もしあの番組が終了したら

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索

新規追加は放送局ごとの五十音順で。

  • 「(放送局)の看板番組が一つ減る」「(視聴者層)の楽しみが減る(落胆する、など)」という投稿は当たり前すぎるので禁止。
  • 事件や降板などで打ち切られそうになった場合についてはもしあの番組が打ち切られていたらへ。
  • 実際に終了した番組はトークページヘ移動させます。

目次

分割済み[編集]

NHK[編集]

NHKスペシャル[編集]

  1. 原因はネタ切れか予算縮小、あるいは重大なやらせ行為の発覚だろう。
    • ムスタンや奇跡の詩人どころではないNHK史上まれに見るヤラセならこの番組など吹っ飛ぶのは間違いない。
  2. かつての「NHK特集→NHKスペシャル」の流れから推測するに似たようなタイトルの番組が新設されてもおかしくない。
    • 番組名は「NHKドキュメンタリー」か。
    • 現在の日曜9時台ではなくもっと辺鄙な時間に追いやられそうな気がする。
    • ETV特集があるのでGTV特集とか。
  3. 日曜9時台はドラマかバラエティに転用される。
    • 民放の右にならうかたちで 「News Watch9」 の週末版もアリ。

大相撲中継[編集]

  1. 日本相撲協会は崩壊する。
    • マイナスの伝統が無くなるんだから、ある意味素晴らしい事だと思う。
  2. 国際的に相撲のブランドが暴落する。
  3. NHKの株価が多少は上昇する。
    • いつの間に民営化された!?
    • 特殊法人に株式は存在しない。
  4. NHKの後釜として民放各局が放映権を巡って参入合戦を展開する。
    • テレビ局の意向でショーアップされる。
      • 土俵入り、力士入場時に各力士ごとのテーマソングが流れる。
        • 某動画サイトでテーマソングを入れ替えたMADが作られる。
      • まわしに広告が入る。
        • 懸賞幕を持った呼出がアップで映し出される。
          • でもCMスポンサーとバッティングする場合は懸賞幕にモザイクがかけられる。
          • ついでに懸賞の金額が大幅アップ。
      • 軽量級、中量級、重量級のカテゴリーに分かれる。
      • 海外のスポーツ専門チャンネル(順当ならアメリカ)が放送権を購入して、国技館がラスベガスに移る。
      • 力士にキャッチフレーズが付けられる。
      • 国技館にLED映像装置が設置される。
    • そうなっていたら2010年名古屋場所の時に民放が中継していたのでは?
      • 現実味があるのは、(実史で)『ダイジェスト』を放送したテレビ朝日か、ラジオでの中継実績があるTBS、あるいは毎年2月に『大相撲トーナメント』を放送したフジテレビかな。
  5. 相撲通で知られるあのお方がカッカする。
    • むしろそのお方が民放相撲中継のレギュラーとなる。
  6. 本場所を休もうとする力士が増える。
  7. あの人が横審から外れる。
    • 史実でも2009年1月に退任。
  8. 中継のゲストにこの人が来る。
  9. 北の富士さんと藤井アナの名コンビは事実上解消となるが、この藤井アナあるいはこの藤井アナ(どちらの藤井アナも相撲通)と組んで、名目上「北の富士・藤井コンビ」が継続される。
    • その際、岩佐アナは多額の契約金で引き抜かれ、閣下とともにマニアックなトークをする。
  10. 系列局のない地域に配慮しBSデジタルでも放送される。
    • それでも午後1時から放送されるか微妙。
  11. 特定の力士を過剰に持ち上げる報道姿勢になり問題視される。
  12. 幕内後半の取組がゴールデンタイムに行われるように進行が遅らされる。
  13. テレビ朝日で「大相撲ダイジェスト」が復活!
  14. 放送はネットのみになりそう。
  15. 当然、2015年2月にNHK総合テレビで放送された『探検!バクモン』で、(同年1月開催の)初場所前の裏側が放送される事も無かった。
  16. むしろ大相撲を生で見ようと両国国技館は連日満員御礼に!?
    • 要はテレビで楽をする人が多くなったから国技館の観客数が減ったのかもしれない。
  17. 国民の大相撲離れが進む。
    • 五月場所や九月場所を京都か広島に移す噂が流れる。
  18. 逆に両国国技館は連日満員御礼になることも。

ごごナマ[編集]

  1. ゴゴスマから名前が紛らわしいとクレームがきて終了…という事にはならないはず。
    • 船越英一郎の離婚問題で終了…という事にもならないはず。
  2. 後番組は結局再放送枠。
  3. ニュースシブ5時も終わらせて後番組をNHK大阪放送局発にするかもしれない。
    • 4時も!シブ5時に当たる枠は再放送枠に。

国会中継[編集]

  1. スカパーの「国会TV」が復活しそう。
  2. あるいはテレビ中継は全廃されインターネット中継だけになる可能性も。
    • これだと注目度の高い法案の審議時にサーバーが落ちる危険性がある。(実際、安保法案の時に繋がりにくかった)
  3. 「最悪の低俗番組がついに打ち切られた」とネタにされそう。
  4. どこかの民放が参入しようとするが拒否される。

大河ドラマ[編集]

  1. 原因はネタ切れか視聴率の低迷、あるいは予算の縮小か?
  2. 誘致運動をしていた各地域は怒り心頭に。
    • NHKに「誘致費用を返せ」などという怒りの声が大量に寄せられる。
  3. 「大河ドラマの精神を受け継いだ」と称する大型ドラマ枠が新設される。
    • 放送期間は1作品当たり半年か。
    • 現代劇も放送されそう。
  4. 時代劇の存続そのものが危機にさらされかねない。

ニュース7[編集]

  1. クローズアップ現代も終了。
    • むしろクローズアップ現代が1時間番組になる。
      • でも、2015年春に発覚した「ヤラセ」問題で、視聴者から苦情が入り、30分番組に戻すかも。
    • 18時台前半は「ニュース」、後半は地域番組を放送。
  2. 民放が夜7時にニュースをぶつけてくる。
    • 日テレが追跡、TBSが総力報道thenews、フジテレビが夜のゴールデンショー、テレビ朝日がニュースシャトルを復活させる。
      • 現実通りなら日テレは「NEWS EVERY」、TBSは「Nスタ」、テレ朝は「スーパーJチャンネル」でしょう。
    • 逆に民放に揃えて、18時台に総合大型ニュース番組を持ってきて、19時台は19時55分から5分間のニュース・気象情報(実史で19時58分から放送の「気象情報」を拡大する形)を放送じゃない。
      • そうなれば、『NHKニュースワイド』のタイトルが復活。
  3. 「NHK総合テレビでの午後7時の定時ニュースが無くなる」という意味の場合は、次のとおり。
    • 最終回のラストでは、それまで冷静にニュースを報じてきたキャスター達が、涙声で別れを告げる。
    • その日は、「ニュース7」終了後に、特別番組「さようなら、NHKの7時のニュース」が放送され、「ニュース7」の歴代キャスターのみならず、単に「NHKニュース」と名乗っていた時代の歴代キャスター(西沢祥平、松平定知など)も出演し、座談会を行い、そしてこの番組が報じてきた時代について触れる。
    • 後番組はアニメ(史実でも1978年のNHK初のアニメ枠は「特派員報告」の後番組)といいたいところだが、少子化の進んだ今日ではそうするのは難しい。ただし、打ち切りが別の時代(20世紀中で、少子化以前の時代)ならありえた。
  4. 余談ながら、20世紀中に「NHKの午後7時のニュース」が無くなったら、当時の子供たちが大喜びしたはず。つまり、その事で民放のその時間の番組を親が見る事を許すようになるので。
  5. 7時台の民放番組が視聴率がよくなっていた。

のど自慢[編集]

  1. 終了するとしたら3月。
    • チャンピオン大会は最終回の前夜に放送される。
    • 3月の最終日曜日に今までの総集編を流して終了。
  2. 「アッコにおまかせ!」の視聴率が上がる。
  3. 後継番組も全国各地を回る番組だろう。
  4. 演歌衰退のきっかけになりかねない。

みんなのうた[編集]

  1. 当然昔人気だった曲も見られなくなる。
  2. 視聴者の声に応えて、放送第1回目から順次再放送を行うことになる。過去の名曲が再び流れたり、当時はどうと言うことの無かった曲が改めて脚光を浴びたり。
  3. 連鎖的に「みんなの童謡」も終了。
  4. 原因は「少子化のさらなる進行+NHKの財政悪化」といったところ。

連続テレビ小説[編集]

  1. 理由があるなら視聴率の低下か、局の意向だろう。
  2. 帯番組のドラマが昼ドラだけになってしまう。
    • ただしNHKが「別の時間帯に帯番組ドラマを新設」という手に出ればそうならない。
      • と、思いきや昼ドラの方が先に終了してしまった…
  3. 後番組は設けられずあさイチの時間拡大だろう。
    • 昼は 「ひるブラ」 の拡大かな?
  4. BSでの旧作の再放送はひっそり続くような気がしてならない。
  5. 「次は大河ドラマが危ない」という話が放送関係者やNHKファンの間で噂される。

バラエティー生活笑百科(大阪局制作)[編集]

  1. 笑福亭仁鶴をテレビで見る機会がなくなる。
    • というより「仁鶴師匠が出られなくなり大幅リニューアル→視聴者に逃げられる」といった展開の方がありそう。
      • 「仁鶴師匠の逝去で終了」という形もありえる。
  2. 後番組は演芸番組に戻る。


テレビ朝日系列[編集]

雨上がり決死隊のトーク番組 アメトーーク![編集]

  1. あるとしたらマンネリ化によるテーマのネタ切れ、もしくは雨上がり決死隊の2人の意向によって、か?
  2. 最終回のテーマがどうなるか気になるところ。
    • 今までの総集編ではないだろうか。

Qさま!![編集]

  1. 時間帯移動で視聴率が月8時代よりも下回っていた原因で番組終了になっていた。月曜日のクイズ番組代表と言えば「ネプリーグ」になっていた。
  2. 月9ドラマは視聴率を持ち直していた。
  3. 「プレッシャーSTUDY路線で行き詰まり変な方向に走る」などという事態が発生すれば現実になりかねない。

くりぃむクイズ ミラクル9[編集]

  1. 改編期に放送される「クイズサバイバー」も終了。
    • 寧ろ、ミラクル9の復活番組として改編期に放送されていたと思う。もちろんミラクル9のクイズコーナー復活もあり得るだろう。
  2. 大家志津香の「大家ヒント」も無くなる。
    • 大家志津香の支持率低下やいかに?
  3. フジテレビ水8の迷走状態から脱却していた。「おじゃマップ」の視聴率も回復していた可能性がある。

サタデーステーション・サンデーステーション[編集]

  1. 土日午後9時台の情報番組新設は失敗とみなされていた。
  2. 後番組は午後10時台と合わせて2時間枠に戻っていた。
  3. 代わりの情報番組はジャニーズの番組を潰して午後11時台での放送になる
  4. 報道ステーションに影響が出ていた。

スーパーJチャンネル[編集]

  1. 後番組はもちろんニュース番組だが、放送時間は月曜~金曜15:50放送になっていただろう。
    • エンタメもちゃんと報道しているだろう。
    • 今のところ金曜のみ15:50放送だが、どうなるだろうか。
  2. 10年以上続いた夕方ニュース番組はひとまず消える事に。
  3. 番組タイトルにはニュースシャトル以来久々に「ニュース」を付けた番組になる(他局は全部番組タイトルに「ニュース」が付いてる)。

スーパーヒーロータイム[編集]

  1. あるとしたら視聴率低下またはマンネリ化。
    • 少子化…
    • 流石にないだろうが、バンダイが倒産した場合は完璧にアウトになる可能性大。
  2. 後番組はワイドショーを持ってくる。
    • 『題名のない音楽会』を6時半に移動させ、7:00 - 9:30枠で『松岡修造モーニングショーSUNDAY』を開始。
      • メ~テレはアニメ枠を失う代わりに、ネオバラエティ1枠の制作権(名目上テレ朝と共同制作)を取得。
  3. ついでにプリキュアとバトスピも終了。
    • そうなったらテレビ朝日は午前9時に放送を開始する。
      • 現実的に考えると「通販番組→地味な情報番組」という感じで何とか朝の時間を埋めているのでは。
      • 現在は独立局でもそのような時間まで放送開始がずれ込むことはまずない。
        • テレ東・・・
        • 例:KBS京都はだいたい6時前に放送開始。
  4. 地上波から特撮ヒーロー番組が消滅する。

題名のない音楽会[編集]

  1. 原因は出光興産のスポンサー撤退。
    • テレ朝の都合によるものなら、番組そのものが出演者・スタッフ・スポンサーごと他局に移籍している。
  2. 最終回は存命の歴代司会者が集結して番組の歴史を振り返るものになるか。
  3. 後番組は「渡辺篤史の建もの探訪」あたりか。

タモリ倶楽部[編集]

  1. 原因はタモリの芸能界引退。
    • 『ミュージックステーション』の項でも書いたが、「いいとも!」終了後に、NHK「ブラタモリ」(新シリーズ)とフジ系「ヨルタモリ」が始まった(言い換えれば、テレビの仕事をする意欲がある)から、終了するとすれば、本人の逝去か仕事の継続が困難な事態になった場合だと思う。
  2. 最終回の内容が想像できない。
  3. 後番組はやはりお願いランキング。
  4. 「空耳アワー」のコーナーの人の生活に影響が出る。

徹子の部屋[編集]

  1. 黒柳徹子は芸能界引退。
  2. この番組が終わるとしたら、その理由は「本人の逝去」以外考えられないので・・・・・・まだまだ続くぞ。
    • 多分、番組終了は、TBSラジオ&コミュニケーションズ・JRN系列で放送された「小沢昭一の小沢昭一的こころ」と同じ形となるかも。
    • 本人は「90歳までは続ける」と宣言しているので、それ以降本人の健康状態及び意欲次第ってことになりそう。
      • ちい散歩同様に病気などで本人の健康状態が悪化して出演できなくなった後しばらくして逝去の場合、出演不能となった後は傑作選の再放送→逝去後に追悼とこれまでの歴史を振り返る形になるかも。
      • 逆に急死の場合は、次の番組の準備ができるまで追悼を兼ねた傑作選になるかも。
  3. 最後は今までの総集編を流して終了。
    • 1回、1時間の放送で収まるとは思えない。一週間ぐらい続くだろうなぁ。
      • 時期にもよるが、キリの良い時期まで傑作選みたいなのを放送し、改変期などにゆかりのあったゲストを迎えて長時間のスペシャルを放送するかも。
    • ゴールデンタイム独占してスペシャル流して・・・
    • 黒柳徹子追悼番組として放送する。
    • どんなときでもユーミンが最終出る(既に公言)。
  4. タモリの密室芸が見られなくなり、そちらのファンにも悲しむ人が出てくる。
  5. テレビ朝日は「ワイド!スクランブル」の放送時間を延長し、某料理番組を内包。
    • その某料理番組は、2014年10月から再分離して独立番組になる様だ。
  6. 芸人達が枕を高くして寝られるようになる。が、徹子ネタが出来なくなる矛盾を抱える。
  7. ももクロが徹子の髪型のものまねを封印してしまう。

報道ステーション[編集]

  1. 理由があるとすればおそらく司会の古舘伊知朗の意向次第(実際前番組の『ニュースステーション』終了も久米宏の意思によるものだったので)
    • むしろ古舘の発言が物議を醸し、そのまま打ち切りになる…という可能性がありそうで怖い(実際、放送当初は物議を醸すような発言も多かった)。
    • 番組内での「古賀発言」問題がこじれて、自民党の怒りを買って、テレビ朝日に裏で圧力をかけて終了させるとか。(実史は終了させる事は無かったが…。)
    • 2016年3月31日、古舘伊知朗が司会降板。番組は2代目司会をキャスティングして続く。
  2. 番組終了後古舘は以前のようにバラエティやクイズ番組の司会に復帰か?
  3. 後番組はやはりニュース番組か、あるいは他局のようにニュースを23時台にしてこの時間にバラエティやドラマを持って来るのか?
    • もし仮に後者だとしたら系列のABCを含め大幅な番組改編が行われるのは必至だろう。
  4. テレビ朝日の○○ステーションとつく番組も終了。
  5. がどんな反応をするかは言うまでもない。

ミュージックステーション[編集]

  1. 若者向きの音楽番組がゴールデンタイムからほぼ全滅となる。
    • 「HEY!HEY!HEY!」はどちらかというとトーク中心だし。
      • HEY!HEY!HEY!も既に終了したようなので・・・。
    • ていうか、あれが若者向きかどうかも微妙だし。
  2. でもネット動画でプロモーションビデオなどが流れているので影響は少ないかもしれない。
  3. 2013年現在のテレ朝社長が手がけた番組だから続いてるらしい。ということは社長が辞めたら…か。
  4. 『いいとも』も同時期に終了
    • 2014年に本当にいいともが終了したが、Mステは今のところ終了の話は出ていないようだ。
    • ただこちらも司会者であるタモリの意向次第かもしれない。
    • でも、「いいとも!」は帯の生放送、Mステは週一で一部回を除き収録だから、タモリに何らか異常が生じた場合かテレ朝の都合でない限り、続くんじゃないの。
    • 多分、司会者交代程度になると思うよ。
      • 最初からタモリ司会じゃなかったしね。(「今夜は最高!」の時のような)余程のトラブルとかでない限りは降板程度で終わることはないだろう。
    • 「いいとも!」終了後に、NHK「ブラタモリ」(新シリーズ)とフジ系「ヨルタモリ」が始まったから、終了するとすれば、本人の逝去か仕事の継続が困難な事態になった場合だと思うよ。
  5. 本番組の打ち切りが含まれたテレビ朝日の改編が「M捨て」という別名で呼ばれるようになる。

ワイド!スクランブル[編集]

  1. 昼間のANN NEWSは単独枠に。
  2. 九州地方では『アサデス。九州・山口』の放送時間が延長される。
  3. 11時台・13時台は再放送枠に逆戻り。
  4. 12時台のテレビ朝日の編成はこうなる。
    • 徹子の部屋(40分)→上沼恵美子のおしゃべりクッキング(15分)→東京サイト(5分)
以下、朝日放送制作

おはよう朝日です[編集]

  1. それでもキー局の番組は放送しない。
    • コケコッコー→ドデスカやモーニングモーニング→朝はポレポレ→アサデス。の例もあるから、名前だけ変えてとりあえずローカルワイドを続けている。
  2. 朝からプ●キュアを持ってくるが、やっぱ(ry
  3. 「おはようコール」が枠拡大するかも。

新婚さんいらっしゃい![編集]

  1. あるとしたらおそらくマンネリ化、あるいは文枝師匠の降板と同時に、か?
    • 少なくともこの番組=文枝、というイメージが完全に定着しているだけに司会者が交代してまで続く可能性は低いと思う。
    • ある放送業界情報誌でも、ABCスタッフがこのような発言をしていた。ただ、『アタック25』次第ではないかと思う。
  2. 場合によっては続けて放送されている「パネルクイズアタック25」も後を追うように終了するかも知れない。
    • 当面継続だろうが、確かに『アタック25』次第という部分は往々にしてある。日曜日の生活環境の変化もあるので、今後は分からないが…。
  3. 考えられるのは、桂文枝の逝去か仕事の継続が困難な事態になった場合だと思う。
    • 日本テレビ「クイズ世界はSHOW by ショーバイ」みたいに司会者が変わって継続するが、「視聴者から様々な苦情が入って終了」という形もありそう。

探偵!ナイトスクープ[編集]

  1. 理由があるとすればマンネリ化。
    • 以外な所で、「過激な依頼」を放送し、BPOや総務省の警告を受け、終了するかも。
  2. 下手したらABCそのものが危ない。
  3. 後番組は関西ローカルで同じようなバラエティ番組を放送するも定着せず→最終的には「金曜ナイトドラマ」を同時ネット、で落ち着きそう。
  4. 「圧力団体を怒らせた」「芸人が再起不能の重傷を負った」など事実無根の話が「打ち切りの真相」としてもっともらしく語られる。

パネルクイズアタック25[編集]

  1. 視聴者参加型クイズ番組が消滅する。
    • そうなってもホールドオンがNHKでやっているから、ギリギリ首の皮一枚繋がっている状態ではある。
      • ホールドオンが終了したため今なくなったら消滅になる。
  2. 理由があるとすれば・・・マンネリ化だろうか。
    • むしろ浦川アナが吹っ切れて終了&引退宣言。
    • 児玉さん逝去で終わると思っていたが、児玉さんの意思もあって続けているんだろう。とはいえ、日曜昼の生活環境が変わっている今、いずれ『新婚さん』とセットでの終了もあるだろう。
    • 「浦川アナが吹っ切れ」どころか、2015年4月から司会が変わって継続したな。
  3. 場合によっては同じABC制作で前の時間に放送されている「新婚さんいらっしゃい!」も後を追うように終了、という可能性も。
    • 民放では唯一なので、当面継続だろうけど、『新婚さん』次第だろう。
  4. TVのクイズがバラエティ化するため、相反して競技クイズのオープン大会はより一層難化傾向を強めることとなる。
  5. この番組とシステムがよく似た芸能人参加のクイズ番組がどこかの時間帯で新設される。

テレビ東京系列[編集]

おはスタ[編集]

  1. 理由があるとすればマンネリ化or少子化。
    • それかメイン司会の世代交代に失敗した時。
  2. 『モーニングチャージ!』が朝7時30分までに放送時間が拡大する。
    • あるいはモーニングサテライトの放送時間が拡大する。
  3. テレビ東京平日朝の子供向けバラエティ番組が無くなってしまうので、代わりに午後5時or6時台に新たなる子供向けバラエティ番組を放送していた。
    • おはスタは土曜か日曜の放送に縮小する可能性が高い。

開運!なんでも鑑定団[編集]

  1. テレ東そのものが(ry
    • ポケモンがある限り、それはない。
    • 2014年~2015年現在なら「Youは何しに日本へ?」「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」もある。
  2. 福島テレビでは「ウチくる」をリアルタイムでネットするようになる。
    • 「胸いっぱいサミット」の遅れネットかもしれない。
  3. どこかの局が似たような鑑定番組を始める。
    • 読売テレビがやると思う。
      • 読売テレビで放送された「EX OSAKA」の最終回で「司会・島田紳助付き」を出品し、落札したのがテレビ東京で、この番組が始まった経緯がある為、以外に現実味があるかも。
    • しかし「パクリ」「二番煎じ」の謗りは免れず、視聴率低迷。
    • 似たような番組なら「世界お宝ハンティング 勝負は目利き」があったが、それの二の舞になりそう。
  4. 優良番組を失う地方局が困るかもしれない。
  5. 原因はおそらく鑑定士の世代交代失敗。

午後6時台のアニメ番組[編集]

  1. 多くのアニメ番組は打ち切りか放送時間移動を余儀なくされる。
    • 生き残るのはプリパラ、遊戯王、アイカツ、妖怪ウォッチぐらいかな。
  2. 前半30分はゆうがたサテライトを延長、後半30分は7時台の番組が6時30分スタートになる。
    • そうなるとポケモンがある木曜の6時30分枠だけはアニメ枠になりそう。ナルトは原作が終わったので打ち切って、6時30分~8時まで小学館のアニメで固めそうだが。
  3. テレ東がアニメを捨てたとネットでは大騒ぎになる。

出没!アド街ック天国[編集]

  1. 理由があるとすれば愛川欽也の芸能界引退。
    • キンキン亡き後も峰竜太が司会で続行しそうな気がするが…。
    • 愛川欽也は降板(直後に死去)したが、井ノ原快彦とは斜め上だった…。
  2. 「東京目線で地元を知らない連中に地元を紹介されたくない」という理由で苦情が来て終了したりして。

年忘れにっぽんの歌[編集]

  1. 夏祭りにっぽんの歌の終了。
  2. 会場が確保できないという理由でなくなる可能性も。
    • 2015年度にはゆうぽうとが閉鎖してしまい、事前収録の上で八王子で開催という形になったわけでして。
  3. テレ東の大晦日はジルベスターコンサートとボクシング中継の放送時間が繰り上がる。

日曜朝のポケモン番組[編集]

  1. 理由があるとすれば視聴率低下とスタッフの意向。
    • それか株式会社ポケモンおよび任天堂の経営悪化。
  2. 後番組はアニメや子供向け番組を放送するも視聴率に苦戦が続き定着せず→最終的には他局に対抗してワイドショーを放送、という風になるだろう。
    • それかアニメなどの再放送になる。
  3. 中川翔子やロバート等の仕事が激減する。
  4. 最後は今までの総集編を流して終了。
  5. 「ポケモンゲットTV」が終了したと思ったら「ポケモンの家あつまる?」が新たに開始してしまった。ただしアニメの部分は終了した上で放送時間も30分に短縮。
  6. いっその事、対象年齢をやや高めにしたうえで深夜帯に移転という可能性もあるかもしれない。

乃木坂工事中[編集]

  1. 乃木坂46とバナナマンの関係やいかに?
    • バナナマンは 「乃木坂46の公式お兄ちゃん」 の通称にも影響を与えかねない。
  2. 「欅って、書けない?」 にも影響が出る。
  3. 下手したらAKB本体以外解散になりかねない。

ハロー!プロジェクトの番組[編集]

ハロプロの番組は2008年9月にハロモニ@が打ち切りになって以降半年間は深夜の帯ミニ番組のみとなり2009年以降木曜深夜30分番組が開始され番組名を変えながら現在までなんとかこの枠は確保された状態となっている。もしその番組も終了したら…

  1. 理由があるとすればモーニング娘。の人気低下。
  2. SATOYAMA活動も終了。
  3. ハロプロの歌披露の機会も減る。
  4. モーニング娘。などハロプロを知らない人が続出。
  5. これを機にモー娘。が解散。

ローカル路線バス乗り継ぎの旅[編集]

  1. 理由があるとすればルートの枯渇か、太川陽介&蛭子能収コンビの決定的な軋轢。
    • 第12弾なんか比にならないぐらいの大喧嘩(殴り合い等)にならない限りは大丈夫だろうけど。
    • または、蛭子の死去で打ち切りかも。
      • これが一番あり得るパターンかも。太川さんも14弾で「蛭子さんがいなきゃこの番組は終わり」と言ってるだけに。
      • または、蛭子の認知症が悪化して打ち切る可能性もある(以前、某番組で『軽い認知症が認められる』と診断されている)。
      • そうなったら別の出演者を建てて続行だと思われる。
  2. 「土曜スペシャル」の廃止には発展しないが、テレ東の旅番組は現在の「行き当たりばったり路線」からの変更を余儀なくされる。
    • 土スぺ自体は2016年から路線変更したが、この番組自体は同じ枠で放送されている。
  3. 全国の路線バスの乗客数に影響が出るかもしれない(通勤・通学や観光などでの利用客は別にして)。
    • 一日乗車券の売り上げは間違いなく激減するだろう。
    • 全国のバス路線がズタズタになってしまい徒歩ばっかりになったので終了という可能性もある。
  4. 『めちゃイケ』の視聴率が持ち直す。
    • 『ブラタモリ』が裏に来たかたからそれすらも難しくなったのでは?
  5. テレビ東京の業績が悪化?

独立テレビ局[編集]

5時に夢中![編集]

  1. 後番組は『ごごたま』の同時ネットとなる。
    • むしろ昔のアニメの再放送だろう。
      • MXは本番組開始以前から17時台は生放送番組の枠だったため後番組も生放送番組になるだろ。ただ、本番組以上の人気を得られることはないと思われる。
    • ごごたまの同時ネット枠は4時台後半なのでそもそも時間帯が違う。
      • というよりMXと他の首都圏独立U局3局(テレ玉・tvk・チバテレ)は犬猿の仲なので同時ネットすることは考えにくいはず。
  2. なし崩し的にスタッフの共通する『ニッポン・ダンディ』も終了するかもしれない。
    • 「淳と隆の週刊リテラシー」まで巻き込まれる。
    • MXの情報番組総入れ替え実施は不可避。

ラジオ[編集]

オールナイトニッポン[編集]

  1. 深夜放送は縮小へと向かう。
  2. TBSラジオは全曜日でひとり勝ち。
    • それまでANNをネットしていた地方局も鞍替え。
    • そしてJUNKは土日にも放送。
  3. ラジオ大阪はこれを機にニッポン放送と絶縁。
  4. 平日はNHKラジオ深夜便とTBSの争いに、土日はアニラジに流れる。
  5. LFはこの枠をどう転用するのだろうか・・・。まさか、アニラジ?
    • たぶん音楽番組。
    • 従来オールナイトをネットしていた各局がこの番組をネットすることも考えられる。
  6. リッスンに鞍替えする放送局も出ていたかもしれない。
  7. やはりニッポン放送そのものが危ない。

日野ミッドナイトグラフィティ走れ!歌謡曲[編集]

  1. 日野自動車がスポンサーを撤退したらこうなると思う。
    • 実際に裏番組だった「歌うヘッドライト」も末期は1時間番組に短縮→いすゞ自動車のスポンサー撤退で終了したのでこちらも日野次第の可能性は高い。
  2. 後番組はアニラジ?
  3. 文化放送ラジオ大阪はこの間停波する。
  4. これで自動車メーカー一社提供のラジオ番組は全滅になるだろう。

A&Gメディアステーション こむちゃっとカウントダウン[編集]

  1. 「アニスパ!」も後を追うように終了した場合、文化放送の土曜・日曜夜のアニメ&ゲームゾーンは縮小へと向かう。
  2. 文化放送の意向次第ではこうなると思う。

JET STREAM[編集]

  1. 日本航空は消滅。
    • ナショナルフラッグである日本航空は消滅しない。だって、2010年頃に経営不振に陥った時も公的資金で保護されたのだから。
  2. JFNを離脱するFM局が続出。
  3. FMTOKYOそのものが(ry
    • 人気番組をぞくそく打ち切ったかつてのTBSテレビみたいになるのか?

JUNK[編集]

  1. 別番組もある伊集院光と爆笑問題以外はTBSラジオでの出演はなくなるかもしれない。
  2. TBSラジオは深夜放送から撤退する。

ラジオ深夜便[編集]

  1. NHKの労働組合の一部がNHKの実権を掌握したらあるかも。
    • 放送開始当時、彼らは”常時終夜放送は労働強化につながる”と深夜便の放送に反対していたそうですから。
    • 災害対策基本法の関係で終夜放送廃止は無理らしい。
    • かわりにBGMが延々と流れ続ける番組を放送する。
  2. あるいは東日本大震災後の大規模節電策の一環として。
  3. 遠距離受信マニアは大喜びするかもしれない。
  4. あるいはNHK版オールナイトニッポンを立ち上げる。

気象通報[編集]

  1. 終了理由は気象庁そのものの消滅。
  2. あるいは日本が戦争状態へ突入した場合か。(史実では太平洋戦争開戦後にアメリカ側に日本の気象状況を知られないようにするために放送を中止している)
    • 朝鮮半島北部の某独裁国家が暴走したら、あり得そう。
      • どうせ中国かどこかの衛星のデータで天気は分かるのでそのような規制は意味がないのでは。
        • 地図の戦時改描もネット上で地図を閲覧できる現代では意味がないらしい。
  3. 編成の方針によるかも。(実史では、2014年3月末を以て、午前と夜の放送を廃止した。)

ラジオ体操[編集]

  1. 終了してもすぐ再開するかもしれない。(テレビでの話ですが)80年代中ごろに一度テレビ体操(ラジオ体操のテレビ版)を終了させたところ、視聴者から苦情が殺到。数ヵ月後に放送再開に追い込まれた例がありますので。
  2. 朝欠かさず体操していた人はしかたないのでようかい体操あたりをやる。
    • 千葉県民はなのはな体操で代用。

関連項目[編集]




憧れの東京!仕事と住居を同時提供TokyoDive[PR]

関連記事