もし田宮二郎が健在だったら

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索
  1. 「白い巨塔」は平凡な数字に終わり、リメイクされる事はなかった。
    • 2003年版に特別出演していたかも。イメージとしては東教授(史実では石坂浩二が演じた)あたりかな。
      • 2019年版(V6岡田准一主演)にもナレーター等で特別出演していた。
    • その関係で報道番組での医療関連のニュースでのナレーションを任されていた。
    • 「宇宙戦艦ヤマト」同様再放送で高視聴率を獲得、結果的に作品も再評価され、今日のリメイクに至ったかも。
    • 韓国リメイク版の日本語吹替え版で何かの役若しくはナレーターで声優として出演していた。
    • 台湾リメイク版の日本語吹替え版でも何かの役若しくはナレーターで声優として出演していた。
    • そのイメージからか、海堂尊原作の映画&ドラマ「チーム・バチスタ」シリーズ、沢村一樹主演の「DOCTORS」シリーズや、米倉涼子主演の「ドクターX」シリーズ、坂口憲二主演の「医龍」シリーズに特別出演していた。
    • 山下智久主演「コードブルー」にも田所センター部長(史実では児玉清が演じた。)あるいは翔北病院幹部の誰か役でレギュラー出演していた。
  2. タイムショック」は既に降板していたが、復刻版の司会を務めていた可能性あり。
    • 自殺に至った原因とされる躁鬱病に侵されてない可能性もあるため、最終回まで司会を務めていたかもしれない。
      • 山口崇は時代劇俳優のイメージがさらに強くなっていた。
    • 超長寿番組として今日まで番組が続き、「白い巨塔」でも張り合った児玉清の「アタック25」と張り合っていたかも。
    • 当然、現実に放送された「タイムショック21」の司会を担当し、「…21」の司会をやった中山秀征と新山千春は回答者に回ったかもな。
  3. 最終回にゲスト出演してクイズに挑戦していた。
  4. 柴田光太郎との親子共演がどこかで実現していた。
    • むしろ秋篠宮悠仁親王殿下が教え子のひとりに。
    • 次男・田宮五郎との親子共演も実現しており、五郎がくも膜下出血で倒れた際、記者会見で顔を出していた。
      • 次男の五郎逝去の際、記者会見及びインタビューで号泣していた。
  5. 80年代はドラマに重点を置き、90年代にはバラエティにも進出していた。
    • 児玉清ともう1回ドラマで共演していたかもしれない。
      • アタック25」芸能人大会だったりして。
      • 劇場版「HERO」で、史実では松本幸四郎が演じた弁護士役をやっていたかも。
    • 以前「8時だョ!全員集合」にゲスト出演していた縁で、後番組「加トちゃんケンちゃんごきげんテレビ」の「探偵物語」にゲスト出演し、キレのあるギャグをカマして志村けんを戦慄させていたかも。
      • "わたしださん"(毎回指令を伝える人)役で声の出演をして、毎回加トケンにいじられていたかも。
    • 司会者としてタモリ・たけし・さんまはもちろん鶴瓶すらコントロールしてのける。その場合逸見政孝の仕事をいくつか奪っている。
      • 久米宏の後任として「ザ・ベストテン」の2代目男性司会者に就任し、黒柳徹子とともに番組進行を務めた可能性も(現実には松下賢次アナだったが)。
        • 当然その流れで、「日本レコード大賞」のメイン司会も担当したでしょうね。
      • あるいは、文化放送の「全国歌謡ベストテン」のパーソナリティとしてラジオの世界でも活躍しただろう。
      • はたまた「夜のヒットスタジオ」の司会を担当、得意の英語力をフルに発揮して、ゲスト出演する海外の大物ミュージシャンたちと通訳なしで堂々と渡り合うなんてこともできたのでは?
        • その関係で1985年の全世界的チャリティロックコンサート「LIVE AID」生中継日本版の司会に抜擢されていた可能性も考えられる(現実には逸見政孝が日本版の司会)。
      • 横山やすしや立川談志、やしきたかじん、松山千春、泉谷しげるなども田宮さんの前では“借りてきたネコ”状態だったかも知れませんね。
        • 談志師匠や千春、泉谷はともかく、鶴瓶師匠、やっさん、たかじんは確実になってただろう。本人が大阪生まれの京都育ちだけに、上方独特のノリにも理解があっただろうし。
    • 「大地の子」(「白い巨塔」と同じく山崎豊子原作)の主演も仲代達矢ではなく彼であっただろう。もちろん上川隆也と共演。
    • 「華麗なる一族」(こちらも山崎豊子原作)テレビドラマ2007年版にも特別出演していたかもしれない。
      • イメージとしては大川一郎役か永田大蔵大臣役が似合いそう。
      • 「不毛地帯」(TVドラマ2009年版)、映画「沈まぬ太陽」(こちらの2作も山崎豊子原作)にも出演。
      • 当然、山崎豊子の葬儀に参列していた。
    • かつて倉本總脚本の「白い影」(1973年版)に主演した関係で、やはり同氏脚本の作品「北の国から」にも特別出演しただろう。
    • 1976年の主演作「高原へいらっしゃい」の縁で、最低1回は山田太一脚本作品で主演もしくは重要な脇役で出演していただろう。
      • あるいは「高原へいらっしゃい」の2003年版に特別出演していたかも。
  6. 勝新太郎の訃報及び葬儀の際には一番涙を流していたかもしれなかった。
  7. 清酒大関のCMはもっと続いて起用されていた。
    • 渡哲也との共演バージョンも製作されていた。
    • 稲垣吾郎(SMAP)とも共演していた。
      • 稲垣の上司役だったかも?。
    • 指原莉乃(AKB48・HKT48)とも「ワンカップ大関」のCMで共演していた。
      • 多分指原の父親役又は上司役で出演。
  8. 徳間大映が角川映画に吸収されて「大映」のブランドが消滅した際には、愛憎入り混じった会社ではあっただろうけど残念そうなコメントをしていただろう。
    • (角川つながりで)ケロロ軍曹でポール森山の声を担当してたかも(現実の世界では藤原啓治がナレーターと掛け持ちの格好で担当)。
  9. 2009年4月にスーパーモーニング内で放送された「時空ミステリー」で田宮を取り上げる事も無かった。
  10. 映画「誘拐報道」で、史実では三波伸介が演じた支局長役をやっていたかもしれない。
  11. 2010年には自身の芸名の元となった田宮謙次郎の訃報を悲しんだだろう。
  12. 柴田光太郎の変態キャラ、有吉弘行に「ブラマヨ」と変な渾名を付けられてショックを受けていたのだろう。
  13. 「半沢直樹」や「ルーズヴェルト・ゲーム」等の池井戸潤原作のドラマ作品に出演していた。
    • 「下町ロケット」(2015年TBSドラマ版)で、史実では杉良太郎が演じていた藤間秀樹(帝国重工社長)を演じていたかも。
      • 登場人物の一人に『財前道生』がいるのでシンパシーを感じていたかも。



関連記事