アップル インコーポレイテッド

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索

アップルの噂[編集]

銀座の直営店
  1. しばらく前はMacOSかMacintoshで知られるコンピュータ企業だったが……
    • 最近になって、再びmacOSに先祖返り。
  2. 今ではiPodやiPhoneでの知名度の方が高そう。
  3. ビートルズが設立した会社と名称を巡って争ったことがある。
    • そのビートルズの会社との区別をするために、Wikipediaでの表記は「アップル インコーポレイテッド」というなんとも聞きなれない単語を使った表記となったが…って、ここでもかよ!
      • 当然だが、中古車販売はどちらも行っていない。
    • 旧社名は「アップルコンピュータ」だった。一般名詞やビートルズの会社と区別しやすかったのに。
  4. オタクだらけのIT機器市場で「デザインで売る」というチャレンジャーな事をやらかし成功した。
    • しかし、その中にはピピンアットマーク(日本国内ではバンダイと協業していた)など残念ながら黒歴史化したモノもある。
  5. Microsoftと比べ物にならない程知名度が低い。
    • 某声優曰く地味らしい。
    • と思っていたら、2005年頃からiPodが、2008年頃から発売されたiPhoneがバカウケ。いまやスマートフォン売上は林檎vsその他全てでやっと五分五分に。
      • しかし悲しきかなMacよりもそっちがメインになってしまった感がある。
        • WindowsがPC以外で低迷していることを思えば多角化に成功したとも言える。
      • 日本ではの話であり、海外ではAndroidが殆どの国にて過半数。iPhoneは高価な特別機種の扱い。
    • 2015年では「知名度が低い」などとは言えなくなった。WindowsおよびGoogle(Android)と肩を並べている。
    • 2017年現在、全世界企業で時価総額トップ(7180億ドル)。20年前には予想し得なかったことだろう。
  6. 時代は巡り、今や株価総額でマイクロソフトを抜き去った。
    • 日本の携帯業界でのMSの存在感は今や微々たるもんですしね……(ライバルはむしろGoogle)
    • Microsoftも時価総額では世界3位(17年現在4944億ドル)なんだが、Appleの勢いは凄まじい
  7. 社旗は日本の国旗そっくりである。
  8. 「4S」に全米が泣いた。
    • 当初は遂に「(iPhone)5」の発表かと大盛り上がりだったものの、結局発表されたのは「4」マイナーチェンジ版である「4S」。世界中が言いようのないガッカリ感に包まれたものの、程なくしてアップルの象徴だったカリスマ経営者のスティーブ・ジョブズ逝去が明るみに。巷では「5」を急遽「4S(For Steve)」にしたのではないかと話題になった。
    • 「3」が「New」になったときにはズッコけた。
  9. 「iPod」、「iPhone」、「iPad」などプロダクトの売れ行きに目が行きがちだが、「iTunesStore」という世界最大のコンテンツ販売デベロッパも有するのである。
  10. 学生が作ってYouTubeにアップロードした偽CMを買い上げ、本物のCMとして流したことがある。

製品の噂[編集]

iPod[編集]

  1. 元祖デジタル音楽プレーヤー。
    • いや、RioやiRiverのほうが先。
  2. ミュージックプレイヤーなのにインターネット検索もできるipod touchが最近売れている。
    • touchはiPhoneの代替 (ガラケーやモバイルWifiとのセット) で持つ人も多い。
  3. 最近のiPod touchは割れやすいらしい。
    • 割れやすさはiPhoneにも引き継がれた。もちろん悪い意味で。
  4. Windows Me以前のOSではiTunesが動かないので、必然的に使えない。iPod miniが登場した頃はまだ9x系が現役だった時代。このせいで購入を断念した人がいるはず。
    • 逆に初代iPodは今のiTunesでも普通に連携できる…らしい。
  5. 赤の限定モデルは、シャア専用何かの募金になるとか。
  6. 最近、Appleはやる気なし。新モデルがなかなか出ない。
    • Classic生産終了で泣いたファン、多し。
    • iPod touchについては2015年になって新機種が発売されたが、今流行りのハイレゾ音源には対応していない。アプリをインストールすればハイレゾ音源にも対応できる。
    • 2017年になってshuffleとnanoが絶版になった。touchもラインナップ縮小。最近のAppleはオーディオに力を入れていないことが伺える。
      • shuffleとnanoはApple Musicに対応出来ないことが理由の1つらしい。

iPad[編集]

  1. iPhone同様、タブレット端末として日本では最大の人気を誇る。
    • 2013年の今日ではNexus7とかSony Tabletとか色々AndroidOS搭載のライバルも現れたが、今んとこ不動。

Macintosh[編集]

iMac
  1. 初期は度肝を抜くデザイン。
    • あの水色をなんと呼べばいいのやら…。
      • ボンダイブルーと呼ぶらしい。
  2. 今はiPhoneのようなシンプルな落ち着いたが、一体型という点は変わらず。
    • デスクトップのメインモデルの地位は当分安泰。
  3. USBを普及させた貢献者。
Mac Pro
  1. 今までは、至って極普通のタワー型デスクトップだったが…。
    • 今はマヌケなデザイン、通称「ゴミ箱」
      • あんな形をしていても、横置きで使うユーザーも多いとか。そちらのほうが発熱に良いらしい。
  2. デザインはどう見てもネタだが、中身はガチ。値段も30万〜100万円。
    • その性能から、一部ではスパコンに分類されるとも。
    • メモリ64GB、SSD1TB、という恐ろしいCTOもある。
    • 凝ったデザインが災いしてアップデートが遅れ、気がつけば性能面で周回遅れになってしまった。G4 Cubeの再来・・・
Mac Mini
  1. 一番安いMac。デスクトップは別売り。
    • お好きなディスプレイを使いたい人向け。
      • Apple純正で揃えたい方は、純正のThunderboltディスプレイが残念画質なのですなおにiMacを買いましょう。
MacBook Pro
  1. ノートながら、動画編集はお手の物。
    • 芸術系の学校だと、これが学校指定のMacになったり。
  2. 一部に需要があるのか、未だにDVDドライブ付きのモデルを売っている。今やMac唯一。
  3. そろそろモデルチェンジが来るらしい。
MacBook Air
  1. 封筒から取り出し、20万円もした時代も今や昔。
    • このポジションは今は新型MacBookが担っている気がする。
  2. 現在は入門向けのモデルに。値段もお手頃。
  3. Retinaがいつまで経っても搭載されない。
    • そのうち下のMacBookに吸収されるのかねえ。
MacBook
  1. 廉価版モデル改め、モバイル用モデルに。
    • USBが1つ、しかもtypeCで他にはイヤホンジャックのみという賛否両論のデザイン。
      • キーボード付きiPad、といったところか。
    • 極限まで薄さと電池容量を追求したため、内部が面白いことになっている。
  2. iPhoneの利用者層の取り込みを想定しているのか、3色用意。
    • しっかりローズゴールドも追加して4色に。

関連項目[編集]




憧れの東京!仕事と住居を同時提供TokyoDive[PR]

関連記事