アニメスタジオ

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索
  • 参照しやすいように新規追加は五十音順でお願いします。
    • あ~な行の会社は各分割ページへ。

分割済みページ[編集]

全般の噂[編集]

  1. 9割以上は元を辿れば虫プロないしタツノコから生まれている。
    • 東映は?
      • 東映アニメーションはまさにその残り1割。なにせ創業1948年(虫プロ1961年、タツノコ1962年)。
        • 2つ上を書いた者だが東映だけではなく「東映系」という意味だったんだがな。Synergy SPとか今は亡きハルとか。数は多くないから大して変わらないけど。しかしGAINAX/GONZO系やサテライト系、どこにもルーツのないスタジオが増えた今では9割は言いすぎ感がある
  2. よくアニメスタジオ同士で下請けを行っている。
    • サンライズやタツノコですら未だに別会社の作品の下請けを行っている。
      • サンライズは本当に稀。タツノコは昔ほどの勢いがなく、しょっちゅう下請けやってる。
    • 但し最近は外国(主に中韓)の会社に発注することも多い。
      • 韓国のスタッフが勝手に変な自己主張をして、ときどき騒ぎになる。
      • アニメファンは「韓国」ってだけで叩く輩が多いせいか、スタッフロールをアルファベット表記でごまかしている。
        • アルファベットのほうが分かりやすいのに本当にそれが原因かな。国全体が外国人をアルファベット基準で管理する動きに関連してると個人が勝手に思ったけど。
  3. 最近パチンコ業界がなんか物色している。
    • 特に昔活躍しまくってたところ。
    • パチンコ台のアニメーションはアニメ会社に外注しているが、それが結構コストがかかるのでいっそ買収した方が早いから、と聞いたが本当だろうか。
    • 好きなアニメやアニメ作品がパチンコ化すると複雑な気分になる。
  4. 本社スタジオは地味で地元に溶け込んでる会社が多い。そりゃ当然か。
    • 自社スタジオにお金をかけると倒産するというジンクスがある。
  5. 昔は東映アニメーションでさえ簡単に入れたが、今はアニメ業界を目指す若者が多く、大手(東映アニメーション、トムスエンタテインメント、サンライズ等)やブランド(京都アニメーション、シャフト、P.A.WORKS等)のある制作会社に入るには結構な競争率を勝ち抜かなければならない。
    • 制作進行という職種だけを見ると、ジブリや京アニを目指すよりも広告代理店やアニプレックスなどのメーカーを目指す方がまだ倍率は高くないほど。これは2chでも頻繁に言われてる。
  6. アニメーターは激務。制作進行はそれを凌駕するほどの超激務。一部の優良制作会社を除いて、会社に泊まる、48時間連続で働くが当たり前の世界。眠気に耐えるために、利尿剤を飲んで、尿意で眠気を吹っ飛ばす等恐ろしい話ばかり。アニメ業界で制作進行を1年やれたら、他の業種のブラック企業がオアシスに感じるほどだとか。
    • 「制作進行は免許さえあればなれる」というがこれは応募条件であって、面接でコミュ力、体力、物づくりに対する考え方等で判断される。元請になると多くの応募者のなかから選ばれないといけない。それで選ばれた強者?たちも半年後には半分になり、1年後には誰か残ってるかどうかという感じ。冗談抜きで狂った職業。
      • 電通が違法労働とか言われているが、アニメ業界のほうがもっとやばい
    • X〇becの給与明細が流出したけど、24時間働き放題、社会保険無しで手取り13万とかいうブラック企業もびっくりするレベルで引いたわ。たぶん制作進行の給料だと思うけど、あんなん労基が調査に入ったら営業停止やろ。
  7. 制作進行は1年以内にほとんど辞める(病める)キチガイ職だけど、人気職種だから有名どころだと応募者が殺到する。だから待遇は一向に良くならない。使えない人間はすぐに逃げ出すし、優秀な人間も見捨てて転職してしまう。残るのは頭のネジが飛んでるやつらだけ。そんなやつらがなんとか持たせているのがアニメ業界。かくいう私も逃亡者。今は地元のそこそこ良い企業で働いているけど、当時のことは思い出すのも地獄。
    • うちの会社も1年で新卒ほとんどやめたわ。
    • A-1picturesの制作進行過労死問題、P.A.worksの違法低賃金問題、ボンズのアニメーターランク表流失事件と大手でも暗い話題が多いな。前者二つは許せないが。
  8. アニメーター・制作ともに会社間の移り変わりが激しいのもこの業界の特徴。ある会社のスタッフがごそっと辞めて、別の会社に移るなんてよくある。どこの会社も未経験者を教える余裕はないが、経験者は喉から手が出るほど欲しい。
    • タツノコ、ゴンゾ、AICはそれで一気に制作力が低下した。

は行[編集]

ハルフィルムメーカー[編集]

  1. 「佐藤順一の、佐藤順一による、佐藤順一作品のための会社」で8割方合ってる。
    • 肝心の佐藤順一は最近、逃げつつある。
  2. コミックブレイドと仲良し。
  3. こちらにとっては神。
    • きれいな背景に定評のある会社。うた∽かたとか。
  4. 近年、サテライト方面への人材流出が激しく、親会社からもリストラ対象になっているため、ぶっちゃけいつ潰れてもおかしくない。
    • ゆめ太カンパニーに吸収→TYOアニメーションズ設立により、消滅が決定しました。
      • ケメコの2期は・・・
      • ブランド名としては今も残っているがそのうち完全消滅するかも。
  5. 最近ではゴールデンでやったほうがいいかもしれないのに力を入れている。
    • あれは厳しいだろ。ARIAは実際に夕方に放映された。
  6. ハルルムメーカーではない。

ビィートレイン[編集]

  1. 「真下耕一の、真下耕一による、真下耕一作品のための会社」。
  2. 軽井沢に企画セクションがある。
    • と、御大層なことをHPに書いているが、実質はほぼ遊休資産状態の保養所。

ぴえろプラス[編集]

  1. いかにもstudioぴえろの子会社のような社名をしているが、この社名になったのは最近のことで、決してぴえろから独立してできた会社ではない。
    • 旧名「スタジオ旗艦」
  2. アームスはもともとアダルトアニメの制作を目的としてここから分社された会社である。
    • ぴえろプラスもしまじろうを制作する前まではアダルトアニメの制作もしていた。

feel.[編集]

  1. ぴえろから独立した会社で、本社はここと同じ小金井市。
  2. 作品はゆるい日常系が主。でもアダルトゲーム原作アニメの制作も多く、時にキスシスやヨスガ、僕Hのような紳士アニメの制作を手掛けることも。
    • D.C.SS~ⅡSS、おとボク、ヨスガ、フォアテリ、われめて・・・確かに多い。
  3. パンチラが多い(規制が厳しいTBSアニメを除く)。
  4. 本編の作画の安定感がここ数年になってから増しておりこれまで作ってきた作品の影響からか、女の子を可愛く見せる描写が得意。
    • 背景の作画は凄く美麗で丁寧(OBCやヨスガなど)だったりそうでなかったりと、意外とまちまち。
  5. 2014年夏は初の2作単独同時制作。
  6. OP、EDアニメーションが1話放送までに完成せず、未完成版のまま放送することがしばしば・・・
    • だいたい3話で完成することが多い。
  7. J.C.STAFF出身のアニメーターが多い。
  8. 2015年以降制作本数が増えてきてはいるが、「ろこどる」や「俺ガイル」などクオリティの高い作品が多い
    • 特にろこどる最終話での手書きダンスシーンは必見。
  9. SDキャラが好きなのか、ほとんどの作品でどこかしらに登場する。
  10. これまで作ってきた作品からは想像しづらいが実はここのスタッフは女性が多く、フィール出身アニメーターの矢野茜氏によると8割が女性らしい。

フッズエンタテインメント[編集]

  1. GONZO経営危機の過程で同社から独立した会社。
    • 元はブラスレイターや鉄のラインバレルなどの制作スタッフ。
  2. 聖痕のクェイサーが初のTVアニメとなる。
  3. GONZO時代から手がけた作品の縁か、秋田書店と親密。

ブリッジ[編集]

  1. 影が薄い。薄すぎる。
  2. サンライズのケロロ班が独立した会社。

ブレインズ・ベース[編集]

ブレべ本社
  1. 東京ムービー新社から独立した会社。
    • 下請け会社みたいな質素な本社。
  2. 初期はダイナミック企画作品のOVA等、ロボット物に定評があった。
  3. 最近の代表作はバッカーノ!、夏目友人帳、デュラララ!!。
    • でもなんと言っても某国営局認定のアニメ、かみちゅ!。
    • イクシオンサーガDTはここのスタッフのやりたい放題が詰め込まれてる…と思う。
  4. 何気に永井豪作品と縁がある。
    • ドロロンえん魔くんのリメイクもここだしなぁ…
    • 成田良悟作品とも縁がある。
    • 神や妖怪辺りともやたらと縁が深い。
  5. 2011年夏、ついに三作品同時制作をやる事となった。(夏目三期、神様ドォルズ、ピングドラム)
    • 更に9月公開の蛍火をもカウントすると四作品になってしまう。どう見ても修羅場です、本当に(ry
    • 上記三作品全てに出てる辺り、木村良平がお気に入り声優な様子。

projectNo.9[編集]

  1. wikiに記事が存在せず、公式サイトでもあまり会社について紹介していないため、色々と謎が多い。
    • 最近できたようだ。
    • どうやらスタジオ雲雀から独立した(?)会社らしい。
  2. 代表作はロウきゅーぶ!と妹ちょ。・・・なんともいえん。
  3. こ、こんな会社あったんだ。っていう知名度
  4. 2016年は冬と春の2期連続で一つずつ元請制作する。ここにきてブースト上げてきたか。

プロダクションアイムズ[編集]

  1. 潰れかけのAICから逃げ出したプロデューサーが設立した。
  2. 最近できたばっかなのに新作を多数乱発中。
  3. エロアニメがかなり多い。

プロダクションリード[編集]

  1. 旧葦プロダクション。リード(reed)=葦。
  2. 魔法少女とロボット、両方に名作多数。
  3. だが、2007年製作の獣装機攻ダンクーガノヴァ以来単独元請作品はない。
    • なんと2016年、「虹色デイズ」で久しぶりに単独元請制作を行う。

ポリゴン・ピクチュアズ[編集]

  1. 実質、Production I.G CG部門、しかもこっちがメイン。
    • 特に押井守氏が御贔屓筋。
  2. 創立30周年にしてようやく2014年に「シドニアの騎士」で初めてTVアニメ元請を担当する。
    • 宮崎吾朗監督の「山賊の娘ローニャ」の元請もここが担当。
    • それ以前にデジタル所さんやトランスフォーマープライムで総製作(実質元請)をやっているんだが…。
      • と言うかシドニアまで日本のTVアニメに関わっていなかったのが上の様に勘違いされている原因だと思う。アメリカのアニメだとこれより前にトロン:ライジングにスターウォーズにTFプライムと、有名どころのCGアニメを幅広く手掛けている。
  3. 名前にポリゴンと付いているように、CGアニメーションに強い。
    • TFプライムではその功績からアメリカのTV番組に関する表彰の一つであるエミー賞を獲得。
    • 近年『ミッドナイトホラースクール』などでおなじみのCGアニメーターのイワタナオミが古巣に戻ってきた模様。それに伴いリブート版『グレゴリーホラーショー』の情報が公開された。
  4. 日本だけでなくアメリカのアニメの製作も時々やっている(スター・ウォーズetc)。
    • これに関してもやはりCGアニメがメイン。
    • 海外アニメに軸足を置く姿勢の関係上、マレーシアのアニメスタジオと業務提携している。

WHITE FOX[編集]

  1. OLMの「うたわれるもの」スタッフが設立した会社
  2. STEINS;GATE、はたらく魔王さま!、ごちうさ等評価は上々
  3. 制作部の人間の流動が激しい。ホームページに所属スタッフが載っているが、制作進行やデスクはすぐに変わってしまう。

BONES[編集]

ボンズ
  1. TBSのアニメファンにはおなじみの会社。
    • TBSというよりここは毎日放送と言ったほうが正しい希ガス・・・(エウレカとかザムドとか)
      • スタドラもMBSでしたね。
  2. ソニーミュージック関連が高確率で主題歌。
    • 最近はavex系も多い(ノラガミ、キャプテン・アースなど)。
  3. A社の教訓を学ばず、メインスタッフを癌呼ばわりしたり、不倫関係を暴露したり。
    • あの事件以来、ボンズの作画の雰囲気が変わった気がする。贔屓にしていたアニメーターがボンズへの信頼を失ったため?
  4. サンライズでカリスマプロデューサーだった南雅彦が、自由を求めて創業。
    • 南さんがどんな人か知りたい場合は、P.A.WORKS制作の「SHIROBAKO」11話を見ればおk。
      • こことPAはズブズブの中だよね。

ま・や行[編集]

マッドハウス[編集]

  1. 日本テレビ傘下のバップと関係が深いため日テレの深夜帯はかなりここ。
    • カオスヘッドもネットは首都圏トライアングル+キッズステーションのみだったが、準キー局が製作に関わっていたらしい。これもNTV=ytvの関係が影響しているのだろうか?
      • 関係が深いがゆえに、日本テレビの子会社になりました。
        • でもジブリと違って今でも日テレ以外の局で放送するアニメも制作。
  2. ガンアクションに定評がある。ブラックラグーンとかガンスリンガーガール(1期)なんかは神。
    • RIDEBACKの2話ではアニメ離れした動きを見せてくれた。
  3. スタッフロールが読めない。アニメ界でいち早く大陸に仕事を送ったため。
  4. 仮面のメイドガイも作っていた。
    • 最近、丸投げという悪習慣を覚えてしまい、マッドの名を冠しているが実際はイマジンだったり手塚プロだったり。
      • NEEDLESSもかなりの丸投げ臭が・・・つかクレジットに思いっきり「制作協力:イマジン」って出てるし。
      • TVシリーズでは丸投げするが劇場作品には力を入れている。
  5. 今敏御用達。
    • 今後はどうなるんだろう…
    • 創業者の丸山正雄も辞めてMAPPAを創っちゃったし、昔のような作品はもう見られないかも。
  6. 2014年「魔法物」を2作連続で制作(1月期:魔法戦争、4月期:魔法科高校の劣等生)
    • 昔のマッドはもういないのか

MAPPA[編集]

  1. 元マッドハウスの丸山正雄が独立して起業したスタジオ。
    • 会社ロゴがマッドハウスそっくりなのは突っ込まない約束。
  2. 初単独元請がてーきゅう、その次が残響のテロル。落差ありすぎ。
  3. 「まっぱ」だけど生徒会役員共には一切かかわってない。

マングローブ[編集]

  1. サンライズから独立した会社。
  2. ここ+フジテレビ+きれいなナベシン=オサレアニメ
  3. まさか自己破産してしまうとは…これは他社も対岸の火事とは言えないよね。
  4. 2013年度の年収入高は約10億円以上と、それなりに収入があったようだ。

虫プロダクション[編集]

  1. TVアニメシリーズの源流。
  2. 安い製作費の元凶ではあるが、『鉄腕アトム』の放送が成功しなければ今のアニメブームはなかったかもしれない。
  3. 人件費高騰などで1971年に一度倒産。スタッフはサンライズとマッドハウスに大きく分かれ、他のOBも移籍、独立した。
  4. 今も名前が残っており、教育映画を製作しているが、のちに興された手塚プロとは直接的な関係はない。

ufotable[編集]

  1. 無駄に動く絵とEDのクレイアニメでおなじみ。
    • EDどころか開映前の注意事項(ケータイとか)までクレイにしたほどのこだわり。
      • 近年はクレイアニメも減っているが、ufotableカフェに行けばufo制作のクレイ人形を見ることができる。
    • 脚本制作から配給まで、音響関連以外は社内だけで全てこなせるらしい。そのためか、近年の制作作品にはグロス回が一切なく社内制作が基本となっている。
      • 少しだけだが、音響関連の仕事もすることがある。
  2. 自社ビル1Fでカフェもやってる。
    • 見た目は普通のおしゃれカフェだが、自社アニメとタイアップ企画をしばしば行う。
      • 企画中は行列ができるが、ない時は場所が駅前からやや離れるのでガラガラ。
    • 明らかに高円寺の方が500Mほど近いが、公式サイトの案内だと徒歩ルートは中野駅からしか載ってない。
    • 名古屋にもカフェができたよ。中部国際空港でもグッズ販売してる。
  3. オリジナル作品はコミカライズも自社で担当。
  4. 社長は徳島出身。
    • 「故郷の徳島にもスタジオを造りたい」と地元紙のインタビューで語っていた。
    • 近いうちに徳島にもスタジオが出来るようです。
      • しかも東京と同様にカフェ併設。
        • プレオープンの日にわざわざ大阪から来た人もいたらしい。
        • 東京も徳島も「社員食堂」としての面も持ち、社員専用メニューもあるとのこと。
      • 今のところはこれが四国唯一のアニメスタジオ。
    • ついでに彼女をバンバン起用しちゃえ!(笑)
    • さらに監督はこの人を起用しちゃえ!(笑)
  5. 阿波踊りのPRポスターを作ったら、盗難が相次いで大変な事に。
    • その盗まれたポスターがヤフ●クに出品され、10万円近い値が付いたとか。
    • 個人的には「まなびストレート」仕様の阿波踊りPRポスターも作って欲しかったです(笑)
    • 調子に乗って今度は自衛隊のポスターを。
    • さらに調子に乗って2010年は東方Project仕様の阿波踊りポスターも登場。
      • 実は東方の映像化を果たせた唯一の企業だったりする。
    • さすがに2011年は一般販売へ。全国のアニメイト(徳島店も含む)でも買えるように。
  6. 四国最大にして唯一のアニメイベント「マチ★アソビ」のプロデュースも担当。
    • 唯一ではなくなった(高松・丸亀の「キャラ★フェス」)
      • vol.12では来場者7万人、毎年下位の徳島県のゴールデンウィーク宿泊者数がまさかの全国1位に。
      • 今ではバックアップに県や市、さらに商工会や大学学長、観光協会や四国放送と行政や県を挙げてのイベントとなっている。
  7. 徳島市内に映画館作るよ!アニメ専用だけど。
    • 一応ではあるがアニメ以外の映画もやってる。
      • 北島ではやらないマイナー洋画なんかをやってくれんるでありがたい。レイトで行くと年配夫婦が居たりして意外と客層は豊か。
  8. 最近は某社の面目を潰すのを得意としてる。
    • さらに某社の面目を潰すのも得意としてる。
    • ついには以前ディーンが制作した劇場作品をリメイク、更に映像化されなかったもう1つのルートも映像化が決定。
  9. 最近はTYPE-MOON作品専門の会社に思われがちだがゴッドイーターやテイルズ、さらにオリジナル作品などTYPE-MOON以外の作品も結構制作している。
    • そして最近はそれらの作品が中国・四国地方の地上波でも放送される様になった。中にはノイタミナ枠をufotable作品に差し替えた局もある。
      • 視聴率は良いようで、今後もufotable作品が放送されていくと思われる。
  10. 実は艦これを最初に映像化した会社だったりする。
  11. 社長の近藤が自身を総合プロデューサーと言うように、アニメに絞らず、ゲームやら祭りやらを企画したり、カフェを経営したり、映画館を経営したりと色々手を出している。
  12. ここも制作環境はよろしくないようで、ゴッドイーターでは制作の大幅遅れ→終盤4話が1クールに間に合わずに未放送という最悪の事態を辿っている。
    • あれはFateと同時制作だったのとバンダイがゲーム発売に合わせるために放送時期を早めたのが原因。クオリティを大幅に落としてでも数話分どこかに投げるか1クール遅らせれば間に合ってただろうな。
    • UBWは総作画枚数だけで並のアニメ4クール分の量、GEは原画1枚の作画時間がFateの2倍らしい。基本社内スタッフ中心の制作体制でこの2作品の同時制作は大変だったろう。
      • しかし、あのクオリティの画を放送時期が早まりながらも作画崩壊もなく9話分間に合わせ、それ以外も次クール中に放送ということだから元はかなり余裕をもって制作されていたと思われる。バンダイもゲーム販売時期を遅らせればよかったのに。
  13. 2015年秋現在で日本のアニメ制作会社の中でTwitterのフォロワー数が最も多い。
    • 1位がここ、2位がPA、3位がA1、4位が京アニだっけ?まあここはtwitter初期のころからやってたってのもあるけどねw
  14. GOD EATERで1クールで3話数も放送を落とした。どうした、ufo!?
    • 上にも書いてあるがFeta制作直後+ゲーム発売に合わせて制作期間が短くされたのが原因らしい。因みに、制作自体は終わっており2015年11月からはテイルズの制作に注力しているとか。バンナムは1クール遅らせて秋アニメにしたほうが良かった気がする。
  15. 自社制作作品「おへんろ。」がテレビ愛媛で最高視聴率10.2%、岡山放送も8%を超えるなど、制作スタッフすら驚く結果に。
    • 声優のひとりに、自社経営のカフェスタッフを採用している。
  16. 関連店舗含め社員が約150人(2013年頃)、ボーナスがしっかり出たり海外への社員旅行があったりと待遇は良いらしい。



スポンサーリンク


関連記事