アニメファン/作品別

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索

独立済み[編集]

作品別[編集]

アイドル天使ようこそようこファン[編集]

  1. 「田中陽子」の存在は黒歴史
    • 「田中陽子」≠「田中ようこ」=「かないみか」だと主張する
  2. 「魔法少女か否か」が最大の論点
  3. 「アイドル伝説えりこ」のファンとはかぶらない
  4. カラオケでOP「陽春(はる)のパッセージ」を歌うとき、イントロでの合いの手を忘れてはいけない
    • 実はアイドルファンの間でも通用するらしい

明日のナージャファン[編集]

  1. この作品この作品に挟まれて、正直肩身が狭い。
    • 「ヨーロッパでは人気のある作品なんだ!」と言って気を紛らわそう。
    • 「プリキュアの前はどれみでしょ?違うの?」と言われると反論したくなる。
      • そんな風に言われるのはもうネタとして確立しているので反論する気すら起きなくなっている場合もある。
  2. 本田美奈子といえば、「1986年のマリリン」でも「ミス・サイゴン」でもなく、この作品だ。
    • そして黙祷…。
      • 亡くなった直後慌てて買いに走った、もしくは処分しようとしていたのをやめた
      • CDは全部長らくレア扱いされており、シングルやレンタル落ちでさえ一時期はヤフオクやアマゾンで「1万何千円」といった目玉が飛び出るような額で取引されていた。
      • 曲の出だしで「ナージャ!」の代わりについ「ローラ~」(by 西城秀樹)と口ずさんでしまうのはオジサンの証拠か…
  3. 幼女に人気が無かったのは当時の欧州の社会(身分格差など)への理解が難しいということ以外にもローズマリーのせいが挙げられる。
    • ひと昔前の作品なら何らかの形で自業自得の目に逢うのに、最後までお咎めなしだもんな~・・・。
    • 宍戸さんの熱演も相まって、トラウマ級のキャラだったな(特に本来の視聴者層には)。朝に放映する内容…だったのか?
      • それゆえ宍戸留美といえばおんぷちゃんよりローズマリーの方が印象に残っている。
  4. もう許してやれよ…。」
    • 2011年。舞台は整った。
    • なぜあんな扱いを受けたのか、わけが分からなかった。一体どんな許されない事をしたというのか。
  5. ヴェネツィアに女性ゴンドラ乗りは20世紀初頭にはもういたと勘違いしている。
  6. 本放送で「どれみ」も「ふたりはプリキュア」も全く見ていなかったが、これはなぜか全話ではないが見ていた。
  7. 「あしたのジョー」の続編と誤解されるのは心外である。

1+2=パラダイスファン[編集]

  1. 男は中村結花贔屓。
  2. 女は中村梨花贔屓。
  3. 脱がし屋竜一に出続けてほしかった。
    • 咲田愛美が結ばれるのは彼がよかった。
  4. 咲田愛美の梨花との被りすぎは面白くない。
    • ヒップがピチピチと安産型なだけでなくもっと違いを出してほしかった。
  5. OVAでは梨花役は本多知恵子役でもよかった。
  6. いつかルナ先生とのクロスオーバーが見たい。

OH!スーパーミルクチャンファン[編集]

  1. 文句を言うときは「ばかっつら~」。
  2. 外食は寿司。
    • もちろん行くときは「寿司でも食い行っか~」と言う。
      • ドピュ~!
  3. 現実でも大統領は仕事をしないお荷物だと思っている。
  4. 脇役とはいえ、皆口○子さんがよく仕事を引き受けたなと思っている。
  5. 絵と話があっていないが、それが売りだと思っている。
  6. オープニングの元ネタは全て把握している。
  7. 飛田展男の八面六臂の活躍に感心した。
    • パステルしんさんのスピンオフは今でも楽しみだ。
  8. 正直、毎回毎回あんなビッチなセリフを言わされてたミルクチャン役の中村春香ちゃんの将来が本気で心配だ。
トークに、アニメファン/作品別に関連する動画があります。

おとめ妖怪ざくろファン[編集]

  1. !?
    • イヌーピーという呼称は賞賛に値すると思う。
  2. ニコニコ動画にアップされているのを見ている。
    • ごめんなさい。殆どリアルタイム視聴で済ませてました。
  3. これ兼業が多い。
  4. もちろんドラマCDは買った。
  5. ツイッターでは星野先生をフォローした。

仮面のメイドガイファン[編集]

  1. 変態、スケベ。
    • だがあっちには負ける。
      • しかも愛知在住のファンはあっちを敵対視している。
  2. 笑い方は勿論「クックック」
  3. 高い確率でフブキ萌え。
    • 敵方のドジッ娘メイド萌えですが、何か?
    • タツマキさん・・・だめ?
  4. 小山力也さんをメイドガイに抜擢したスタッフ、マジGJ!
    • 力也さんが変態的な台詞を言うだけで笑える。
    • アニメ1話のキュインキュインキュイン・・・が頭から離れない。
    • ドラマCD版の玄田哲章さんも捨てがたいと思う。
  5. 作者がエロ同人あがりなのはスルーする。
    • そんなの今時珍しくないだろ。あっちとかどうなんのよ。
  6. 英子を見て「かがみん」と言ってしまう貴方はらき☆すたファン認定。
  7. 某所の非公式年間アニメランキングには驚きだ。

キョロちゃんファン[編集]

  • ここではアニメ「キョロちゃん」をメインに取り上げる。
  1. 大半のキャラクターに鳥の口ばしがある。
    • シバシバという妖怪にまで口ばしがある。
  2. お菓子は森永製菓製で統一させる。
  3. 愛のペンダントと口ずさむ。
  4. キョロちゃんがセールで売っている服を横取り(?)するシーンに口ばし付きサザエさんが「悪い子!」と怒るシーンは笑える。
  5. 怪盗ギロッシュの隼のような疾走姿に憧れる。

Gdgd妖精sファン[編集]

  1. 何といってもコロコロ役、明坂聡美の怪演に尽きる。
    • 彼女なくしてこの作品なしとの声も高い。
    • gdgd妖精sを代表する名キャラ「持田房子(42)」の名付け親でもある。
  2. メインキャラ3人(?)のMMDモデルが収録された「Windows100%」の2012年1月号は当然買った。
    • やる気とちょっとしたテクさえあれば誰でもgdgd妖精sを製作可能になってしまった。
      • 「非実在おじさん」はフリー素材の流用なのでこれまた誰でも使用可能。
  3. 予告の他作品パロを楽しみにしている。
    • 無論作品内のパロも。
  4. 物理演算大好き。
  5. 口癖とされる言葉を一切発しなくてもそれは口癖である。
  6. 房子は聖女
    • 「コロチャンを探せ」がLV99でも必死でコロコロを見つけようとした。
  7. 「○○ちゃん」の「ちゃん」をシルシルっぽい発音で言いたくなる。
  8. 勿論「手さぐれ!部活もの」のファンでもある。

ここたまシリーズファン[編集]

  1. たまごっちファンと兼ねている。
    • なぜかというと、共通点が多いから。
  2. 口癖は「ここんぽいぽいここったま!」。
    • 「こんこんぱかっ」もアリ。料理で卵を割るとき、つい言ってしまう。
  3. ドール集めに夢中。
    • キャラクターの表情違いが多いうえ、マイナーなここたまも割とドール化されていて集めがいがある。
    • 玩具のドールはもちろん、食玩やカプセルトイの新作チェックを欠かさない。
  4. これぞ大きいお友達というべき。
  5. やっと太鼓の達人にここたまの歌が入った。
    • OP曲が演奏できて嬉しい。
  6. 四葉こころらを見習って、物を大事に使う。
    • 自分の部屋から、どんなここたまが生まれるか想像する。
  7. 346といえば、芸能プロダクションではなくここたまスパイ。
  8. ビビットといえばTBSの情報番組ではなく、水色のクールなここたま。
  9. 今までに出てきたここたまの呪文を言える。
    • 上級者なら、各ここたまの本名(○○のみこと)まで覚えている。
  10. 能力が高いと感じるここたまは女の子キャラばっかりなので、「男の子頑張れ」と思っている。
  11. 1980年代にもバンダイ製ドールハウスが販売され、関連アニメまで流れていたことは知らない。

コジコジファン[編集]

  1. この作品と関係があるのを知っている。
    • 「まる子とコジコジ」を知っている。
    • 「学級劇 ちびまる子ちゃん」「まるちゃん達がやってきた」がアニメ化されていないのは放送局の都合上とはいえ残念だと思っている。
  2. 初めて0点より低い点数のテストを見たのはこの作品だと思う。
  3. 「コロ助」といえばキテレツ大百科ではなく雪だるまである。
  4. おしりがふたつに分かれている理由を知っている。
  5. (原作ネタ)「ちらろん」の意味が謎。
  6. やかんから出てくる物と言えばお湯ではなくお茶。
トークに、アニメファン/作品別に関連する動画があります。

The World of GOLDEN EGGSファン[編集]

  1. 所謂従来のアニメファンとは大幅にファン層が異なる(はず)。
  2. CS放送の視聴契約は必須。
    • インターネットによるストリーミング配信も。
      • 神奈川県民はUHFアンテナさえあれば見れる。
  3. 日産・NOTE」のテレビCM放映後、にわかが増えたのではと懸念する。
  4. キャストのほとんどを担当するLARRYとMONICAを神と崇める。
  5. 一度はGoogle EarthなどでTurkey's Hillに似た雰囲気の街を探したことがある。
  6. これ大胸筋矯正サポーターと呼ぶ。
  7. HTBではなく、HTBCである。
  8. ○○系は、古くない!!
  9. 生産終了は、とても悲しいことだ。

星界ファン[編集]

  1. 本編の新刊がなかなか出ない事にやきもきしている。
    • 「星界の戦旗」シリーズは2004年12月に4巻が刊行されて以降続編が出ていない。
      • 毎年初め頃に早川書房から出ている「SFが読みたい!○○年度版」にて何年か前までは「~戦旗Ⅴ」が出版予定のコーナーに記載されていたが、いつしかそれも無くなってしまった。
        • 2013年3月に8年以上の時を経て「~戦旗Ⅴ」が無事刊行された。作者曰くこれで第一部完のようであるが、第二部の開幕をそんなに待たせて欲しくはないと思っている。
          • 結局次巻が出たのは2018年9月。
  2. 作品内の独自言語であるアーヴ語は一応理解出来る。
  3. アニメ版もきちんと見た。
    • この人の演じるラフィールははまっていると思う。
  4. ゲームもプレイしている。

ダーリン・イン・ザ・フランキスファン[編集]

  1. TRIGGERファンが多数。
  2. 13話と14話のせいでいろんな層に知れ渡る結果に
    • 岡田麿里が脚本やってるという疑惑まで出る羽目に
    • 16話以降は別の話に。主人公とヒロインの交代まであった。
  3. いろんなアニメのパクリ疑惑が出る。
    • 有名なのはこれとか。
  4. パクリではないが18話の結婚式回ではこの作品とも比べられた。
  5. 最終回の結末は2018年FIFAワールドカップの日本代表の負けより悲しかった。
    • 13話のあの感動は…
    • 2018年春アニメで最終回がワールドカップで日本の敗退後になったのはこのアニメのみ。

たまごっちファン[編集]

  1. 語尾に「だっち」と付ける。
  2. 好きなたまごっちで格付けする。
  3. わざわざ電車の中でも音を出して楽しむ。
  4. 親に世話を任せることが多い。
  5. 首に何個もかけている。
  6. あるお方の身内にもいるという。
  7. 「ふらわっち」を「ふわらっち」という奴を許せない。
  8. 初代からのファンは現在のくちぱっちは許せない。
    • 今のキャラデザインも。
  9. 模造品(パチモン)も多数コレクションしている。

てーきゅうファン[編集]

  1. 「テニスをやれ」と突っ込んだら負けかなと思っている。
  2. 決めポーズは「夜叉の構え」
  3. 海兵隊と書いて「シールズ」と読む。
  4. 「豚野郎」という店が実在することは知っている。
  5. カーネル・サンダースの人形を見るとなすのの父を思い浮かべる。

デビルメイクライファン[編集]

  1. なんでもかんでもR指定にしたがる。
  2. WOWOWは必需品。
  3. 銃といえば「エボニー&アイボリー」だ。
  4. 2は黒歴史。
  5. 「DMC」の略称をめぐりデトロイト・メタル・シティファンと論争。
    • Back to the Futureに登場するデロリアンの会社、「デロリアン・モーター・カンパニー」も忘れずに。

刀使ノ巫女ファン[編集]

  1. 剣術ファンと言うよりは、制作会社繋がりでゆゆゆから流れてきたファンのほうが多いように思う。実際MBSだと同じ枠だったし。
    • キャラデザに釣られた提督勢もいるっちゃいるのでは。
  2. 紫様の設定を見て、同時期に暗躍していたマスターを連想してしまう貴方はライダーファン認定。
  3. 正直言って好きなキャラの上位にヒスおばこと高津学長がいる。あのキレッキレの演技は流石ゆかなだとしか。
  4. 放送後の剣術考証の解説ツイートが楽しみだった。

NEEDLESSファン[編集]

  1. スーパーゲル錠デルドロンドリンクの正体が気になって仕方が無い。
    • どう見ても×××です。本当にありがとうございました。
  2. ここここの話題はタブー。
  3. ここから来た人は内田と聞いてこっちを連想した人も少なくないだろう。
  4. EDはどこから観ても×××
  5. あれは演出なのか作画がダメなのか判断しかねる…。

ハイスクール・フリートファン[編集]

  1. やはりミリタリー繋がりか、結構ガルパンファン兼任が多い気がする。
  2. 横須賀市は聖地。
    • キャラクターの立て看板を全て探そうとして、あまりの広範囲っぷりに挫折しそうになる。
    • ボークス秋葉原も隠れた聖地である。
      • スタンプラリーやアトレ秋葉原とのコラボを何度もやってくれたJR東日本には感謝しかない。
  3. 各国のブルーマーメイドに当たる組織を想像してみる。

働くお兄さん!ファン[編集]

  1. お兄さんたちの働く姿をかわいがる。
  2. 名前を呼んではいけないその動物が何なのか気になる。

秘密結社鷹の爪ファン[編集]

しまねSuper大使
  1. 島根に住みたいと思っている。
  2. 100円ショップに売っている材料だけで宇宙船を作るレオナルド博士は凄いと思う。
  3. 合言葉は、「たーかーのーつーめー」。
    • そして最後に、「石倉」という。
      • これ若い子は分かるのかなw
  4. 博士に対して、「クマ」は禁句。
    • 「総統がべ○に見える」も禁句。
  5. 正義の味方に良い印象を持っていない。
    • 「デラッ・・・」「止めろ止めろ~!」
  6. 予算オーバーで進行や音声に支障が出ても驚かない。
  7. コンピューターセキュリティソフトと言えばカスペルスキーだ。
  8. まさかの三期NHK教育放送にびっくり。
  9. ミニアニメ・映画館本編前つながりで紙兎ロペも好きだったり。

ヒャッコファン[編集]

  1. とりあえず、何の作品のパクリかを検証するのは厳禁。
  2. 基本的に馬鹿キャラファンである。
  3. つんく♂の好き嫌いがはっきり判れる。
    • ランティスの社長でLAZYの井上俊次が渋々と承諾したのは確かだが、同僚の高崎晃・影山ヒロノブが、つんく♂及びこのアニメに嫌悪感を示している。

ピングーファン[編集]

  1. ピングーのぬいぐるみが好きだ。
  2. ピングー のパイロット版やピングーの作者が制作した他の作品の事も知ってる。

亡念のザムドファン[編集]

  1. PS3からのファンとテレビからのファンではっきり判れる。
  2. ボンズつながりでエウレカセブンのファンもそこそこいる。
  3. ナキヤミが某N姫に似ている件については決して触れてはいけない。

魔界戦記ディスガイアファン[編集]

ディスガイアファンの噂[編集]

  1. プレイしすぎて廃人になったことがあるのはデフォ。
    • アイテム界にこもりきり。
  2. 三種の神器といえば「マホガニーの頭脳」「ヘボクレスボディ」そして「馬の××××」だ。
  3. 新作が出るたびに「また水橋か」
    • そのくせラハールとエトナがゲスト出演しているかワクワクする。
  4. 虹レンジャーよりも友達が少なくて笑えないことがある。
  5. 結局メインキャラより汎用ユニットの育成に力を注いでいる。
  6. 炎の料理人ハオがひそかに出演しているが解る馬鹿はごく一部である。

ラ・ピュセルファンの噂[編集]

  • 「ラ・ピュセル」は魔界戦記ディスガイアの前に出たシミュレーションRPGである。
  1. やきぶたー!
  2. 主人公の足を見てプリマプリエハムと言ってはいけない。

関連項目[編集]

やわらか戦車ファン[編集]

  1. 海外派遣におびえるノンキャリア自衛隊員の本音を代弁。
  2. 帰宅する時は「退却~」という。
  3. やわらか戦車は無敵なのには突っ込んじゃいけない。
    • 大砲何発打たれようが死なない。しかもサマワに行っても死なない。
  4. 90式戦車を知っている。
  5. 大砲撃たれても腐らないのには疑問。
    • いつごろからか触られると腐るという設定が消えている。
  6. 実は強い。柔らか印で敵を倒せる。
    • ホリエモン逮捕でも落ちなかったライブドアのWebサーバを落とした実績もある。
  7. やわらか戦車といえば様々な伝説を残す帝国陸軍のチハだとおもった。
  8. 波動を打つには感謝の心が必要だと思っている。
    • 「ま~み~む~め~も~」



関連記事