アーセナルFC

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索
  1. イギリスのアーセナル市を本拠地にするサッカークラブ。
    • ロンドンにある都会のチームの1つなので、マンチェスター・Uを始めとする田舎のクラブチームには目の敵にされる。
    • でもここを一番目の敵にしてるのはNBAの某チームみたいな愛称のお隣さん
    • つーかアーセナル市って・・・突っ込み待ちか?
    • アーセナルとは兵器工場のこと。大砲がチームロゴなのでニックネームはGunners(砲撃手)。
    • アンチからはア××という蔑称で呼ばれている。いくらなんでも下品だろ…。
  2. にも関わらずイギリス人選手があまりいない。
    • 2008年、レギュラーにイングランド人選手が1人もいない事で話題になってしまった。
      • 更にイングランドがユーロ2008で予選敗退し、プレミアリーグの在り方について、(国内の選手が育たないと言った)問題を露呈してしまった。
    • 期待の19歳ウォルコット位か・・・。
      • まあ「イングランド人選手の移籍金相場が高い」っていうベンゲルの主張は正論だと思う。
    • 「イギリス人」ならラムジーもカウントしていいよね?
  3. 稲本が飼い殺しにされた。
  4. 監督はかつて名古屋で指揮を執っていたアーセン・ヴェンゲル。
    • 度々日本代表の監督候補に挙がるけれど、まだ実現はしていない。
      • ゲストでよく出るけど。
      • 彼がトルシエを紹介したらしい。
      • ギャラがこのチーム>日本代表だったから。
    • 実はホモなんだとか。
      • イギリスのマスコミ(?)も容赦無い。ちなみに真偽は不明です、念の為。
    • フランスアルザスストラスブール出身。両語+英語、さらに日本語を含むいくつもの言語を操るポリグロット(マルチリンガル)。
  5. 何年か前、アンリやベルカンプ、リュンベリやヴィエラがいた頃に黄金時代を迎えた。
    • イングランド代表からもキャンベルやアシュリー・コールと言ったメンバーが名を連ねていた。
  6. ホームスタジアムは「エミレーツ・スタジアム」。
    • 長らく使用していた、お馴染みの「ハイバリー」に代わって近年竣工した新しいスタジアム。
      • ハイバリー・スタジアム跡地はハイバリー・スクエアというマンションになっている。「俺アーセナル在住」とか言っていいのはここの住民だけ。
    • ちなみにエミレーツここのフラッグキャリア。石油景気ときめ細かなホスピタリティで近年急成長。
      • アーセナルの宿敵である油軍団の胸ユニスポンサーにもなったことがある。実に積極的な広告活動だが、悪く言えば節操が無いな。
    • 新スタの建設費のお陰で補強費用が無く、おまけに折角育てた選手を続々放出中。このまま行くとビッグ4から転落もあり得るかも。
      • と思っていたら新戦力(アルシャービン、ヴェルメイレンetc.)が結構当たりで、どうやら持ちこたえそう。やっぱりベンゲルの「選球眼」は相当に確かなことは間違いない。
        • カメルーンの甥ソングも前評判を覆して不動のアンカーになった。
  7. 昔、JVCやドリキャスが胸スポンサーだった時代があった。
    • 稲本が入団したころはドリキャスだった。
      • その頃のGKはイングランド代表GKでもあったシーマンだった。もちろん喋る人面魚ではない。
  8. ここの所、資金難が続いたせいで有力な選手を複数放出してきたのにそれなりのクォリティと順位を保ってきたのは流石。
    • 他の有名チームはバカ殿金満オーナーが大金を投入しているのに対して、ある意味で一番健全なチームかもしれない。
    • あんまり関係ないけど、それに加えてチェコ代表のロシツキーが長期のリハビリを経て戻ってきた(2009冬)。頼むから大事にして下さい。最近(の分かり易い選手)で言うと、C・ロナウドやメッシ級の逸材です。
  9. 最近はチャンピオンズリーグのラウンド16(決勝T)で毎年跳ね返されている。一昔前(というにはまだ早いけど)のレアルみたい。



関連記事

スポンサーリンク