もし石原裕次郎が健在だったら

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索
投稿規制
現在このページ(もしくは節・カテゴリ)は他者に不快感を与えたりサイト趣旨から逸脱するなどの問題が考えられるため、下記の投稿を規制しています。
この規制に反する投稿は削除や注意または投稿ブロックの対象となりますのでご注意下さい。本件に関するご意見などはトークページへお願いします。
規制する投稿:本人ではなく、兄(特に政治関連)に関連した内容
  1. 『ゴリラ・警視庁捜査第8班』に出演している。
    • この時期の三菱車だと、ドアを開けずに飛び乗れるオープンカーがないなあ・・・
    • いや、日産車が引き続き使われていそうだが。やっぱりS13シルビアをオープンにして。
  2. 過去に製作された刑事ドラマのリメイクが行われている。
    • 90年代に『西部警察』がリメイクされ、本人も出演。
      • テレビ朝日開局40周年の1998年?実史でテレビ朝日開局45周年となる2003年にスペシャル版が制作されたが、名古屋市内で起きた撮影中の事故で、無期限延期されてます。
    • 『太陽にほえろ』のスペシャル版が何度か製作されている。
      • 2003年には日テレ開局50周年記念として「太陽にほえろ21」が製作・放送されそう。
    • 上記作品の映画化も有り得たかも。
    • 松田優作の葬儀に参列し、何らかの弔辞を読み上げていた。
  3. 歌手としてもシングル・アルバムを何枚か発表している。
    • ザ・ベストテンに生出演し、「北の旅人」を歌っていた。
      • 一回ぐらいはNHK紅白歌合戦に出演していた。初出場でいきなり大トリの可能性も。
        • 「北の旅人」の好セールスは追悼需要がもたらしたもの。健在なら話題になることもなかった。
        • 現実には1957年に、雪村いづみの応援として出場。
    • ボーカロイドの元声になっていた(名称は「YUJIROID(ユージロイド)」)。
    • 長嶋茂雄が背番号3に復帰した2000年には「男の友情背番号・3」を自ら再録音し、CD発売した(史実ではオリジナル版音源からボーカルを流用して新たな演奏を加えたバージョンが発売された)。
  4. 渡哲也は現在でもNo.2のまま。
    • 舘ひろしもずっとNo.3のままである。
    • 渡が出演している製薬会社「第一三共」のCMに渡と共演している。
  5. 今の家庭用AV機器の性能が良くなったので、過去の制作した映画&ドラマがDVD化がされる。
    • 実際にいいものであれば素直に認めるという人だったらしいので、今のようなことにはならなかったのかも・・・。
    • 2008年現在ではブルーレイ化も実現している。
    • 『黒部の太陽』も石原プロでリメイク
    • 何れかの電機メーカーの薄型テレビやブルーレイディスクレコーダーのCMに出演していた。
      • 「地デジが待ってるぜ!」と言うキャッチコピーで草なぎ剛とは別バージョンで地デジ化推進のCMに出演していた。
  6. 1994年のスペースシャトル「コロンビア号」打ち上げに際し、自身の手術を担当してくれた向井千秋宇宙飛行士にコメントを寄せていた。
    • 1998年の「ディスカバリー号」打ち上げの際には訪米していたかもしれない。
      • 諸事情で訪米がかなわなくても、ビデオレターくらいは送っただろうね。
  7. ゆうたろうとの揃い踏みが見れたかもしれない。
    • Y!mobile(ワイモバイル)のCMで共演していたかもしれない。
  8. 「太陽にほえろ」は少なくとも元号が平成になるまでは放送された。
    • よって又野誠治が演じるブルースが殉職し、後任に京本政樹が配属された。
      • 実際は石原裕次郎の体調が良くなく、打ち切りになったため出来なかった。
      • また、(実史の)最終回で、裕次郎のアドリブも無かった。
  9. 又、日テレ系金曜20時枠の番組は、「刑事ドラマ枠」として継続されていた。
    • 「ネプ&イモトの世界番付」はどこの時間帯へ移動したのだろうか?
  10. 自身の代表作を名乗ったこのゲーム作品に対して訴訟を起こしていたかも。
    • いや、結構寛大に許していたかも。ゲーム制作者が恐縮しながら挨拶に行ったら本人から「いいねぇ~」とニコニコしながらOKがもらえたかも。
      • 勿論、出来が良ければ!の話だが。
      • いくら寛大な裕ちゃんでもあれはNGでしょ・・・。
    • 「龍が如く」にもカメオ出演していた。
  11. 石原プロ製作のホームドラマ「熟年離婚」や「おいしいごはん」では近所のご隠居(通称:ボス)役で出演。
    • 2007年に放送された新春ドラマスペシャル「マグロ」にも出演し、渡哲也と共にニコニコ動画のMADネタにされていた。
  12. 日テレの「時空警察」、テレ朝の「相棒」シリーズにも出演。
    • 2015年・2016年の日テレ&Hulu共同制作の「ラストコップ」に特別出演していた。
  13. 清酒『松竹梅』のCMも暫らくは彼のままで、渡は今までどおり同業他社の『大関』のCMに出演し、バージョンによっては田宮二郎と共演していた。
    • 前田敦子とも共演していた。
  14. 彼の物真似をするゆうたろうと対面する。
    • 当然、石原良純の物真似をする神無月とも対面する。
  15. 「太陽にほえろ」を再現した缶コーヒのBOSSのCMでは、藤堂俊介役はゆうたろうではなく本人がやっていた。
    • そのCMよりも10年以上前に製作され、岸谷五朗が出演した缶コーヒーのBlendyの「ブレンディ刑事編」のCMにも出演していた。
  16. 「大河ドラマ」にも大物キャラ(キャストロールのトメ)として出演していた。
    • 水戸黄門にも最低1回はゲスト出演していた。
  17. キムタク主演の「Mr.brain」、天海祐希主演の「BOSS」にも警視総監(元伝説の刑事)役で特別出演。
  18. ブログの帝王になっていたかもしれなかった。
    • そして、ツイッターにも進出。
  19. ビートたけし(北野武)とドラマか映画で共演していた。
  20. 「ダウンタウンDX」にレギュラー的に出演し、大ボケ発言をした際に浜田から「何言うてんねんボス!」とよく突っ込まれる。
    • 「SMAP×SMAP」にもゲスト出演した。
    • 「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!」の「笑ってはいけないシリーズ」にも出演。(実史はゆうたろうが出演。)
  21. 以外に都知事になるかもしれない
    • あるいは兄が都知事に初当選した時お祝いに駆けつけていた。
      • 「弟」は執筆されていなかったかもしれない。
  22. 阪神淡路大震災等の大災害の被災者支援の炊き出しの際、先頭に立って陣頭指揮をしていた。
  23. 古巣である日活が倒産した際、再建のために何らかの手を貸していたかもしれない。
  24. 島田紳助の引退時に何らかのコメントをしていたかも。
  25. 2013年11月30日にファミリー劇場で放送された石原プロ創立50周年記念番組に本人が出たかもしれない。(実史はまき子夫人が出ていた。)
  26. ローランド社のDTMソフト「ミュージ郎」のイメージキャラクターになっていたかも。
  27. 神田正輝と徳重聡が出演していた2018年のドラマ「下町ロケット~ゴースト・ヤタガラス~」に沖田勇帝国重工会長の役で出演していた(史実は品川徹)。
  • そして何よりも、親族であるこの人の言動にブレーキを掛けてくれていたと思われる。
  • 2016年に、兄・石原慎太郎が都知事時代に決めた築地市場の豊洲移転に絡んだ問題のとばっちりを受ける可能性あり。理由は当然、豊洲のヤバイ廃棄物。

関連項目[編集]




関連記事