新型コロナウイルス関連の投稿は当分の間厳禁といたします。詳しくはこちらをご覧ください。

もし液晶の発達がもっと早かったら

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索

液晶は古来から存在していたようですが、ディスプレイとしての液晶は1990年代後半から2000年代前半にかけて広まっていきました。もしこれがもっと早い段階で普及していたら?

昭和期及びそれ以前[編集]

  1. ブラウン管は存在しなかったかもしれない。
    • よってテレビは黎明期から液晶だった。
    • テレビのことを表す「ブラウン管」も「液晶」に変わっていた。
      • YouTubeの名称も変わってた。
    • テレビは薄型テレビしか存在しないことになり、「薄型テレビ」なる言葉は存在しなかった。
  2. カラーへの過渡期に発売された場合、カラーブラウン管テレビは製造されず、「カラー=液晶、モノクロ=ブラウン管」という棲み分けができていた可能性も。
  3. 昭和最後の日を薄型テレビで目撃した視聴者も多かった。
  4. ゲームボーイは昭和のうちに発売にこぎつけ、初代からカラー液晶で発売されていた。
    • ゲームギアの「君のは白黒?」という比較CMもなく、ゲームギア自体も史実より売れていなかった。
  5. もちろんラテカセも液晶画面。

平成1桁前半(1989年~1993年前半)[編集]

  1. Windows3.1以降コンピューター・ディスプレイは全て液晶になっていた。
    • Windows95発売の日には、液晶ディスプレイ搭載のPCが多数並んでいた。
    • パソコンといえば液晶一体型かノート型というのが常識になっていた。
  2. W杯最終予選での「ドーハの悲劇」は薄型テレビで見た視聴者も少なからず存在していた。
    • その後のリレハンメル五輪・アトランタ五輪等も薄型テレビで見た視聴者も多かった。
  3. 携帯電話も1990年前後には普及していた。
    • 2000年代に入ると公衆電話は絶滅していた。
    • スマートフォンやタブレットも2000年代前半までには普及を見せ、2009年までにガラケーは完全消滅していた。
      • ドコモの場合fomaはタブレット端末として発売され、ガラケーはmovaとして発売されていた。
  4. 地上デジタル放送への移行も1990年代中盤には終了していた。
    • それは別の問題。
      • 地デジ移行が現実どおりに行われていたら薄型液晶テレビも16:9ではなく4:3で発売されることが多くなっていた。仮に16:9で発売されていたとしてもテレビ放送が4:3のままなのでメリットは少なかった。
  5. 鉄道車両の車内案内表示にもLEDより液晶が多用されていた。
  6. ゲームボーイカラーは1995年ごろには発売されていた。

平成1桁後半(1993年後半~1997年)[編集]

  1. この時期までに普及していれば、21世紀には薄型テレビ一色となっていた。
  2. フランスW杯商戦では、薄型テレビが大量に並んでいた。
    • 当然ブラウン管テレビは存在しないか、しても申し訳程度。
  3. ブラウジング可能なモノクロ液晶の携帯電話は発売されなかった。

平成10年代前半(1998年~2002年)[編集]

  • ここまで来ると、「もしこの時期に普及していたら」にはそぐわないかと思いますが、この時代はまだブラウン管も健在だったため、「この時代に液晶が2010年現在並みに普及していたら」という仮定とします。
  1. WindowsXP登場と共にブラウン管モニター搭載のPCは製造打ち切り。
  2. 日韓W杯時点で売り場は薄型テレビ一色。
  3. ブラウン管のデジタルチューナー内蔵テレビは製造されなかった。
  4. 史実より早くノートPCやワンボディPCが天下を取り、ワンボディーではないデスクトップPCはメーカー品としては2000年代中に完全消滅した可能性も。
    • 自作もスリムタワーかミドルタワーが残る程度かなぁ…
    • スマートフォンやタブレットももっと早くに普及し、2013年現在ガラケー向けサービス(ガラケー用サイト含む)はすべて終了している。
  5. 2000年頃には地上デジタル放送への移行が完了していた。



関連記事