もし日本でリフレーション政策が実施されていたら

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索

wikipedia:ja:リフレーション

小渕政権で採用されていたら[編集]

  1. 小渕政権の公共事業の財源は、日銀による国債引き受けで確保された。
  2. 21世紀前半には景気が回復し、就職氷河期は起こっていない。
    • 第2次ベビーブーム世代もここで救われた。
      • その結果2005年前後に第3次ベビーブームが起こっている。
    • バブル期でもベビーブームが起こってないので、景気上昇によるベビーブーム到来はなかった可能性も。
  3. 宮沢喜一は本当に「平成の高橋是清」となっていた。
  4. この時期、日本は円高で悩まされることはなかった。
  5. 結果的にシニョレッジ政策となったため、小渕首相は見事に景気を回復させ、2008年に世界不況が訪れるまでは日本は好況を謳歌する。
    • その結果、小泉政権は誕生しなかった。
    • 郵政民営化もなかった。
    • 2009年の衆院選でも史実ほど自民党が大惨敗しなかった。

小泉政権で採用されていたら[編集]

  1. 為替介入ではなく日銀の国債買い取りでマネーサプライが増加するため、内需中心の景気回復となっていた。
  2. 格差問題はもっと緩やかなものになっていた。
  3. 外需依存が少なかったため、2008年の世界金融危機による被害は少なくて済んだ。

麻生政権で採用されていたら[編集]

  1. ギリシャショックや米国債ショックも、余波が少なくて済んだ可能性がある。
  2. 2009年の衆院選でも、自民党は史実ほど大惨敗しなかった。
  3. 日本は円高で悩まされることはなかったか、円高になってももう少し緩やかだった。



関連記事