アナウンサーファン

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索

ファンの噂アナウンサーファン

ファンの噂[編集]

  1. お目当てのアナウンサーが出る番組は当然チェック。
    • そのために早起きもあったりとか。
    • タレントに比べてスケジュールが分かり難いので大変。
  2. タレントと違って身分上は会社員(民放の場合)なので同じカテゴリーと思ってしまう事も。
  3. 各局のエースアナウンサーではないフェイバリットアナがいる。
  4. 半タレント・半アイドル的なアナウンサーよりも、ちゃんとジャーナリスト意識のある人を評価する。
    • ルックスも大事だが、一番大事なのはアナウンス能力。
      • ラジオの場合ルックスはどうでもよい。
    • 読み間違い・言い間違いにも厳しい。
  5. 何故か「NHK BSニュース」が良い所を突いてくるのが気になる。
  6. 結構特定の放送局に偏る。
    • 視聴できる放送局全般をカバーするファンも多いけれど、特定の放送局に特化したファンも少なくない。やはり1番多いのはNHK専門か。

アナウンサー別(男性)[編集]

青嶋達也ファン[編集]

  1. 大抵はスポーツ(サッカー競馬)ファン。
    • サッカーファンは「マルカトーレ」と呼ぶ。
    • 競馬ファンは「アオシマバクシンオー」と呼ぶ。
    • 好きなアニソンは「走れマキバオー」。
  2. 実況:青嶋・解説:風間(八宏)はゴールデンコンビだと思っている。
    • ゲストはトニ(ー・クロスビー)ジロ(ーラモ・パンツェッタ)の何れか。
    • ある意味、某局の角○・松○組はライバル。

大前一樹ファン[編集]

  1. CSやパ・リーグTVなどを中心に野球中継を見るファンがほとんど。
    • 最近だとニコ生勢も。
  2. 実はオリックスの球団職員だということは常識だ。
    • ブルーウェーブへの改名やスタジアムDJの導入にも関わっていたことももちろん知っている。
    • それなのに程よく中立の実況をするので他球団ファンからの評判も上々。

岡安譲ファン[編集]

  1. 競馬ファン多数。
    • 馬場アナ定年後の関テレ競馬実況のエースと信じて疑わなかっただけに、競馬からの降板は残念でならない。
      • アンカーを恨んでいるファンもいるかもしれない。
  2. 本人が番組やブログで勧めたスイーツは試してみたい。

小野塚康之ファン[編集]

  1. 野球ファン、特に高校野球ファンが大勢を占める。
    • この人は野球を心から愛している。ちょっと前だったらBS甲子園主催試合の阪神戦を実況してたんだけど、最近広島かどこかへ行ってしまったので全国ではなかなか実況を聞く事が出来ない。
    • 2013年夏、まさかの高校野球実況担当なし。甲子園のお膝元の神戸局に異動したというのに。
  2. ジョックロック潰し。
  3. 見た目ほど年齢はいっていない事を知っている。

加藤暁ファン[編集]

  1. ニコ生のベイスターズ戦中継からファンになった人多数。もう「ギョニキファン」と言っていいかもしれない。
    • 元々はKBCの局アナだったことを知らなかったファンも少なくないと思う。
    • 漫談とも言われる実況を楽しむが、本人のスポーツ実況に対する真摯な姿勢にも惹かれる。
  2. 野球以外の色々なスポーツでも実況していることも知っている。

久野誠ファン[編集]

  1. 中日ドラゴンズファン
    • 「燃えよドラゴンズ」で好きなバージョンはもちろん彼が歌ったバージョンだ。
    • 中日戦中継の実況はもちろん「サンデードラゴンズ」や「ドラゴンズワールド」でファンになった人多数。
    • アンチ落合である。
  2. 最近は地上波での実況機会が減って寂しい。
    • 地上波ではベンチリポート、実況はBSデジタルがもっぱら。

桑原征平ファン[編集]

  1. アナウンサーではなく、芸人だと思っていた。
  2. 「征平の挑戦」のDVDソフト化を希望する。
  3. テレビ出身だけど、ラジオでも違和感ないところに驚いた。
  4. 勝負服は虎パンだ。

椎野茂ファン[編集]

  1. もちろんファンの多くはプロ野球ファン。
    • TBSのスポーツを全般に扱っているがやはり野球のイメージが強い。
  2. 鬱憤の溜まったベイファンの気持ちを代弁してくれる実況を楽しみにしている。
    • 「ひたすら水差し野郎と、呼んでやりたくなるような」。
      • 「荷物をまとめて横須賀へ行け!と」。
    • その水差し野郎こと高宮投手はオリックスを経て阪神に移籍している。

鈴木健太ファン[編集]

  1. アニオタ多数。
    • アニシャやアニメイズムを最後までを見た後は、そのままでいりぃげっとまで見る。
  2. ドルオタも多数。
    • AKB、ももクロから地方アイドルまで、範囲の広さは下手なアイドル評論家以上。
  3. ラーメンファンも多数。

武田真一ファン[編集]

  1. 愛称は「たけたん」。
    • 「たけだ」と言ってしまったらファン失格。「武田(たけ)」です。
  2. たけたんはNHKの絶対的なエースだと思っている。
    • 客観的に見ても現在のエースである事はもはや疑い様がない。ただそれゆえに酷使される事があるのが心配。
  3. 沖縄時代を知っている。
  4. 学生時代にパンクバンドを組んでいた事を知っている。
    • その名残りなのか部屋の片隅にギターが置いてある写真もあった。
  5. 東日本大震災では出ずっぱりの対応で心配になった。
    • 日に日に疲労が溜まっていく様が見て取れ、「ここ何週間でちょっと老けたんじゃないか」とファンに言われてしまう程だった。その後しばらくして通常の編成に戻るものの選挙特番での臨時登板で遂に声が潰れ、元から予定のあった休みなのかは分からないけれど1週間の休養を取った。
  6. 「くじけずに、頑張って」。
    • ニュース7のエンディングで震災の被災者に向けて送った一言。その圧倒的な癒し効果を含む一言は瞬く間にファンの間で広まった。
    • 「ぎゅっ」も伝説。「私も『ぎゅっ』されたい」「俺も『ぎゅっ』してくれー!」という声が相次いだ。
      • 関係ないけど「たけたん意外に良い時計してるんだね」とも話題になった。
    • 富士・はやぶさの運転最終日に「私もこの列車でふるさとを後にしました。さようなら」と言って心をつかんだりと、エンディングに定評があるたけたん。
    • 故郷の熊本が大地震に襲われた際の緊急特番のオープニング、エンディングは伝説。
  7. 涙もろいたけたんが好き。
    • 悲しいニュースや感動的なニュースがあると、原稿を読む声が震えたり、心なしか目が赤くなっていたりという事がある。たけたんを始めとしてNHKのアナウンサーは結構感情豊かな人が多い。
      • ニュース7の歴代アナウンサーの中でも最も感情表現がいい意味で豊かな人だと思う。

登坂淳一ファン[編集]

  1. 愛称は「麿」。
    • 彼が担当するニュースの時間は、某所の実況スレが「麿キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!」のレスで沸く。
    • さだまさし限定の愛称は「ござる」。彼に「御意」と言わせたいらしい。
  2. 2007年頃(当時36歳)から急激に白髪が進行し、視聴者から心配された。
    • 実際はそれ以前からの若白髪であり、白髪染めの使用を止めたためにこのように見えた。ただ、白髪のそもそもの原因がストレスであることも確かなようだ。
      • 全ては和歌山毒カレー事件取材から始まった…入社2~3年目の新人にとってフルメタルジャケット状態だったらしい。
  3. 2010年4月からNHK札幌に人事異動。公式サイトに掲載された爽やかな笑顔が話題になった。
    • 東日本大震災の際に、突如本局に復帰。不謹慎ながら予想だにしなかった出来事にファンは狂喜し、某掲示板では「麿キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!」で即数スレが飛んだ。
      • 詳しい理由は分からないものの、臨時でしばらく間東京に復帰した。数週間東京でアナウンスを行った後に再び北海道へ帰って行った。
        • 応援だったらしい。実際おはよう日本や風林火山やってた真下アナも大阪から一時復帰している。
    • 楽しそうに番組を行っていたり、非常に充実している事が伺える写真が掲載されたりと、「そんなに北海道が良いのか」と他地域のファンは気になって仕方がない。
    • 空気が良いからか、ノビノビやっている為か、北海道へ行ったら肌が綺麗になったと言われている。
  4. 麿「斎藤投手、初めまして。NHKの登坂といいます」→お客「おおおおおおおおおおお!」
  5. 東京時代は「ニュースを読む機械」とまで言われたが、北海道で活き活きとしている麿に人間味を感じる
  6. NHK大阪に異動し、台風中継に登場した麿を見て興奮した。

道上洋三ファン[編集]

  1. トラキチ
    • 「昨日阪神勝ったなあ!とりあえず、歌おか!」とかなんとか言って、六甲おろしを歌うことも厭わない。
      • 六甲おろしを歌うことを「国歌斉唱」と呼ぶ。
        • 国歌斉唱は朝飯前。
  2. 基本ラジオっ子。
    • オールドファンなら「ヤング720」がきっかけだったりもする。
  3. 朝は9時始業でないと困る人多数。
    • 最低でも8時までは待ってくれな、スポーツの話題が聞かれへんやろ。
    • 8時を過ぎて他局に変えてしまうなんて言語道断。
  4. 一応は、山間部を除く関西地区と徳島、東讃、岡山南部のエリアに生息しているようだ。
    • 実際には、鍵穴のおかげで、全国、いや、全世界に生息している。
    • 2014年10月から主要都市のラジオ局へもネットする番組ができたので、更にファンが増えていると思われる。
  5. 前任者であるこの人も一応頭に入れている。

長谷川太ファン[編集]

  1. 埼玉西武ライオンズファン
    • でも最近はホームランラジオの影響で他球団からのファンも増えている。
      • パーソナリティ2人らによってしょっちゅう担当コーナーが潰されてしまうのでどう逆襲しに来るかを楽しみにしている。
      • 番組内で度々披露する「架空実況」にも期待している。
  2. わっしーやよっぴー程ではないがアニラジファンも一定数いる?

堀潤ファン[編集]

あ堀潤だ(東京国際映画祭にて)
  1. 愛称は「堀潤」。
    • これ以上縮めようがない。
    • 「ホリズン」と呼ぶファンもいる。
  2. ツンデレ。
    • 2ちゃんねる等の本人スレや実況スレで、堀潤の悪口を言っている人間の9割はファンだと思って間違いない。
      • NHK屈指のいじられキャラ。
    • フリップを逆さに出すミスを犯そうものなら、ファンから「バカ」「気が抜けてる」「クソワロタw」など一気に集中砲火を浴びる。
  3. 髪型がムカつく。
    • よくチャラい学生みたいな髪型と表現され、必ずいじられる。もちろん「ムカつく」というのは愛情表現。
    • どうやら本人は2ちゃんねる等の書き込みをチェックしているらしく、髪型が不評だという事を気にしていた。ある日番組のブログ上で断髪式を行った。
  4. Bizスポは必ずチェック。
    • 平日23時台のビジネス情報とスポーツをメインにした堀潤のメイン司会番組。ただビジネスとスポーツは相性が悪いと早速叩かれる。
      • その後あえなくBizスポはビジネス番組とスポーツ番組に分割された。
    • メイン司会は嬉しいもののNW9時代のように突撃リポーターとして現場を駆けずり回っていた時の方が輝いていたという声も多い。
  5. 傾きが気になる。
    • クセなのか、何故か構えると頭が微妙に傾く。更にやたらと表情を作って喋る為「イラッ」「イラッとする」とファン定番のリアクションが添えられる。
    • 「傾かない堀潤はただの堀潤」「傾かない堀潤など、堀潤ではない」という強硬派もいる
  6. 眉ピクも気になる。
    • これも癖なのか、話しているとオーバーアクションの外人みたいに眉毛がピクッピクッと動く。これがまたイラつかせる。
  7. ある日突然フリーになりそうで恐い。
    • 素人にも「NHKのアナウンサーらしくない」と言われてしまう程、違和感のある風貌をしている堀潤。NHKで浮いていてこそ面白いのでフリーにはならないで欲しい。
    • NHK内部の言論統制っぷりにブチ切れ、とうとう辞めてしまった。
  8. 実は熱い男である事を知っている。
    • 感情が高ぶると「本当に不条理ですよね、本当に不条理ですよね」と同じ言葉を思わず2回繰り返したり、涙ぐんだりとハートフルな堀潤。
  9. 岡山は聖地。
    • NHK入社後最初に赴任したのが岡山。本人も岡山を第2の故郷だと思っているらしい。
  10. NHK退社にショック。
    • Bizスポ以降姿が見えないと思ったらアメリカに飛ばされていたらしい。更に帰って来たと思ったら今度は「きょうの料理」という本人のスタイルや報道からかけ離れた番組へ回される事になり遂に退社。原因は震災や原発報道に対する行き過ぎた言動に対する社の懲罰人事ではないかという見方が大半。
      • 「きょうの料理」を担当する堀潤を見てみたかったと悔やむファンも多い。
  11. 退社後の言動にファンを辞めたのも多いのではないか?

真下貴ファン[編集]

  1. 神戸や大阪での勤務が長かったため関西に多い。
    • 阪神戦を見るためにBS1を見ていると途中でニュースに御登場になるのでBS1の野球中継をこよなく愛している。
    • 真下さん自身も出身が神戸のため、美しい関西弁を喋れる。それは、ニュース番組であっても発動されていた。
      • その語り口は東京では封印されており残念がるファンが多い。
        • ところが、NEWS WEBで橋本アナの代打としてキャスターとなった時は関西訛りが炸裂していた。
  2. NEWS WEBでは、橋本奈穂子アナ(滋賀出身)との関西弁での掛け合いを一度は見てみたいと思っている。

桝太一ファン[編集]

  1. 彼のおかげで海洋生物の生態などに興味を持つようになった。
    • またDASH海岸に来てくれるかが楽しみだ。
    • 彼の著作である「理系アナ桝太一の生物部な毎日」はバイブル。
  2. カープファン兼任。
    • ただ「ZIP!」でのカープネタのごり押しだけはどうにかならんものか、と思っている。
  3. 勿論ライバルは同局だが上重聡。

宮根誠司ファン[編集]

  1. 関西に多数在籍。
    • やしきたかじんファン兼任のことが多い。
    • 大阪人の場合は、関西人ではないことを知っているが、それでも大阪を代表する朝の顔として認めている。
  2. 古参ファンにわかファンが居る。
    • 前者は朝の顔としての宮根を知らない。
    • 昔は、水曜13:30になるとラジオを聞いていた。

森たけしファン[編集]

  1. 自分がファンだと自覚している人間はほとんど居ない。
    • ただ、好感を持ってみている視聴者は多い。ある意味、一番得な立ち位置かも……
    • もちろんtwitterはフォローしている。
  2. す・またん!大阪ほんわかテレビは、毎回かかさずチェック。
    • 昼ごはんでっせ~と言えば、飯屋の情報や仁鶴師匠よりも、ナレーション中心でみてしまう。
    • ほんわかのロケを見ないと、1週間が終わった気がしない。
    • 『負ける気せんね』は既にダウンロード済み。
      • ♪やってくれたね タイガ~ス と歌うことは朝飯前。
    • ハタハタマシーンを着けて職場なり学校なりへ行きたいと思うことはないが、阪神の勝った次の日に、一度くらいは着けて見たいと思っていたりはする。
  3. たぁーーーーーーが口癖。
  4. 下手な芸人より面白いし、芸も達者だと思っている。
    • 落研出身だったはず

山本浩之ファン[編集]

  1. とりあえず、ハゲは美味しいと思っている。
    • 「ハゲハゲビーーーム」を一度でいいから生で受けてみたい。
  2. 夕方は2時間ほどテレビにかぶりつく。
    • 2013年秋からはラジオも聴くようになった。
    • 2014年秋以降は北海道でもファンが増えた?

吉田尚記ファン[編集]

  1. 恐らく、殆どがから。
    • もう最近ではラジオ局のアナウンサーではなく、アニメイベントの司会者だと思われている。
  2. 「変態音響監督」は最早定番。
  3. Twitterではなくテキストラジオだ。

アナウンサー別(女性)[編集]

女性アナウンサーファン




スポンサーリンク


関連記事
スポンサーリンク