する。
    • 保護にかかる費用はもちろん税金から。
      • 動物愛護団体からは喝さいを浴びるが、ペットを飼っていない層からは税金の使い方として厳しい追及を受ける。
  2. ペットは最後まで責任を持って育てることは確実。
    • 責任がより重くなりそもそもペットを飼うことを諦める人も急増。

魚卵・幼魚の食用[編集]

食用とする魚が成魚になるまで食べることができなくなったら?

  1. 寿司ネタからイクラやスジコが消える。
    • コハダもなくなる。
  2. 漁師さんはシラスを捕ったら逃がすか水族館で育てるだろう。
    • 後者のような面倒な選択をする漁師がいるような気がしない。
  3. 魚ではないが蜂の子も食えなくなるのか?
    • 生物学的にも文化的にも位置づけが全く異なるのでそこは大丈夫では。
  4. 旅の釣り人たちが減少してしまう。
  5. イクラ、カズノコ、タラコなどの闇取引が暴力団の資金源になる。
  6. それでも魚類の生息数の回復はあまり期待できない。
  7. キャビアの輸入が禁止される。

外来種の飼育[編集]

  • 動物園・水族館ではOKとします。
  1. 食用として外来生物は殺処分される可能性はあり。
    • 釣りで輸入されたブラックバスやブルーギル等も食用とて扱われそう。
      • カダヤシみたいな処分になるのでは?
        • 処分の一環として食料になると思う。
      • スーパーの魚売り場などでブルーギルやブラックバスが販売される。
  2. アメリカザリガニやミドリガメがペットとしての人気がなくなってしまう。
    • コイはどうなる?
  3. 生きた外来生物の取引そのものにも厳しい規制がかけられる。
    • デパートの売り場から海外の昆虫が姿を消す。
  4. 川などで魚を捕獲することも禁じられる。
    • 在来種なら法律で保護の対象になっていない限り大丈夫では。
    • それでも食用としての捕獲は合法。

多頭のペットの飼育[編集]

ペットの飼いすぎが違法になったら

  • ただし水生生物(水槽の数に限りはあり)はOKとします。
  1. 一つの家庭の多くの犬や猫などは保健所行きになってしまう。
  2. そのため捨てられてしまうペットの増加のため、野良犬や野良猫が増えかねない。
  3. 水生生物の場合は水槽の数に規制がかけられる。

宗教関連[編集]

火葬[編集]

各地で火葬場建設の反対運動が行われていますがもし火葬自体が禁止されたら

  1. 墓のスペースを広くとらないといけなくなるので墓不足になる。
  2. 伝染病の蔓延が心配される。
  3. 地方ではあまり変わらない。
  4. 火葬にこだわる人は海外に行かないといけなくなる。
  5. 政教分離違反だと騒ぐ人が出てくるが、現実の自治体では土葬禁止をしているのでその考えは認められないだろう。
  6. 土葬用の埋葬地設置の反対運動が各地で起こって結局元の木阿弥に終わるだけだろう。
  7. 遺体を酸素、水素、炭素などの元素レベルまで分解、再資源化する技術が開発、実用化されている。
  8. 崩御後は火葬をご所望の天皇皇后両陛下が大いに残念がられる。
  9. 島国であるということもあり水葬がポピュラーになる可能性あり。
    • 事実では死体遺棄扱いになるので法律を改正する必要がある。
  10. 日本でもゾンビを題材にした映画やFPSが流行るようになる。
  11. 日本でも一定数の死姦愛好者が現れて、事件として取り扱われるようになる。
  12. おそらく子供などの遺体は冷凍保存しないといけなくなる。
    • 蘇生の可能性がないケースなら何の意味もないのでは。
  13. 日本に住むムスリムは「これで野垂れ死んでも勝手に火葬されることはなくなる」と胸をなで下ろす。

無神論[編集]

神を信じないという事が禁止されたら?

  1. 宗教の自由とはあらゆる神を信じる自由と解釈されていた。
    • いわゆる「八百万」の様な意味だった。
  2. 適用されるとしたら礼拝所不敬罪が該当するだろう。
  3. 公明党や幸福実現党が政権をとらなければこんな事にならないと思いきや、自民党や共産党も宗教団体から支援を受けている候補は多いから実際におこりえそう。
  4. 表向き宗教を信仰しているふりをする“仮面信者”が増えるだけだろう。人の心の中までは見えないのだから。
    • 神を信じてる様に見せかけた無神論者が増える。
  5. 戸籍に各人が信仰する宗教の記載が義務付けられる。
    • 「自分だけの神様を信仰している」などと言い出す人の取り扱いに苦慮する。
  6. 下戸で豚肉が嫌いな人はイスラム教を信仰するのかもしれない。
    • 1日5回の礼拝や喜捨など色々面倒臭い要素もあるのでそこまで多くならないのでは。
  7. みんながあの世と輪廻転生を信じなきゃいけなくなる。
    • 神道に「生まれ変わり」という概念は存在しない。
  8. 冷戦期にこうなっていたら反共政策としてのイメージが強くなっていた。

偶像崇拝[編集]

日本では偶像崇拝は合わないとして禁止されたら

  1. 日本各地の仏像や神像が破壊される。
    • 平成版廃仏毀釈が行われる。
    • 世界各国から「壊すくらいなら売ってくれ」という声が殺到。
    • この政策を遂行した政権はタリバンやIS並みに非難される。
  2. 学校で図工教科が廃止される。
    • イスラム圏のエジプト、イラン、パレスチナ、バングラデシュなどにも美術学校は存在するのでそれはなさそう。
  3. アニメの大半は放送できなくなる。
  4. 人形の売り上げが悪くなる。
  5. 短く見積もっても1500年は優に続く伝統が「合わない」とされたことで日本のどの伝統も破壊の危機にあるのではないかという声が上がる。
    • ちなみにかな文字も武士道も歌舞伎も握り寿司も日本における仏像の発祥より後の誕生。
  6. どこぞの国が「ウリの国から強奪していった仏像を、チョッパリ共が破壊してるニダ!」と言って、痛烈に火病を起こすようになる。
    • というより世界のどこの国も日本政府の暴挙に対し「人類の文化に対する犯罪」などと怒り狂っているのでは。
  7. 「崇拝ではなく民間風習だ」などと言い出し、結局何も変わらない。

坐禅[編集]

  1. 住職はお経をすることが一般的になる。
  2. 修学旅行の行事も一つ減ることになるだろう。
    • 体罰に該当すると認定されれば18歳未満は禁止になる可能性もあり。あるいは、警策等で叩くのを辞める形のみ許可される。
  3. かなり理由が想像しづらい。
    • 神道原理主義者が政権を握り仏教弾圧の一環として導入したということか。
    • あるいは坐禅は暴行罪に該当すると、もしくは本人の同意なしに坐禅をさせることが日本国憲法の苦役からの自由・信教の自由に反するという判例が出た場合。
      • 強制させるのに公権力が絡まなければそうはならない気がする。
  4. 日本国内における暴力行為は減る。
  5. もちろん臨済宗と曹洞宗は日本で絶えてしまう。

信仰[編集]

これとは逆に宗教を信仰する事が禁止されたら

  1. 日本は宗教が嫌いな国と言うのが世界的な常識になる。
    • 「時代錯誤の無神論国家」と叩かれる。
  2. どうしても宗教を信仰したい人は海外に移住。
    • 日本を本拠地とする宗教団体も海外(特にアメリカ?)に脱出。
  3. イスラム教を信仰する人が日本に移住する際には無神論になる。
    • イスラムの戒律では原則的に棄教厳禁なのでそれはない。
      • その為どうすればいいのやら。
      • サウジなどイスラム圏から日本と国交断絶する国が続出。
        • イスラム圏以外ならバチカンも該当しそう。
  4. お葬式が簡単過ぎると言うレベルになるまで簡単になる。
    • 現実の旧ソ連などの例を踏まえると追悼の要素は残ると思われるのでそこまで短くならないのでは。
  5. 歴史的に価値がある宗教施設はイスタンブールのアヤソフィアのように博物館として残される。
  6. 保守派が「コミンテルンの陰謀だ」と騒ぎ立てる。

病院・医者関連[編集]

体重測定[編集]

  1. 体重が増えてしまって騒いでしまう悲劇がなくなる。
    • 外観の変化はもとより、ウェストの数値や合う服のサイズ、他者からの指摘や本人の動きやすさなど、肥満を思い知らせる要因は他にいくらでもあるので実質何も変わらない。
      • この場合はむしろ痩せる方がまずい。体重が分からない以上栄養失調レベルまで過剰なダイエットをしようとする人が続発しかねない。
  2. そうなれば体重計の製造も禁じられることになる。
  3. ボクシングなどの重量別の競技が成立しなくなる。それとも全て無差別級になるか。
    • WBA、WBCなど国際的な競技団体が絡む試合は一切日本でできなくなる。
  4. 身長測定もセットで禁止になるかもしれない
    • こうなると大相撲の新弟子検査は内臓検査だけに。
  5. 新生児や妊婦の体重も測定できなくなる。

輸血[編集]

輸血による薬害で苦しんでいる人も多いですが、もしこれを機に禁止されたら

  1. 大量出血したら安楽死させられる。
    • 外国の国家元首や国際的なスターが絡む事例が起き世界中から猛烈に批判される。
    • 自殺の為にわざと大量出血になる人まで現れる。
  2. 日本赤十字社の知名度が大幅に下がる。
  3. 結果的に血液不足で死ぬ人が増える。
  4. 輸血したい人は仕方ないので海外に行く。
    • 沖縄などでは米軍基地内の病院が重宝される。
  5. 日本の医療水準が部分的に明治時代に逆戻り。
    • 記録がある限りで日本初の輸血は大正時代に行われた。
    • できなくなる手術も一気に増える。
    • 医療水準が退化する。
    • 経過措置期間を置くなどうまくやれば、代替血液の開発や出血を抑えた術式の開発など、かえって医学の進歩に貢献するかも。
      • 第2次大戦のころから研究されているのにまだ完成していないくらいなので移行期間が数十年は必要になりそう。
  6. 「エホバの証人」の信者にとっては何も変わらない。
    • むしろ同教団が政界進出して何があったのか政権まで獲ってしまった場合にすることだろう。
  7. あらゆる血液型に対応でき、副作用の一切ない血液の人工的代替品が開発されていることが輸血禁止の大前提。でないと実施不可能だろう。“輸血しなければ助からない患者は死ね”と言っているも同然であり、さすがに受け入れられるとは思えないから。

検尿[編集]

検尿は下品な検査とみなされて禁止されたら

  1. 当然学校からの検尿もなくなるだろう。
    • 子供にやらせると溢してしまう場合もある。
  2. おそらく検便も禁止される。
  3. 腎臓病などの発見が極端に難しくなる。
    • 処置が遅れ死に至るケースも多発する。

差別関連[編集]

性差別[編集]

性差別そのものが日本で禁止されたら

  1. 女性専用車両が消滅。
    • 男性専用車両ができるからそれはないのでは?
      • 全ての車両が男女共用になると言う意味で言っているのです。
  2. 「女性だけが女性の裸を見るなんてずるい!」と言い出す男性も出る為、混浴風呂に来る人が増えてくる。
    • 異性の風呂に幼い子供を連れて行くことを抵抗することも適用される。
      • 「娘だけが母親と風呂に入るなんてずるい!」と言い出す父親がいる理由で異性の親と風呂に入る子供が増える。
        • 父親と息子、母親と娘で入浴や更衣室に入ることが少なくなってくる。
  3. 男児も女児向けアニメが好きになりそう。
    • もしかしたら男性プリキュアが登場する可能性も。
      • 男児向けアニメも女児が見るのに対し、プリキュアシリーズやプリティーシリーズなどを女児向けアニメにするのはおかしいという理由であるため。
  4. 当然の事ながら男女平等化によって助産師をやる男性が出て来る。
  5. 性差別をしたらヘイトスピーチ対策法を違反した事になる。
  6. 「男性だけが上半身になれるのがおかしい」と言う理由で女性がトップレスになる事が合法化される。

年齢差別[編集]

これとは異なり年齢差別そのものが日本で禁止されたら。

  1. あらゆる年齢制限が撤廃されてしまう。
    • それと同時に少年法も廃止される。
      • 小学生でも成人と同じ刑罰を受ける様になってしまう。
  2. 未成年者が飲酒したり喫煙をする事が許されてしまう。
  3. 「子どもも大人も同じ人間だから差別は駄目」と言う考えからこうなる。
  4. 児童婚が合法化される様にになり同時に児童ポルノも解禁される。
  5. 運転免許はどうなる?
    • 小学生でも取れる様になるんじゃないかなぁ。
    • 運転免許が全年齢対象になる。
    • 子供でも自分で車を運転する事が当たり前に。
  6. 定年も無くなる。
    • 「定年退職」と言う言葉は死語になる。
    • 老人も働く様になる。
    • 求人広告に年齢制限を乗せるのも禁止される。
  7. 大人でもお子様ランチを食べる様になる。

地域差別[編集]

  • 出身地や在住地等で不当に侮辱・差別する行為が禁止されたら
  1. 村八分もこれにあたるため、村八分もなくなる。
  2. 田舎から都会にやってきた人に対して「田舎者だ」と発言するならば即位罰せられる。
  3. もちろん国籍差別も禁止になる。
  4. 日本国内どこでも全国のテレビ局が見れるようになる。
  5. 学校では「校区」という概念が消滅する。
    • 越境入学が当たり前になる。
  6. テレビで「埼玉vs千葉」などといった地域間対立を題材としたバラエティ番組は企画できなくなる。

その他[編集]

女性の短髪・剃髪[編集]

  1. もちろん、ボーイッシュな髪型も規制される。
    • 男児と間違われやすい女児が多いため。
    • アニメ、マンガのキャラにも適用される。
      • 結果としてボクっ娘が壊滅的に減る。
    • 赤ちゃんの時は短髪であるのは仕方ないだろう。
  2. でも男性のロングヘアーは禁止されない。
    • 男女差別とか言う人がでて男性のロングヘアーも禁止される。
  3. 女性の出家は禁止になる。
    • 尼僧は日本では廃止され、男性のみの出家になる。
      • 宗派によっては得度しなくても出家できるんじゃなかったっけ?
    • 西遊記も三蔵法師役は女優は禁止になる。
    • 時代劇では尼増は許されるかも。
  4. 髪の毛が抜けてなくなってしまったら鬘を付けなきゃいけなくなる。
    • 或いは育毛剤を頭にかける。
    • リーブ21の様に発毛事業を行う会社も増える。
  5. 峯岸みなみはあの時逮捕されていた。
  6. 育毛剤が飛ぶ様に売れる。
  7. 性的少数者や性同一性障害の人からは猛反発。

立小便[編集]

  • 立小便は軽犯罪法1条26号に抵触しますが、ここでは刑法などさらに厳罰化された場合を想定します
  1. 男子トイレから小便器がどんどんなくなる。
    • 男女のトイレが全て大便器になる。
    • トイレが男女共用になってもそれほど違和感がない。
      • 現実でも個人宅など建物の構造上、トイレの男女別がないところはあるが、この場合男女別のトイレが減るかもしれない。
      • 男女別が残るとしたら、女子トイレが授乳やメイクのためのコーナーのレディースルームに変わっていたりして。
    • 立つか座るかが問題ではなく、禁止されるのはトイレ以外の場所でのそれではないのか(現行法で禁じられているのもそう)。
  2. トイレがないところの立ちションは当然禁止になっている。
    • せめてこれはわいせつ行為になっている。
    • 植物や川、作物を汚さないようにするため。
  3. むしろ小便小僧の像が日本から消えるらしい。
    • DAKARAのCMに小便小僧は二度と登場しなくなる。
  4. トイレ待ちの行列が、現実以上に社会問題となっている。
  5. むしろ男性の×××を出して公然わいせつ罪で逮捕されるという解釈になっていた。
  6. 福本豊が国民栄誉賞を断った時の台詞も異なっていた。
  7. 女子トイレからは子供用小便器がなくなってしまう。
    • それはないだろう。「公衆トイレの異性の子供の連れ込み」が禁止されればそうなるだろうけど。
      • 立小便が禁止されるから女子トイレの子供用小便器はなくなるだろ、そんな事言ったら子供の立小便は合法って事になるぞ。

自殺[編集]

  1. 死ぬ確率の方が高い行為は事実上の自殺とみなされて禁止される。
    • 「死ぬ気で車を暴走させた」のか「ただの無謀運転」なのか、「高所から自ら身を投げた」か「不注意で転落死した」かを事が起こってから判別することは現実にはほとんど不可能。危険行為の定義次第でいくらでも抜け道はできる。
  2. 刑務所で受刑者が自殺した場合、その遺族が残りの刑期を全うしなければならなくなる。
    • これは近代刑法の原則を曲げて連座制を導入することが伴わなければ不可能。
  3. 自殺した人間の遺体は埋葬が許可されずごみとして捨てられる。
    • 勿論可燃ゴミ。
  4. その人を自殺に追い込んだとみなされたら殺人罪が適用されていた。
    • 共謀共同正犯よりも立証が大変そう…。
  5. 殺人事件が増加していた。
    • 特に世の中に絶望したことが原因の無差別殺人。
    • 禁止したって何の意味もないも同然だから別に変わらないんじゃないか。
  6. 禁止しようが禁を犯した者は閻魔様でもなければ裁けない。何も変わらないだろう。
  7. 「未遂者が死ぬより酷い罰を受ける」ということであれば、これを受けてより確実な自殺方法が発達するだけの結果になる。
  8. いじめや過労による自殺については、「自殺した奴が悪い」という世論の風潮になるので、現実の教育や労働行政にも影響が出る。いじめや過労死への対策は現実ほど進んでいない。
    • その反動で、いじめっ子やブラック上司を殺害する事件が多発する可能性も高い。
  9. 今の風潮なら自殺描写のある作品は放送、上映、出版などがはばかられるようになりかねない。

公共のトイレの長時間使用[編集]

不特定多数が利用するトイレの回転率を上げるため、一人で一定時間以上個室トイレを占拠した場合には刑罰に処されるという法律ができたらどうなるか。尚、公共のトイレとして、公共施設だけでなく、デパートや会社、コンビニのトイレなども該当する。

  1. トイレを施錠してから、一定時間が経過すると自動でロックが解除される機械が作られるようになる。
    • 扉が勝手に開くので、大をしているところがオープンになり、辱めを受けることになる。
      • それでも中国人観光客にはあまり効果がなかった。
  2. トイレの長時間占拠をおこなった者は、老若男女問わず、パンツを下ろされスポンジ製の棒でケツをしばかれる。
    • 長時間、トイレを占拠するようなケツには罰則が必要だ、という考えから。
    • 特に欧米から「身体刑は非人道的だ」との非難が殺到。
      • 体罰禁止が法律で明記されるようなこのご時世なら国内の有識者からの非難も激しくなる。
    • 一般家庭でも子どもにお尻ペンペンをする親が増えるだろう。
  3. 犯罪歴(履歴書などの賞罰欄)に「長糞(長時間の大便)」として残ってしまう。
    • 企業面接の時に、面接官から「当社のトイレの設置数は限られているので、長く占有をされてしまうと大変困るのですが、それは大丈夫でしょうか?」と問われてしまう。
  4. コンビニのトイレも長時間使いそうな人が出るかもしれないため男女共用トイレが二つあるのも当たり前になる。
    • 長時間トイレを使用不能の状態にすることも占拠しているとみなされるので、便器にパンツを誤って流してしまい詰まらせるといった行為も罰則の対象になる。

糞便学[編集]

糞便学は下品な研究とみなされて禁止されたら

  1. アダルト関連からスカトロジーが消える。
    • もちろんトイレ以外の場所での脱糞は禁止。
      • そうしたら哺乳類や鳥類などのペットを飼う時にペット用トイレを買うことが義務付けられる。
  2. 糞石考古学も道連れにされそうなので古代人の健康状態や食習慣の解明が困難に。
  3. 検便ができなくなり(=病変の早期発見の道が封じられる)一部のガンなどによる死者が増える危険がある。

募金[編集]

  1. 災害が起きても政府以外誰も支援できない。
    • 労働力を提供するタイプの支援には何も影響がないのでは。
  2. 被災地に送るものは食料品や衣類等の物資がメイン。
  3. 赤十字やユニセフが日本で活動できなくなる。
  4. 24時間テレビは打ち切り。
  5. こうなると日本で何か被害があっても海外からの支援が全く来なくなる。
  6. 募金に形式が近いクラウドファンディングも規制される。
  7. 何だかんだで禁止した分税金が増える。

20歳未満の恋愛・性交[編集]

性的合意がなくても強姦罪を適用できる年齢を20歳(または16歳・18歳)まで引き上げる法案が2012年に検討されていた

  • 現実での民法改正、成人年齢引き下げを踏まえれば「18歳未満」の方が妥当では?
  1. 20歳未満の男女が合意ありで性交したら、男子のみが強姦罪で逮捕されて刑務所に入れられる。
    • 14歳の男子と19歳の女子が合意ありで性交しても男子が強姦罪。
    • 少年法も廃止されれば、最低でも懲役15年は食らう。
    • キスをしただけでも男子は強姦罪になる。
  2. 統計では20歳未満の性交経験者は5割ほどなので、この統計どおりなら全国の中高生男子の5割が強姦罪で逮捕。
    • となるのは最初の1~2年だけで、その後は定着して20歳未満の女子に手を出す男は減る。
    • 現実にも青少年健全育成条例違反で摘発されるなんて氷山の一角にすぎないのだから、統計上はともかく実際は大して減らない可能性が高い。
  3. 仕方ないので中学生や高校生は勉学に励む。
    • 日本の学力が向上し、ゆとり問題も解消される。
      • 恋愛以外の楽しみなんていくらでもあるし、現実にも若者の恋愛離れが進んでいることを考えればそれはまずあり得ない。
  4. 年上の成人女性と恋愛・セックスする男子中高生が出てくるようになる。
    • こちらはOK。
  5. 青少年健全育成条例は強姦罪に吸収されて廃止。
  6. 20歳未満の男女の恋愛作品の製作が禁止される。
    • プラトニックなものなら別にいいだろう。そもそも性的関係を伴わなければ「恋愛関係」かどうかなど法的に定義のしようが無い。
  7. 男性差別反対論者が反対して、女子も強姦罪で逮捕されるように改正するよう動きが出る。
    • 現実に2017年7月から刑法改正で強姦罪が「強制性交等罪」に改められ、男性が被害者の場合でも適用されるようになったことをご存じないとみえる。上記のいくつかの項目についても同様。
  8. 全国の男子中高生が女子を避けるようになるので、その年代の男子は女子を襲わなくなり性犯罪が減る。
    • 反動でそれ以上の年代の男による強制性交事件が増えてしまう。
  9. 男子校・女子校が増える。
  10. 表沙汰にならない限り大丈夫だろうと考えて、避妊の上でそれを行う事例はどうせ減るまい。ただし避妊が失敗した場合は大変なことになるが。

正当防衛[編集]

正当防衛そのものが日本で禁止されたら

  1. 敵に攻撃したら暴行罪になるので反撃出来なくなる。
    • 殺人罪になった場合は絶望しかない。
    • 自分が殺害されそうな状況であればたとえ後に罪に問われることになってもどうせ反撃するだろう。
      • それでも終戦直後にヤミ食料を拒絶し餓死した判事のように無抵抗で死を選ぶ人物が出てしまう。
  2. 被害者は何も抵抗出来なくなるので暴力が増えてしまう。
    • むしろ破れかぶれで抵抗する人が増える可能性も高い。
  3. いずれにせよ世論が同情して減刑嘆願運動が起こるだろうから、無罪にはならなくても刑罰は軽くなるだろう。
  4. 自然人以外にも適用されたら自衛隊が存在できなくなってしまう。

ガラスの製造[編集]

ガラスを割ったりガラスの欠片に触ったりすると大怪我になるもとということで禁止されたら

  1. 窓や水槽はプラスチック製になる。
    • ほぼ自給できない石油への依存度がさらに上がってしまう。
      • その対策としてアクリル版を使う機会が増える。
      • アクリル樹脂も元をたどれば石油が原料だったような気がするが。
  2. 瓶が存在しなくなる。
    • ペットボトルや缶に入った酒が普及する。
    • 瓶に入った牛乳も無くなるのでペットボトルの牛乳が普及するのかもしれない。
  3. 鏡はどうやって作るんだろう。
    • ガラス以外の方法で作る技術ができる。
    • 江戸時代ばりに金属を磨いただけのものに退化しメンテナンスが大変に。
  4. ガラスを海外から日本に持ち込む事も禁止される。
    • 窓にガラスが使われているためほとんどの航空機が日本に乗り入れられなくなる。
      • その為、日本に行く飛行機の窓は全てアクリル版になる。
      • わざわざそこまでして乗り入れる会社は少数派では。
        • 日本便が1日1便に満たないような会社なら撤退するはず。
    • 船もほぼ入港不可と思われる。
  5. 欅坂46が「ガラスを割れ!」を歌うことはなかった。
    • 今から禁止された場合は話は別。
    • というか、封印されていた。
  6. 江戸切子などのガラスを用いた伝統工芸がことごとく消滅。
  7. 日本の技術が一気に数十年後退しかねない。
    • 光ファイバーやガラス繊維などが使えなくなる。
    • ビーカー、シャーレ、フラスコなども使用できなくなるため科学研究も停滞を強いられる。
  8. そのうち陶磁器も同様に規制される。
    • 備前市や伊万里市などの産業が壊滅するのは必至。


店舗での包丁・鋸・ナイフの販売[編集]

店舗で包丁・鋸・ナイフを売るのは殺人事件のもとという理由で禁止されたら

  1. 包丁などは新しく家を作るときに一家に一本になる。
    • 全国の料理好きが絶望するのは必至。
  2. もちろん持ち込みの禁止は当然のこと。
  3. 規制対象外の彫刻刀、斧、ハサミなどを使った殺人事件が急増。
    • 「結果的に国民生活に著しい不便をもたらしただけではないか」と非難囂々。
    • 刃物全般を規制したところでどうせ絞殺、撲殺、毒殺などが増えるだけ。
  4. 刃物の公安委員会への登録を義務付けるほうがまだ少しは現実的。
  5. 三木市や関市といった刃物産地にとっては死活問題。

ストーブの製造・販売[編集]

ストーブは火災のもとになる理由で製造や販売が禁止されたら

  1. ストーブの代わりに暖房付きの寒冷地エアコンの設置が義務付けられる。
    • 真冬に北海道胆振東部地震のような災害が起きて発電所がストップしたら、道民全員凍死するわ!
    • エアコンの配線が原因の火災が発生し結局意味がなくなる。
  2. 灯油を家に持ち込む意味がなくなる。

反日的な言論・表現全般[編集]

ここでいう反日的とは『日本国家や日本国民の尊厳を傷つけ、品格を貶めるもの』とします。

  1. 『日本は歴史問題で謝罪すべきだ』と発言しただけで抵触する。
  2. 国際的に「日本は自国に厳しい意見を一切受け入れない不寛容国家だ」とみなされ余計に国家のイメージを毀損することに。
  3. もちろん憲法第3章のうち精神の自由を定めた部分はほとんど死文化してしまう。
  4. かつての治安維持法並みに拡大解釈され凄まじい数の逮捕者が出る。
    • 保守派からも逮捕者が続出しそうな気がする。
    • 政府の政策に従わない人間を弾圧する手段として大いに乱用される。
      • しまいには「増税で生活が苦しくなった」といったような発言すら「国家の尊厳を傷つけた」として逮捕の対象に。
    • ロベスピエールの恐怖政治とナチス時代のドイツと現在の北朝鮮の悪いところを混ぜ合わせたような地獄が日本に現出する。
    • 戦前ばりの密告網もすぐさま出来上がる。
    • 2019年のあいちトリエンナーレでの「表現の不自由展」事件のようなことが毎日発生する。

全般に言えること[編集]

  1. 禁止されればその行為がなくなるというのは子供の発想。現実に賭博も薬物も禁止されていても根絶されてはいない。
    • 需要の高い物事を禁止しようとすれば抜け穴探しの行動を助長するか、あるいはかつてのアメリカの禁酒法の例のようにヤミ化して裏社会の人たちを肥えさせる結果につながるのが当然。
    • 子供にとって「禁止されたら」という考えは「その行為をなくす」のに手っ取り早い概念である。大人に色々「禁止」されて無いものとして扱わされているので、身近なものだから。
      • 「抜け穴を探す」というのも、「屁理屈」と呼ばれる事と「全人格を否定される」事とが同等な子供にとっては言語道断な行為であり、そういう穴を探すという“お行儀の悪い事”はせずおとなしく穴を避けてまで禁止に従うしかない。
  2. 禁止しても定義が曖昧でどこまでが取り締まられるかわからなかったり、本気で取り締まろうとしたら当局の人員がいくらあっても足りないようなものだったり、あるいは現実の交通違反のように大部分が見逃されたりすることになるものも少なくない。

関連項目[編集]




関連記事