新型コロナウイルス関連の投稿は当分の間厳禁といたします。詳しくはこちらをご覧ください。

もし江戸時代~明治時代に混浴が禁止されなかったら

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索
経過観察
このページは、テーマがサイト趣旨に沿っていないか、もしくは荒らされやすいと考えられるため経過観察中です。
今後の経過によっては保護が検討されたり、削除検討の対象になることもあります。
ただしテーマについての設立趣旨や投稿者間の管理方法のあり方によっては観察対象外とします。
本件に関するご意見などはトークページへお願いします。
  1. これが現実化していた。
  2. セクハラの問題視もなかった。
  3. 日本人は誰も裸を恥ずかしいと思わなかった。
    • 更衣室や健康診断を男女別にしようという発想は起こらない。
      • 家族のお風呂を男女別にしようという発想も起こらないんじゃね。
      • 銭湯だけでなく家庭のお風呂でも親子・兄弟姉妹の混浴が現実以上のものになっていた。
      • トイレも全て男女共用になっていても違和感なさそう。
    • 日本の海水浴場やプールは実質的にヌーディストビーチとなる。
      • 水着を着るのは、競泳の場合かファッションでの場合のみである。
        • 学校の水泳の授業は競泳扱いでスクール水着の着用が求められる。
        • 「水着を忘れました」という児童/生徒は裸で泳ぐことになる。
        • 目立ちたい児童/生徒は男子でも女子でもわざと水着を忘れることもある。
        • 授業終わりの自由時間には水着を脱いで裸になる児童/生徒が結構いる。
      • 欧米人のように、プールやビーチで家族や友達やカップル同士裸で遊ぶ様子を堂々とネットに載せる人が増えるだろう。
    • そうした風景を見るために外国人観光客が大勢訪れる。
      • 女性のヌーディストを見ようと船の片側に集まって船が傾き沈没するというアメリカで実際に起こったアクシデントが日本でも起こりそう。
  4. 公然わいせつ罪は、あったとしたら、公然と性的行為をしたときのみが取り締まり対象になる
    • ただし、銭湯で売春する伝統があった場合には、温浴施設などでの性行為は社会的に許容されたものになり、それ以外での公然の性行為のみが取り締まり対象になる。
      • 映像を作るときは、ストーリー上関係なくても銭湯を登場させれば性的な場面があっても規制されないためそのようなコンテンツが多くなる。
      • 露出狂の変質者が問題視されることもない。
      • 異性へのボディータッチも単なるいたずらや悪ふざけとして問題視されなくなる。
      • 少年誌や青年誌のグラビアは普通に何も隠していない画像でコンビニや書店に陳列される。
  5. 性器を隠語で呼ぶ必要はない。
    • 子どもも含め俗語で呼ぶことはあっても、書くときに一部の文字を伏字にする必要がない。
  6. 銭湯での男女別がないので、混浴の年齢制限ももちろんない。
    • そのため、もし児童買春・児童ポルノ禁止法が成立しなかった場合と同様に年齢に関係なく親子・兄弟姉妹の混浴が当たり前になる。
      • もしかしたら、思春期を迎えても普通に異性の親とお風呂に入る人が現実より増えてたりして。
  7. 混浴が現実以上のものとなりヌーディストビーチも普及しているかもしれないので、特に女性が下半身などの体毛の処理を現実以上にしっかりするようになる。
    • 女性の永久脱毛利用がかなり増える
      • 「脇のようにアソコを綺麗に処理している方が女らしくて好き」という考えを持つ男性が現実以上に増えている。
      • 陰毛を処理せずアソコが毛深いままの「陰毛女子」が腋毛を剃らない「腋毛女子」のようにAVでマニアックなジャンルの1つになっていた。
    • 男性の場合は脱毛したほうがいい、という考えと自然のままのほうが男らしい、という考えが混在する。
    • 男女それぞれハイジニーナが現実以上のものになっていた。
  8. 日本にも裸族の先住民ができる。
    • 先住民族のブラジル人が日本に来てそこらじゅうに民族を作っていく。
      • アフリカのヒンパ族も日本に来そう。
        • 肌に赤土を塗り、風呂に入らないヒンバ族だと、高温多湿の日本ではライフスタイルを維持するのが難しいかもしれない。
        • アマゾン流域の人の方がどちらかというと来やすいだろう。
      • 「在日裸族」と言う言葉が出来る。
      • 日本に裸族街や裸族村が出来る。
    • 民族としての裸族だけでなく、家にいる間だけ裸になるという意味の裸族ももっと増えている。
  9. 平成時代になると、さすがに西洋から入った概念で、裸が恥ずかしいと思う女子が出てくる。
    • そのような人をターゲットに女性専用浴場が作られるが「日本の伝統を壊すものだ」と批判される。
      • そして現実の「何歳までお父さんとお風呂に入っていた?」のように「何歳から女湯に入りだした?」という質問があるあるネタ化する。
      • 実史の女性専用車両のように「女性専用浴場にはブスとおばさんしか入っていない」という噂が流れる。
      • 平成に入ってから羞恥心を持つ女子が出てくる、ということなら、実際には昭和時代に育ったお姉さま方は引き続き従来の風呂に入る。
      • 容姿に自信がある・自己顕示欲の強い女子も従来の風呂に入る。
      • 公然わいせつ罪が無いなら風呂での撮影を規制する法律はないはずなので銭湯から動画を配信する女子も増える。
        • 脱衣所・浴場内での携帯の使用を禁止する銭湯がなくなる。
        • 男性も含め、銭湯で撮影した写真・動画をSNSに載せる人が増える。
          • 「銭湯なう」と言う文章が含まれた投稿が増える。
      • Chakuwikiにこのページのように「もし全ての銭湯で女性専用浴場が導入されたら」というページが作られる。
      • 2017年、時流に乗る女性都知事率いる政治団体は「2020年、海外からのお客様を男性も女性も等しくおもてなしできるよう、都内すべての銭湯に女性専用浴場の設置を義務付ける」ことを都議会議員選挙の公約の一つに掲げる。
        • 浴槽が一つしかない小規模な銭湯(実史より用途が広いのでたくさん残っている)からは「死活問題だ」と反発される。
        • その政治団体は実史ほどは大勝しない。
      • だとすればお泊り保育のお風呂はどうなるのだろうか?
        • 外国人や外国帰りの親などを中心に園に女児を分けて入浴させるよう要請する人もいるかもしれないが、あまりそのような動きは多数にはならない。
        • “2020年に向けて東京で”ということなら、海外からの目を気にして「お泊り保育で男女別の入浴の要請があれば応じるように」的な通達が出されるが、あまり現実的には受け止められないかもしれない。
          • それでも幼いうちから裸が恥ずかしい女児がいる場合、女児は女性保育士と一緒に従来の風呂に入り、男児は男性保育士と園長と一緒に普通の浴場に入る。
            • その場合、「何歳から女湯に入りだした?」という質問で「5歳ぐらい」と答える人が多くなってしまう。
        • ただし女性専用浴場を利用している母親がいる場合は、その娘さんも幼いうちからその風呂に入るかもしれない、そのようであればロリコンが涙目になる可能性も。
          • そのため男児の女性専用浴場での混浴は地方によっては年齢制限が課される。
      • 首相夫人の威光を使って(?)国有地を安く手に入れようとした、日本の伝統と文化を重視する学校法人が運営する幼稚園では、園内に男女園児が混浴する風呂があり、園児全員が上半身裸で乾布摩擦するなどの教育が行われている。
        • 問題視され開校できなかった小学校内にも混浴風呂が設置されており、実史より開校できなかったことを惜しむ声が多かった。
      • 日本の伝統を大切にする姿勢を前面に出している女性議員(例:杉○水○議員)は従来型の風呂に入って支持者にアピールする。
        • それのネットニュースのコメント欄には「こんなバ○ァの裸はどうでもいい。もっと美人過ぎる○○に入ってほしい」のようなコメントが上位になる。
    • この時代から「男子禁制」という言葉ができていた。
      • 「男子禁制」は最初のうちは実史の女性専用車両のように「お願い」なので女性専用浴場に反対する男性が入って顰蹙を買う。
      • この世界の保守派は「混浴は日本の伝統」という立場なので女性専用浴場を法律で位置付けることはしない。
      • 男子禁制は各自治体の迷惑防止条例として制定されていく
      • “ここはまだ条例がないから覗いても捕まらない”などの噂が流れる
  10. おそらく裸が恥ずかしい女子がいる場合は合宿のお風呂は女子全員が女性専用浴場に入ってしまう。
    • 結果的に幼稚園や学校などの合宿のお風呂は男女別になる。
    • 最初のうちは、表向き空気を読んで女性専用浴場に入っている女子の中にも、裏では動画で裸を配信している人が結構いる。
    • 彼女らが成人していく頃(おそらく平成の次の時代)には女性専用浴場が当たり前のように広まってゆく。
    • 「えっ、先輩が修学旅行の時は男子とお風呂入ってたんですか?平成は大変でしたねえ」とその世代がオバサン扱いされるようになっていく。
    • おそらく原因は浴場での痴漢や男性にジロジロ見られてしまうことが嫌な女性がいるためだろう。
    • そのため好きな女子の裸が見れなくなって悲しむ男子が出てくるだろう。
      • そういう男子の一部が、少し下にあるように“クラスの結束のため…”的なことを言う。
  11. JCやJKの多くが裸を恥ずかしがる時代になっても、見せることが仕事であるアイドルは(内心恥ずかしくても)引き続き裸を見せてくれる。
    • 握手会のようなアイドルに会いに行けるイベントでは、ファンは裸かそれに近いアイドルに会えて盛況である。
    • アイドルと数十秒一緒に風呂に入れる「入浴会」のようなものも開かれるが、アイドル側は頻繁に休憩しなくてはならないのでCD一枚の購入だけでは入れないだろう。
  12. 混浴そのものは大人の男女の裸の社交場的に末永く残っていく。
  13. 女性専用浴場だけではなく、女性専用更衣室や女性専用トイレも作られる。
    • 女性専用更衣室が設置された高校に入学した女子は「女性専用更衣室を使うかどうか」と聞かれるが“恥ずかしいから使いたい”という気持ちと“使ったらどう思われるだろう”という気持ちが交錯して空気を読みあうことになる。
    • “クラスの結束のため風呂はみんなで一緒に入ろう”と言い出す人がいることがこの世界の「ベタな修学旅行の法則」になる。
  14. 一方、銭湯で売春の伝統が残ったケースでは、実史のソープランドやデリヘルや、カップルがいちゃつくこともすべて銭湯で行われることになり、平成の世では「マナー違反ではないか」と議論になる。
    • 銭湯・温泉で混浴する男女でエッチな行為をするというAVのような光景が当たり前のようになりそう。
      • 中学や高校の修学旅行の風呂で童貞処女を捨てる生徒が少なくないかもしれない。
      • 保健体育の性教育で身体を見せ合ったことがある、あるいは性教育実習として性行為を練習したことがある異性同士が修学旅行の風呂でも性行為をするようになるかもしれない。
    • 「性的な行為が子供に見えるのは教育上悪い。全年齢銭湯と18禁銭湯に分けるべきだ」と主張する人もいる。
      • しかし、子供が実際に見ることで正しい性知識が身に着く、という側面もあるためそのようにはならない。
  15. 男女年齢を問わず裸で参加する祭が、昭和末期くらいまでは全国各地にあっただろう。
  16. 江戸時代の時から男女平等化社会だったらこうなってた。
    • そうで無い場合も昔から男女平等が当たり前に。
    • トランスジェンダーの人にとっては実史よりも住みよい世界である。
      • 世界中のトランスジェンダーの人が日本に移住しようとする。
  17. 女性専用浴場がマンガにも適用されたら「クレヨンしんちゃん」や「地獄先生ぬ~べ~」などのヒロインの入浴シーンはどうなるのだろうか。



関連記事