もし日本で○○が禁止されたら/飲食

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索

もし日本で○○が禁止されたら > 飲食

酒の製造[編集]

  1. 飲酒運転の事故がなくなるかも。
    • 飲酒そのものは禁止されていないので結局そのままだと思う。
  2. ビールのおつまみの料理やお菓子は普通の食品になるかもしれない。
    • 全体的に味付けが薄味に変化する。
    • 酒を海外から輸入する事が合法の場合そんな事はない。
  3. 少なくとも海外のビールが発泡酒や第三のビールとして扱われるようなことは無くなるはず。
  4. 日本の飲料メーカーの殆どの生い立ちに影響が出る。
  5. 日本酒、焼酎、泡盛など日本列島で誕生した酒のほとんどが幻と化してしまう。
    • 海外で製造を続けようとする会社も少しはあるがあまりうまくいかず。
  6. 禁酒法時代のアメリカばりにあちこちで密造酒工場が誕生。
  7. 最終的に儲かるのは暴力団。
  8. アルコールを飛ばした甘酒や調味料のみりんも禁止されてしまう。
  9. 下手をすると工業用アルコールの製造にも悪影響が及ぶ。
    • どんな影響なのか?
    • 禁酒法時代のアメリカのように工業用アルコールもついでに醸造していた会社が潰れてしまうという事態が考えられる。

飲食店での酒類の提供[編集]

飲酒運転をするのは飲食店で酒類を提供するからという理由で禁止されたら

  1. 居酒屋は壊滅。
    • 飲食業界自体(ry
  2. 程なくして料理に酒を使う料理の提供も自粛される。
    • 紛らわしいという理由でノンアルコールビールも。
  3. ただしテイクアウトは許される。
  4. 「ビアガーデン」や「ビアホール」は過去の概念になってしまう。
  5. 酒好きは長期の国内旅行に出かけられなくなる。
    • 店で買ったものを宿泊先に持ち込むことが許されている限りそれはない。
  6. ソフトドリンクが主体の居酒屋の様な店が開店するかもしれない。

未成年者の清涼飲料水の飲用[編集]

飲みすぎると生活習慣病のもとになる清涼飲料水を判断能力がない未成年者に飲ませるべきではないという理由で禁止されたら

  1. ミネラルウォーターなどを除いて飲み物の購入には本人確認が必要になる。
    • でも糖分やカフェインを含まない麦茶やルイボスティーなどは例外。
    • 清涼飲料水として扱われてない牛乳や乳飲料も例外になる。
  2. スポーツドリンクが禁止されるので熱中症で倒れる学生が続出。
    • 「何のための規制だ」と激しく批判される。
      • それで批判の声に対し生活習慣病や糖尿病の防止だとか言う人が出て来る。
        • 「生産年齢に達する前に死亡したらもっと社会的損失が大きくなる」と批判される。
  3. 飲料業界のCMも大幅に見直される。
  4. そもそもこのような禁止を導入されるとしたら子供が一生ジュースを飲めなくなってしまうのか?
    • 20歳になるまで市販のジュースは駄目でも一部の手作りジュースはOKになりそう。
    • 「果汁100%のみ可」とか?
      • 確かにそうなる可能性もありだ。

未成年者の炭酸飲料の飲用[編集]

無糖の炭酸水は例外的に未成年者の飲用を認める事にします。

  1. ノンアルコールも20歳未満が飲めなくなる
  2. 海外炭酸飲料メーカーは日本から撤退する。
    • 連鎖的に外資系外食チェーン等も撤退するだろう。
    • さすがにそこまでにはならないと思うのだが。
  3. 「炭酸で酔う」という誤解を招く人が出てくる。
  4. 禁止理由は健康上の問題だろう。
  5. ラムネすら規制されるので、夏祭りの屋台でラムネをほとんど見かけなくなる。
    • 仮にあったとしても「20歳未満の購入は禁止です」と言う張り紙がある。
    • 現実の屋台では酒類を販売するところも普通にあるのでそこまで減ることはなさそう。
  6. 炭酸飲料はすべてノンアルコールビールと表記される。
    • コーラやサイダーなどはビールに似てないのでそれはない。

イベント・修学旅行等の仕出し弁当等の提供[編集]

  1. 理由は好き嫌いする人がいるため。
    • または、食物アレルギー対応が困難なため。
  2. イベントや修学旅行の1日目の昼食は自家製弁当を持って行かないといけなくなる。
  3. そしてバイキングそのものが当たり前になる。
  4. 映画やテレビの制作現場にもかなりの悪影響が出る。
    • ケータリングの在り方が根本的に変わる羽目に。

寿司への山葵の投入[編集]

寿司に山葵を入れる事が禁止されたら

  • 但し飲食店で提供される寿司だけに限定します。
  1. 子どもや辛いものが苦手な人は喜ぶ。
  2. 禁止された理由は辛いものが嫌いな人や子どもの為。
    • ネット上ではそのような人々が「日本食を破壊した」と叩かれる。
  3. どうしても山葵入りの寿司が食べたければ自分で作って食べる事になる。
  4. 静岡県は官民を挙げて猛反発。

アルコール飲料の生産・輸入・消費[編集]

アルコール飲料は百害あって一利なしという理由で禁止されたら

  1. 飲酒運転の事故でで悲しむ人はいなくなる。
  2. 工業用アルコールに手を出してしまう人が続出する。
  3. 暴力団が酒造メーカーを乗っ取り資金源にする。
  4. 飲んでしまった人は鞭打ちになる。
    • 仮にもアジア有数の民主主義国がそのような野蛮な刑罰を採用するようには思えない。
    • 執行する人員の養成も面倒。
  5. お神酒が供えられなくなるため神道にも相当な悪影響が及ぶ。

砂糖の製造・販売・摂取[編集]

砂糖が中毒性が高くて危険な物とみなされて禁止されたら

  1. 砂糖を使ったお菓子は全て無糖か砂糖不使用になる
    • サッカリンの様な人工甘味料の需要が高まる。
  2. 砂糖を輸入する事も禁止される。
    • 外国製のお菓子の大半が輸入禁止になる。
  3. 砂糖を使った料理を提供した飲食店は営業停止処分になる。
  4. すき焼きも薄味になる。
  5. サトウキビの代わりに、てん菜糖や甘草の栽培が盛んになる。
    • メープルシロップやコーンシュガーに使うカエデやトウモロコシの栽培も盛んになる。

関連項目[編集]




関連記事