らき☆すたファン

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索

ファンの噂[編集]

  1. 涼宮ハルヒファンとの兼任が多い。京アニつながりでファンになる。
    • 「それよりハルヒ2期を早く作れよ」というアンチ層もそこそこいる。
    • そしてフルメタは忘れ去られる……(初の自社製作のアニメなのに…)
      • ハルヒファンがどうか判らないが、らき☆すたファンは忘れない(かがみがフルメタファンの為)。
    • それ以前にハルヒを見ていないと分からないネタが多い(特にアニメ)。
    • 原作者がこの作品のファンであってその影響を受けているようなので、私はこれと上の両方を合わせて当作品のファンになりました。
    • ニコニコ動画で知った人もかなり多い。
    • 平野綾のファンよりも白石稔のファンの方がらき☆すたファンには多い。
      • 白石は声優ではなく芸優としてファン受けしたように見えないでもない。
        • ゲイ優?
  2. 春日部市幸手市鷲宮町は聖地である。
    地元も「聖地」と認めた鷲宮神社
    同じく幸手権現堂堤
    • 鷲宮神社参拝騒動が社会問題となった。絵馬にキャラの絵を描くものが非常に多い。
      • 他のアニメの聖地巡礼はそれ程問題視されていないのに、なんでうちらだけ…と思っている。
      • と思ったら鷲宮、幸手の商工会がポジティブに受け入れた。蓋を開ければ大盛況。おまけに産経新聞も今のところ味方に付いてきた。
      • いつもの事ながら社会問題にしようとしていたサイトの陰謀だったのはいまや誰もが知る事実。
        • 果たして久喜市に住んでいるアニヲタはどう思っているのだろうか…
      • 地元の便乗は一過性に過ぎないと見ていた人も、2009年正月の状況を見て考えを改めた。
      • 今日ではこの姿勢を見習おうと考えている自治体がいくらか現れているほど。
    • アニメイト大宮店、ゲーマーズ大宮店も聖地。
      • アニメイトに行ったけどアニメ店長(のコスの人)がいなくてガッカリ。
        • あたりまえ。アニメイトの公式設定では兄沢は池袋店長。アニメイトは正直迷惑。
        • だからといって池袋店に行ってもアニメ店長はいない。
      • アニメイト大宮店はアニメに出てくるお店は旧店舗の外見・構造なので行くとちょっとがっかりする。
    • この作品のお陰で埼玉の地理に詳しくなったというファンが多数いる。
      • 遠方のファンの中にはこの作品がきっかけで初めて埼玉を訪れた、という人も。
      • 北東埼限定ね。所沢市秩父市深谷市なんか全く関係ありませんから。
    • その他に秋葉原有明、遠い所では層雲峡なんてのもある。ロケ地であった銀河の滝くらいは皆知ってそう。
  3. 一番人気のキャラは泉こなたではなくて柊かがみである。
    • みゆきさんの人気の無さは、ある意味異常。
      • いまや背景コンビ(みさお、あやの)の方が上。
      • ゆーちゃんにも人気で負けている。
      • ストラップの売り切れはかがみ、こなた、つかさ、みさお、みなみ、ゆたか、みゆきの順番。特にかがみのストラップはとある店では開始十分で店頭から消えるほど。
      • 絵馬ストラップにいたってはみゆきさんの設定無し。かがみんは発売開始から10分そこらで2バージョン両方売り切れた(妥協してつかさを買った人)。
        • 妥協だとぉ……
      • 嶺の花なのか、他のみんなが個性強すぎなのか。でも頑張って、応援してるから。
      • 作者の支持は高いと思う。みゆき本人を使った自虐ネタまで出していたし・・・
        • 好きだからこそ無茶させられずネタが無くて登場回数が…とも推測できる。
      • コンプエース2009年1月号で初お披露目したみゆきさんの新しい髪形は評判が良い。
        • ただ、描くのが難しいと思われるためますます扱いづらく、登場回数減の恐れが…
    • あまり語られないが、つかさもほどほどに人気がある。
      • かがみ・こなたという超強力キャラのお陰で、つかさは人気が若干影にかくれ気味…。
        • アニメでの不思議キャライメージ定着(ほとんどが福原のアドリブ)で人気上昇。
          • 妹キャラという点で、ゆたかが出てきてから少し人気を奪われちゃったかも・・・。
    • 日下部みさおの背景ぶりは既に過去の物。
      • 4巻以降はみゆきより登場回数が多いらしい。
        • 出番増量、個別キャラソン急遽発売…後ろであやのがいつも微笑んでいるけど心で泣いているんだろうなぁ…。
    • 6巻葉書による読者アンケート結果(某紙発表)は泉、柊(か)、柊(つ)、岩崎、小早川、高良、日下部、田村となった。1・2位は僅差でまだ流動的の模様。
    • そして今度のコンプ第2回人気投票では、みゆきさんがこなたやかがみを凌いで1位。ついでに言うと新たにゆかりとかが上がってきた。
      • こういう結果を見ると捏造とは言わないが、何か心理操作でもしたのではないかと思えてくる。
        • みゆきさんの1位は個人による大量投票が一番の要因らしい。一人で数百枚つぎ込んだ猛者が何人も居たとか。ゆかりさんが伸びたのは母娘で入れた人が多い様子。
      • 寧ろ、ひよりんがつかさを抜いたことの方が驚愕。途中経過ではかがみんすら抜いてたし。
  4. この曲は踊れるし歌詞は全部覚えた。
    • 勿論CDは購入済み。
    • 「太鼓の達人」でやってみた事もある。
  5. 角川作品がアニメの中にたくさん出ているのでほかの作品に興味を持ったものも多い。
    • 原作ファンには角川パロ連発のアニメ演出に反感を抱いた者が多いらしい。
  6. 漫画・アニメにどっぷり漬かった上級ヲタばかり。
    • ハルヒから流れてきたライトヲタも多し。
    • 元ネタを知る為に他のアニメにも手を出した、という人も意外と多い。
    • 何故かアニメ鉄も多い。
  7. 「どんだけ〜」といえばIKKOではなく、つかさを思い出す。
  8. 2007年の夏コミでは大量の同人誌を購入してきた。
    • カップリングは「こなた×かがみ」が王道。
      • 通称「こなかが」。
        • こなかがはアンチも多い。荒れる原因になることもあるので、話題に出すのはTPOをよく確認してから。
    • 次点は「ゆたか×みなみ」なのだが、「こなかが」人気が凄すぎる為なのか意外と本が出ない。
  9. アニメ化で大量に押し寄せてきたにわかファンに、アニメ化以前からのファンはいい加減ウンザリしている。
  10. 白石EDは正直いらなかったと思っている。
    おーれーはーシーカーイダァーー
    • ただ、「らっきー☆ちゃんねる」での小神あきらの度重なる白石いじめには同情した。
    • しかし最終回のEDまで白石EDだったのにはゲンナリ…。
      • 思わず「そこは“もってけセーラーふく本番バージョン”だろ!」と画面に向かって叫んでしまった。
      • 歌そのものは結構良いものもあったと思うんですけどね。
        • 実際に歌の評価は高い。特に「かおりんのテーマ」は絶大な支持を得ている。
  11. ニコニコ動画のらき☆すたMADを観て、一人盛り上がる。
    • 「ハ〜イ、よっこらセ●クス☆」
    • ニコニコ動画にある欝MADを見ると凹む。
      • みゆきが腹黒いのは常識。
  12. 夢はそうじろうの様な家庭を持つ事。
    • まずは幼馴染みの嫁をゲットしないとな。
    • キミキミ、ベストは柊ただお(柊父)ですよ。
  13. 7月7日といえば七夕ではなく、勿論かがみ&つかさの誕生日。
    • もちろんこちらの「閣下」の誕生日でもない。
    • こち亀の麗子の誕生日でもなく、電車男の誕生日でもなく、私の誕生日でもない(実は7月7日生まれ・・・ってそんな個人的なことはどうでもいいんだよね・・・)
      • まぁ、強く生きるんだ。
      • なんかうらやましいです(byつかさ派)
    • こっちのツンデレでもない。
    • 上で兼任とあったが、ハルヒ関係を連想する人はいないんだろうか?
  14. 『ネポスこどもCLUB』の主人公「ネポ」がかがみと同一人物だと知ってびっくり。
    • 本当ですかッッッ?
      • 他のサプライズとしては、ひより=シグナム姉さんってのもある。
  15. 脇役を全てこなしてくれた立木文彦&くじら両氏は影の主役だと思っている。
    • しかし「くじら自重!」が口癖でもある。
    • 正直、スタッフの自家発電でも良いからきちんとキャラごとに声を割り当てて欲しかったと言う意見も強い(作画が良いだけに余計にその落差が目立つ)。
  16. 「3年B組」の担任といえば「金八先生」ではない。
    • また、オープニングコントでかがみのテンションが低かった本当の理由を知っている。
      • 本当の理由は何だったの?
  17. アニメ第22話では不覚にも泣いてしまった。
    • その後、関連のMADを観てさらに号泣してしまった。
    • ファンの間では第22話が真の最終回だとも言われている。
    • 「らき☆すた殺人事件」を直後に読んでしまい、別の意味で泣く。
      • それはどんな意味だとしても泣けないと思う。
        • 「何このかなたをダシにした展開…」という意味で。何でよりにもよって22話の直前に発売なんだよw
  18. 久喜市には絶対に住みたくも無いし、拝金主義者の巣窟だと思ってる。
    • しかし鷲宮へ行く時にどうしても通らなければならないのが納得いかない。
    • 東武線で栗橋→東北本線東鷲宮と経由すれば回避も可能だが、東鷲宮から遠いのがネック。
    • だが肝心の鷲宮町は、久喜市への合併を進めているのが現状…鷲宮の名は近いうちに消える。
      • 2009年度末に菖蒲町・栗橋町と共に吸収合併されました。
  19. 12話Aパートでのコミケ描写を見て「凄い…。」と思う層と「フッ…まだまだ甘いな。」と思う層に大きく分かれる。
    • かがみんに妙な親近感が沸いた腐女子は多い筈。
    • 大宮経由で会場に行ったようだが、春日部のほうからなら押上・永田町経由で行ったほうが近道だと思った奴はいるのだろうか。
      • と、ゆーか浅草新橋経由じゃあかんかったんやろか。
        • たぶん乗り換えの少なさを重視したんじゃ?(大宮から埼京線~りんかい線直通)つかさなんか不慣れそうだし。
  20. 陵桜の宿題は少し多すぎると思う。
    • 世界史で、宿題はあまり無いだろ。
  21. 意外であるが女性ファンや小さい子供のファンも多い。
    • 女性からは自分たちの何気ない日常を描いたところが共感を呼んだようだ。
    • 12月2日鷲宮神社で行われたイベントの参加者の二割は女性。
    • 絵がかわいらしいことから子供からも人気がある。
      • 初詣で鷲宮神社を訪れていたとき子供のらき☆すたファンが多かった。キャラ名ぐらいは皆知っていた.
  22. この作品がきっかけで、元々関西・山陽地区を中心に稼動していた鉄道サイトまで東武メインになってしまった。(詳細
  23. 本放送時に意外な県が放送したため、UHFアニメなのに17都道府県という割と放送域が広かったことを知っている。
    • なので独立UHF局もテレビ東京系も無い、もアニメ版を本放送で見ている人がいる。
      • 逆に独立UHF局もテレビ東京系もある、所では放送してない。
        • ちょっと待て、滋賀と奈良と和歌山にテレビ東京系は無いぞ
          • 滋賀にはあるけど。日本のBBC。
            • BBCをテレ東系と思ったことなど一度もありません(by地元民)
              • BBCで放送しているテレ東系の番組なんて、WBSくらいじゃないか?
  24. ロナルド・マクドナルドを用いた「ドナ☆すた」というパロディが動画サイトで大うけ。
    • 「らき☆すた マイケルバージョン」を忘れるな。
    • インドは?
  25. Stepsのこの曲の振り付けにデジャブーを覚える者は少なくない(はず)。
    • ニコ動にもいくつか上げられているらしい。
  26. アニメ24話には納得いかない人も多い。無理やり設けた最終回だから。
    • 上にもあったが、22話が最終回だと主張する者も一定数いる。
  27. 作者がファンで、黒井を用いてそれ関係のネタをいくらかとりあげたせいか、千葉ロッテマリーンズについて興味を持つようになった者も。
    • 2004年に30年間優勝なしのネタをやったら、翌年に日本一となってしまったのは伝説化した。
    • 黒井は神奈川在住の設定なので、川崎球場時代から支持していたのか…といらぬ思索をしてみたくもなる。
  28. 21話で取り上げたおかげで、宇治市製作会社スタジオJR木幡駅前)を訪れるものも増えたとか。
    • アニメでは京都市内から京阪線経由で訪れているので、最寄り駅が京阪の木幡と勘違いしている人もいたり。
      • それにOVA版の「らっきーちゃんねる」では走行中の京阪電車の車両が映ってるし…
  29. ここと兼任確率も高い。コンプつながりで特集ムックに番外編載ったことも。
  30. テレビ東京様には頭があがらない。
    • 独立UHFでやったのにケロロ軍曹のネタを、なぜテレビ東京とサンライズは見逃してくれたのか・・・しかもアニメ中で何度も出てきたのに。角川に頭が上がらないだけか?
      • 所詮ケロロも角川の持ち物ですから・・・
        • 角川の社内でもらき☆すた>>>ケロロになってるような希ガス
          • ケロロは角川のドラえもん的位置づけ(社の看板。実際、決算報告書にも描かれていた)であることや、映画化4作目という状況を考慮すると、到底そうは思えないが。
        • アニメ制作会社が同じガンダムはわざわざ伏字にした(アニメ第19話)ことを考えると、どうも理解しかねる。
          • 原作はガンダムゲームエースというガンダム専門誌に掲載されていたため、伏字など用いなかった。こうなってくるともはや意味が分からない。
            • 漫画ではそのまま掲載されたものが、アニメで伏字になるのはよくあること。
    • 「アド街」でも鷲宮神社を好意的に取り上げた。他の局では怪訝な目で見ているところもまだ多い中…しかも「ニーソックス」をバックにアニメ中の神社映像込みで。
      • 30万→42万の一部はこれが功を奏したのか?
  31. この漫画と相互利用。
    • こなたがこの作品をネタに「オタクに完全一般人の親友はいない」と言った(コンプエース2008年7月号、6巻収録済)かと思えば、相羽が鷲宮神社に参拝したり(エース2009年2月号)と・・・
  32. 全般的にみて二次創作品にどうも馴染めない。
    • 容易に百合系へ傾斜する傾向があるため。同人の延長と見ているならまだ良いが、日常ネタを好んでいる人の場合は特に・・・
      • 最大勢力でもあるこながかに関してはアンチも非常に多い。荒れる原因になりやすいので話題にするのは避けましょう。
    • えれっと氏の「かがぶー」みたいに、同人出身で比較的評判が良かったため、公式扱いとなったようなものもあるけれど。
  33. 某歌手が歌う某自動車メーカー某車種のCMソングを♪ラララ ら・き・す・た♪、と歌ってしまう。
  34. 鉄道ファンと兼用する人も居る。
    • 大半がのファンである。
    • この作品に留まらず、ここ最近アニメファンと鉄道ファンの兼業は10~20代周辺でよく見られる。
    • 上にもあったが、鉄道むすめファンが増えていることはその裏付けになるといえる。そして、幸手に程近い南栗橋駅の駅務係(栗橋みなみ)の声優を見て「意図的?」と思ったりしている。
      • 栗橋さんはキタセンですが・・・
        • 失礼。勤務地ではなく名前の由来でした。
    • 相鉄好きもそこそこいる。理由はニコニコ動画で「インヴぁータ」「こなたブルー」で検索。
  35. 2009年3月29日の武道館ライブに参加した。
    • ただし、みゆきさんのファンの参加率は低い。
    • 結果として参加者は満足している。
  36. 卓球中継を見てるとどうしてもこなた×つかさを連想してしまう。
    • 福原・平野・・・。両声優から猛虎魂を感じるで!!!
  37. 最近は「けいおん!」に流失しているような気がする。おなじ京アニ製作の四コマ原作アニメだから。
    • 個人的にけいおん!はハルヒ・らきすたを超えたと思う(色んな意味で)。といってこれらの2作の人気が落ちたという訳でもないが。
      • 確かにそれは一理あるが、知名度はそっちの方がわずかに下な気がする。らき☆すたはニュースやら町おこしやら話題には事欠かなかったしね。
        • でもそっちの二期が大ヒットすれば知名度はらき☆すたを凌駕するようになるかも…最も、どちらも人気である事には変わりないが。
          • 最近らき☆すた見てけいおんより面白いと感じた自分がいる。それ以来ファンになった。
  38. このミュージシャンが歌うバンクーバーオリンピックイメージソングの曲名を知ったとき、一瞬気になった。
    • さすがに買う人は僅かであろう。
  39. 空耳好きな方これを見ている。
  40. BS11ANIME+金曜角川枠の端で放送されていた白石稔司会のスピンオフカート番組「らっきー☆れーさー」はなんだかんだで不評。
    • 「らきすたプレゼンツ」と言っておきながら、たいていハルヒ商品が宣伝されている。
    • 角川の株主総会でも槍玉に挙げられていた。
    • スタッフの自己満足企画と揶揄されていたりするが、多少のファンはいる模様。
  41. 「怪物くん」の一連のアレに「まともに始めなさいよ!」とツッコミを入れたくなる。
  42. Googleの翻訳で、「lucky star」と入力して和訳したことがある。

登場人物別[編集]

泉こなたファン[編集]

  1. 「○○は俺の嫁」とやたら書きたがる。
    • (=ω=.)←の絵文字もやたらに使いたがる。
      • 人生\(=ω=.)/コナタ や ナンテ/(=ω=.)\コナタイ も使いたがる。
  2. チョココロネを買う時、店員の反応を何となく気にしてしまう。
    • ファンと遭遇した時の第一声は勿論「チョココロネは何処から食べる?」である。
      • 自分自身はこなたのまねをして細い方から食べてみる。
        • そして食べにくいうえにチョコが垂れてくる危険な食べ方であるということに気づく。
    • これまで「チョココルネ」と言っていたファンは、この作品を見て以降「チョココロネ」に言い方を変えた。
  3. アニメに夢中なあまりケーブルテレビにまで加入しようとしたこなたが、なぜCSには加入しようとしなかったのか疑問に思う。
  4. 「ティモテ」のCMをリアルタイムで見た世代のファンは「ティモテ」のCMのパロをやった時、なんで知ってるんだと疑問に思った。

柊かがみファン[編集]

  1. かがみの原型キャラがうさだヒカル[1]なのか七瀬留美[2]なのかで悩む。
  2. 野洲辺りの国道8号にある道の駅の存在を知っている人は・・・いるのか?
    • これですか。さほど認知度はないと思いますけれど・・・まだこちらの方が。

柊つかさファン[編集]

  1. バルサミコ酢が気になる。
    • 実は最初バルサ巫女酢だと思っていたことは秘密。
    • バルサミコ酢の詳しくはウィキ参照のこと。
  2. 親子丼にはマヨネーズをかけて食べる。
    • つかさだけで「親戚丼」と呼んでいる。が、何でもつけるという。

高良みゆきファン[編集]

  1. セキレイファン兼業の場合、みwikiと松の区別が付かない。
  2. 背景コンビよりも影が薄い事に無念…

日下部みさおファン[編集]

  1. 正直これほど影が濃くなるとは思っていなかった。
  2. 語尾に「ヴぁ」
  3. 三秒ルールを行使したがる。

峰岸あやのファン[編集]

  1. みさお同様影が濃くなるとは思っていなかった。

パトリシア・マーティンファン[編集]

  1. パトリシアの影響で、英語の発音に気を使ったり、英語がやたら多くなってしまう。

白石みのるファン[編集]

男性声優ファン/あ~さ行#白石稔ファン

小早川ゆたかファン[編集]

  1. AEDの場所は生活圏内全て把握している。
  2. なぜか小早川ゆたかファンはつかさファンでもある

岩崎みなみファン[編集]

  1. ゆたかと一緒の時は保健室、病院、AEDの場所は全て把握している。
  2. 変な鉄道ファンに悩まされる。
  3. 真の貧乳好きは彼女の胸に関するコンプレックスに対する表情に憧憬を持つ。彼女こそらき☆すたの中の女神。

らき☆すたファンの本棚[編集]

  • らき☆すた全巻
  • らき☆すた 公式ガイドブック 陵桜学園入学案内書(原作ガイドブック 1冊目)
  • らき☆すた おきらく公式ガイドブック こなたは俺をヨメ!!(原作ガイドブック 2冊目)
  • らき☆すた 夏のおきらく特集号(コンプティーク2007年10月号増刊・実質的なアニメガイドブック 1冊目)
  • らき☆すた オフィシャルファンブック こなたの方程式(アニメガイドブック 2冊目)
  • らき☆すた 陵桜学園桜藤祭 パーフェクトガイド(ゲームガイドブック)
  • らき☆すた おきらくカーニバル(カラー漫画他+グッズ 1冊目)
  • らき☆すた×涼宮ハルヒちゃんの憂鬱 でっかいお楽しみ本(カラー漫画他+グッズ 2冊目)
  • らき☆すた おきらく開運&ゆるっと合格祈願セット(カラー漫画他+グッズ 3冊目)
  • らき☆すた おきらくBOX 泉こなた編(フィギュア+書き下ろし漫画他 1冊目)
  • らき☆すた おきらくBOX 柊かがみ編(フィギュア+書き下ろし漫画他 2冊目)
  • らき☆すた 陵桜学園入学記念BOX(グッズ+書籍)
  • らき☆すた おきらくがいどぶっく(コンプティーク2006年2月号別冊付録 1冊目)
  • ら・ら・ら らき☆すたファンブック(コンプエース2007年9月号別冊付録 2冊目)
  • らき☆すた オンステージ(コンプティーク2009年8月号別冊付録 3冊目)
  • コンプティーク
  • コンプエース
  • コンプH's(ヒロインズ)
  • 埼玉新聞(サイタマニア)
  • らき☆すたの原作が載っていたその他の雑誌(少年エースやドラゴンマガジンなどを持っていたら古参)
  • らき☆すた コミックアラカルト全巻(公式アンソロジー本)
  • らき☆すた 小説全巻
  • らき☆すた ぽけっととらべら~ず
  • らき☆すた 名場面線画集 2年生(京アニ線画・設定資料集 1冊目)
  • らき☆すた 名場面線画集 3年生(京アニ線画・設定資料集 2冊目)
  • らき☆すた いらすとれーしょんず(京アニイラスト集 1冊目)
  • らき☆すた いらすとれーしょんず2(京アニイラスト集 2冊目)
  • 埼玉県鷲宮町・幸手市・春日部市の地図
  • 同人誌(一般向けも18禁も)
  • 非公式アンソロジー本(18禁)

関連項目[編集]




関連記事