アスペルガー症候群

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索
  • 発達障碍の1つ。社会性・コミュニケーション能力・想像力に障碍を持ち、知的障碍を伴わないのが特徴。
  1. 周りからは変わっている人と認識されやすい。
    • 知的障害に問題がないせいで障碍と認識されにくいことでかなりつらい経験をした人も多い。
    • 下手をするとうつ病などの別の精神疾患になってしまう危険もある。
  2. 明確な言葉で話さないとそのままの意味と認識する。
    • 逆に遠回しな言い方ができないようで、失礼な発言が飛んでしまうこともある。
  3. 相手の気持ちを理解するのが苦手で、傷つけてしまいがちになる。
    • これらが原因でその場から浮きやすくなってしまう。
    • いわゆる「空気を読む」というのがとんでもなく不得意。
  4. 対して、特定のものに対する熱中する点はかなりすごい。
    • 優れた記憶力と集中力を持っており、長時間そのことに熱中できる。
      • 中には「なぜその分野に・・・」と言いたくなるようなものもあるが気にしない。
    • ただし熱中やこだわりが度を超すと日常生活に支障をきたすこともある。
  5. 著名人の中にもアスペルガー症候群と診断された人もいる。中にはその才能を活かしてもいる。
    • あの有名な映画監督、スティーブン・スピルバーグ氏もその1人。
      • 彼は学習障碍の診断も受けていたらしい。
    • 日本人だと市川拓司氏、倉持由香氏が当たる。
  6. アメリカのダリウス・マッカラム氏も有名な人物。
    • なんと子供の頃に列車を運転したことがある。
      • やる気のない運転手が子供だったダリウス氏に運転させたのがきっかけ。当然だがその運転手は逮捕。
      • 下手したら大事故により死人が出たかもしれないのに、非常識極まりない運転手である。
      • 凄いのは、15歳にして事故を起こさずに運転出来たことか。
    • これをきっかけに電車やバスに魅了され、何十回も無免許運転を繰り返すことになった。
      • 無免許運転なので危険極まりないのに、一度も事故を起こすことがなく、正確に運転できているらしい。
      • さらに本職よりも列車のスケジュールに詳しい。
    • そして何より凄いのは、逮捕歴が32回もあるんだとか。
  7. 内輪ネタだが、MediaWikiの長期荒らしにもアスペルガー症候群を自称する人がいる。
    • アスペルガー症候群を無くすためとか言って、ウィキペディアなどのアスペルガー症候群の記事を荒らしたりアスペルガーの言葉狩りをしている。
      • こんなので無くなるわけがないのだが、その熱中度合いはどことなくそれに似ている。
      • アカウント名がアスペルガー症候群に因んだ名前の時点で矛盾しているような気もするが。
  8. 歴史上の人物の中にも該当者と思わしき人物がいる。
    • 例えばアルベルト・アインシュタインとレオナルド・ダ・ヴィンチが該当。どちらも天才的才能を持っている。
    • 日本だと織田信長が該当するんだとか。
      • あくまで推測に過ぎず、確定であるとは限らないが。
    • 中国では秦の始皇帝あたりが当てはまりそうな気がする。
  9. アスペルガー症候群を題材にした作品もいくつか存在する。
    • ペッター・ネス氏による映画「モーツァルトとクジラ」とか。
    • 先述のダリウス氏の話もまさかの映画化。タイトルは「Train Man」
  10. 最近になってようやく認識されるようになった障碍である。
    • が、一概にアスペルガー症候群だと決めつけるのもどうかと思う。
      • 先の歴史上の人物もそうだが、天才=アスペルガー症候群とは限らないだろう。
    • 日本での認知度アップにはNHKが少なからず貢献している。
  11. 外部の人との接触や突然の変更などが多い仕事は不向き。
    • 最も向いていないのは航空管制官らしい。
  12. 全人口に対するこの障碍を持った人の割合は約1%。
    • なぜか男性の方が多い。
      • この手の障碍者の就業移行を支援する事業所の利用者も男性の方が多いとか。
  13. 第2次大戦中にオーストリア(当時ドイツ領)のアスペルガーという医師が初めて症状を定義した。
    • しかしアメリカやイギリスなど連合国側ではかなり後まで注目されることはなかった。
    • アスペルガー医師当人もそれっぽい症状があったらしい。



関連記事