衆議院議員総選挙前後の政党・選挙関連の投稿・速報はお控えください。

アンゴラ

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索
半保護中
このページは「IP利用者による編集強行」のため現在、半保護(匿名投稿と新規登録者の投稿を制限)されています。
詳しい経緯、及び議論はトークページへお願いします。
Googleで「アンゴラ」を検索

ご当地の噂 - 世界アフリカ南部アフリカアンゴラ



西

コンゴ
民主共和国
タンザニア  
A アンゴラ マラ
ウイ
セイシェル
St.H ザ ン ビ ア   コモロ イ  ン  ド  洋 
ナミビア ボツワナ ジンバブエ モザン
ビーク
マヨット
  スワジ   マダガスカル D
南アフリカ共和国
トランスカイ
レソト     モーリシャス
T   レユニオン

アンゴラの噂

  1. 1975年にポルトガルから独立。
  2. アンパンマンに出てくる怪獣と名前が似ている。
  3. 長期内戦、社会主義による独裁政治と独立以来泥沼の歴史を歩んできたが、近年ダイヤモンドや石油等の天然資源が豊富にある事が確認され、今後の経済発展が期待されている。
    • 内戦時代は南アフリカとアメリカに支援を受けた反共ゲリラがダイヤモンド鉱山を支配して、そこからデビアス社がダイヤモンドを入手して世界に売るというゲスい事に。
      • 「結婚10年目の結婚記念日に」「ダイヤモンドは永遠の輝き」という文句は血にまみれている。
    • 2002年に内線が終わってからの経済発展はめざましい。やはり平和は国の発展の基礎である。
      アンゴラ2002年発行記念切手・内戦終結
  4. 20年以上にわたる内戦の傷跡は深く警察や軍の検問があちこちである。
    • 街には内戦で親を亡くした孤児が多く、政府も対策を打ち出している。
  5. かなり経済状態も困窮しているが、2006年のワールドカップにはアフリカ代表として初出場。国民も大きく湧き上がった。
    • 強豪メキシコに引き分けるなど比較的健闘した。
    • その時のGKが、無所属で家族の材木会社で働きながらトレーニングしていたことが、テレビで取り上げられた。
    • ドログバ曰く、「アンゴラの選手の身体能力は尋常じゃない」らしい。
    • 当時のメンバー見た限りでは見た目はヨーロッパ系と言う選手も少なくなかった。
  6. アンゴラウサギはトルコのアンカラのウサギなので関係ない
    • アンゴラウサギはAngora, この国は Angola.
  7. バスケットボールが強い。ついにセネガルを追い越した。
  8. 某国がここの石油を狙っている。
    • ちなみにここも中国との関係が親密。
    • でも、当のアンゴラ人は中国に対して悪感情を持っている。
  9. 決して極貧国でない。
  10. ルアンダの物価は世界で一番高い。
  11. ここの大学の卒業式では、卒業生は角帽をかぶり、ポルトガルの学生のように黒いスーツを身に纏い、さらにネクタイを着用し、その上にマントを着る。
  12. 一昔前までは日本人は殆ど居なかったのに、今では約100人も居る。やはり石油の力は凄いと思う。
  13. 言論の自由がないらしい。

カビンダ

カビンダ共和国2012年発行記念切手・古地図
  1. アンゴラの飛び地。
  2. アンゴラ本国からは陸路での移動は困難。飛行機便のみである。
  3. コンゴコンゴに挟まれている。
    • 旧名も「ポルトガル領コンゴ」だった。
      • アンゴラが独立した際に、編入された。
  4. ポルトガル領の頃からカビンダの独立運動があり、今も活動している。
    • 独立派は独自の通貨・切手を発行しているが、どこまで有効なものか疑わしい。
    • 実は、ポルトガルから独立宣言したのはアンゴラよりも先だった。
    • 独立運動は、もちろん「過敏だ」。
    • サッカーのトーゴ代表チームが独立派ゲリラに襲われ、3人も死亡した事件があった。
  5. 面積はアンゴラ全体の170分の1に過ぎないが、沖合に大きな油田があるため利害が絡んで揉めている。
    • カビンダの石油埋蔵量は、アンゴラ全体の半分以上を占める。




関連記事