もし日本で○○が禁止されたら/交通

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索

もし日本で○○が禁止されたら > 交通

独立済み[編集]

ガソリンスタンドのセルフサービス[編集]

  1. 決して一般の人が下手でやれば事故に繋がる。
  2. ガソリンスタンドのセルフサービスは免許が必要になるかも。
  3. 客からの目が届きにくくなるのを良いことに、店側による給油量の誤魔化し(水増し請求)が現実以上に横行する。
  4. 将来的には人手不足に対処するため全自動のガソリンスタンドが登場する。

バイクの追い越し・追い抜き[編集]

  1. 道路の路肩に自転車以外の二輪車は来なくなる。
  2. 2車線以上の車両通行帯でバイクが他の自動車を追い越せば完全に違法になる。
  3. 「スズキ・GSX1300Rハヤブサ」は売れなくなる。
  4. 暴走族も減少するだろう。
  5. バイク便の存在意義が消滅する。
  6. 追い越し車線に入れない以上、右折するときは二段階右折をすることが義務付けられる。
    • 現実世界において、原チャリでもしているヤツを見たことが無い。

ガソリン・ディーゼル車の生産・販売[編集]

  • ハイブリット車はOKとします。
  1. 自動車業界の盟主がトヨタから日産・三菱自動車になる。
  2. 石油使用量が大幅に低下する。
    • ガソリン・ディーゼル用燃料需要と需要が激減して一緒に作っていたポリ袋などの石油製品が消える。
    • プラスチック製使い捨て容器や食器も禁止。どうしても使いたいなら原材料の一部が生物由来にしないといけなくなる。
  3. あっという間に電力不足になる。
    • 原発推進派がここぞとばかりに騒ぎ出す。

軽自動車の高速道路走行[編集]

  1. 高速道路に来る自動車は普通自動車しか来なくなる。
  2. 軽自動車にETCを付けるのも不可になるのか。
    • その場合「第三京浜」や「京葉道路」、「知多半島道路」などの高速道路ではないがETCのある有料道路を走行する事も禁止される。
  3. 浜松や池田市が地元の議員が成立前に必死の活動を行い阻止しようとする。
    • 軽自動車を持ってる人も講義をするので何とか禁止を免れる事が出来るかもしれない。
  4. そのうち「軽自動車」などという日本にしかない区分そのものの廃止も検討される。

ごみ収集車での不燃物収集[編集]

ごみ収集車で不燃物を収集することが火災の原因になる理由で禁止されたら

  1. 不燃物はウィング車で収集しないといけなくなる。
  2. 原因とみなされる物はスプレー缶やバッテリーなど。

自転車による追い越し[編集]

  • 自転車が他の自転車を追い越す場合を禁止とします。
  1. 自転車が他の自転車を追い越すことは違反行為となる。
  2. サイクリングもできなくなるのか?
  3. そもそも自転車自体乗れなくなることに等しい気がする。
  4. 公道でなくても適用される場合、競輪が成立しなくなる。

番組・漫画の貨物自動車の事故シーン[編集]

番組・漫画などで事故シーンが多いのはトラックなどという理由で禁止されたら

  1. その分乗用車に轢かれるキャラクターが増える。
    • 乗用車に轢かれそうなシーンも同じく。
  2. それでもトラックの事故の速報は変わらない。
  3. この規制を推進したであろうトラック業界のお偉いさんは各種クリエイターから恨まれ続けることに。
  4. トラックの事故シーンのせいで日本で公開できなくなる海外作品が続出。
  5. 怪獣に踏みつぶされるなど現実ではまず起こりえない事例はさすがに対象外とされる。
  6. 実在のトラックが巻き込まれた事故を題材とした作品も作れなくなる。
  7. 「この作品に登場する車は全て乗用車です」と注意書きがついた挙げ句、「10トン積乗用車」「冷凍乗用車」などが登場する。

未成年者の飛行機乗用[編集]

未成年者を飛行機に乗せることが禁止されたら

  1. 飛行機好きの子供がガッカリする。
  2. 修学旅行で沖縄県に行くことができなくなる。
    • そのため沖縄県や奄美群島に住んでいる子供達が絶望的。
    • その様な場合の為に船が運行される。
      • 国際線のみ許可されている場合は、フェリーで一度台北まで出てから台湾桃園国際空港を経由して各地へと移動することになる。
    • 西日本から北海道への修学旅行もほぼ不可能に。
  3. 古い時代に禁止された場合は123便で犠牲になる子供が出ることもなかった。
    • チビッコVIPが出るわけない。
  4. 禁止された理由は安全性の問題。
    • ICAO(国際民間航空機関)やIATA(国際航空運送協会)などから「どこに合理的な根拠があるのか」と非難される。
      • 官民を挙げて「ハイジャックや航空事故に子どもが巻き込まれたら危険」と主張する。
  5. 未成年者が乗っている航空機は日本の空港に降り立てなくなるので、未成年者は日本への入国難易度が増す。まさか国際空港を治外法権にするわけにはいかないだろう。
    • ハイジャックや機材故障による緊急着陸時にも問題になるはず。
    • 海外旅行も家族連れには縁遠いものになる。
    • 日本にやってくる留学生の数は現在でも数える程度。
  6. 日本への渡航の中継地となる釜山や台北に家族連れをターゲットとした観光施設が多数建設される。
  7. 国際線の航空機との乗り継ぎのため下関-釜山や長崎-上海といった航路に高速船が運航される。
  8. 日系航空会社は子連れの客を乗せられなくなるため乗客減が避けられない。
    • 逆に韓国や台湾などの航空会社は大儲け。
  9. スポーツ界にも相当な影響が予想される。
    • 18歳未満の選手が珍しくないフィギュアスケートでは日本開催のNHK杯がグランプリシリーズから外される。
    • 妻子持ちのメジャーリーガー(特にアメリカ人)をNPBに移籍させることも難しくなる。
  10. かえって子どもの生命が脅かされるケースも出てくる。
    • 有事が発生した外国から邦人を退避させる際に子どもを政府専用機に乗せることができない。
      • 外国を離陸した瞬間から日本籍の航空機の機内では日本の法律が適用されるため。
      • 別に外国籍のチャーター機を用意する必要が生じてしまう。
    • 小児の急患のドクターヘリでの輸送やレスキューヘリを使った子どもの救助も不可能。
  11. それでもアメリカ軍人・軍属の子女が米軍がチャーターした民間機で横田や嘉手納に降り立つのは日米地位協定のおかげで問題にならない。

関連項目[編集]




関連記事