もし松田優作が健在だったら

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索

肝臓癌で僅か40歳と言う年齢でこの世を去った松田優作、仮に癌の完治に成功して現在まで生き延びていたら

  1. 日本人と韓国人のハーフと言う事でワールドカップ日韓大会の親善大使になってる。
    • (補足として松田優作は「太陽にほえろ」出演前まで韓国国籍だった
    • と言う事で鬼武者2は普通に韓国でも発売されている。
  2. ハリウッドで大成功していたかも。
    • 渡辺謙と並ぶ日本人スターとして大きな存在となっていたかも。
    • 『ブラック・レイン』の続編がでていたかもしれない。
    • また、『ブラック・レイン』がゴールデン洋画劇場(1996年3月9日放送)で放送された時は自ら英語の台詞を吹き替え(史実では日本語の台詞は原語流用で英語で喋っているシーンはカット。)、DVD版でも自ら吹き替えを担当している。
  3. 松田龍平との親子共演がどこかで実現していた
    • 当然次男の松田翔太との親子共演も実現していた。
      • 翔太主演のドラマ『名探偵の掟』で「伝説の名探偵」役で特別出演。
      • 『ライアーゲーム』のドラマ版若しくは映画版に特別出演していた。
      • 映画『名探偵はBARにいる』、TVドラマ『ドン・キホーテ』に特別出演していた。
    • キリンラガービールのCMに親子3人で出演していた。
      • ユニクロのCMにも親子で共演していた。
      • 史実で次男の翔太が出演しているマンダム「ギャツビー」のCMでは親子揃って出演している。
    • 龍平のできちゃった結婚に際して「早く初孫が見たいです。」とコメントしていた。
      • もしくは「なんじゃこりゃぁ」とコメントする。
      • 孫が誕生した際、喜びのコメントをしている。
    • 逆に龍平と翔太が現実ほど有名にならなかった可能性がある。
  4. 「相棒-劇場版-」に友情出演。
  5. 日本テレビ金曜20時枠が刑事ドラマ枠として継続された。
    • その関係で、前枠は歌番組枠になったか…。
    • これにより「ぐるナイ」は、深夜枠のままか、別の曜日で放送されていた。
  6. スマスマでの「探偵物語ZERO」でキムタクとの横並びいや揃い踏みが実現していたかも。
  7. 鬼武者2に続いてテレビか映画で柳生十兵衛を演じ、当たり役となる。
    • (史実では鬼武者2の十兵衛(宗厳)は時代劇でおなじみの十兵衛(三厳)の祖父)
  8. 石橋凌氏が在籍していたロックバンドARBが1990年に解散(その後1998年に復活したが2006年に石橋氏の脱退で活動停止した)する事無く、音楽活動も継続していた。
    • (石橋氏が音楽活動を停止して本格的な俳優活動に専念したのは彼の遺志を継ぐため)
  9. 仮面ライダー スカル役のオファーが真っ先に行くだろう。
    • ちょいとトウが立ちすぎてる気もするが。
    • いや、むしろひし美ゆり子との親交が縁となって『ウルトラマンメビウス』でサコミズ隊長かセリザワ前隊長を演じていただろう。
  10. 「ワンピース」に声優として出演。
    • 「名探偵コナン」にも声優として出演していたほか、「ドラえもん」や「クレヨンしんちゃん」などのアニメ映画にも声優として出演していた。
  11. 妻の松田美由紀はマスコミに露出せずに家庭に収まっていた。
  12. モノマネ繋がりで竹中直人との共演が多くなっていた。
    • あるいは竹中監督の映画に、少なくとも1作は主演を果たし、常連になっていたか。
  13. フローレンス・ジョイナー逝去の際何らかのコメントを残していた。
  14. 原田芳雄の葬儀に参列していた。
  15. 90年代以降も音楽活動を継続していた。
  16. 「蘇る金狼」で1998年公開の映画と1999年放送の日テレドラマに主役である「朝倉哲也」役で出演。
  17. 当初の予定通り「カメレオン」の主演を務めており、公開時期も史実より早かった。



関連記事