もし琵琶湖が○○だったら

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索

日本のあの地域にあったら[編集]

青森・秋田県境[編集]

十和田湖の位置に
  1. 現実の十和田湖問題よりも激しいことに。
    • 岩手まで参入してきた。
  2. 大雨で琵琶湖の水が溢れて青森市水没。
  3. 米代川の水源になっていた。


猪苗代湖付近[編集]

浜通りまで影響はない
  1. DASH村は福島になかった。
    • 村長は淀川を伝って海へ。
    • 企画自体なかったかも。
  2. 会津が調子に乗る。
    • かわいそうな山口。
      • 同感です・・・。
  3. 会津と中通りの陸上交通は現実よりかなり不便。
    • 場合によっては別の県になっていた。


千葉・茨城[編集]

  1. 印旛沼・手賀沼・霞ヶ浦が飲み込まれる。
  2. 成田線我孫子支線はない。
  3. 利根川の一部になっている。


東京[編集]

東村山~庭先ゃ琵琶~湖~♪
  1. あっというまに埋め立てられて、地下鉄網が走る。
    • チチカカ湖と同じ運命をたどる。
      • チチカカ湖じゃなくてテスココ湖なのでは?
    • 埋め立てたあとはなにもない平野になるので、開拓がしやすくなった。
    • 琵琶湖けっこう深いよ。
  2. 東村山音頭に登場。
  3. ヒートアイランド現象は緩和されている。そのかわり湿度激高。
    • 摩天楼を多い尽くす霧が名物になっている。
    • 羽田空港の運用にも悪影響を及ぼしている。
  4. 玉川上水はなかった。
    • なので東京都の範囲は23区だけに。


富士山麓[編集]

高いぞ富士山、でかいぞ琵琶湖
  1. ダイナミックな逆さ富士で観光名所に。
  2. 富士を見ながら釣りが流行る。
  3. 山梨は湖をもらい、静岡は山をもらう。全て解決。
  4. 現実の富士五湖の影が薄くなる。
    • つーか無いだろ。あと忍野八海も。
  5. 甲斐が分断される。
    • 湖東は駿河と統合。
  6. 地元の伝承では「琵琶湖→ダイダラボッチが掘った大穴、富士山→すぐ側の残土を積み上げたところ」ということになっている。


香川[編集]

90度傾けても入らん…
  1. 水不足は一発で解決。
    • 県内に溜池がたくさんできることはない。
  2. ただし、香川県の総面積の3分の1を占める。
    • 最悪、香川県自体が誕生しなかった恐れも。
  3. 徳島香川県が誕生。
    • 普通に統合されて徳島県では?あるいは愛媛県では?(どちらも一時期なった事がある。)
  4. その内香川沈没。
  5. お遍路さんは現実より過酷な旅を強いられるに違いない。


日本以外にあったら[編集]

五大湖周辺[編集]

  1. 誰も気にしない。

サハラ砂漠[編集]

  1. 世界でも有数の規模のオアシスとなる。
  2. 古代の巨大な遺跡が残る。
    • 湖そのものが神として崇められた。
      • 現在も紙幣に採用されたりする。
  3. 中世には交易で繁栄する。
  4. 植民地支配の折に、列強によって分割される。
  5. ・・・にしては小さすぎね?
  6. あっという間に干上がる。

アルザス・ロレーヌ地方[編集]

  1. 国境が湖になるためフランスとドイツのいがみ合いは少なくなる・・・のだといいのだが。
  2. 代わりにベルギーがアルザス・ロレーヌとなっていた。一応絹の生産地だし。

存在しなかったら[編集]

  1. 近江盆地が大きくなる。
  2. 滋賀県の人口は300万人を越える。
  3. 織田信長は安土じゃないところに城を建てていたかも。
  4. 新幹線も在来線も最短ルートで米原〜京都を結ぶ。
    • 東海道線は米原に来なかったかもしれない。
    • 東海道線は米原まで複々線になっていた。
      • 北陸本線は彦根で東海道本線と分岐し、ここから北上し敦賀に向かっていた。
    • 日本初の鉄道連絡船は利根川に開設された。
  5. 湖西線などあるはずがない。
    • 雄琴は誰からも温泉地と認められる。
  6. 京都の発展が少しだけ遅れた。
  7. 滋賀と聞いて真っ先にイメージされるのは信楽焼の狸。
    • 滋賀の存在感がますます薄くなる。
  8. 水不足で、京阪神が発展できない。
    • 水不足なら、海水を淡水、真水に変える技術力が日本にはあるので、それで対処。
    • 実は京都盆地の地下に地下水が大量に眠ってあるらしいのでそこから引っ張ってくるのでは?
  9. 鳥人間コンテストはどこでやるのやら・・・・・・・・霞ヶ浦?
  10. 2000年のG8環境大臣会議は別の場所でやった。
  11. 武村知事が琵琶湖の環境問題に取り組まないため、国会議員になったとしても新党さきがけは誕生せず、1993年の連立政権の構造が変わった。
  12. びわ湖放送やびわこ銀行などは別の名前になっていた。
    • 無難に「滋賀放送」「滋賀銀行」
  13. 近江鉄道が滋賀県内を代表する大手私鉄になっていた。
  14. 「急がば回れ」という諺が無かった。
  15. 都から遠い湖の「遠江」という言葉があっても「近江」はなかっただろう。
  16. 余呉湖が淀川の水源になってた。

滋賀と反転したら[編集]

いっそうデカい「近江湖」
  1. 滋賀県は島になる。
    • 「滋賀島(しがのしま)」???
      • 琵琶の形しているから「琵琶島」でしょ。
    • バカ日本地図のようになる。
  2. 滋賀の京都への依存度は下がる。
    • というより滋賀県という県そのものがなかったと思う。滋賀島だけでは1つの県としては狭すぎるので。滋賀島は京都府の一部となっていた。
  3. 琵琶湖にたくさん橋が架かる
    • が、あまりに距離があるのでせいぜい京都への橋程度しか作られない。
      • 青函トンネル級のプロジェクトとして滋賀~岐阜間の湖底トンネル建設計画が進められていた。
  4. 東海道本線も新幹線も鈴鹿周りとなっていた。
    • 北陸本線は名古屋からの路線となり、北陸(特に福井)は名古屋寄りの思想となっていた。
    • 京都よりも奈良の方が発展していただろう。東海道新幹線は奈良経由となっていた。
  5. 東名阪・名阪国道・西名阪が名神高速道路となっていた。
  6. 余呉湖の扱いは、どうしよう…。
    • 近江湖に浮く滋賀島以外の島という扱いでおk
  7. 江戸時代以前は船しか移動手段が無いため、相当文明が遅れたものとなっていた。
    • しかし、滋賀独自の文化が生まれていたと思われる。
    • むしろ日本海側と太平洋側が船でつながることになり、日本中の大規模流通がここに集中して大発展を遂げていた。
      • そのぶん現代に入ると大凋落。船が行き来しまくったのでとうの昔に湖水は飲用不可。
      • また利便性追求から京都と唐橋の間を埋め立ててしまったために水が澱み、西湖は堅田あたりまでヘドロで埋まる。
  8. 近江湖か・・・、関西では急いで連呼するのは危険な行為だな。
  9. 運河で日本海とつながる。

山だったら[編集]

  1. 琵琶山。
  2. ただでさえ異なる文化圏を持つ各地域が完全に分裂しそれぞれ隣接県に吸収されている。

日本海と川でつながっていたら[編集]

  1. 敦賀が日本海側と関西を結ぶ物流の拠点として発展する。
  2. 北前船の航路が琵琶湖経由になる。
  3. 北陸本線は長浜からではなく、敦賀から建設された。

上下反転していたら[編集]

でも、やっぱり、ちょっと違和感が……
  1. 広い視点で見たら今と変わらない。
  2. 湖南が広くなっていた。
    • 湖によって、湖南と湖北に分かれていた
  3. JR東海道線も東海道新幹線も亀山ルートだった。
    • JR湖西線がなかった


北上して若狭湾とくっついたら[編集]

琵琶湾・・・
  1. 当然海面は海抜0mなので淀川は存在しない。
  2. 福井県が分断される。
    • 西の方は京都府に持ってかれる。
  3. 敦賀市の中心部は別の所に出来てた。
  4. 琵琶大橋が架けられ、その橋に舞鶴若狭道が通っていた。
  5. 何百万年後かには、本当にこうなるらしい。もしそうなったら、ひっついた時には湖水はナイアガラの滝のように日本海に落ちるのだろうか。


何百万年前と同様伊賀盆地にあるままだったら[編集]

  1. 三重県は、史実以上に関西との交流がなかったため、文句なしで中部・東海地方として認識されていた。
  2. 湖水は名張川→木津川→淀川となって大阪湾へ注ぐため、近畿のみずがめの機能はどっちにしろ同じだった。
    • 宇治川ではなく木津川が淀川の本流ということになっていた。
  3. 東海道は、最初から名神高速と同じ関ヶ原ルートであった。
  4. 琵琶湖疎水は滋賀県民のために旧阿山町~旧甲南町付近で建設され水口から野洲川に水を流し近江盆地を潤していた。
    • 更に、木津付近で奈良市内へ流れる疎水も建設されていた。
  5. 伊賀忍者は存在しないが、代わりに伊賀水軍が存在した。
    • もし万が一伊賀忍者がいたとしても、水遁の術だけに強いという忍者だらけになっていたと思われる。
  6. 神君伊賀越は陸路が存在し得なかったため、当然できず、徳川家康は本能寺の変後、明智方に殺されていた。
    • なので、伊賀越味噌や醤油は存在していない。
  7. 名阪国道は存在しなかった。
    • なので、シャープの工場も亀山や天理ではなく栗東あたりに造られていた。
    • その分名神高速道路に集中することから、新名神高速道路は昭和のうちに開通していた。
  8. 近鉄大阪線は榛原までしかなかった。
    • 当然近鉄が伊勢志摩方面でリゾート開発することがなく、鳥羽以南は寂れた(でも風情ある)漁師町だけの素朴なエリアだった。
    • あるいは榛原から伊勢奥津に向かい、現実のJR名松線と同じルートで松阪に向かっていた。
      • その場合、近鉄は万年今以上の大赤字で下手すりゃ経営破綻という状態に追い込まれていた。
      • 名張市ではなく大宇陀あたりが新興住宅地として発展していた。この場合宇陀市は平成の大合併以前に市制施行していた。
    • 逆にJRは國鐵時代に関西本線という括りにならずに済んだため、大和路線の電化は史実より相当早かったと思われる。
      • 路線名はこちらが「奈良線」となっていた。現実の「奈良線」は「山城線」となっていたかJR難波~奈良~京都がまとめて「奈良線」とされていた。
  9. 明治期になって、鈴鹿川を利用した大運河計画が持ち上がっていた。
    • 結局、琵琶湖疎水は鈴鹿・亀山側にも流れていた。
  10. 平和堂の店舗は今よりもはるかに多く、下手すりゃイオンと立場が入れ替わっていたかもしれない。
    • いや、逆に大手の進出が史実より早く、今より小規模なチェーンで県内での存在も大して無かったかも。
  11. 元禄時代のお伊勢参りは暗峠越えで奈良へ出て、榛原から川下り船で室生付近へ出て乗換えて、阿保から再び徒歩というコースになっていたかもしれない。その場合、落語の『伊勢参宮神乃賑』はストーリーが大きく変わっていた。
  12. 大津市は史実における湖上の位置に市域がもっとせり出しまくり、京都にへばりつくようなことにはなってなかったため、京都市大津区等と野次られることはなかった。
    • そもそも、大という地名にすらなってなかったかもしれない。


流出河川が存在しなかったら[編集]

  1. 滋賀県内で海水浴ができる。
    • 別に流出河川がなかったら海になるわけではない。よって(湖水の塩分濃度に関わらず)湖水浴のまま。
  2. 水面標高が海抜以下となるため、周囲の山脈から湖岸部までの勾配がきつくなる。
    • 流出河川がない=現実の流出河川である瀬田川の部分が山でふさがれている、と想定すると流入河川からの流入量が蒸発量や地下浸透量と等しくなるところで水面の標高は決まるんでは。現状、流出河川があって流入・流出が釣り合っているのに流出河川がなくなったらその分(相当量)水面標高は上がる。ほんで別に周囲の山脈の勾配は変わらない。
      • 川にダム造ってせき止めたら水位あがるでしょ?水を吐き出さないダムが瀬田川に出来るイメージすると、琵琶湖の水位が上がるってのはわかるかと。
      • よって、近江盆地の平坦部は激減する。
        • きっと戦国時代も穀倉地帯にならないから浅井・六角の両大名も栄えないし、ここを制したとて織田信長も強くなれない。
      • なお、流入量の分が地下水浸透とかで抜けていくとか、琵琶湖からの蒸発量・浸透量と等しいくらいしか流入量がない(=集水域の降雨量が異常に少ない)とかいう前提なら別問題。
  3. 塩田が周囲に造られ、塩の生産量が日本一となる。

干上がったら[編集]

  1. 滋賀県の砂漠化が深刻に。
    • それに伴い近畿地方の人口が減少する。
  2. 原因が人為的だった場合、日本史上最悪の環境破壊といわれる。
  3. 「アジアのアラル海」と呼ばれることになる。
  4. 京都、大阪の飲み水がなくなるorまずくなる。

関連項目[編集]


スポンサーリンク


関連記事

スポンサーリンク