新型コロナウイルス関連の投稿は当分の間厳禁といたします。詳しくはこちらをご覧ください。

イタチ科

提供: chakuwiki
移動先: 案内検索

生き物が借 > 動物 > 哺乳類 > イタチ科

  • 哺乳類食肉目イタチ科の生き物の噂。
  • 記事を見やすくするため、新たに追加される場合は50音順でお願いします。

分割済み[編集]

アナグマ[編集]

  1. タヌキではない。
    • 人里付近にも数は少なくないはずだが、大抵タヌキだと思われてしまい認知されない。
    • しかもタヌキはアナグマの穴に居候するので、混同をさらに深めている。
      • アナグマの別名は「狢(むじな)」。何が言いたいか分かったきみはたぶん国語の成績がいいだろう。
    • 狸汁の肉は本当はアナグマだったらしい。
      • 本物の狸の肉は不味いらしい。
  2. 実はイタチ科で、イヌ科とは遠縁。
  3. とても堅い囲い
  4. 巣穴が長いトンネルなっていて、そこに何匹も住んでいる。
    • でも便所は外にある。
  5. アナグマ狩り用の猟犬がダツクスフンド。
  6. とは全然関係ない。
  7. でこぼこフレンズに出てきた。
    • ただし色々と違うがな...。
  8. 将棋ファンにとっては守備陣形の1つ。

飯綱[編集]

  1. 食肉目最小の動物。
  2. 管狐」という妖怪とごっちゃにされていた。
  3. 相手を空中で掴んで地面に叩きつける技。

[編集]

  1. イタチ科の筆頭。
  2. オナラがすげえ臭い。別名イタチの最後っ屁。
  3. 凶暴な肉食獣で、猛禽類すら仕留める。
  4. 田舎ではよく車に轢き殺された死体が転がっている。
  5. 三匹揃って人間を襲い、一匹目が突き飛ばして二匹目が切り裂き、三匹目が薬を塗っていくらしい。
  6. 木の葉の里の犠牲になったのだ…
  7. ネズミが大好物。
    • 後述する「しあわせ荘のオコジョさん」でもネタにされてた。
    • 「いたちごっこ、ねずみごっこ」といって互いの手の甲をつねり合う遊びが…もう落ちが読めたと思うので書かない。
    • 『ガンバの冒険』に登場するノロイはオコジョでもフェレットでもなくアルビノの鼬。

オコジョ[編集]

  1. マスコット的に使われる機会は結構多い。
    • 例:これ
      • 「オコジョさん」も忘れるな。
        • あ~、あの小生意気なアイツか。
  2. 鹿児島の女性のこと。
  3. フェレット
    • ジャッカルとくらいちげーよ。
  4. 大田区にも生息してるっぽい。
  5. 他のイタチ類と比べてかなり山の奥まで行かないと出会うことができない。
  6. 北海道のイメージが強い。

カワウソ[編集]

  1. さようなら。
    • 昔は日本各地に住んでいたようだが、今やそんなことを言っても信じてくれる子供はおるまい。
      • 広い意味では北海道の海にまだいる。
  2. 年を重ねると化けるとされていた。
    • 大入道や河童の正体とする説も。
  3. 南米にはカワウソを丸ごと大きくしたようなオオカワウソがいる。ワニとも戦うらしい。
    • 自分のウ○コで泥を固めて巣を作るらしい。
  4. コツメカワウソはマレーシアで狩猟用に調教されているらしい。鵜かよ。

クズリ[編集]

  1. 北極圏で白熊の次に危険とされる凶暴な猛獣。
    • イタチ科で最もデカいその体は、パッと見ほどもある。
      • 性格はライオンより獰猛でハイエナよりしぶとく、から獲物を横取りするほど図々しい。
        • 猟銃で撃たれても自分が死んだことにも気づかず襲いかかって来るとか。
      • いやラッコやオオカワウソの方がでかい。ラッコとカワウソを除いたイタチ様の姿をした種類だけのイタチ亜科の中では最大種だが。
      • イタチ科の中では珍しく尻尾が短いため、尻尾が全長の多くを占める他の種に比べて体がごつく迫力がある。
  2. 英名は「wolverine」となかなかカッコいい。アメリカのヒーロー漫画『X-MEN』のウルヴァリンのモデルでもある。
  3. ロシアでは「腹がいっぱいになったら藪の中を通って腹部を圧迫し排便して胃腸を空っぽにしてまた食べる」という嘘か真かわからないほど食い意地の張った動物として知られているらしい。

スカンク[編集]

  1. 地球で一番臭い生き物。
    • しかしオナラではなく毒液を散布しており、目に入れば失明することもある。
    • 風が吹けば1㎞先まで到達し、至近距離で浴びてしまったら服を10回洗濯してもまだ臭うらしい。
      • 車相手でも毒液をぶっ放すのでコイツも轢殺されることが多い。勿論ドライバーは運転席の中にいても臭さに悶える。
        • 毒腺を除去してペットとして飼われる事がある。意外と人に懐くらしい。
  2. 「アトムは完全じゃないぜ、悪いことが出来ないからな!」
  3. ゾリラというそっくりな動物がアフリカに生息している。

テン[編集]

  1. 毛皮の材料として珍重される。
    • 源氏物語のブ…もとい末摘花が着ていた。
  2. 体が細いのでどこにでも侵入できる。新潟では朱鷺を襲撃した。
    • 姿形が他の天敵と比べて可愛いので得をしている。駆除しようとすると学者や動物愛護団体だけじゃなくそれ以外からも苦情が来る。
  3. 対馬では天然記念物。
  4. 中型哺乳類としては、遭遇率はタヌキやキツネ、サル、ウサギと同等もしくはそれ以上の割に知名度のない動物。
    • 化け妖怪としてタヌキキツネ以上の力を持つとも言われるがマイナー。
  5. ラムちゃんの従弟ではない。
  6. 英語で10。

フェレット[編集]

  1. ユーノくん。
    • 実際はイタチ科なので結構凶暴な生き物。外見は超可愛いけど。
      • そういえばSBJシリーズのRioも飼ってたっけな。
    • 『NARUTO』の映画第二作『幻の地底遺跡だってばよ!』でも冒頭で第7班が探している。
  2. 胴長短足で尻尾がかなり長い。小型犬と比べると同じか上回るくらいの全長があるが、大きさでは5分の1くらい。
  3. 福岡生まれのICカードの顔。
    • その後大分、熊本、宮崎、佐賀に相次いで進出。長崎も間もなく手中に。
      • はるか遠くの函館にまで乗り込んでしまった。
    • 人懐っこいのか、福岡の仲間たちばかりか北海道西の仲間たちとも手を結んだ。

ミンク[編集]

  1. コートの材料。
  2. 日本にも生息している。体が小さく、泳ぎが大変うまいので生存力が高い。
    • 水中の餌を上手くとるため在来のイタチ類との競合が少なく、増えている。こんなポジションの動物は本来はニホンカワウソが居たんだが…。
  3. 手から電気を放つ種族

ラーテル[編集]

  1. 「世界一怖いもの知らずな動物」としてギネスに登録された。
  2. 外見はゾリラやスカンクに似ている。
  3. 頭から背中にかけて甲羅のように硬い皮膚があるのが特徴。
  4. 蜂蜜が大好物で、いくら刺されても蜂の巣をかじり続けるほど意地汚い。
    • 毒に滅茶苦茶強いのでコブラなどを襲って食べる。マングースも裸足で逃げ出すレベル。
  5. 南アフリカ陸軍の装甲車。
  6. 最近のおかあさんといっしょの着ぐるみ劇のメインキャラクターの一人。
    • 終わりました。というかあの着ぐるみ劇、総じてモチーフとなった動物が子供向けにしてはマニアックだったような...。



関連記事