アクションゲームファン/作品別

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索

分割済み[編集]

アクトレイザーファン[編集]

  1. 主人公も曲担当の古代祐三も神である。
    • ゲームの難易度も神クラスと思う。
    • (当時)他社ゲームのBGMを作り直させたエピソードからして神クラス。
      • 実はこのエピソードはガセだったけど、それくらい影響を与えたらしい。
  2. ドラクエ5の抱き合わせとか、ワゴンセールで何気なく買ったソフトなのに非常にハマッた。
  3. シミュレーションモードで、雷や地震を起こしまくるのが快感。
    • 市民からしたら神も仏もない所行だなw
  4. 続編でシミュレーションモードが無くなったのは許せない。
    • 日本以上にヒットしたアメリカではどうやらクリエーションモードが不評だったらしく、それを受けて「2」では純粋なアクションゲームとなったらしい。
  5. 名前は「き」である。
    • 当時は「じょおう」とか「なに」と入れてた。
  6. 史上最弱の神様という意見もあり。
  7. 銀魂での扱いに笑った。

GODHANDファン[編集]

  1. EDの曲がなぜ付属のサントラに入っていないのかわからない。
  2. ゴッド本塁打は必ず装備。
  3. 攻撃を避けきれないと思ったらスカ発動。
  4. ゴッド土下座を行っている様子はふざけているがプレイヤーは大まじめである。

斬撃のREGINLEIVファン[編集]

  1. 真のヒロインはイズン様。
    • 「いませんよ」
    • 折笠富美子と言ったらイズン様
    • NHKの天気予報のキャラクターではない。
  2. 地球防衛軍ファンとの兼業も少なくない(そもそも開発会社が同じだし)。
  3. 処理落ちはレギンレイヴの華。
  4. 2chの某板の某スレッドはチェックする。
  5. モーションプラスは手放せない。
  6. 象を見る→「獣に乗った巨神が来るぞ!」
  7. 防壁は信用できない。

スーパーモンキーボールシリーズファン[編集]

  1. 猿とボールとバナナでどんな遊びができるか考えたことがある。
  2. ドッグファイトをただのスポーツだと思っていた。
    • そりゃ、メジャースポーツと並べられたらもう・・・

閃乱カグラファン[編集]

圧倒的爆乳率
  1. やっぱり爆乳が一番だ。
    • 一人だけ貧乳の未来が何か可哀想になってくる。
    • 更に言えばミンゴスは斑鳩の胸についてどう思っているんだろうか…。
  2. つい太巻きやイカが食べたくなる。
    • 「踊り子号」が気になる。
  3. 命懸発動時に、葛城がどうやって胸パーツを装着しているのかが謎だ。
  4. 更衣室モードでニヤニヤしたくなる。
    • Vitaに移籍したのは更衣室モード拡充のためでは?と一度は思った。
  5. 時系列とかその辺は細かく考えないことにしている。

ZONE OF THE ENDERSファン[編集]

  1. 実はメタルギアの陰に隠れた名作、という人が大多数を占める。
  2. 分類上はリアルロボットなのにやってる事がスーパーロボット。
  3. 「動けぇぇぇ!!」で始まり、「邪魔だっ!!」で蹴散らし、「止まれぇぇ!!」で終わるゲーム。
  4. 何でもかんでもメタトロンの意志にする。
    • 前作とANUBISで声優が変わったのもメタトロンの意志。
  5. アニメ化やシミュレーションゲームも出たがANUBISで黒歴史にされてしまった悲劇。
  6. 実はコジプロ作品ではメタルギアでもボクタイでもなくZ.O.Eの新作が出てほしいと思ってる。
    • 小島いわく、「メタルギアがひと段落したら作りたい」とのこと。
  7. 「版権」という壁さえなければ最もスパロボに出れそうな作品。
  8. 「はいだらー!」
  9. 2chの本スレは変態の溜まり場と化している。
  10. PS3で新作が出るという噂だけがいまだに残っている。
  11. ANUBISをプレイした後で初代ZOEをプレイし、ディンゴの優秀さを思い知る。
    • 「03中隊エースの名、伊達じゃねぇぜ」
  12. PS3とXBOX360で初代とANUBISがリメイクされる。「Z.O.Eは売れる」とコナミに判断してもらうためにも売れてほしい。

大乱闘スマッシュブラザーズファン[編集]

  1. スマブラやると必ず他社組容認派と否定派に分かれる。
  2. Xのスネーク、forやSPのピットの対話は聞いていて面白い。
  3. スマブラでクラウドが参戦すると何故か、セフィロス参戦や片翼の天使、J-E-N-O-V-Aをスマブラで聞きたいファンが多くいる。
  4. ファイアーエムブレムのファイターの多さには賛否両論がある。
  5. 基本的に参戦するのはゲーム原作のキャラだけなのを分かっているから漫画やアニメ原作を予想すると首を傾げる。
  6. ゲーム以上に参戦するファイターを予想したくなる。
  7. SPでのガノンドロフの強さに圧倒される。

パックマンファン[編集]

  1. 祝30周年。
    • Googleでのロゴゲームは何時間も何回もやってしまった。
  2. ギネスワールドレコーズに認定を受けたことを誇らしく思う。
  3. 懐古ファン
  4. 表現力トレーニングは得意。
  5. ピザを食べるとつい思い出す。
  6. 「Pac-Man Fever」という曲がアメリカでミリオンヒットになったのには驚いた。

バッジとれ~るセンターファン[編集]

  1. 新たなる「黒い任天堂」の温床。
    • Miiverse広場がフリーダム過ぎる。
      • 違う、ニッキーねえさんの使い方はそうじゃない。
    • ムジュラの仮面ってこんなゲームだったんですね。
  2. 5プレイ90円という絶妙な価格設定。
  3. 練習キャッチャーの無料プレイだけでコツコツバッジを稼ぐプレイヤーもいる。
    • ストックできたらいいのにな、と思うことがしばしば。
  4. ポケモンとカービィの配信まだっすかね~?
  5. HOMEメニューの上画面(のメッセージ)が楽しみになる。
  6. バイト(ウサギ)は「すれちがい広場」のウサギと関係があるのかが気になるところ。
    • 1分間で店内清掃をこなすから地味にすごい。
  7. 台揺らしは厳禁ですよ~。
  8. バッジの種類とカテゴリーが増えすぎて管理が大変になってくる。
    • お支払いプレイでコンプする派の人は特に。

ファイナルファイトファン[編集]

  1. 上半身裸でもお構いなしだ。
  2. FFとはファイナルファンタジーの略ではなく、ファイナルファイトの略だと今でも思ってる。
  3. マンガ肉があこがれだ。
  4. ディヤー!
  5. コーディーの服装は白Tシャツ&ジーンズがデフォルトだと思っている(『ストリートファイター』客演時の囚人服はダメ)。

ボンバーマンファン[編集]

  1. 「5656」は、基本知識。
  2. ゲタ=お邪魔アイテム
    • 最近ではローラーシューズの上に↓が表記されているという。
  3. ハンドとキックは使いよう。
  4. ドクロは押し付けあう。
    • 敢えて積極的に取り、下痢やハイスピードを楽しむ。
  5. 対戦スタート時にとりあえず安全になる方向の十字キーを押しておく。
    • 間違って爆弾をその場に出さないように。
  6. ボンバーキングは黒歴史にしたい。
    • でも「ボンバーキングのテーマ」はちゃんと歌える。
  7. ロードランナーの前日談がFC版ボンバーマンである事を知っている(ランナー君=ボンバーマン)。
    • 何せCMで暴露させちゃったからねえ。
    • しかしボンバーマンが人気のため2からはその設定がなくなっているのだとか。
  8. イエア
  9. 実はわりとシリアスな設定。コミカル化した続編以降にとても複雑な気持ちを持っている。
  10. Xbox版のプレデターのようなボンバーマンを認めるべきか認めないべきかで悩む。
  11. スーパーボンバーマンRではなぜか某他社のゲームイラストタッチに似ている。
    • マグネットボンバー&ゴーレムボンバーの二人のCVにアメリカザリガニが。ボンバーマンジェッターズを思い出した。

マーセナリーズファン[編集]

Pandemic Studioが開発し、Electronic Artsが発売したオープンワールド系アクションゲームの事です。

  1. 別名「軍事版GTA」とも言われている。
  2. マップに存在する人工物のほとんどを破壊可能。高層ビルや有名建造物は勿論、そこらのガードレールまで破壊できる。
    • そのため、誰もは一度は破壊の限りを尽くす。
マーセナリーズ
  1. アクションゲームの中では珍しく北朝鮮国内を舞台にしている。
    • 板門店や平壌凱旋門、柳京ホテルなど北朝鮮国内の有名スポットもちゃんと再現されている。
マーセナリーズ2 ワールド・イン・フレームス
  1. バグとかバグとかバグとかバグとか(ry
    • ちゃんとプレイしているのに実績が取れないバグは勘弁して欲しかった。

魔界村ファン[編集]

  1. ゲームセンターCXファンも兼ねる。
  2. レッドアリーマーに殺意を覚えたことがある。
  3. 2周目をクリアしないと真のエンディングを見れないことがわかって心を折ったことがある。
    • しかもわざわざ2周してまで得た武器の性能に殺意を覚える。
      • さらにその武器を持っていないと3週目に突入して怒りゲージが頂点に。
  4. もはやアーサーのパンツ姿には何も突っ込まない。
    • でもパンツ一丁のアーサーと夜中に2人っきりになっているプリンセスには突っ込みたい。
      • さらに場所が墓場ということに小一時間問い詰めたい。

マッピーファン[編集]

  1. あの軽快な音楽をこよなく愛する。
  2. 実は主役のマッピーより敵役のニャームコやミューキーズが好きである。
    • ご先祖様が登場するとさすがに焦るが、それでもちょっぴり嬉しくなる。
      • ご先祖様といえば「じゃまだどけどけ」。
      • 通常のプレイではご先祖様を出すほうが難しい。
  3. このゲーム以外でマッピーなんて名乗っているマスコットキャラやDJが許せない。
  4. ドラネコにネコじゃらしは全然効かないと思っている。
  5. リメイクの2P同時プレイが納得いかない上に2Pのサングラスがありえない。
    • しかし、2P同時プレイをしたら上記の事に気にしなくなったりする。
  6. ボーナスステージはパーフェクト獲得ができない(FC版を除く)
    • FC版はできるが、それでも制限時間ギリギリ。
    • クリア後の音楽が妙に印象に残っている。
    • ボーナスステージのゴールには実はご先祖様がいる。しかもそれを取るとご先祖様が浮き上がって上の風船をとってくれる。

ラチェット&クランクファン[編集]

  1. どの作が最高傑作かが別れる。
    • 全体的には1から3までが最高傑作、と言われることが多い
  2. ラチェットと聞いて、これを思い浮かべることは少ない。
  3. FUTURE2のチャレンジモード移行バグにキレた。
  4. 実は、漫画があった。ここで。
    • しかし原作のストーリー、設定が根本から覆されている。
  5. オンライン対戦ができるようになることを望んでいる。

龍が如くファン[編集]

神室町にて
  1. 最初はシェンムーの続編だと思った
  2. セガハードを買ってなかった奴はだいたいこのゲームで始めてセガゲーを触った人が多い
  3. ラブべリにも言えるがこのゲームがドリキャスに出ていれば・・・(byセガ人
  4. おまけとキャストばかり豪華になってることには呆れ気味。
    • 壇蜜が(本名で)出演していた事には驚いた。
    • まだ有名になる前の話で名前も違うため、気づかないでプレイしていた人も多い。
  5. キャラクターは非常に人気。シナリオは不人気。
    • 1・2・3は良かったけど4・5はシナリオがね…
      • 5はラストが…
    • 「0」で完全に巻き返した。
      • バブル景気時代を背景にシリーズ初期の頃の雰囲気に回帰した良作。まさに「原点回帰」の数少ない成功例とも言っても過言ではない。
      • しかし6は…
  6. 北斗が如く」に驚愕。

War Thunderファン[編集]

  1. WoTやWoWPとちょっとややこしい。
    • 但しWoWPより実装されてる飛行機は多い。
  2. 無料だからとりあえず始めたっていう人が多い。
  3. 日本軍の冷遇ぶりを嘆き、ソ連軍のチートっぷりに驚く。
    • アプデの度に放ったらかし状態の日本ツリーを嘆く。
    • 日本軍プレイヤーはせめて彗星か天山辺りの実装を願っている。
    • チートなのは運営がロシア人だからだろうな。
  4. 戦車モードが追加されたのでガルパンごっこする人が増えるかも。
  5. 地味に提督兼業者も多い。
    • 早く軍艦モードを実装して欲しいと思っている。

レゴシティ アンダーカバーファン[編集]

  1. (潜入捜査のためとはいえ)警察官のくせに盗み、ひき逃げ、爆破、金庫破りを平気でやるチェイス。こいつおまわりさんです!
    • 「道路交通法は大嫌いだ」とストーリーで言っちゃうくらい。
  2. 車は奪うものだ。
    • 車でレゴで出来た電柱や木を片っ端から轢き壊す。
      • 人を引いてしまうのは不慮の事故だ。
        • 壊したり轢いたりしたときは「わるーい」。
          • 3DSでは言わなくなっていて寂しい。
      • 最悪目的地を通り過ぎても破壊活動がやめられない。
  3. ツルハシはレゴ岩を壊すためのものだ。
  4. ブタは大砲で農場に送り返すものだ。
  5. ネコはヘルメットにしまって救出。
  6. いちいちジョークや洋画のパロディが多くて楽しい。
    • 任天堂の丁寧なローカライズっぷりが光る。
  7. 遊んだ後は実物のレゴが欲しくなる。

ワギャンランドファン[編集]

  1. ワギャンは元々ゲーセンにあった筐体から生まれた。
  2. アクションゲームながらボスステージがパズルゲームというほのぼのさで女子の人気も高かった。
    • しかし、しりとりにおける「裏読み」は不条理のオンパレードである。
  3. スーパーワギャンランドのKAMISAMAモード全員救出を成し遂げてこそ真のプレーヤー。



関連記事