衆議院議員総選挙前後の政党・選挙関連の投稿・速報はお控えください。
カザハナ氏の管理者信任投票が行われています(~11/3)

アキテーヌ

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索
Googleで「アキテーヌ」を検索
イギリス 北海 オランダ

フランス NPC ベルギー ルクセン
BR BN HN PI CA LO AL

西
PL CE ÎF BO FC スイス
PC LI AU RA イタリア
AQ MP LR PACA モナコ
バスク   アン   地中海
スペイン CO

ご当地の噂 - 世界ヨーロッパ西欧フランスアキテーヌ



アキテーヌの噂[編集]

  1. フランスの南西部に位置する地域。西は大西洋、南はスペインに接している。
  2. 地名の由来は、ローマ帝国の属州「アクイタニア」(水の国)と呼ばれていたのがなまって「アキテーヌ」となった。
    • その後王族の結婚話云々でイングランドに持ってかれる。その後百年戦争に至るまで取り合いを繰り返すが、15世紀半ばようやくフランスが取り戻し、現在に至る。
  3. スペイン国境近くのビアリッツ周辺はサーフィンのメッカ。大西洋からのいい波がくるらしい。
  4. 世界的に有名な「ボルドーワイン」を陰で支えるブドウの産地。
  5. 多角的農業が行われている。とうもろこしの生産も盛ん。
  6. カキの養殖も盛んらしい。
  7. クロマニョン人が発掘されたところ。
    • ラスコー洞窟の壁画はクロマニョン人によって描かれた。観客が吐く二酸化炭素によって劣化したため、現在非公開。
  8. アキテーヌ南部のピレネー=アトランティック県は、フランスとスペインの国境付近にまたがっているバスク地方の一部である。
    • フランス国内のバスク地方はいわゆるフレンチ・バスクと称されているが、特にそこの最大都市・バイヨンヌはハムで有名らしい。
      • バイヨンヌは1998年サッカーW杯フランス大会優勝時の主将で2012年7月よりサッカーフランス代表監督のデシャン氏の出身地でもある。
  9. ベレー帽やチョコレートの発祥の地でもある。

メドックの噂[編集]

  1. アキテーヌ地域圏の北西、ジロンド川河口に近い左岸の地域。「真ん中の土地」って意味らしい。
  2. ボルドーワインの産地であり、AOCの呼称でもある。世界有数の赤ワインの産地。
  3. 土壌はジロンド川が運んでくる砂利が多い、石灰質の痩せた土地である。
    • 小石は排水性がよく、日中の熱を吸収し夜に放出する働きがあり、ブドウを寒さから守る。
    • 石灰質の土壌により、タンニンの強いコクやまろやかさのあるワインになる。

町の噂[編集]

ポー[編集]

  1. 南部・ピレネー=アトランティック県の県庁所在地。
  2. 1856年、フランス初のゴルフコースがイギリス人によって作られる。
    • イギリス人の保養地としての歴史から、イギリス文化をいち早く取り入れた地域である。
  3. 「ポー・グランプリ」って市街地サーキットのレースがあるんだとさ。
  4. 名前がポーランドと似ているが由来に関係はない。
    • あちらは「平原」、こちらは「杭」。

ボルドー[編集]

  1. ブドウの生産が盛ん。それを原料にしたワインの生産が盛ん。
  2. ここのワインはおいしい。
    • ボルドーワインは美味いが、ボルドー液は飲んではならない。
  3. ぼるどぉ〜。(リカーマウンテンのローカルCM参照)
    • P&Gの洗剤かとおもた
  4. 日本の福岡市と姉妹都市
  5. あるゲームにハマってる人なら結構聴きなれた地名。



関連記事