もし日本国内に時差があったら

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索

日本は全国時間は同じですが、外国では国内でも時差がある国もあります。日本のような面積の狭い国では時差は必要ないでしょうが、戦前は沖縄の一部と日本領だった台湾では日本標準時より1時間遅れていたそうです。

もし、日本に時差があったとしたら…

  1. 新聞やテレビのニュースでは、事件や事故が発生した時間は日本標準時とそれより1時間遅い時間の両方を伝える必要がある。
    • 全国ネットでは時刻テロップを2つ表示しなければならなくなる。
      • というより個別で時刻を設けたほうが…
    • ニュースでは「日本時間の今日午後・・・」なんていう言い方は出来なくなる。
    • 「東日本時間(EJT)」と「西日本時間(WJT)」になるかと思う。
  2. 番組表の編成に困る。
    • 時差があったら、地域によっては大半の番組の放送時間がずれてしまうため。
    • 詳細はわからないが、アメリカカナダオーストラリアあたりが参考になるかと…
      • 考えてみれば3つともアングロサクソンだ。ちなみに本家イギリスは中央ヨーロッパ標準時(UTC+1)に頑強に抵抗しているし…
    • あとロシアも。これは最初から仕方ないが…
    • 時刻をつけた番組(レディス4)やコーナー(朝ズバッ!!の8時またぎ)は間違いなく改名を余儀なくされる。
      • 昔から時差があった場合、最初から別の名前だったのでは。
    • 現行のままだと、西日本のテレビ視聴率が下がる。
      • 関東のゴールデンタイムに合わせてたら、西日本ではまだ家に帰り着いてない人も多い。
    • 関東・関西の二大キー局体制になるかもしれない。
      • 中国・四国・九州沖縄のみ一時間遅れの場合、福岡が西側のキー局になっていた。
  3. 国内では長くても2時間程度なので時差ボケはない。
    • 循環器疾患などのリスクが上がる恐れはある。
    • 太陽の位置で考えると今より1時間ほど夜更かしすることになる西日本の人の体調が心配。
  4. 時刻表とかも面倒な事になりそう。
    • 10時到着のつもりが時差のせいで現地はもう11時だった、とか。
    • 10:23分発、9:51分着とか慣れないと混乱するダイヤが出来る。
      • 多分安全面と利便性を考慮して、ロシアみたいに鉄道時刻だけは東京時間もしくは明石時間に統一するのでは。飛行機は元々国際線・国内線問わず協定世界時で飛行しているから大丈夫だろうけど・・・客室乗務員は国内線でも時差案内しなければならず、本当に面倒になりそう。
    • 鉄道のダイヤは協定世界時で運行。
  5. 北海道限定でサマータイム実施なら、本土と北海道を結ぶ交通機関で案内放送が流れる。
  6. 関西←→関東でも30分の時差。(ちなみに標準時なのは関西の方)
  7. 一部の電波時計がおかしくなったり(西日本なのに東日本の時間に修正される等)する。
    • 電波塔が増設されてユーザーは移動する地域毎で周波数を切り替える。
      • GPS搭載周波数自動切替式電波腕時計なるものも売り出されるが、誤作動が頻発する。
  8. 関東人が掲示板で関東時間を使ってしまい、東京ジャイアニズムだと叩かれる。
  9. もし時差を設けるとすれば、135度線より東はUTC+9、それより西はUTC+8とすることも考えられる。
    • むしろフォッサマグナで分けたほうがいいような気がする。
    • 兵庫県の時差が子午線で単純に分けられた場合、県民意識はさらになくなる。
    • 中国・四国・九州沖縄がUTC+8、それ以外がUTC+9という方法もある。
  10. 「時差ボケ」「時差ボケ」というたびに「わしゃ、ボケとらせん!」と高齢の男性が怒り出す。
  11. 冒頭の西部標準時が存続していれば、伝説のSouth Ryukyu Islandsも普通に存在している。
  12. サマータイムが導入されると、変わり目をまたぐときにここに書かれているようなことが実際に起きる。
  13. 両方の時刻を表示する時計が登場。
  14. 時差の境目を跨ぐときのスケジュール設定が厄介になる。
  15. 日本でさえ時差があるなら広大な国土を持つ中国も国内で5~6時間くらいの時差はあるだろう。(中国国内は新疆ウイグルを除き時差なし)
    • 中国の場合は意図的なものだろう。ロシアは中国の東西と同じ経度の範囲で時差を設けている。
  16. 「申し込み期限〇月〇日、当日消印有効」などというものへの応募・申請等は西日本の方が有利となるため、これらの代行投函を業とする会社が西日本地域に出現する。
  17. ChakuwikiでもWikipediaのようにUTCで時刻表示される。



関連記事