新型コロナウイルス関連の投稿は当分の間厳禁といたします。詳しくはこちらをご覧ください。

イスカンダル

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索
  1. 地球から14万8000光年なのに住人がきっちり日本語を話す、すごい星。
    • スターシアが電波を使って通信しているが、その電波は当然148,000年前のもの。一体どうやって(ry
      • ヤマトの波動エンジンの技術の応用。タキオン粒子によるもの。SFでは超光速通信として定番らしい。
    • 『宇宙戦艦ヤマト2199』では地球から16万8000光年で、イスカンダル語も存在することになっている。
  2. 連星のガミラス星人は放射能がないと生きられないのに、放射能除去装置を造っている。
    • そもそも恒星に人が住めるのか?
      • つか、ガミラス-イスカンダルは二重惑星。あの恒星の名前はサンザーではないかと。
  3. カンダハル(アフガニスタン)の旧称だったらしい。
    • 「アレキサンドリア」のイスラム読み。似たような発音の町は旧アレキサンダー帝国領の各地にある。当然一番有名なエジプトのあの町(アル・イスカンダリーヤ)も。
    • 直接のモデルはエジプトのアレキサンドリアっぽい。クレオパトラか(笑)。あれも「最後の女王」だし。
  4. 宇宙戦艦ヤマトはここから送られてきた設計図を元に造られた。イスカンダルは大艦巨砲主義らしい。
    • 送られてきたのは艦船の設計図ではなく、「光速波動エンジン」の設計図。それを元にエンジンを作って、地球脱出用に作られていたヤマトに取り付けた。

関連項目[編集]




関連記事